ロリ少女官能小説集:JS誘拐陵辱撮影 学校帰りの女の子を車内で滅茶苦茶に輪姦した 男達が手にしたバイトは美少女をレ○プする違法ビデオの撮影だった(3)

18禁サイトです。18歳未満の方は閲覧出来ません。まずは完全無料作品からどうぞ(10作以上有)。
【作品概要】
リストラされた2人の男が貧窮の末に手にしたのは、幼○を陵辱撮影する完全違法バイトだった。報酬に目が眩み、ワゴン車を走らせ、放課後の通学路で小さな獲物を探し出す。彼らの視界に入ったのは、一人きりで帰宅する大人しそうな幼○だった。――小学3年生「堀内真凛」は、強引に車に連れ込まれる。知らない車の後部座席で、艶めかしく閉じた子供まんこを指やローターで責められる。恥辱と恐怖でぐずりながら身をよじるが、欲望にまみれた肉棒は止まらない。2本のペニスを代わる代わるねじ込まれ、オナニーも知らない幼○は痙攣しながら絶頂した。これが赤ちゃんの作り方。お母さんになる唯一の方法。生々しい事実を体験し、小さな口で喘ぎながら戸惑いの涙を流していた。林の奥のレンタカーで、子供まんこが滅茶苦茶に犯される。堀内真凛の初めては、ふたりがかりのレ○プだった。(文字数約63000字)

(※販売中の作品に伏せ字等はありません。伏せ字はFC2ブログの単語規制によるものです)

JS誘拐陵辱撮影 学校帰りの女の子を車内で滅茶苦茶に輪姦した 男達が手にしたバイトは美少女をレ○プする違法ビデオの撮影だった (YKロ○ータ文庫)
JS誘拐陵辱撮影 学校帰りの女の子を車内で滅茶苦茶に輪姦した 男達が手にしたバイトは美少女をレ○プする違法ビデオの撮影だった(JS8歳/誘拐強○)

幼○は身をよじって視線や指から逃れようとするが、太った男は淫らなマッサージをやめてくれない。痩せた男も視姦を止めない。「もうやめて」のメッセージが聞き入れられることは無い。太った男の指先は、そして下腹部を滑り降りる。おまんこがあった。真凛は両目を見開いた。しかし嫌だと思った時にはもう遅く、子供まんこの愛らしい割れ目が、淫らな指に犯されていく。マシュマロのような大陰唇。トロのような膣粘膜。赤ちゃんを作るための美味しいロ○肉を触られて、何も知らない幼○の身体が快感電気に陵辱された。腰がびくっとする。鼻息が荒くなっていく。両目を細めていやいやと首を振る。

「どうした、これが良いのか?」
「んッ……、うぅ、ううぅ……!」
「この穴で小便してるんだろ。いつもと何か違ってきたか?」

幼○は何も答えない。ガムテープのせいでそもそも返答することが出来ない。しかし幼○の鼻息はどんどん荒くなっていて、その危うい息遣いが、幼い身体に満ちていく蜂蜜のように甘い異常を、何よりも雄弁に物語るのであった。大切な場所をいじられておかしな気分になった幼○は、太った男の毛が生えた太い腕を、力なく掴んで抵抗と拒否のポーズを取った。しかし彼は止まらない。人形のような細い腕では大人をどうにかすることは出来ない。予想外の感覚がおまたの方から次々と溢れ出て、体中の筋肉が蕩けたように弛緩した。

「ふぅっ、ふーっ、んっ、ううぅぅ……!」
「どうなんだ、おい?」
「ん、んっ、んぐ、うぅぅ……!!」

両目をぱちくりとさせている。背中は汗でびっしょりである。しかし太った誘拐犯は、初々しい反応を見て手を緩めることもなく、太い指先で大陰唇を撫でながら桃色のくぼみを丁寧になぞるのであった。おまんこを触られて戸惑う様子は、子供なのに色っぽく、男達の目つきはますますオスの方向に偏っていく。幼○の瞳には発情の色があった。小○生のメスの部分が、大人によって剥き出しにされていた。太った男はギンギンに勃起しながら、幼○の女性器を刺激し続ける。

「んっ、んんっ……」
「にしても、わりと色っぽい声出すな」
「子供でも、やっぱり女の子だから……」

ぷにぷにの肉を容赦なく弄ぶ。指先が幼○を姦淫する。触ってはいけない幼○の、触ってはいけない秘所が、男性の指に触られて、感電したようにひくひくと痙攣している。

「……まあ、これなら、一応女として認めてやっても良いかもな」
「それじゃあ智宏君も、本格的に目覚めたってこと?」

太った男は数秒だけ考えた。

「……いや、俺はロ○コンじゃねえし。風俗やめて長いから、余計にむらむらしてるんだろうな」
「そうかな……。なんか、僕の方は……、その、凄い勃ってきちゃったよ……」

性欲が剥き出しになるような、異様な空気が車の中に満ちていた。幼○の身体がびくびく震え、密閉された車内に、女の子の香りがほんのりと広がっていた。幼○の汗と性器の匂いが、空気に溶けて薄まって、オスを狂わすフェロモンになって空気中に浸透していた。吐息の熱さが、痙攣の儚さが、肌色の肉の圧倒的リアリティが、誘拐犯たちの意識をセックス色に塗りつぶす。

「……ここまでやったら戻れないね」
「何言ってんだよ。とっくにだろ」

痩せた男は後頭部を掻く。痩せた男は昨日まで単なる一般市民だった。太った男も重犯罪に手を染めるようなことはしなかった。幼○レ○プという犯罪に手を染めたことは一度も無いし、これからだって染めることなく一生を終えるはずだった。しかしもう戻れない。この子を家に返しても、今日という日を忘れても、今行っている犯罪を無かったことにすることは出来ない。警察に捕まって新聞に載るか、爺になって死ぬまで逃げ延びるか……。痩せた男は軽く後悔しながらも、激しくペニスを勃起させ、8歳の子供に心の底から欲情していた。自分が本当に後悔しているのか分からなくなりそうだった。

「こいつを誘拐した時点で、戻れなくなってるんだよ。……俺も新平も、腹をくくるしかないんだよ」

痩せた男は頷く。幼○は息を荒げている。

「んんっ、ふぅ、ふぅ、ふぅ……!」
「この際、最後まで、楽しむしか無いんだよ……、俺とお前と、真凛ちゃんでな?」
「んっ、ううぅ……!」

名前を呼ばれた裸の幼○は、驚いたようにぱっちりと目を開いた。無垢で、澄んでいて、真水のように透き通った瞳だった。真凛。堀内真凛。穢れを知らない海のような名前だった。小学3年生の8歳。オナニーをしたこともなければ、セックスという行為も知らない。そんな普通の女の子である。弟とゲームで遊んだり、可愛らしいぬいぐるみストラップを集めたり、漫画を貸し借りして読んだり、学校で算数や国語のお勉強をしたり、日曜日には家族で動物園に出かけたり、放課後は友達と鬼ごっこをして遊んだり、ハンバーグが大好きだったり、甘いクッキーも好きだったり……、幸せな人生を歩んできた、至って普通の女の子である。

JS誘拐陵辱撮影 学校帰りの女の子を車内で滅茶苦茶に輪姦した 男達が手にしたバイトは美少女をレ○プする違法ビデオの撮影だった(JS8歳/誘拐強○)
関連記事