ロリ少女官能小説集:私達を撮らないで(1) JS純粋少女の強制撮影ロリ陵辱 田舎村の思春期少女は知らない人の男根におかしくなるまで中出しされた(3)

18禁サイトです。18歳未満の方は閲覧出来ません。まずは完全無料作品からどうぞ(10作以上有)。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(※伏せ字はFC2ブログのNGワードによるものです。販売中の作品に伏せ字等はありません)

【作品概要】
雲が流れる青空の下で、水田に挟まれた焦茶色の土道を、ワンピース姿のロ○ータが歩いている――。一年前に両親を亡くし、おばあちゃんの家に越してきた小学五年生「白崎陽菜」は、村に馴染み、友達も出来て、夏休みの日々を満喫していた。「強○」なんて「レ○プ」なんて言葉でさえ存在しない平和な世界に包まれていた。しかしそんな日常はあの日に壊れて無くなった。オスの太い指先が彼女の乳房を愛撫する。裸にされ、唇を奪われ、成人男性の肉棒が子供まんこに押し付けられる。知らない人のおちんちんが入ってきた。カメラのレンズが私を見ていた。吐息が漏れる唇を結んだ。涙と喘ぎ声が身体の底から溢れてきた。彼女は空の灰色を見ながら男に中出しされていた。やめて。撮らないで。私の裸をばらまかないで。連続女児姦淫事件は夏の田舎で始まった。(文字数約60000字)

私達を撮らないで(1) JS純粋少女の強制撮影ロ○陵辱 田舎村の思春期少女は知らない人の男根におかしくなるまで中出しされた 私達を撮らないでシリーズ (YKロ○ータ文庫)
私達を撮らないで(1) JS純粋少女の強制撮影ロ○陵辱 田舎村の思春期少女は知らない人の男根におかしくなるまで中出しされた(JS10歳/レ○プ)

2015年8月。白崎陽菜が暮らしている高野原村に続く車道。真っ黒な塗装をまとった車が、ヘッドライトで前方を照らしながら、明け方の青白い山道を走っていた。

林と林に挟まれた道路、森と森に包まれた道路、薄暗闇に満たされたトンネルや、張り出した樹木が自然のトンネルを作っているような道。殆どの車道はさすがに舗装されているが、道路は常に一車線となっており、大型のトラックやバスなどとはすれ違いたくない道ばかりであった。そのうえ木々が影を作り、明け方であっても夜のように暗い場所が多く、両端で安全を確保するガードレールもさびでしまって頼りない。

しかしながら、この道を通らなければ、高野原村に乗用車を持ち込むことは出来ないようになっていた。高野原村に至る道は、狭苦しい車道か、土まみれの歩道か、毎日のように赤字を計上している田舎電車の路線しか存在しない。そしてこれからやろうとしていることを考えるならば、狭苦しい車道を通ってでも、自動車を村に持ち込まなければならないのであった。運転をする小太りの男は、事故を起こしてはいけないと森のなかを徐行して、助手席に座っている男は手元の書類に視線を向けていた。運転席の男は、一旦車を停止させ、ポケットから取り出したハンカチで額を濡らす汗を拭いた。そして運転席の扉にある窓を開ける。外の空気が澄んでいて、冷涼なのが救いだった。

8月となって夏が深まり、地上は暑さを増していたが、山々の上にある高野原村に迫る頃には気温も少々落ちていた。自動車を進めるとともに、吹き込んでくる涼しい空気は、高野原村が近いことを明瞭に物語っていた。分かれ道にやってきて、携帯電話の地図アプリで村への経路を確認する。ハンドルを握り直し、舗装された左の道路に進んでいき、そして森の暗闇を抜けると、暁の空と深緑の広大な樹海がフロントガラスの目下に広がった。ひどく細い山の車道は、崖の縁に沿うように伸びている。ガードレールも何も無い。よりにもよってこんな場所で行政は予算を削減している。崖のギリギリを走らなければ、村には入れてやらないというのだ。

「うわぁ」

運転席でハンドルを握る小太りの男が声を漏らした。年齢は30代ほどであり、気の優しそうな顔立ちをしているが、高い身長とがっしりとした体格のために、大男といった印象がある。彼の名前は増山智昭。少なくとも助手席の男に告げた名前はそれである。恐らくは偽名だが、助手席の男は本名を問わなかった。

「こんなところもあるのか。こりゃあ、もう、本物の田舎ですな……」
「田舎の類はお嫌いですか」

助手席に座るメガネの男が反応した。上唇の上に髭を蓄えた、真面目そうな風貌の男である。こちらの名前は永野亮司。少なくとも運転手の智昭に名乗った名前はこれである。間違いなく偽名だが、運転手の男も本名を問うようなことはしなかった。メガネをかけた亮司の言葉に対し、大男の智昭は苦笑いで返答した。

「嫌いじゃありませんけどね。今度来る時は電車にさせてもらいますよ」

もっとも二度目に来ることがあればの話であるが。しかしメガネの男は、そのような言葉を喉前で飲み込み、手元の書類に再び目を通していた。会話で智昭の集中力を削ぎ、崖下に転落することは、亮司としても望むところでは無かったからだ。車はもう動き出しているのである。一方手元の書類には、色付きのインクで少女が印刷されていた。美しい少女の顔だった。小学5年生の女の子の顔だった。友達と一緒に村を歩いているときの横顔だ。

艶めくロングの黒髪は、軽く櫛で梳かした程度で限りなく自然体に近かったが、その作為性のなさが子供らしさを強調し、あどけなくも整った美少女の顔を引き立てている。すうっと通っている鼻筋、ぱっちりと開いた二重の瞳、優しそうに垂れた眉、桜色の口元。幼○の段階は明らかに過ぎているが、ほっぺたや輪郭の丸みには子供らしい印象が残っている。過度にませて成熟しているわけでもない、かといってやたらと子供っぽいわけでもない。思春期の入り口に迫る10歳という年齢の、繊細で絶妙な美しさが、彼女の顔には宿っていた。写真の下には彼女のプロフィールがある。

名前:白崎陽菜(しらさき ひな)
年齢:10歳
学年:小学5年生
小学校:村立奥森小学校
住所:群馬県甘楽郡高野原村231

家族:母方の祖母のみ。父方の祖父母とは交流なし。母方の祖父は一昨年に癌で他界。両親は一年前に交通事故で他界。
第二次性徴:なし(未初潮)
性知識:乏しい
自慰経験:あり
自慰頻度:平均して3日に1回
膣挿入経験:なし
肛門挿入経験:なし
セックス経験:なし
性感帯:大陰唇・小陰唇・膣前庭・クリトリス・胸・乳首・脇腹

そこまで読んで亮司は書類をめくった。プロフィールの項目は、名前や年齢から初潮の有無などの身体情報、オナニー経験の有無などの一見些末な情報にまで及んでおり、その調査の徹底ぶりに亮司が恐ろしさを感じるほどであった。その次のページには、白崎陽菜という美少女の、ある程度の生活スケジュールが書かれている。今日は土曜日だ。土曜日のスケジュールも書かれていた。決行日ということもあって、記述は非常に詳細である。彼女が祖母と正午ごろに昼食を取り、午後1時ごろに菜々子ちゃんという友達の家に向かうことまで書かれていた。予想歩行ルートと推奨誘拐地点が書かれた地図まで掲載されるという充実ぶりだ。この鬼畜な犯罪を企画した人間は、今回の事件の成功を心から願っているらしい。亮司と智昭はそのための手駒だ。捨て駒に出来る手駒であるが。

亮司は運転席と同じように窓を開けた。崖の上ということもあり、車は徐行していたが、冷涼が風が空の果てから吹いていて、助手席から運転席にまで心地良い風が吹き抜けていった。腕時計を見る。午前5時過ぎ。青とオレンジが混ざり合う暁の空に、入道雲がゆったり流れていた。そのうちに崖地帯を抜け、森を突っ切る舗装道路をひたすら登る直線に差し掛かる。危険地帯を無事に抜けてやっと余裕が戻ってきたのか、小太りの智昭はアクセルを踏みながら、隣の亮司に話しかけた。

「聞いても良いですか?」
「どうぞ」
「永野さんはどうしてこんな仕事に?」
「仕事を受けた理由ですか」

永野亮司は両目を瞬きながら、増山智昭の横顔を見た。

「しかし、それは……」

メガネのつるを二度触り、亮司は悩んで言葉を選んだ。

「お互い、自分のことは、あまり話さない方が良いのでは」
「理屈で考えれば、その通りなんですけどねぇ……」

智昭の口が笑う。

「でも、お互いを知らないと、やりにくくてしょうがないでしょう。こんな危ない仕事ならなおさら……」

智昭は車のスピードを上げながら続けた。

私達を撮らないで(1) JS純粋少女の強制撮影ロ○陵辱 田舎村の思春期少女は知らない人の男根におかしくなるまで中出しされた(JS10歳/レ○プ)
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。