ロリ少女官能小説集:私達を撮らないで(2) JS裏垢少女の自宅特定ロ○交尾 引っ込み思案でエッチな少女はエロ配信で脅されて雄肉棒に陵辱された(2)

18禁サイトです。18歳未満の方は閲覧出来ません。まずは完全無料作品からどうぞ(10作以上有)。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(※伏せ字はFC2ブログのNGワードによるものです。販売中の作品に伏せ字等はありません)

【作品概要】
私だって男性に激しく求められてみたい――。小学6年生「下岸咲良」は引っ込み思案な優等生。けれど自室で一人になると、子供まんこをネットに晒す発情女児になってしまう。割れ目を開いてうpすると男の人にドキドキされる。オナニー配信でイクまでいじると沢山の人にムラムラされる。大人しい子が抑圧しがちな性衝動を、アイドル感覚で満たせてしまう誰にも言えない秘密の居場所……。しかしそんな危険な遊びが私生活を陵辱する。男の人が家に来た。彼らは咲良を特定していた。恥ずかしかった。裸にされた。怖いのに、嫌なのに、生セックスまで強要された。現実では奥手で気弱な彼女は、男性の激しい腰振り交尾に耐えられない。ネットとリアルが混ざる中、連続エッチと生中出しで、彼女の理性と羞恥心はガラガラ崩れ落ちていき……。(文字数約80000字)

私達を撮らないで(2) JS裏垢少女の自宅特定ロ○交尾 引っ込み思案でエッチな少女はエロ配信で脅されて雄肉棒に陵辱された
私達を撮らないで(2) JS裏垢少女の自宅特定ロ○交尾 引っ込み思案でエッチな少女はエロ配信で脅されて雄肉棒に陵辱された(12歳/レ○プ)

初潮もまだ迎えていない純粋な子供の割れ目が、ねっとりとしたメス汁を垂らしながら濡れている。幼い指先がたわわなおまんこの柔肉を左右に開いた。肌色が桃になり、影がさして赤になる。パソコンのディスプレイがおまんこ色になっている。子供のわりに色が深いが、作りはシンプルな子供まんこそのものであり、未発達な小陰唇や大きめのクリトリスが淫靡で綺麗で可愛らしい。年齢相応に幼い形で、不相応に濡れている。膣口の辺りがうっとりと湿っている。男性が大半であろう視聴者の視線に愛撫され、一人の幼いメスとして、発情ガチ濡れするのであった。

『どう……? 生配信で見るのは初めてって人もいるよね……?』

潤んだ膣口がひくひくしている。男性の視線を意識している。

『これが"しとらす"のおまんこだよ。……あっ、ちょっと、濡れてるかも。……ほら』

少女は愛液を指ですくい、カメラの前でねばねばと弄んだ。小○生の膣汁が指のあいだで糸を引く。自慰をする男のペニスが鉄のように硬くなる。発情するおまんこを見て必然的に勃起する。ああ、挿れたい。一度で良いから挿れてみたい。どんなに熱くて、どんなに狭くて、どんなに気持ちが良いだろう。子供相手に本気になって、男性器をしごきだす。嬉しそうに女性器を晒す少女は、初潮前とは思えないほど積極的に発情している。性欲を自覚して間もないがゆえの敏感無垢な発情だ。

見られて濡れるような子供も、その子供でシコる俺も、性的逸脱という点では、ある意味同類なのかもしれない。彼女の激しい性欲に触れていると、共感のような感情に囚われることがある。少女の発情が彼に重なり、一馬はペニスを剛直させる。一馬はロ○ータヴァギナを見ながら慎重にペニスをいじっている。本物の子供が、本物の小○生が、回線の向こうでおかずを提供してくれているのだと思うと、ロ○コン男にシコられると分かっていてそうしているのだと思うと……、彼のペニスの発情は止まらなかった。目の前に彼女がいるような気分になっていた。彼女と擬似セックスをしているような気分になった。

ねちょりぴちゃりと音を立てて、少女はぷりぷりの性器肉を撫で回す。一方彼は肉棒を擦る速度を上げたりしない。あくまでゆっくりと男根を刺激した。少女の媚肉を睨みながら息子の裏を撫でていた。本当は思い切りしごきたいが、すぐに出すのは勿体無い。生放送自体が間もなく見納めになるかもしれないのである。

少女は指で粘膜を広げながら、あどけない声で観客達に尋ねていた。

『ちゃんと、写ってるかな……? 見えてない人いる……?』

膣口がひくひくとして、ぬめつく蜜が垂れていた。誰もがそこを見つめていて、子供まんこへの感想をコメント欄に残している。少女は流れるコメントを見ながら、時折笑い、時折膣をきゅんとさせ、発情で赤くなりながら照れくさそうに言葉を続けた。

『……ね、ねぇ、カメラとかも平気? もっと近づく? ……このままでいい? ……顔も見たい? ……じゃあ、顔とおまんこが、一緒に見える感じにしようかな。マスク取るのは無理だけど。……駄目だよ、身バレ怖いし。……映像が止まっちゃったらリロードとかしてね。……うん、エロくて、綺麗で、……本当? クリが大きくて、色とかちょっと赤いんだけど……、こういうアソコって、男の人的にはどうなのかなぁ。……初見さんもいると思うんだけど。男子に見せてもがっかりされないかな』

開いたおまんこ全体が視線を浴びてひくひくしている。小さな指でクリトリスをいじったり、小陰唇の裏を撫でたりしている。

『……十分きれい? むしろ魅力的? ……ありがとう。みんな優しいよね。……もうちょっと近くで見たい? そんなに見たいの? えっと……、このぐらいかな、どう、これでいい? これ以上近づいたら、表情が見えなくなっちゃうから……。うん、いいよね。みんな、どう、オカズになりそう? 気持ち良くなれそう? ……ふふ』

あどけなく微笑む。小○生の顔で淫らに微笑んでいる。切りそろえられた髪から垂れてくるのは、熱く香る女児の発情汗である。頬がぽうっと赤くなり、大きな瞳がうっとりと細められ、クリトリスをいじる指先は愛液をふんだんに絡めている。スピーカーから聞こえるのは、マイクをくすぐる淫乱女児の吐息であり、その呼吸に合わせるように、発情した幼肉が悶えるように疼いていた。少女のおまんこは花びらが薄い。成熟を示す黒々とした陰毛もない。しかし濡れ具合や柔らかさは大人の女性に負けておらず、溢れに溢れる快感の蜜は男女の交尾を求めていた。ねっとりとした幼蜜は、デジタル回線の限界を超えて香るように淫らだった。

『私……? 私は、もう気持ち良いよ……、アソコの周りがじーんってしてる……』

発情して濡れてくると、おまんこはますます魅力的になってくる。精液を貯めこんだ貪欲なオスを惹きつける、肉と脂肪と粘膜で出来た天然物の華である。グロテスクだとか生々しいとか、貶されることも多い女性器であるが、多くのオスを虜にしてきたのであれば、これはやはり美しい華なのだろう。少なくとも彼はシコりながら食い入るように見つめていた。一千の視聴者も同志だった。そして彼女はおまんこを開きながら、上擦った声と息を吐いた。

『……じゃあ、沢山触るね? ……みんなも一緒にオナニーしよう? ……んッ。……あ、……ふぅ、ふぅ』

円を描くように外陰部をこねまわす。陰核をくりっと剥いて、恐る恐るローターで撫でてみる。少女の表情と頬の色が変化した。幼い声が苦しそうに喘ぎだし、ロ○ータの膣穴から快感の涎が垂れてきた。跳ねるふともも。くねる身体。12歳の淫蜜が粘膜を伝って肉を這う。鳴いて、痺れて、さざなみのように乱れだした。

『はぁぁ、はぁっ……、あっ……! はーっ、はーっ、はあぁ……! あ……!』

指やローターがクリトリスに擦れるたびに、驚くようにびくびくっと両足の肉が痙攣していた。豊富に溢れていく膣汁は、オナニー少女の発情期をぬめりながら見せていて、かすかな胸の膨らみは、お赤飯が間近に迫っていることを表していた。そんな胸が上下する。小○生なのに感じている。少女の呼吸にだんだんと余裕が無くなり、わずかに見える胸元の乳首が、ちゃんと固く勃っていることまで分かってしまう。この子は本気で気持ち良くなっているのだ。びちょびちょのおまんこ全体が彼女の心を代弁していた。ローターで陰核をいじめ尽くし、湿った指で優しく労る。子供の腰が震えだす。

『あぁぁッ……!! はぁ、はぁ、はぁ……!! んっ、あぁ、はぁっ、はっ…‥!』

私達を撮らないで(2) JS裏垢少女の自宅特定ロ○交尾 引っ込み思案でエッチな少女はエロ配信で脅されて雄肉棒に陵辱された(12歳/レ○プ)
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。