ロリ少女官能小説集:【新刊】「私達を撮らないで(1) JS純粋少女の強制撮影ロリ陵辱 田舎村の思春期少女は知らない人の男根におかしくなるまで中出しされた」を発売しました

18禁サイトです。18歳未満の方は閲覧出来ません。まずは完全無料作品からどうぞ(10作以上有)。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「私達を撮らないで(1) JS純粋少女の強制撮影ロ○陵辱 田舎村の思春期少女は知らない人の男根におかしくなるまで中出しされた」を発売しました。第1巻の標的は山奥の村に住む5年生の女の子です。

「私達を撮らないで」は、何も悪いことをしていない女の子がレ○プの過程を撮影され、その動画をばらまかれてしまうかなり鬼畜なシリーズです(全9巻予定)。一応続き物ではありますが、オムニバス形式の側面が強く、基本的には各書籍でそれぞれ少女の物語が完結します。各巻単体でも楽しめるようになっています。

純粋な陵辱物は久々ですね。今回のシリーズでは、過激で鬼畜な性描写を維持したうえで、犯されてしまう女の子を人生を持った一人の子供として設定し、心臓の鼓動が感じられるような詳細で写実的な描写を心がけていきたいと考えています。JS達の淫らな悲劇を通じ、文字描写の裏にある彼女達の息遣いや、子供だからこそ愛らしい精神の動き、未成熟ゆえに発揮される幼い肉体美などを感じて頂ければ幸いです。

・次巻以降の出版について
一ヶ月に二冊の制作ペースが理想ですが、その他にも進めていきたい計画があるので、一ヶ月に一冊程度になってしまうかもしれません。しかし、挫折はせず、きちんと完結させていきたいと考えています。買っていただけるだけで有難いので、お願いするのも申し訳ないのですが、気が向いたらAmazonレビューなどで本シリーズを推薦し頂けると嬉しいです。

私達を撮らないで(1) JS純粋少女の強制撮影ロ○陵辱 田舎村の思春期少女は知らない人の男根におかしくなるまで中出しされた 私達を撮らないでシリーズ (YKロ○ータ文庫)
私達を撮らないで(1) JS純粋少女の強制撮影ロ○陵辱 田舎村の思春期少女は知らない人の男根におかしくなるまで中出しされた(JS10歳/レ○プ)

(※伏せ字はFC2ブログのNGワードによるものです。販売中の作品に伏せ字等はありません)

――誰も知らない山奥で、少女の無垢な大陰唇が、発情した肉棒に割り開かれようとしていた。

※この作品は過激な官能表現を含んでおります。書籍の内容やジャンルについては以下の説明文をご覧ください。
※この書籍は官能小説シリーズ「私達を撮らないで」の第1巻です。「私達を撮らないで」はそれぞれの話が独立しているため、どの書籍から読み始めても問題なく楽しめるようになっています。

【基礎情報】
ジャンル:JSロ○ータ+レ○プ+犯罪臭
全体的な作品傾向:少女 陵辱 羞恥 田舎 自然 鬼畜 撮影
全体的な鬼畜度:高(田舎に住む女の子が知らないおじさんに捕まって、陵辱撮影されてしまう話です)
表記:横書き
備考等:官能小説シリーズ「私達を撮らない」の第1巻です。この作品単体でもお楽しみいただけます。

【属性とプレイ】
鬼畜 レ○プ 小○生 無垢 思春期 オナニー お○っこ 盗撮 誘拐 撮影 ペッティング クンニ 全裸 ディープキス 初体験 膣挿入 破瓜 アナル挿入 二穴セックス 中出し 闇ビデオ 組織犯罪

【作品概要】
雲が流れる青空の下で、水田に挟まれた焦茶色の土道を、ワンピース姿のロ○ータが歩いている――。一年前に両親を亡くし、おばあちゃんの家に越してきた小学五年生「白崎陽菜」は、村に馴染み、友達も出来て、夏休みの日々を満喫していた。「強○」なんて「レ○プ」なんて言葉でさえ存在しない平和な世界に包まれていた。しかしそんな日常はあの日に壊れて無くなった。オスの太い指先が彼女の乳房を愛撫する。裸にされ、唇を奪われ、成人男性の肉棒が子供まんこに押し付けられる。知らない人のおちんちんが入ってきた。カメラのレンズが私を見ていた。吐息が漏れる唇を結んだ。涙と喘ぎ声が身体の底から溢れてきた。彼女は空の灰色を見ながら男に中出しされていた。やめて。撮らないで。私の裸をばらまかないで。連続女児姦淫事件は夏の田舎で始まった。(文字数約60000字)

【目次】
・第1章 夜闇がまだ明けぬころ(約14000字)
内容:陽菜は自慰にのめり込む。彼女を狙うオス達の激しすぎる欲望も知らずに……。小○生の淫らな悲劇は夏の田舎で始まった。
要素:寝室 オナニー 性の目覚め 田舎 危険 闇ビデオ 陵辱の予感 絶頂

・第2章 反転した村落の日常(約12000字)
内容:白崎陽菜はワンピース姿でお友達の家に笑顔で出かけた。しかし森の暗がりには誘拐犯が潜んでいた。
要素:夏休み 日常 思春期 お○っこ 盗撮 誘拐 拘束

・第3章 剥き出しにされた少女の性(約11000字)
内容:???
要素:レ○プ ペッティング 乳首責め クンニ 撮影 指マン くぱぁ 視姦

・第4章 知らない人のおちんちんがおまたとおしりで脈打った(約23000字)
内容:???
要素:レ○プ 撮影 ディープキス 挿入 破瓜 セックス 連続中出し フェラチオ 口内射精 アナル 二穴セックス 絶頂 事後


【登場人物】
●白崎陽菜:しらさきひな(10) 山奥の思春期少女
村立奥森小学校の5年生。山奥の村に住む、黒髪ロングで白ワンピースのあどけない女の子。133センチのほっそりとした体型で、胸が全く膨らんでおらず、おまんこもつるつるで初潮はまだ来ていない。しかし彼女も高学年の女子であり、おませな先輩の影響もあって、男女関係やエッチなことにも多少の興味を持っている。いけないいけないと思いつつ、オナニーをしてしまうこともある。一年前の夏休みに交通事故で両親を失い、母方の祖母に引き取られる形で田舎の村に越してきた。村に馴染み、友達も出来て、澄んだ空気を満喫しているが、どろどろとした暗い欲望は直ぐ側にまで迫っていた。

●白崎綾子;しらさきあやこ(65) 陽菜のおばあちゃん
陽菜の祖母。ぱさぱさとした髪質のセミロングを流す60代の女性。髪は黒く染められており、肌には数々の皺が刻まれているものの、年齢の割には若く見え「おばあさん」という雰囲気ではない。事故で亡くした娘と義理の息子にかわり、孫の陽菜を女手一つで育てている。生業の農業からは半ば引退しており、日に日に美しく育つ孫の成長を見守るのが生きがい。

●永野亮司:ながのりょうじ(36) 堅物そうな誘拐犯
陵辱の実行犯。整えられた短髪の真面目そうな中年男性で、黒縁のメガネをかけており、鼻下には髭がある。身長は170センチ台で体型は中肉中背。数年前まで中小企業の社長をしていたが、業績悪化の末に倒産し、妻とは離婚することになった。今も借金苦とともに人生を送っているが、彼の下には、母親を選ばず、父親の亮司と暮らしている娘がいる。借金を完済し、娘を大学まで通わせることが目標だが、利子の支払いもままならないのが現実であり、手段を選ぶような余裕はなくなっていた。

●増山智昭:ますやまともあき(34) 身体が大きな誘拐犯
陵辱の実行犯。にこやかで気の優しそうな雰囲気の男性。身長は180センチ前後で、どっしりとして大柄な体格をしている。ロ○ータビデオの購入をネタに脅され違法ビデオの制作に参加するが、陽菜の可愛らしい盗撮写真を見てからは、むしろ撮影を楽しみにするようになった。口数豊かで社交的な性格をしているが、性的な趣味はかなり鬼畜で、涙を流す美少女にも容赦がない。

私達を撮らないで(1) JS純粋少女の強制撮影ロ○陵辱 田舎村の思春期少女は知らない人の男根におかしくなるまで中出しされた(JS10歳/レ○プ)
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。