ロリ少女官能小説集:オナニー幼女の妊娠(JS/女子小学生低学年8歳)(17)

18禁サイトです。18歳未満の方は閲覧出来ません。まずは完全無料作品からどうぞ(10作以上有)。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
孤独なおじさんとオナニー幼女が愛を育む話です。
→最初から読む←

小説のイメージ【小学校低学年 JS オナニー 放尿 撮影 セックス 性教育 中出し 妊娠 おかっぱ ボブカット】

-----------------------

中年男は逮捕された。咲が妊娠していることが判明すれば、遅かれ早かれ捕まるものと考えていたから、すでに心の準備は出来ていた。特に抵抗も無く全てを自供して、裁判にかけられ、刑務所に入ることになった。

そこから長い刑務所生活が始まった。思ったほど苦しくもなく、想像したよりも優しくはなく、慣れれば単調な日々が延々と続いていった。臭いはずの飯は、以外に旨かった。格子の付いた小さな窓から咲の今を想像する。あれからどうしただろうか。

子どもは……やはり堕ろされてしまったのだろうか。あの小さな体で出産するのは難しいだろうから、その可能性のほうが高いかもしれない。今は、四年生か。五年生か。六年生か。……時が過ぎていく。もう会うこともないのだから、気にするだけ馬鹿馬鹿しいことだ。だが、それでも、居なくなった子の年を数えるように、咲のことを思い返していた。そして7年ほど経ったころ、中年男は刑務所から出所することになった。

出所。特に行くあてもなかった。元々住んでいた場所からそれなりに離れたとある都市、とある団地に住まうことにした。さすがに近所で噂になっているだろうから、生まれ育ったあの家には戻れないだろう。二束三文で売り払って、老後の足しにすることにした。

当然ながら、咲の行方も分からない。あれからどうしただろう。元気にしているだろうか。もう、どうしたって再会なんて出来ないし、出会ってもお互い分からないだろう。刑務所に入る前は老けこんだ中年オヤジだったが、今では白髪だらけの老人である。まだヨボヨボというほど衰えてはいないし、元気なつもりだが、50代が若く見えるほどに、全身の老いを感じてしまっていた。

咲は、もう高校生だろうか。すっかり大人のようになって、あの頃の面影なんて殆ど無いに違いない。第一、会ってどうする。全てを知った咲が、あの頃のように自分を迎え入れてくれるとも思えない。あんなに交わって小学生を妊娠させた俺を、恨んでいるかもしれないのだ。

咲は本当に、中年男にとっての最後の少女になった。

団地での単調な生活を続けた。やることがない分、刑務所より退屈だった。住まいとしている団地の住民は殆どが老人であり、目の保養になるような少女は一人も居ない。若い人間といえば、両手で数えきれるほどの人数しか住んでないに違いない。見かけたことすらない。この辺りは、自分の実家があるあの街と同じだった。

それからさらに時間が経つ。中年男はもう中年とはいえないほどに年を取った。老人になった。警察に逮捕された時、撮影したもろもろのビデオは押収されてしまったが、今となってはどちらでも変わらなかった。すでに性器が立たなくなってしまったからだ。性欲自体もあまりない。これでもう、あとは枯れるだけだな。老人はそう思いながら、生産性のない生活を続けた。全てを忘れていった。

ある日、老人は少女に出会った。

おかっぱ頭で髪が外に跳ねた、小学生ぐらいの女の子だった。駅の近くを歩いていると、走ってきたその女の子が突然ぶつかってきたのである。女の子はぺこりと頭を下げて走る。小さな靴をぱたぱたと鳴らしながら。その先には20前の、胸の大きな美しい女性がいたが、視力さえも衰えてしまった老人がそのことに気づくことはなかった。

女児銭湯 JS姉妹いたずらお風呂初セックス(JS9歳/7歳/和姦)
JSレズ開花 家庭教師お姉さん性の百合授業(10歳/18歳/レズ)


関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。