ロリ少女官能小説集:私達を撮らないで(1) JS純粋少女の強制撮影ロリ陵辱 田舎村の思春期少女は知らない人の男根におかしくなるまで中出しされた(2)

18禁サイトです。18歳未満の方は閲覧出来ません。まずは完全無料作品からどうぞ(10作以上有)。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(※伏せ字はFC2ブログのNGワードによるものです。販売中の作品に伏せ字等はありません)

【作品概要】
雲が流れる青空の下で、水田に挟まれた焦茶色の土道を、ワンピース姿のロ○ータが歩いている――。一年前に両親を亡くし、おばあちゃんの家に越してきた小学五年生「白崎陽菜」は、村に馴染み、友達も出来て、夏休みの日々を満喫していた。「強○」なんて「レ○プ」なんて言葉でさえ存在しない平和な世界に包まれていた。しかしそんな日常はあの日に壊れて無くなった。オスの太い指先が彼女の乳房を愛撫する。裸にされ、唇を奪われ、成人男性の肉棒が子供まんこに押し付けられる。知らない人のおちんちんが入ってきた。カメラのレンズが私を見ていた。吐息が漏れる唇を結んだ。涙と喘ぎ声が身体の底から溢れてきた。彼女は空の灰色を見ながら男に中出しされていた。やめて。撮らないで。私の裸をばらまかないで。連続女児姦淫事件は夏の田舎で始まった。(文字数約60000字)

私達を撮らないで(1) JS純粋少女の強制撮影ロ○陵辱 田舎村の思春期少女は知らない人の男根におかしくなるまで中出しされた 私達を撮らないでシリーズ (YKロ○ータ文庫)
私達を撮らないで(1) JS純粋少女の強制撮影ロ○陵辱 田舎村の思春期少女は知らない人の男根におかしくなるまで中出しされた(JS10歳/レ○プ)

========
<引用出典:某匿名ネットワーク 発禁作品研究会『「日本少女の性」まとめと分析 1-1「日本少女の性」とは何か』>

(前略)……「日本少女の性」は、日本人女児を被写体としたポルノビデオシリーズである。規模の面からいっても、内容の面からいっても、注目すべき発禁作品である。発禁作品研究会の方針からして、このビデオを取り上げないわけにはいかなかった。

出演女児の年齢は9歳~12歳が原則であるが、8歳以下の幼○との性行為を撮影した作品や、乳○の性器を玩具で愛撫するような非常にマニアックなビデオも含まれている。殆どの作品はレ○プを題材としており、ソフトな作品でも痴○や盗撮、睡眠中を狙った性的いたずらなどの鬼畜要素を含んでいる。女児が笑顔を見せるような作品は殆ど無く、辛うじて和姦と呼びうるような作品は、自ら売春を行う小○生を撮影した一部の動画などに限られている。

制作・販売・配布が違法なのは言うまでもないが、現行法ではこれらの動画を所持することも処罰の対象とされている。しかし世界的な違法化にもかかわらず、この動画シリーズは徹底的に注目された。

このビデオが発する邪な「感動」は、この手の趣味を持つ人間であれば、国籍も民族も問わないらしい。あるいはロ○ータ趣味を持たないような人間であっても、このビデオシリーズだけは、興味本位で見た人間も少なからずいるという。あまりにも鬼畜かつハードで出演女児の質も高かったため、このビデオが流出した際の衝撃は凄まじく、電波に乗って世界中に広がり、今でも闇で取り引きが続いている。禁酒法の結末や、麻薬戦争の失敗同様、法規制は欲望に対してあまりにも無力だった。恐らく、この動画シリーズは、人類が核戦争や隕石で滅亡するまでこの世に残り続けるのだろう。

それでは「日本少女の性」は、誰が何のために制作した動画なのだろうか。これが実は分かっていない。

元締めは不明。企画者は不明。誰がどのような目的で制作したのかも確定はしていない。暴力団のシノギ、海外マフィアの資金獲得活動、好事家グループによる趣味的な企画、様々な噂が流れたが、決定的な証拠もなければ明確な警察発表もない。被害女児への配慮からか、初期に一部で過熱報道がなされたのみで、大半の報道機関はこの事件に沈黙している。インターネットの情報も憶測ばかりで真実に迫るようなものは限られている。圧力か、自主規制か、この動画に触れている書籍の類もわずかである。末端の撮影役には逮捕者がおり、被害女児に対する事情聴取も行われているようであるが、事件の全体像は雲を掴むようにあやふやで、指示をした人間は正体さえも掴めない。そしてビデオは闇に広まり続けている。謎に包まれたシリーズである。

一方、一部コミュニティの執拗な情報収集によって、明らかになった事柄も少なくない。ビデオ制作の背景や、制作指揮者の正体は誰にも分からないが、「日本少女の性」という動画シリーズそのものの全容は把握されたと言って良い。

わずか半年で迅速に制作されたこと、数十人にもおよぶ人間の手によって撮影されたであろうこと、何らかの理由によって動画が流出し世界中に広まってしまったこと、50本にも及ぶ巨大なシリーズであること、日本の関東地方で撮影されていたということ、被写体となった被害女児の総数が数十人にも及ぶこと、撮影された女の子が眼を見張るような美少女ないし美幼○ばかりであるということ、殆どのビデオが本番ありのレ○プもので構成されているということ、撮影の結果として妊娠した女児がいること。これらは全て確定情報である。そしてこれらは確定情報のごく一部を構成しているにすぎない。

撮影役に配られたと思しき「出演女児プロフィール」や、警察内で作成された捜査資料も一部流出しており、本名・住所・生年月日まで特定されてしまったような女の子もいる。中にはブログやSNSアカウントまで見つけられてしまった女児もおり、「日本少女の性」という物語に組み込まれ、日常とビデオのギャップまで好事家たちのオカズにされてしまっている。

出歯亀根性丸出しの筆者であるが、この点についてはさすがに同情を禁じ得ない。殆どの犯人が雲隠れするなか、何の罪もない被害女児たちばかりが晒されている現状は、因果応報が逆転してまかり通る世界の非情を表していると言えるだろう。もっとも、罪が無いとはいえ、情報収集と動画の拡散が急激に進んだ原因の一端は、被害者である彼女たちにあるとも言えるのかもしれない。

「日本少女の性」はとにかく質が高かった。質が高かったからこそ多くの人間が情報収集にのめり込んだ。画質も編集も一見して優れていると分かるが、それだけで質が高いということにはなりえない。ポルノビデオが名作になるためには、被写体が美しくなければならないのである。このシリーズで犯される女児は溜息が出るほど美しかった。ロ○コンでないものをロ○コンにしてしまうほど反応が淫らで官能的だ。男性器をねじ込まれ、子供の口で女として喘ぎながら、赤らんで涙を流すその顔が可愛かった。

一番最初に流出した「日本少女の性 vol.1 白いワンピースの少女10歳(小学5年生)」はまさにそのような極上の逸品だった。女児の境遇に同情しつつも、ペニスやヴァギナの興奮が止まらない。幼い嗚咽に胸を痛めながらも、ペニスを受け入れる子供まんこに視線が釘付けになってしまう。そして「vol.1」という動画内の記述が、複数作品によって構成されるシリーズものであることを暗示していた。

だからマニアは彼女達に夢中になった。夢中になって残りのビデオを収集した。内部資料やプロフィールまでもが流出したのは、警察官さえも虜にしたからなのだろう。終いには彼女たちのSNSまで突き止めて、ブログに上げられた家族写真を収集して、動画サイトに上げられた日常記録も巻き込んで、まるでストーカーのようにあらゆる情報を集積してしまった。結局のところ、筆者も含め、みなあの子たちが好きなのだ。あの子たちにはそれだけの性的魅力があったのだ。好きだからこそ、動画だけでは物足りず、ありとあらゆる情報を収集してしまった。我々は彼女達の全てを知ってみたかった。

結果的に身体だけでなく、個人情報までもが丸裸にされてしまったし、それによって心の傷が深まってしまった女児もあるいは存在するのかもしれないが、流れとなった現象は抑えこもうとして抑えきれるようなものではなかった。我々は彼女たちを二重にレ○プしてしまったのかもしれない。しかしそうすることによって、「日本少女の性」について深く知ることも出来るようになった。

一度集められた情報が、散逸することなどあってはならない。このテキスト、すなわち『「日本少女の性」まとめと分析』は、不特定多数の人々によって掘り起こされた「日本少女の性」という違法ビデオ関連の情報を一箇所に集約し分析するものである。

確定情報から噂レベルの情報までを洗い直し、本編と言われる50本の動画と、出演女児たちについて、現状判明していることを可能な限り網羅した。教育機関の対応や警察の捜査など、「日本少女の性」の周辺情報も出来る限り記載し、未確定な噂についても一部は紹介することとした。また我々がどのようにして「日本少女の性」という作品を受容したのかについても、一章を割いて要約することとする。「日本少女の性」をより良く楽しむおかずとしてお読みいただけるのなら幸いである……(以下略)

<引用終わり>
========



私達を撮らないで(1) JS純粋少女の強制撮影ロ○陵辱 田舎村の思春期少女は知らない人の男根におかしくなるまで中出しされた(JS10歳/レ○プ)
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。