ロリ少女官能小説集:JS誘拐陵辱撮影 学校帰りの女の子を車内で滅茶苦茶に輪姦した 男達が手にしたバイトは美少女をレ○プする違法ビデオの撮影だった(2)

18禁サイトです。18歳未満の方は閲覧出来ません。まずは完全無料作品からどうぞ(10作以上有)。
【作品概要】
リストラされた2人の男が貧窮の末に手にしたのは、幼○を陵辱撮影する完全違法バイトだった。報酬に目が眩み、ワゴン車を走らせ、放課後の通学路で小さな獲物を探し出す。彼らの視界に入ったのは、一人きりで帰宅する大人しそうな幼○だった。――小学3年生「堀内真凛」は、強引に車に連れ込まれる。知らない車の後部座席で、艶めかしく閉じた子供まんこを指やローターで責められる。恥辱と恐怖でぐずりながら身をよじるが、欲望にまみれた肉棒は止まらない。2本のペニスを代わる代わるねじ込まれ、オナニーも知らない幼○は痙攣しながら絶頂した。これが赤ちゃんの作り方。お母さんになる唯一の方法。生々しい事実を体験し、小さな口で喘ぎながら戸惑いの涙を流していた。林の奥のレンタカーで、子供まんこが滅茶苦茶に犯される。堀内真凛の初めては、ふたりがかりのレ○プだった。(文字数約63000字)

(※販売中の作品に伏せ字等はありません。伏せ字はFC2ブログの単語規制によるものです)

JS誘拐陵辱撮影 学校帰りの女の子を車内で滅茶苦茶に輪姦した 男達が手にしたバイトは美少女をレ○プする違法ビデオの撮影だった (YKロ○ータ文庫)
JS誘拐陵辱撮影 学校帰りの女の子を車内で滅茶苦茶に輪姦した 男達が手にしたバイトは美少女をレ○プする違法ビデオの撮影だった(JS8歳/誘拐強○)

「ううぅ、うーっ……!」
「どうしたんだこいつ」
「うぅ、ううぅ……」

ガムテープのせいで喋ることが出来ないらしい。痩せた男は幼○の心を推測する。

「きっと恥ずかしがってるんだよ」
「小○生の子供がねえ」
「やっぱりさ、女の子って、早熟って言われてるし……。興奮されてるって、分かってるんだよ」

幼○は頬を染めながら頷いた。恥ずかしい。もうやめたい。もうむり。もうやだ。もうおうちに帰してほしい。女児の心の奥の本音が、その頷きから溢れていた。しかし仕草に反応したのは、幼○の側に座っている太った男の方だった。

「そんなもんか。けど、何ていうかな……」

太い腕をがっしりと組む。

「何ていうか、そうだな、なんか生意気な感じだな」
「えっ」

痩せた男がきょとんとして漏らすと、太った男の口角が上がった。幼○は両目に不安をたっぷり湛えている。

「なんだよ、生意気って……?」

太った男は楽しさが先行する声で返答した。

「だって生意気だろ。胸もろくに無いくせに、一丁前に赤くなりやがって」
「うぅぅ……」

幼○は目をつむって俯く。

「こいつ何歳だっけ」
「8歳か9歳だと思うよ」
「ふぅん、まあそんぐらいか?」
「小学3年生って言ってたじゃないか」
「なら大分生意気だな。胸もない子供の癖に、自分の体が女だと思ってるわけだ」

しかし太った男の目つきは子供に向けるそれではない。オスがメスを見る時の欲望に満ちた眼光を、にやついた目の奥からぎらぎらと発しているのであった。彼自身はいわゆるロ○コンではないつもりだったが、幼○の柔肌や曲線美から、メスとしての魅力を敏感に感じ取っている。あるいはそれも仕方がないことなのかもしれない。

子供の身体と大人の身体は異なりながらも共通の要素を持っている。どんなに小さな身体にも交尾相手を誘うような甘美な魅力が宿ってしまう。美幼○と呼べる存在ならば、なおさら魅力を隠し切れない。それぞれ好みはあるにせよ、20歳・18歳・高校生・中○生・小○生といった、人為的な境界によって欲望が完全に途切れてしまうことは無い。少なくとも智宏は、メスとしての魅力を目ざとく見つけ、男根を猛々しく隆起させる熱い興奮に変換していた。甘酸っぱいロ○ータフェロモンも手伝って、既にペニスは固く鋭く勃起している。太った男は手を肌に滑らせる。幼○の身体が怯えて強張る。

「んんっ……!」
「逃げるなよ」

小さな身体をほぐそうとするかのように、脂肪が付いた大きな手が、幼○のぺったんこなおっぱいや、ふっくらとしたお腹を撫でた。エッチな場所が触られる。触られた場所がエッチになる。大切な場所を隠そうとする両腕は、誘拐犯の淫らな手により、強引に引き剥がされてしまった。おまんこがまた顕になる。華奢な肩がびくっとする。幼○は抗議の声を漏らし、そこだけは見ないでと太った男に懇願した。

「うぅ、ううぅ、んうっ……!」
「なんだ、聞こえねえなぁ」
「うう、んッ、んーっ……!」

おへその上を手が滑り、指先が勃起した乳首をコリコリ刺激する。貧相な脂肪を揉みしだかれる。乳首が更に尖っていく。エッチなことをされていると分かっているのか、幼○はさらに赤くなって、やってくる刺激のたびに肌をぴくぴくさせるのであった。

「ははは。どうだ。興奮したか?」
「んっ、うぅ、んんッ……!」
「すっげえ反応してるぞ。子供のくせに、感度だけは良いんだな」

どう反応して良いのか分からず、幼○は呻き声を漏らしながら、やがて固まって抵抗出来なくなってしまう。赤らみ戸惑うロ○ータ幼○を玩具のように撫で遊び、太った男はその反応を無意識のうちに楽しんでいた。

「汗が出てきた」
「ふぅ、ふぅ……」
「本当だ……、気持ち良いのかな……」
「さっきの薬が効いてるのかもな」

太った男の手のひらに幼○の汗が絡んでいく。イカ腹がびくっとする。乳首がピンと勃っている。その一方で痩せた男は後部座席に留まっていたが、視線は幼○のいたいけな身体に釘付けになり、勃起した桃色乳首や、ぴっちりと閉じた大陰唇に、吸い付いて舐めるような熱い視姦をするのである。その視線が羞恥心を煽り、幼○の紅潮はさらに強まっていった。

JS誘拐陵辱撮影 学校帰りの女の子を車内で滅茶苦茶に輪姦した 男達が手にしたバイトは美少女をレ○プする違法ビデオの撮影だった(JS8歳/誘拐強○)
関連記事