ロリ少女官能小説集:JS誘拐陵辱撮影 学校帰りの女の子を車内で滅茶苦茶に輪姦した 男達が手にしたバイトは美少女をレ○プする違法ビデオの撮影だった(4)

18禁サイトです。18歳未満の方は閲覧出来ません。まずは完全無料作品からどうぞ(10作以上有)。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【作品概要】
リストラされた2人の男が貧窮の末に手にしたのは、幼○を陵辱撮影する完全違法バイトだった。報酬に目が眩み、ワゴン車を走らせ、放課後の通学路で小さな獲物を探し出す。彼らの視界に入ったのは、一人きりで帰宅する大人しそうな幼○だった。――小学3年生「堀内真凛」は、強引に車に連れ込まれる。知らない車の後部座席で、艶めかしく閉じた子供まんこを指やローターで責められる。恥辱と恐怖でぐずりながら身をよじるが、欲望にまみれた肉棒は止まらない。2本のペニスを代わる代わるねじ込まれ、オナニーも知らない幼○は痙攣しながら絶頂した。これが赤ちゃんの作り方。お母さんになる唯一の方法。生々しい事実を体験し、小さな口で喘ぎながら戸惑いの涙を流していた。林の奥のレンタカーで、子供まんこが滅茶苦茶に犯される。堀内真凛の初めては、ふたりがかりのレ○プだった。(文字数約63000字)

(※販売中の作品に伏せ字等はありません。伏せ字はFC2ブログの単語規制によるものです)

JS誘拐陵辱撮影 学校帰りの女の子を車内で滅茶苦茶に輪姦した 男達が手にしたバイトは美少女をレ○プする違法ビデオの撮影だった (YKロ○ータ文庫)
JS誘拐陵辱撮影 学校帰りの女の子を車内で滅茶苦茶に輪姦した 男達が手にしたバイトは美少女をレ○プする違法ビデオの撮影だった(JS8歳/誘拐強○)

「ふぅ、ふぅ、ふぅ……」

本当なら今頃、友達の家で遊んでいるはずだった。みんなで一緒にゲームをしたり、あてもなくお喋りしたり、駆けまわってじゃれあったりしているはずの子供だった。そんな普通の女の子が、普通だった男たちに陵辱されているのである。

「子供もわりと楽しめそうだしな……」
「ああ、何かもう、本当に興奮してきたぁ……」
「んっ、ううぅ……!」
「真凛ちゃん。後でココにねじ込んでやるからな。その時はしっかり締めて、俺達を喜ばせるんだぞ」

そんな言葉を投げかけられて、意味も分からず真凛は頷く。淫らな刺激を従順に受け入れる。少しだけはみ出たクリトリスの皮を撫でられると、真凛と呼ばれた幼○の身体はびくっびくっと痙攣した。身体が敏感になってきた。幼○の鼻から声が漏れる。二重の瞳をぱちくりとする。柔らかな頬が赤くなる。鼻がすんすん鳴っている。肩がひくひく震えている。またクリトリスを皮の上から刺激され、漏れてしまう声が恥ずかしくてたまらない。

「んっ、ふぅぅ……」
「良いんだろ、これが」
「うぅ、んーっ、ふぅ、ふぅ……」
「まんこがじんじんしてくるだろ。悪くない感じになってきたろ」
「うぅ、う……、んうッ……!」

そして突然腰が跳ね、身体がおかしくなったと思い、真凛の顔が怯えに染まった。力なく首を横に振り、カチューシャを付けたショートヘアが乱れるが、全身を巡る快感はお見通し、お○っこをする場所を刺激するのをやめてくれることは無かった。二重の瞳をうるうるとさせ、整った顔はますます赤くなっていくが、女の子の一番大切な場所は、誘拐魔たちの淫らな玩具であり続けた。

「感じてるんだ」
「そういうことだな。新平が言った通り、小さくても女ってことだな」
「……んうぅ、……ふうぅ。……んっ!」
「おっ」

太った男は口だけで笑った。

「出てきたな」
「出てきたって」
「良く見ろよ……、ほらここだ」

大陰唇がにちっと音を立て、表面がぴくぴく痙攣する。痩せた方の男は、両目をこすって目を凝らし、いたずらされる幼○まんこを一直線に凝視した。ぷっくりと膨れた幼肉の裂け目から、透明な液体がねっとりと溢れ出た。

「真凛ちゃんがマン汁を垂らしたんだよ」
「本当だ。ああ、凄いな、これ……。小○生でも濡れるんだ……」

真凛は目を瞑っていた。交わされている言葉は分からなかったが、恥ずかしいことを言われていることは分かっていた。

「んうぅ、ふぅ、ふぅ……、んっ、んっ、ううぅぅ……!」

太った男は指先で包茎クリトリスをこねまわし、その指で割れ目から溢れた透明な液体をすくった。水のように透き通り、糊のように粘ついている。指でこねれば糸を引き、嗅いでみれば艶めかしい。子供の割れ目はいじられてしっとりと濡れていた。8歳の割れ目が刺激で愛液を漏らしていた。変な水が出てきてる。身体がおかしくなっている。真凛は顔を真っ赤にして、意味も知らないいたずらに健気にも耐え続けるのであった。

真凛のおまんこは熟れた桃のようになっている。いじる度に果汁が溢れ、甘い香りを発している。変な熱が体中を巡っていく。電気が身体を駆け抜けていく。突然溢れた快感で、真凛は弓なりに背中を反り、全身でびくっと跳ねながら、ワゴン車の外を風が駆け抜ける音を聞いた。警察の人とかが、飛んできてくれたら良いのにと思った。気持ち良ければ幸せと思えるほど、小○生の女の子は単純じゃなかった。誰か助けて。誰か……。おとうさん、おかあさん。かなちゃん。ゆうかちゃん……。そんな心の動きにも構わず、太った男はクリトリスの皮を摘む。真凛の幼○まんこの割れ目は、既にびしょびしょになっていた。

雲が流れ、太陽が現れ、車窓から昼の陽光が差し込み、柔らかい脂肪をほんのりと付けた子供の身体が艶めかしく照らされる。子供の身体が剥き出しになる。ぽっこりとしたところのあるお腹や、腕や足の全体的なぷにぷに感には、初潮を迎えた中高生とはまるで違う純粋な子供の魅力があった。幼くも火照った身体には、汗の粒が点々と浮かび、色々な所が赤らんで、壊れそうなぐらい細かった。太った男はおまんこから指を離し、手のひら全体でふとももを撫でる。幼○の身体は足までも敏感になっていて、ぞくぞく上がる快感の電流で赤らみながら気持ち良く震えていた。

「ふぅっ、ふぅっ、ふぅ、ふぅ……」

太った男の手のひらは、そしておっぱいやお腹を触り、小さすぎるメスの子供は、敏感になった幼い肌に戸惑っていた。身体をくねらせる。首を振る。赤くなった耳の裏から、汗の粒をとろとろ流す。さっき肌を触られた時より、何故だかずっと気持ち良かった。それがとても怖かった。それなのにおまたがじんじんとした。肩と腰がびくっとする。顔が熱くなっていく。怖くてたまらないはずなのに、身体中が燃え上がってぽかぽかしてくる。熱い。熱い。おまたが燃えちゃう。

お母さんのお腹に宿ってから、一度も体験したことがない、純粋な性快楽が真凛の心と身体を狂わせていた。捉えきれない喜びに、幼いメスが怯えていた。それで真凛は、自分の身体が分からなくなって、誘拐とか、裸とか、興奮しきった男の人とか、異様な事態が重なりあって……、とうとう我慢しきれなくなり、真凛は目から涙を流す。

「うっ、ううぅぅ……」
「あっ」
「ぐすっ、んん、ううぅ……」

透き通った水滴が、赤らんだ頬を舐めるように下って落ちた。太った男は呆れたように溜息をつく。

「良さそうにしてたくせに、なんで泣くんだか」
「いや、そんなこと言っても、真凛ちゃんは子供だから……」

涙がつつと頬を下り、髪や首や後部座席の布が濡れる。陽光を纏って輝く涙で、痩せた男は慌てたように言い出した。

「だっ、大丈夫だよ真凛ちゃん。怖いことは何もないからね。これは、その、赤ちゃんを作る練習だから……」
「赤ちゃん作りの練習ねえ」

慌てて出てきたその言葉が面白かったのか、太った男はおまんこをいじりながら、口を歪めてにやついている。

「ははは、そうだな。その通りだよ。……分かるか、真凛ちゃん」
「ふぅーっ、ふーっ……!」
「親切な俺達がセックスの練習をさせてやってるんだ。ここで乗り切っておけば、将来彼氏とヤるときに楽だぞ」
「そっ、そうだよ、みんなやってることだから、泣かないでいいんだよ……」
「んっ、うぅっ、ふうぅ……!」

セックスって何? 赤ちゃんを作る練習って? 彼氏とやるって何をやるの? 真凛の脳が混乱でショートする。真凛は訳が分からなくなり、いやいやと首を振るが、小さな子供に勃起した男たちは止まらない。さらに涙をぽろぽろこぼし、おまんこの快感で体中がびくっとする。全身から汗が流れ、体中の血液が沸騰したかのようになる。

「まあ何だ。大人しくお兄ちゃんたちに触られてろってことだよ」
「ふぅ、ふぅ、ふうぅ……!」

痩せた男も勃起しながら加勢する。

「おかしなことがなければ、晩御飯までにはおうちに帰れるからね……。良い子だから、我慢してくれるかな?」
「大人しくしていれば、怖い目にあうことも、痛い目にあうこともないんだ」

真凛は小さく震えながら細い指先で涙を拭いた。


JS誘拐陵辱撮影 学校帰りの女の子を車内で滅茶苦茶に輪姦した 男達が手にしたバイトは美少女をレ○プする違法ビデオの撮影だった(JS8歳/誘拐強○)
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。