ロリ少女官能小説集:農夫の恋(東方/JS/女子小学生相当9歳/レイプ・誘拐)(1)

18禁サイトです。18歳未満の方は閲覧出来ません。まずは完全無料作品からどうぞ(10作以上有)。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東方projectという幼女が沢山出るシューティングゲームがあります。同人ゲームとしては著名で、Youtubeやニコニコ動画など様々な場所で二次創作が行われているので、名前だけは知っているという方も多いでしょう。

今回掲載するのは、某所に別HNで投稿した、東方のロリペドエロ小説です。二次創作といってもただのエロ小説なので、原作の知識がなくても読むことができます。

1.和風ファンタジーの世界観であること
2.チルノ(こういう見た目)という幼女キャラがいるということ

この2点を押さえておけば、読むに当たって特に問題はないでしょう。鬼畜めなので注意。

小説のイメージ【女子小学生高学年 JS 東方project 妖精 チルノ レイプ 誘拐 監禁 中出し 妊娠 鬼畜】

-----------------------

おお、なんたる奇跡だろうか。ここまで老いて初めて、農夫は本当の恋の味を知った。宿願を叶えさせるその祝福に触れ、幻想郷に満ちる神々に、がらにもなく頭を垂れた。

赤く染まる木々が、木の葉を散らすころの話である。すでに秋も深まっていた。農業に携わるものならば、みな日中忙しく働き続ける時期である。それにもかかわらず、紅魔館の南、湖のそばの草むらに、小汚い中年農夫が場違いにも息を潜めていた。彼は一体何をしているのだろうか。

農夫の木綿の作業着は汗に濡れ、土に汚れていた。帽子も靴も、あまりにも年季が入っている。そして衣服に負けず劣らず、農夫自身の肉体も、筋肉質ながら、皺が目立ち始めている。髪の毛には白髪が混じり、頭皮が露出するまでにはげ散らかっていた。御年57歳のこの農夫は、幻想郷の人間の平均寿命を超え、いつくたばってもおかしくない。すでに人生の佳境に足を踏み入れている男なのであった。そしてついこの間まで、代々のご先祖様に習い、枯れ果て、冷たい土に埋もれようとしていたのだ。しかしながら、その終わりも見えてきたという折に、あの甘い味のしそうな妖精の娘を知ってしまう。幼い妖精に、農夫は恋をした。一目惚れであった。

出会いは偶然そのものである。まさに神々の思し召しであったと、農夫は信じている。秋の実りをかき集めるため、湖のほうへ遠出したとき、たまたま見かけた氷精だ。あの柔らかい曲線、なめらかな桃色のその肢体、男としての興奮を掻き立てずにはいられなかった。幸か不幸か。そうなっては、老体らしく枯れてしまおうという、慎ましい気持ちは露と消えてしまう。

嫁にしなければならない。かくして、農夫は、仕事も放り出してこんな場所で息を潜めているのである。その姿はまさに、典型的な変質者であった。自らの恋路を成就させようと、虎視眈々と狙う、狼そのものとなっているのだ。皺の刻まれた、枯れ木のような農夫の顔の皮にも、ぎらぎらと輝く瞳が二つ付いている。その二つの目は、ただ小さく可愛らしい、勝気な氷精だけをじっとみつめていた。

当の氷精は裸足である。裸足のまま、湖のそばにしゃがみ込み、カエルをつついて遊んでいる。樹の枝で緑色のそれをつつきまわし、その愉快な反応を見て、けらけらと笑っている。

「くらえっ、さいきょうアターック!!」

勇ましく腕をつきだして、氷精の力を引き出す。すると突然ぱらぱらと、小さい氷の結晶がふりそそぎ始めた。驚いたカエルは飛び跳ね、湖に落ちてしまった。ぼちゃんと音を立て、水が大きく跳ねる。その水滴が氷精の柔肌にふりかかり、その白い肌をきらきらと艷めかせる。

「ああ、めんこいのぉ……、チルノちゃん」

度重なる覗き見で、農夫はその鈴の鳴るような名前を知っていた。農場での自慰の時は、噛み締めるようになんども反芻した名前であった。農夫の口元がにやりと歪む。泡だった唾液がだらだらと垂れてくる。鼻の穴はますます盛んに収縮し始め、その興奮の度合を象徴しているかのようである。

その呼吸は犬のように荒い。額は軽く汗ばみ始めている。すでに使い物にならないと思われたペニスも、グングンと血を集め、下履きの上からでさえ、その立派さが伺えるほとだ。

「よっしゃ……!」

一世一代の大勝負である。自然と胸が高なった。そして農夫は、勃起を隠そうともせず、草むらから飛び出した。一人で遊んでいる氷精の少女に、一目散に近づいていった。草と肉がこすれあい、がさがさと大きな音が立つ。チルノはその音のなる方向を見る。青い髪が、大きなリボンがゆったりと揺らめいた。知らない人間の男がどんどんこちらに近づいてくる。誰だろう。チルノには全く見当もつかなかった。
きょとんとした顔で、その勃起したまま駆け寄ってくる農夫を見つめる。薄桃色の唇が、すっと開いて、言葉を紡いだ。

「おじさん、だれ?」

農夫はますます駆け寄ってくる。駆け寄ってきて、とうとうチルノの真正面までやってきた。チルノはその顔を見上げる。背丈はチルノよりずっと大きい。農夫と氷精の間には、頭3つ分の差があった。腕の太さも比べものにならないし、皮膚の硬さも、その色もまったく違う。年齢だって絶望的に違う。チルノは先月、九歳になったばかりだ。

しかし、真剣な恋に、歳の差は関係ない。

「好きじゃぁ……」

農夫の思いは、なんら意図せずとも、自然と口の端から漏れでてくる。それだけ、こらえ切れないほどの愛情と劣情を抱えていたのであろう。ただ、それが相手に届くかどうかは、別の問題である。チルノは、いきなりの発言に戸惑った。好きってどういう意味? そして、そもそも誰なのか。

「おじさん。あたい、おじさんの事なんて知らないよ」

チルノの表情には、先ほどよりも少しだけ、怯えが浮かんでいた。

「田吾作じゃ、儂は田吾作じゃ、農家をやっておる……」

田吾作がにかっと笑う。その笑顔で、チルノの怯えの表情もいくぶんか柔らかくなった。しかし、その不可解な言動は、チルノの心の奥底に、不信感を作り出すには十分であった。いまだ心を許すことはなく、チルノは不安気に、農夫の顔を見上げるばかりだ。

「あ、あたいはチルノだよ……」

その声は、詰まりつまり。舌の回りに動揺がこめられていた。

「おじさん、スキってどういう意味? あたい、おじさんと話したコトなんて……」

田吾作は恥ずかしそうに頭をかく。

「一目惚れじゃ、チルノちゃんに一目惚れしてしもうたんじゃ」

農夫のペニスはますます硬くなりつつある。もはやふたたび噴火しそうなほどに。その獣欲に突き動かされ、田吾作はチルノの両肩をつかんだ。

「な、わしと結婚しよう、子作りしよう、なぁ、なぁ」

田吾作がチルノに顔を近づける。田吾作の加齢臭の混ざった濃い体臭が、チルノの鼻に入り込む。チルノの怯えは、すでに恐怖に変わっていた。氷精の体は震え始めていた。

「なぁ、絶対気持よくしたるから、のぉ、お願いじゃぁ」
「や、やだ! 離して!」

チルノの怯える様子に、田吾作の声は、だんだんとすがるようなそれに変わりつつあった。一方で、チルノの声はそれに抗おうとするかのように、キンキンと高くなっていた。チルノは逃れようとする。しかし、田吾作はその肩をがっちりと掴んでいた。体が動かない。幼子の筋肉では振り払うことさえ敵わなかったのである。

そしてふと、ゆったりとした風が吹き、チルノのスカートがふわふわと揺れた。チルノの髪の合間を風が通ってゆき、その甘ったるい臭いが田吾作の鼻をくすぐった。そこまでが、田吾作の理性の限界であった。言って聞かないなら、先に体で愛してあげるしかない。

「はぁ、はぁ……」
「え?」

田吾作は突然、自分の下履きに手をかけ、それを脱ぎ始めた。股には陰毛がもさもさと生えまくっており、脛毛も物凄い。そして20cmほどで、皮被りの大きなペニスが、ぶらりと姿を表したのである。チルノは目を真ん丸くした。男性のものを見たことは殆ど無かったのだ。そしてその上、勃起したものとなると、これが初めてであったかもしれない。

「あ、あ」

汚くも立派なペニスと、田吾作のにやけ顔を交互に見比べる。田吾作はいまだ笑っていた。いや、その笑いは先ほどとは比べ物にならなかった。汗にまみれ、涎が溢れている。笑みはますますいやらしくなりつつある。発情した猿といったほうがいくぶんか紳士的なぐらいにまで、熱く興奮した笑みであった。

農夫の恋(JS/女子小学生相当9歳/東方)(2)へ進む

JSレズ開花 家庭教師お姉さん性の百合授業(JS10歳/18歳/レズ)
子供企画2 JSサッカー少女レイプビデオ撮影(JS11歳)


関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。