ロリ少女官能小説集:JS誘拐陵辱撮影 学校帰りの女の子を車内で滅茶苦茶に輪姦した 男達が手にしたバイトは美少女をレ○プする違法ビデオの撮影だった(5)

18禁サイトです。18歳未満の方は閲覧出来ません。まずは完全無料作品からどうぞ(10作以上有)。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【作品概要】
リストラされた2人の男が貧窮の末に手にしたのは、幼○を陵辱撮影する完全違法バイトだった。報酬に目が眩み、ワゴン車を走らせ、放課後の通学路で小さな獲物を探し出す。彼らの視界に入ったのは、一人きりで帰宅する大人しそうな幼○だった。――小学3年生「堀内真凛」は、強引に車に連れ込まれる。知らない車の後部座席で、艶めかしく閉じた子供まんこを指やローターで責められる。恥辱と恐怖でぐずりながら身をよじるが、欲望にまみれた肉棒は止まらない。2本のペニスを代わる代わるねじ込まれ、オナニーも知らない幼○は痙攣しながら絶頂した。これが赤ちゃんの作り方。お母さんになる唯一の方法。生々しい事実を体験し、小さな口で喘ぎながら戸惑いの涙を流していた。林の奥のレンタカーで、子供まんこが滅茶苦茶に犯される。堀内真凛の初めては、ふたりがかりのレ○プだった。(文字数約63000字)

(※販売中の作品に伏せ字等はありません。伏せ字はFC2ブログの単語規制によるものです)

JS誘拐陵辱撮影 学校帰りの女の子を車内で滅茶苦茶に輪姦した 男達が手にしたバイトは美少女をレ○プする違法ビデオの撮影だった (YKロ○ータ文庫)
JS誘拐陵辱撮影 学校帰りの女の子を車内で滅茶苦茶に輪姦した 男達が手にしたバイトは美少女をレ○プする違法ビデオの撮影だった(JS8歳/誘拐強○)

お兄ちゃんたちはそんなことを言うばかりで、真凛への陵辱をやめてくれることは無かった。ズボンの股間部を膨らませ、幼い女体をいじりまわし、大切な割れ目を刺激して興奮の沼に浸っていた。幼○はろくに抵抗することも出来ず、まな板の上の鯉のように、びくっびくっと悲しく跳ねた。

どうしてこうなっちゃったんだろう。どうして裸にならなきゃいけないんだろう。このビリビリは何? このビクビクは何? 知らない人に見られたくない。お○っこをする場所が触られてる。おまんことか、セックスとか、良く分からない言葉ばかり。怖いよ、誰か、助けて……。瞳を潤ませながらそんなことを思うが、少女の陵辱に気づくものはいなかった。遠くで車が走っている。近くにあるのは木々のざわめき。大声を出しても誰も来ない。ろくに手入れもされていない雑木林の奥底で、真凛は陵辱され尽くされる運命だった。赤ちゃんの作り方も知らないような女の子が、大人の勃起したおちんちんに赤ちゃん作りを強要されてしまうのである。

赤ちゃんはどこから来るんだろう。赤ちゃんはどうしてお母さんのお腹から生まれるんだろう。どうして何もないところに赤ちゃんがぽんと出来るんだろう。真凛は何度もそんな疑問を抱いてきた。手がかりを得るために、自分が赤ちゃんだった頃を思い出そうとしてみるが、脳みそがきちんと出来ていない頃の思い出は、幼稚園に上がる頃には消えてしまう運命である。豊かな想像力を働かせても、どんなに夢想してみても、自分という存在がお腹の中に生まれた奇跡的な瞬間のことは何も思い出せない。男の指がふたたびおまんこに迫りくると、これ以上変な気持ちになりたくなくて、真凛は幼い女性器を隠そうとした。

「駄目だね真凛ちゃん、おまんこ隠しちゃ。怖いことはしないから、お兄ちゃんたちに触らせてごらん」

弟が仕込まれた後、日に日にお腹を膨らませるお母さんを見ていた。大きくなったお腹に、頬と耳をそっと当て、しきりに胎動する赤ちゃんの気配を肌の奥に感じていた。弟がお母さんから出てきて待合室まで響いてくる産声を聞いた。友達が飼っている子猫や子犬がお母さんのおっぱいを吸っている光景を見た。テレビの動物番組でも、チーターのお母さんが赤ちゃんを産んでいる場面を見た。沢山の卵が魚のお腹から溢れるのを見た。

赤ちゃんが産まれるという現象を前にして、心に浮かぶ純粋な好奇心は、堀内真凛という幼○において、強いものであり続けた。それは真凛が女の子だったから。いずれは自分もお母さんになるのだと、幼い心の奥深くで漠然と感じていたからだ。太った男がふとももを掴み、真凛の足をカエルのように広げさせる。

「ほーら、開くぞ」
「んんんっ……!!」

赤ちゃんを作るための大切な穴に危険が迫る。幼肉花の甘い中身がいたずらされてしまおうとしている。

「言っておくが、足閉じたらおしおきだからな」
「んうぅ、ふぅ、ふぅ、ふーっ……」

パパやママに質問した。学校の先生や、他の大人にも聞いてみた。赤ちゃんはどうやって作るの。その返答は様々である。「コウノトリさんが連れてくる」といった、メルヘンチックな回答でごまかすような人もいれば、「パパとママが頑張って作る」といった、ぼかしたような表現でお茶を濁す人もいた。精子と卵子が結びつくという説明もあったし、カップルが愛しあうと女の人のお腹が膨らんでくると言われたこともあった。しかしそれ以上に、具体的で現実的な情報が、何より納得のいく説明が、真凛にもたらされることはなかった。

「真凛ちゃんの中身……」
「んぅっ、うぅ、んーっ……!」

真凛は精一杯首を振る。光沢ある髪の毛が、ぱらぱらと舞って汗を飛ばす。何も知らない女の子の足が、はしたなく開いていくにつれ、閉じていたおまんこの割れ目もぱっくりと開いて中身を見せた。とろとろに濡れた桃色が、大陰唇のあいだにわずかながら見えていた。太った男はぬるついた割れ目を指で触り、柔らかな幼肉を左右にどけて、幼○の大切な肉花を開く。ぴちゃっという音が漏れ、エッチな芳香が漂った。

「おお、綺麗な桃色だ。処女膜もある。俺達が一番槍ってわけだ」
「いいなぁ、ああ、なんかもう……、見てるだけで出ちゃいそうだよ……」

交尾を教えてもらえないのは、真凛が小さな子供だからだ。カチューシャをしたショートヘアの女の子に、純粋な瞳で見上げられ、現実を教えられるほど度胸ある大人は少なかった。全裸の身体を絡み合わせ、濡れたまんこに発情した肉棒をぶち込み、快感で喘ぎ息を荒げ、オーガズムという最高の快楽を目指す。最後には精液がちんちんから飛び出て、子宮の奥で卵子という細胞と結合し、子宮粘膜に定着して分裂しながら命になる。生々しいセックス、8歳の女の子には早過ぎる知識だった。そしてそんな早過ぎる知識が、誘拐犯たちの実践で、幼い脳に刻み込まれようとしているのであった。

「真凛ちゃんの赤ちゃんの穴、とっても綺麗だ……」

痩せた男は恍惚とし、太った男は膣口を触る。

「真凛ちゃん分かるか。この穴に男がお○っこすると、お腹に子供が出来るんだぞ。裸になって抱き合って、男がちんちんを穴に入れて、女がちんちんを締め付けて、白いお○っこを出させるんだ」
「ふぅ、ふぅ、んっ、ううぅ……」
「凄えエロい気分で、ハアハア言いながらやるんだよ。真凛ちゃんもそうやって出来たんだ。知らなかっただろ?」
「んッ……!? ふーっ、ふーっ……!」

やだ。そんなのやだ。そんなの違う。そんなの信じられない。赤ちゃんを作る大切な行為が、こんなにエッチなことであるはずがない。真凛の目から、またぽろぽろと涙が出てきた。一番恥ずかしい桃色の場所を知らない人にいじられる悲しさと、エッチなことをしなければお母さんになれないと教えられた悲しみだ。信じたくなかったが、男達の目は本気だった。

「そしてこれから真凛ちゃんも、パパやママがやったのと同じことを体験するわけだ……」

真凛はオムツ替えの時のように、細い足を折り曲げて、はしたなく左右に開きながら、大切な場所を丸出しにしていた。指によって広げられた大陰唇の中には、ぷっくりと膨れたクリトリスや、濡れて膨張した小陰唇、桃色に輝く膣粘膜がある。ごく小さなお○っこの穴は見られると知ってきゅっと閉じ、おちんちんを受け入れるための膣穴は中指程度の大きさに広がっていた。その奥には愛液で濡れてしまった処女膜がある。菌や汚れやおちんちんを拒否して、バージンの証が子供の子宮を守っている。そんな秘められた場所全てが、男達に見られているのだ。

JS誘拐陵辱撮影 学校帰りの女の子を車内で滅茶苦茶に輪姦した 男達が手にしたバイトは美少女をレ○プする違法ビデオの撮影だった(JS8歳/誘拐強○)
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。