ロリ少女官能小説集:JS愛娘陵辱 聖夜の密室性奴隷 怯えて濡れる発情少女はパパから絶対逃げられない(3)

18禁サイトです。18歳未満の方は閲覧出来ません。まずは完全無料作品からどうぞ(10作以上有)。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(※以下の伏せ字はFC2ブログのNGワードによるものであり、販売中の作品に伏せ字等はありません)

【作品概要】
小学4年生「近藤智花」は黒髪ロングの女の子。はにかむえくぼが可愛くて、おめめがぱっちり可愛くて、お洒落や恋に興味を持つ心は普通の女の子。友達とちょっと違うのは、小さな頃からパパに犯され、毎日毎日毎日毎日エッチなことをされてることだけ。クリスマスの夜になる。おうちの扉の鍵が回る。怯える少女は性奴隷となり、誰にも言えない交尾が始まる。帰ってきたお父さんに、下着とズボンを引きずり下ろされ、戸惑う口元はしゃぶられて、幼い身体が悲しげに火照りだす。毛むくじゃらの男性器はいつの間にか勃起して、子供の小さな穴の中で激しく前後するのであった。開発された膣で肉棒を包み、快感のあまり息を切らせ、子供の声で喘ぎながら赤い頬に涙を流す。逃げられない現実の中で狂い巡るエッチな快感、パパの精液と締まる膣が黒髪幼○の日常だった。(文字数約56000字)

JS愛娘陵辱 聖夜の密室性奴隷 怯えて濡れる発情少女はパパから絶対逃げられない (YKロ○ータ文庫)
JS愛娘陵辱 聖夜の密室性奴隷 怯えて濡れる発情少女はパパから絶対逃げられない(JS9歳/陵辱)

「電気も付けないで、目を悪くするよ」
「ぐすっ、ううぅ……、おかえり、なさい……」

我慢しようと思ってたのに、涙声が漏れてくる。

「おや、どうした?」
「ひっぐ、何でもない……、何でも……」
「泣いてるのかな。ほら、電気を付けるよ。良くお顔を見せてごらん」

人影にしか見えなかったパパは、玄関の電灯スイッチを押した。ぱっと明るくなる。部屋の全貌が明らかになる。玄関扉が閉じて、密室になったマンションの一室、父子家庭の親密すぎる父娘は、そうして今夜も恋人になった。智花の小さな子供まんこは条件反射で濡れていた。智花は袖で目元を拭う。整った少女の顔が、塩辛い水に彩られていた。

「ぐすっ、うぅ、ひっぐ……」

智花がじっと見つめるパパは、黒いスーツに身を包み、軽く腰を曲げながら、雪で濡れた傘を傘立てに入れていた。身長は170センチを少々上回る程度であり、中肉中背と言って良い至って普通の体格であるが、成人男性であるというだけで子供から見て大きすぎる。髪型は七三分け、メガネを掛けた真面目そうな風貌、しかし智花からすれば何があっても逆らえない絶対の父親なのであった。今日のおいたに気付かれて、叱られるのが怖かった。

パパは靴を脱ぐと、畳張りの部屋に上がる。近藤父娘が暮らしている六畳間は、ごくごく小さなワンルームであり、部屋の他はキッチンやトイレ、小さな風呂が付いている程度であった。離婚前は小さかったが、ふたりきりなら十分な広さである。父親は部屋を見渡し、智花はパパを不安気に見つめていた。父親は智花を見返し、低めの声で娘に言った。

「どうして泣いているのかな?」
「何でもないっ……」

父娘としてのやり取りが、静かな六畳間に染み渡る。木目のある茶色い天井からは、白い蛍光灯がぶら下がっていた。立ち尽くす智花の側には、先程まで座っていた椅子と父親の仕事机があって、その上にはパソコンや書類の類がきちんと並べて乗せられている。その隣の木製タンスには、父娘の着替えが詰め込まれ、さらに向こうの引き出し付きの棚には、智花のおもちゃやアクセサリーが詰め込まれているのであった。智花のための場所だった。赤いランドセルや教科書は、そのあたりの床に置かれている。

別の一角には、汚れたふすまの押し入れがあり、反対側の壁紙は端が剥がれかけている。玄関の側には小さなキッチンがあって、智花が食事に使った食器が流しに放置されている。分別されたゴミ箱があり、床にはティッシュ箱が転がり、不安を埋め合わせるための猫のぬいぐるみが寝転がり、高学年の少女が読むようなませた雑誌も半開きになっている。漫画雑誌があった。新聞の束があった。携帯ゲーム機があった。ごくごく小さなテレビがあった。父娘ふたりの生活感が部屋の各所に染み付いていた。

父親はスーツの上着を脱ぎ、ハンガーを使ってふすまの上のでっぱりにかけた。内外の温度の変化でかすかに曇ったメガネのレンズを、ポケットから取り出した白いクリーナーで拭く。そうしてメガネをかけ直し、パパは可愛い娘を見る。智花は黙りこんだまま、凍りついたようにパソコンの前に立ち尽くしていた。クールビズになったパパを見ながら、智花はふたたび涙を拭った。

「どうしてそんな所に立ってるのかな?」
「ぐすっ、なんでもないよぉ……。パパ、向こう行ってて……」

光に照らされた智花は、可愛らしさがはっきりする。綺麗な肌と、整った顔をしているので、降り注ぐ光は智花の美貌の味方だった。白い長袖のシャツ、腰から足首まで続くジーンズ、灰色の靴下にも包まれて露出部分はあまりない。しかし首元の艶めかしい鎖骨や、赤くなった頬、濡れた瞳と何より綺麗な黒のロングヘアーが、仕事帰りで疲れたパパのオスを煽ってしまうのであった。

「今日は何か様子が変だね」

智花の肩がびくっとした。そして止まらない涙が、儚い魅力を増大させる。パパは智花に近づいてくる。170センチ少々のパパに対し、130センチ前後しかないちっちゃな9歳の女の子は、光るディスプレイを隠すように立ちながら、不安気な目で父親を見上げる。

「何を隠しているのかな?」
「隠してないよっ……!」
「ははは」

声を出して笑いながら、パパは智花の震える肩をそっと掴んだ。智花は涙を流しながら整った鼻をひくひくさせた。子供がつく嘘なんて、パパには始めからお見通しなのだ。不自然なほど一点から動かないのだから、嘘がバレるのも当然のことだった。パパの口角がにこりと上がる。

「エッチなサイトでも見ていたんだろう?」
「ちっ、ちが……、ぐす、何でも……」
「後ろのパソコン、見てもいいかな?」
「……!」

智花は慌てて首を振る。

「ぐすっ、駄目、まって……」
「どうして?」
「う……」
「何でも無いって言うなら、見たって構わないんだよね」

パパはさらに近づいて、ぐずる娘にも構わず、半ば強引にパソコンの画面を見る。そうして父親は、パソコンのディスプレイにある、何年もかけて貯めこんだロ○ータコレクションを目撃するのであった。少女の肩は震えている。大きな大きなパパを感じて、お仕置きの予感に怯えている。もう少し冷静になって、証拠隠滅をしていたら、こんなことになんてきっとならなかったのに。

「ひっぐ、うぅ、ごめんなさい、ごめんなさい……」

智花はただ謝り続けた。しかし父親は怒鳴りもせず、床に落ちたマウスを拾いながら、感心したような声で言った。

「智花は賢いなぁ。さすがパパの娘だ」
「ぐすっ、ひっぐ……」
「智花が見つけられないように、隠しおいたんだけどね」

画面の中には智花と同じ小○生の女の子のセックス画像が写っている。その子も可愛らしい顔立ちで、大きなクリトリスや尖った乳首、ふわっとした肉付きが魅力的であったが、赤くなって泣いている智花の可愛さとは比べられない。ズボンの中で膨らむペニスは、智花に向けられたものであった。パパは優しく娘に尋ねる。

JS愛娘陵辱 聖夜の密室性奴隷 怯えて濡れる発情少女はパパから絶対逃げられない(JS9歳/陵辱)
JSレイプ 終わらない花火大会(1) おまんこもアナルも唇も家に上がった強○魔たちに陵辱された悲劇の少女(JS11歳/強○)
JSお嬢様姉妹 三十日間の性奴隷化計画(1) 陵辱劇の幕開け 裸にされて晒されて 何も知らないおまんこに快楽を刷り込まれた姉妹(JS8歳/11歳/調教)
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。