ロリ少女官能小説集:JS誘拐陵辱撮影 学校帰りの女の子を車内で滅茶苦茶に輪姦した 男達が手にしたバイトは美少女をレ○プする違法ビデオの撮影だった(1)

18禁サイトです。18歳未満の方は閲覧出来ません。まずは完全無料作品からどうぞ(10作以上有)。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【作品概要】
リストラされた2人の男が貧窮の末に手にしたのは、幼○を陵辱撮影する完全違法バイトだった。報酬に目が眩み、ワゴン車を走らせ、放課後の通学路で小さな獲物を探し出す。彼らの視界に入ったのは、一人きりで帰宅する大人しそうな幼○だった。――小学3年生「堀内真凛」は、強引に車に連れ込まれる。知らない車の後部座席で、艶めかしく閉じた子供まんこを指やローターで責められる。恥辱と恐怖でぐずりながら身をよじるが、欲望にまみれた肉棒は止まらない。2本のペニスを代わる代わるねじ込まれ、オナニーも知らない幼○は痙攣しながら絶頂した。これが赤ちゃんの作り方。お母さんになる唯一の方法。生々しい事実を体験し、小さな口で喘ぎながら戸惑いの涙を流していた。林の奥のレンタカーで、子供まんこが滅茶苦茶に犯される。堀内真凛の初めては、ふたりがかりのレ○プだった。(文字数約63000字)

(※販売中の作品に伏せ字等はありません。伏せ字はFC2ブログの単語規制によるものです)

JS誘拐陵辱撮影 学校帰りの女の子を車内で滅茶苦茶に輪姦した 男達が手にしたバイトは美少女をレ○プする違法ビデオの撮影だった (YKロ○ータ文庫)
JS誘拐陵辱撮影 学校帰りの女の子を車内で滅茶苦茶に輪姦した 男達が手にしたバイトは美少女をレ○プする違法ビデオの撮影だった(JS8歳/誘拐強○)

【第1章:雑木林で裸にされて】
地球の海を切り裂いている陸地部分、ユーラシア大陸の東端、日本列島の茨城県、南部に位置するベッドタウン、住宅地から外れた大規模な雑木林、その最奥に当たる場所。舗装された道が無い。民家も無ければ小屋も無い。紅葉を迎えた雑多な木々が、秩序もなく立ち並んでいる。ここら一帯を財産とする地主さえ、用事が無ければ立ち入らないような場所だ。そんな林の開けた所に白いワゴン車が停まっている。フロントガラスの向こうから、くぐもった幼○の声が聞こえた。

この瞬間、世界のどこかで、必ず事件が起こっている。

「んー……、うぅ……、んうぅ……」
「それにしても……」

助手席の痩せた男が漏らす。

「僕達、本当に女の子を誘拐したんだね……」
「そうだな」
「それでこれから、その、セックスを……」

痩せた男は生唾を飲む。

「こんな小さな子と、セックスを……、しちゃっても、良いんだよね?」
「悪くてもするんだよ。そのために攫ってきたんだからな」

会話相手の太った男は幼○の側、後部座席に座っていた。その声を聞きながら、痩せた男はぼんやりと、麻薬中毒的な目で裸の幼○を見つめていた。花柄のカチューシャを付けたショートヘアの美幼○が、一糸まとわぬ全裸にされて、背もたれが倒れてベッドになった後部座席に寝かされている。可愛いおくちはガムテープで塞がれ、両手は力なく投げ出され、おっぱいとおまんこには隠すための布がなく、お風呂に入る時のように丸出しになってしまっていた。

小児科の診察でも、学校の身体測定でもない。幼○の身体がエロティックな空気に晒されている。現代日本において数少ない禁忌の範疇に分類される、一桁幼○の美しい裸体が、艶めかしい文脈で晒されている。洋服と下着は畳まれて運転席に積み重なり、ランドセルはその横にもたれるように置いてあった。幼○の日常と現実の乖離を生々しく物語っていた。

一人の幼○が誘拐され、男達に陵辱されようとしている。それがここにある現実の全てだ。縦に割れて桃色が香る、ロ○ータ幼○の生殖器……。子供のおまんこ、女児の性器、赤ちゃんを作る準備も出来ていないような、お菓子のようにふっくらとした可愛らしい排尿の場所……。痩せた男は味わうようにじっくりと鑑賞した。

「……夢じゃあないんだよね」
「ああ」
「けど、なんか、夢みたいだ……」

太った男が笑みを浮かべる。

「さっきから何言ってんだ。お前一体どうしたんだよ」
「その、あの日から毎日、こんな夢を見てたから……」

痩せた男は言葉に詰まる。

「夢なのかどうか、分からなくなりそうで……」
「しっかりしろよ、もう本番だぞ」
「……分かってるよ。なんか、興奮しすぎて現実感がないみたいだ」
「ううぅ……」

ショートヘアのカチューシャ幼○はぐずるような声を漏らし、鼻をすんすんと泣くように吸い、自分をここまで連れてきたふたりの男を交互に見た。誘拐犯達の顔には、犯罪への不安と、女体への興奮が、重なりながら混ざり合って滲んでいた。ズボンのペニスは勃起して、皮膚は軽く汗ばんでいる。男達の変化の全ては、幼○にとって未知であった。これから何が始まるの? これから私はどうなるの? 幼○は今日に至るまで、大人がこんなに怖いものだと感じるような機会がなかった。

「……綺麗だなぁ。シミひとつない。……顔も、可愛いし」
「……っ!」

身の危険を感じたのか、幼○は軽く身体をよじり、視線を車窓の方にずらして、男たちから視線を逸らした。恥じらいの仕草が官能を増幅させる。男達は幼○を舐めるように見つめながら、お人形さんのような身体をじっくりと堪能し、にたにたしたり、鼻息を荒くしたりしながら、小さな身体を好き勝手に品評していた。

「やっぱり生の幼○は凄いな……」
「熟れた女に比べたら貧相な身体だけどな」

太った男はそう言って水を差すが、痩せた男の興奮は止まらない。

「智宏君はそう思うかもしれないけどさ。……僕側の人間からすれば、何て言うかな、こういうのが良いんだって」
「何でもいいけどよ。……まあ、こういうのも、悪いかって言えば、悪くはないのかもな」

太った男は幼○の隣に座ったまま、華奢な足をねっとりと撫でた。小さな身体が恐怖からかびくっとした。

「スベスベだ。肌質は良いんだよな」

太った男の好奇の視線と、痩せた男の興奮の視線が、子供の身体を犯すように舐めまわす。自分の身体にいやらしい視線が這っていることに気づくと、幼○は柔らかいふとももをぎゅっと閉じ、おっぱいとおまんこを手で隠した。頬を染めて目をそらす。そして首をふるふると横に振る。ほっぺたに汗を流す。ガムテープの奥から、可愛らしい声が聞こえてくる。

JS誘拐陵辱撮影 学校帰りの女の子を車内で滅茶苦茶に輪姦した 男達が手にしたバイトは美少女をレ○プする違法ビデオの撮影だった(JS8歳/誘拐強○)
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。