ロリ少女官能小説集:2017年以降の方針転換について

18禁サイトです。18歳未満の方は閲覧出来ません。まずは完全無料作品からどうぞ(10作以上有)。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
以前に予告した方針転換に関する記事です。

今後の小説執筆のため、活動の方向性を変えていくことになりました。2017年以降は色々と変わってくると思いますので、それについてあらかじめお伝えしたいと思います。

●方針転換の概要
まずは結論から。小さい女の子ものだけを執筆するという方針をやめます。これからは小さい子から大人まで幅広い年齢層のヒロインを採用し、様々なジャンルの作品を執筆していく予定です。作風や文体も変えていくつもりです。外的な要素を基準にすることもやめ、欲求や感情からくる内的衝動を中心にして活動します。また、過度なクオリティ重視の姿勢を改め、執筆量をより重視するにより、出版ペースの回復を図りたいと思っています。

今まではジャンルを小さい子ものに絞り、リアリズム演出への志向が相対的に強い書き方をしていて、そのうえ売上等のような外的な要素をかなり気にしていたわけなので、……活動の根幹を書き換える大きな方針転換といえます。今までのような小さい子ものも書きますが、全体に対する割合は縮小していくことになると思います。

方針転換の背景にあるのは、活動の停滞を打破しなくてはならないという気持ちと、作風を縛ることに対する疲れですね。私自身の志向の変化もあります。時間をかけても躁鬱傾向が改善しなかったので、負担の少ないやり方に移行しなければならなかったという側面もあります。

特に「クオリティの過度な重視」は深刻な病で、躁鬱傾向ともあわさって、病的な回数の推敲に繫がっていたので(最新作なんて場所によっては50回は読んで手直ししてました)……、そろそろ決別しないとどうしようもないんですよね。推敲の効果が顕著に出るのは、せいぜいはじめの数回で、それ以降の推敲は僅かな改善にしか繋がらないことはわかっているのですが、真面目な性格なので(良く言えばですが)ブレーキをかけないと延々とやってしまいます。

活動初期は、期限を切って、その期間内に仕上げるようにしていたのですが、いつの間にか歯止めがきかなくなっていました。このままでは金銭的にやっていけなくなる恐れがあるので、常に100%の力を出すようなやりかたはやめにして、80%〜90%の力をコンスタントに出し、そのかわりに量的な生産性を高めるという方針に切り替えたいと思っています。

その上で、湧いたアイデアを拘束せず、欲求や感情のような精神的な動力を上手く使う。その中で語彙や文法の使用法の幅を広げ、横断的な脳内辞書を身に付けることにより、総合的な表現力を高める。今後はそういうやり方でやっていきたいと思います。



ここ最近は、この方針転換について、延々と悩んでいたのですが、ここで変化する他にどうしようもないという結論は変わりませんでした。突然のお知らせになり申し訳ございませんが、ご理解いただければ幸いです。今までの延長線上にある作品も書きますし、「私達を撮らないで」の制作も進めていきますので、新傾向の作品とともに、そちらにもご期待いただければ幸いです。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。