ロリ少女官能小説集:読み放題サービスがKindleで始まりました

18禁サイトです。18歳未満の方は閲覧出来ません。まずは完全無料作品からどうぞ(10作以上有)。
Kindle書籍の読み放題サービス「Kindle Unlimited(以下:KU)」が日本国内でサービスを開始しました。

Kindle Unlimited

KUはkindle本の一部が月額980円で楽しめるようになる定額サービスです(30日の無料体験あり)。Amazonの発表によれば「和書12万冊以上+洋書120万冊以上」が読み放題の対象となっているようです。KUの対象作品であれば、追加課金なしでいくらでも読むことが出来ます。

とはいえ、全ての電子書籍が、読み放題になっているわけではありません。出版社が出した書籍の場合、読み放題の対象になるのは発売後1~2年以上経過した旧刊のみという場合が多く、コミックも最初の数巻のみが読み放題の対象で、それより先は別途購入しなければならないというケースが少なくないのだそうです(雑誌は例外で最新号を提供する出版社もあるようです)。また、現段階では参加していない出版社も多いので、旧刊の電子書籍なら必ず読めるとも限りません。読みたい本があるのかどうかを確認した上で、加入非加入を検討すると良いのではないかと思います。

KUはアメリカで始まって以降、主要国で次々とサービスを開始していましたが、出版社との交渉や電子書籍の普及が遅れていたためか日本での提供は今までありませんでした。私も電子書籍作家の端くれとして、KUのことは気になっていたので、日本でもとうとう始まったのかという印象とともに、期待と不安を抱いています。


●当サイトとの関係
私の作品もKUの対象に入っています。

なので、KUに加入すれば、月額980円で毎月読み放題ということになります。最近私のことを知ったものの、何十冊も買うのはお財布に厳しいという方は、KUに加入して一気に読むのも良いかもしれません。他の作者様の作品も読むことが出来ます。

もちろん従来通り個別に作品を購入することも出来ます。KUで借りた本は、KUをやめると読めなくなるので、長期的に使いたいという方や1~2冊程度で十分という方、めぼしい物は買ってしまっているという方、性欲に波があって読みたい時期と興味が無い時期の差が激しいという方などは、個別の購入のほうがお得になる可能性もあります。


●今後の活動について
当面はKindleとKUでの提供を続け、数字の変化を見守ったうえで、今後の活動について考えたいと思っています。

KUによって読者が増えることは間違いありません。しかしながら、私の書籍全体の利益が、上がるか下がるかは完全に未知数です。定額で借りられるので、私の書籍を読むための金銭的ハードルは下がりましたが、一冊ごとの利益は「購入>>>定額レンタル」なのです。英語圏では電子書籍もKUも浸透しているので、KU関連の情報は漁りきれないほどあるのですが、日本市場と海外市場は動き方がかなり異なるところも多いので、日本でどのように普及するか(あるいは普及せず失敗するのか)を今の段階で確定的に語ることは出来ません。

KUの登場によって、私のようなニッチ作家は、地位を向上させるのか、それとも周縁に追いやられるのか。あるいは何も変わらないのか。説明文も読まずに読み始めて、合わずに怒り出すような方がいなければ良いのですが……。とりあえず様子を見て、対応を考えたいと思います。


●データ
数値が出ていたので、私の書籍全体のデータを掲載しておきます。興味がある方はご覧ください。

昨日8月3日(KU開始日)の総読了ページ数は「約20000ページ」でした。KUだけで20000ページぶん読まれていたということです。この数字は決して少ないものではなく……、というか、物凄く多くて、仮にこのペースで毎日読まれ続けるのであれば、利益は大幅増ということになります。とはいえ、サービス開始初日ということもありますし、とりあえず一ヶ月だけ無料体験という方も少なくないでしょうから、1日20000ページという数値はかなりバブル的でもあります。8月4日にはがくっと下がり、来月になるとまた下がるであろうと考えるのが妥当でしょう。

その一方で、(具体的な数値を出すことは避けますが)個別購入による売上はKUの開始により下がりました。もっとも、私の書籍の購入冊数は、以前から日によってかなりのムラがありましたので、個別販売の減少幅を断言することは出来ません。


関連記事