ロリ少女官能小説集:JS誘拐陵辱撮影 学校帰りの女の子を車内で滅茶苦茶に輪姦した 男達が手にしたバイトは美少女をレ○プする違法ビデオの撮影だった(6)

18禁サイトです。18歳未満の方は閲覧出来ません。まずは完全無料作品からどうぞ(10作以上有)。
【作品概要】
リストラされた2人の男が貧窮の末に手にしたのは、幼○を陵辱撮影する完全違法バイトだった。報酬に目が眩み、ワゴン車を走らせ、放課後の通学路で小さな獲物を探し出す。彼らの視界に入ったのは、一人きりで帰宅する大人しそうな幼○だった。――小学3年生「堀内真凛」は、強引に車に連れ込まれる。知らない車の後部座席で、艶めかしく閉じた子供まんこを指やローターで責められる。恥辱と恐怖でぐずりながら身をよじるが、欲望にまみれた肉棒は止まらない。2本のペニスを代わる代わるねじ込まれ、オナニーも知らない幼○は痙攣しながら絶頂した。これが赤ちゃんの作り方。お母さんになる唯一の方法。生々しい事実を体験し、小さな口で喘ぎながら戸惑いの涙を流していた。林の奥のレンタカーで、子供まんこが滅茶苦茶に犯される。堀内真凛の初めては、ふたりがかりのレ○プだった。(文字数約63000字)

(※販売中の作品に伏せ字等はありません。伏せ字はFC2ブログの単語規制によるものです)

JS誘拐陵辱撮影 学校帰りの女の子を車内で滅茶苦茶に輪姦した 男達が手にしたバイトは美少女をレ○プする違法ビデオの撮影だった (YKロ○ータ文庫)
JS誘拐陵辱撮影 学校帰りの女の子を車内で滅茶苦茶に輪姦した 男達が手にしたバイトは美少女をレ○プする違法ビデオの撮影だった(JS8歳/誘拐強○)

「結構良い形してるんだな。具合はわりと良さそうだ」

太った男は親指で交尾の穴を広げながら、小○生の膣穴の濡れたひだを鑑賞し、共犯者である痩せた男に言った。

「そうだ、そろそろカメラ」
「あっ」
「ぼうっと見てる場合じゃねえ。撮らなきゃ金にならないからな」

夢中だった痩せた男は、それでようやく思い出し、助手席にあるリュックサックから小さなデジカメを引っ張り出す。

「いけないいけない、忘れるところだった」
「しっかりしてくれよ。札束がかかってるんだから」
「智宏君だって、半分忘れてたじゃないか。……ええと、電源はどこだったかな」
「すげえやつ撮ってやろうぜ。上手くやればボーナスだ」

痩せた男はデジカメをいじり、そして構えておまんこを撮る。ズームを使って、遠くから接写する。真凛の頬は赤くなった。撮られてる。やだ。誰かに裸を見られたら、知ってる男の子が裸の写真を見ちゃったら……。撮影されていると知ると、幼○はふたたび身体をくねらせて抵抗した。動画や写真は恥ずかしさの桁が違った。ふたりに見られるのも耐え難いのに、もっと沢山の人に見られるのは嫌だった。しかし真凛のか弱い身体は、太った男に押さえ込まれる。

「おい、動くな」
「うぅ、ぐすっ、うーっ……!」
「暴れるなよ、撮れないだろ。大人しくしてろってさっきから言ってるだろ」
「んっ……! ふぅ、ふぅ……!」

おまんこを隠す右手の手首を掴まれて、閉じようとするふとももが強い力で握られる。柔らかな足に大人の指が食い込んで、真凛の肌につねられるような痛みが生まれた。整った鼻から、苦しそうな声が漏れた。真凛は懇願するような目で男達を見比べた。

「ううぅ……、んう、ふうぅ……!」

しかし真凛の真剣な気持ちは絶対に届かないのである。

「面倒なことはするなよ。これ以上暴れたら、一生おうちに帰れなくなるぞ。いいか、一生だぞ。一生は嫌だろ?」
「……っ! ふぅ、ふぅ……!」
「首輪を付けて飼ってやろうか。俺達のペットになって、一生裸で俺たちとヤり続けるんだ。お○っこもう○こも俺たちも前でするんだ。お母さんにもお父さんにも一生会えない。そうなったほうが良いのか?」

真凛は目を白黒させて震えだす。一生帰れないという言葉で、嫌な想像が風船のように膨らんだ。

「おとなしくしてろ。分かったか?」

太った男が軽めのつもりで脅しをかけると、真凛は本気で怯えてしまって、震えながらこくりと頷く。誘拐犯の軽い脅しも、子供の繊細な心にはずんと重く響くらしい。頬をぽろぽろ涙が流れる。自分はどうなってしまうんだろうと、幼○は青ざめ怯えていた。かすかに震える真凛を見て、痩せた男は申し訳無さそうに割り込んだ。

「ごめんね、僕達もこんなことはしたくないんだけど」
「金の為だからな。悪く思うなよ」
「ううぅ……」

お金のため? 誰かに売るの? 沢山の男の人に裸を見られちゃったりするの?

「終わるまで言うことを聞くんだぞ。そうすりゃちゃんと帰すから」

真凛の全身から力が抜ける。先程まで平和な日常で暮らしていた真凛は、可哀想なぐらい固まって抵抗できなくなってしまった。瞳を濁らせ、肩を震わせ、そのままでは大泣きしてしまいそうな雰囲気だったので、痩せた男はカメラを構えながら、怯える幼○に更なるフォローを入れる。

「大丈夫だよ。赤ちゃんを作る練習をして、写真や動画を撮らせてもらったら終わりだからね」
「ふぅ、ふぅ、ふうぅ……」
「帰ったらシャワーでも浴びて、全部忘れれば良いから。頑張ったらお小遣いもあげるよ。3000円ぐらい」
「ううぅぅ……」

お金なんていらなかった。おうちに帰して欲しかった。

「大人しくしてくれたら、暗くなる前に帰れるから。裸になって寝てるだけで良いから。それだけは約束するから、車の中にいるあいだは、お兄ちゃんたちに言うことを聞いてね。大きな声は出さないで、出来るだけ静かにね」

真凛は頷いた。頷くしか無かった。エッチなことをされてしまうのだとしても、これ以上逆らうような勇気は無かった。おっとりとして内気な性格の、真凛という女の子に、大人の身体を跳ね飛ばして、逃げるような蛮勇は無かった。痩せた男は頷くと、ワゴン車の窓から外に広がる林を見る。東西南北を確認する。太った男は、相方の様子を見て言った。

「どうかしたか?」
「いや……、何でもない。ただ、誰かに、見られてたらと思って……」
「もう何度も確認しただろ。目撃者なんていないんだよ」
「けど、なんか不安でさ……、警察とか呼ばれてたら……」

太った男は強い口調で反応した。

「何だよ……。おい、もっとどっしりと構えろよ。今更後戻りは出来ないんだ、それぐらい分かるだろ」
「ああ、うん、分かってるつもりだよ……」
「それなら、いちいちきょろきょろするな。俺まで気になってくるだろうが」

痩せた男はおずおずと頷き、真凛に対する撮影に戻る。太った男は興奮の目で真凛を見ていたが、その表情の奥底には、かすかな不安が敷かれていた。大人の視点から見れば、このふたりは平凡な20代の男に過ぎないのだろう。初めての重犯罪で神経質になるような、平均的な体力・精神力の男達でしかないのだろう。しかし身長にして120センチ少々しかない、小学3年生の小人のような幼○からすれば、このように平凡な男たちも、巨人のように大きくて逆らえない存在になってしまう。比率にして12対17程度、150センチ少々の成人女性に対する、2メートル超えの大男に等しい。

「ううぅ……」

真凛は儚げに両目を閉じた。今の真凛に出来ることは、怖い目にあわないよう、雛鳥のように震えていることだけだ。これから行われる陵辱を、遮るような力は無い。2倍の年齢になっても許されないような性行為を、小さな身体で耐えしのぐしかないのである。

レンタルされたワゴン車は、枯れ葉が落ちる林の中に停まっていた。陵辱が行われる秋の林は、一軒家とマンションが並ぶベッドタウンの中にあった。真凛が住んで学校に通う街は、人口密集地の外縁部にある茨城県の県南にある。歩ききれないほど広い日本列島の一部である。日本列島は地球の極一部である。

大勢の人間が生きながらえる世界で、堀内真凛のレ○プを知るのは3人だけだ。陵辱される真凛という女の子と、林の中に連れ込んだ誘拐犯達だけである。大声で叫んでも誰も来ない。すすり泣いても助けてくれない。真凛はそんな林の中で、一生に一度の初体験をするのだ。痩せた男は太った男に何かを渡す。ピンク色のその豆は、濡れる幼○の注意を引く。

「覚悟しろよ。帰りたくなくなるぐらい、気持ち良くなるからな」
「ふぅ、ふぅ、ううぅ……」
「暴れたりしないでね。本当に怖くないから、楽しい気分になるだけだから、力を抜いてリラックスするんだよ……」

真凛は鼻をすんと鳴らした。何を言っているのか分からなかった。ピンクローターの使い道も、その名前さえも知らなかった。本当におうちに帰れるのかも分からなかった。どうしてこうなっちゃったんだろう。これから何をされるんだろう。涙は既に止まっていたが、早まる鼓動は変わらなかった。ストラップが付いた可愛らしいランドセルが、陽光を浴びて悲しげに光沢していた。

JS誘拐陵辱撮影 学校帰りの女の子を車内で滅茶苦茶に輪姦した 男達が手にしたバイトは美少女をレ○プする違法ビデオの撮影だった(JS8歳/誘拐強○)
関連記事