ロリ少女官能小説集:JSレイプ 終わらない花火大会(1) おまんこもアナルも唇も家に上がった強姦魔たちに陵辱された悲劇の少女(2)

18禁サイトです。18歳未満の方は閲覧出来ません。まずは完全無料作品からどうぞ(10作以上有)。
【作品概要】
小学6年生「小川綾奈」は、学校の友達と花火大会に行くはずだった。片思い中の男の子と綺麗な花火を見るはずだった。幼い裸体をお風呂で晒し、割れ目の内側まで洗い、幸せな一日を満喫するつもりで出かける準備をしていたのだ。それなのに強姦魔は家の中に入ってきて、凍りつく美少女に容赦なく牙をむく。這いまわる指先、強制されるキス、震える身体に同情も得られずそうして陵辱が始まった。服を無理矢理脱がされ、性器を広げさせられ、触ったこともない勃起男根を舐めることを強要される。何も知らない小学生の女の子は、バイブでアナルを開発され、初潮済のおまんこを守るために後ろのおまんこを生け贄に捧げた。大人の肉棒と欲望が、幼い肛門に容赦なくめり込む。小学生最後の夏、少女の悲しい初体験。(文字数約57000字)

JSレイプ 終わらない花火大会(1) おまんこもアナルも唇も家に上がった強姦魔たちに陵辱された悲劇の少女 JSレイプ 終わらない花火大会シリーズ (YKロリータ文庫)
JSレイプ 終わらない花火大会(1) おまんこもアナルも唇も家に上がった強姦魔たちに陵辱された悲劇の少女(JS11歳/強姦)

『そ、そんな……。でも私、直人くんとまだ、あんまり話したこともないし……!』
『そんなこと言ってたら、小学校生活が終わっちゃうよ?』
『……そうだけど』
『綾奈と直人くんって、結構相性良いと思うんだよね』
『ほんと……? 香菜ちゃんはそう思う……?』
『うん。ふたりのこと占ってみたら、相性抜群だって。花火大会でふたりきりになって、こっそり告白しちゃったら?』
『むっ、無理だよ、告白なんてぇ……! いきなりそんなことしたら、ドン引きされちゃうよ……!』

綾奈は現実で身体を洗いながら、やりとりを反芻して顔を赤らめていく。清潔な泡で身体の汚れを落としながら、大好きな直人くんのことを想う。6年生になるまで良く知らなかったのに、6年生になってから好きで仕方なくなってしまった。泡に満たされたタオルが、ふとももから股へと移動していく。性器をタオルで洗いながら、深呼吸して心臓を落ち着ける。

『綾奈って超可愛いし、直人くんならすぐにオーケーくれると思うけどねー。それに恋って、早い者勝ちっしょ?』
『……うん。でも、まだ無理だよ。直人くんの彼女になれたらなぁって思うけど……。私達まだ、一緒に給食を食べたこともないのに、告白なんてしたら変な子だって思われるよ。……直人くんのこと、困らせちゃうかも』
『そんなこと関係ないって』
『……』
『だって一緒に、楽しく話してたじゃない。告白したっておかしくないよ』
『……でも直人くんは、他の女の子とも楽しくおしゃべりするし』
『それで……?』
『私なんて、選んでくれないんじゃないかって……』
『はぁ……、綾奈のヘタレ。とりあえず、手でも繋いでもらったら? 私の見立てじゃ直人くんも、綾奈に惚れてるはずなんだけどなぁ……』

胸の奥が恥ずかしいぐらい熱くなった。本当かな? 案外直人くんも、私のことを気にしてたりするのかな? 直人くん、私が直人くんのことを好きだって思ってること、分かられちゃってるのかな……? もし告白して、あっさりオーケーされちゃったら? キスなんかして、身体の温かさを確かめ合ったり、身体を触りっこしたりしてみたら? 身体を泡で洗った綾奈は、シャワーのノズルを手に取り、身体に付いたボディーソープをお湯で綺麗に流していく。性器にシャワーを当て、大陰唇を開き、敏感な部分をお湯に晒した。女の子の中で一番刺激に弱い桃色の肉。飛び出すシャワーの水流が、包茎クリトリスにちくちく当たる。

「……んっ、うぅ」

声が出た。むらっと来た。これから直人くんに会いに行くのに、女の子のスイッチが入ってしまった。好きな子のことを考えていたせいで、性器が敏感になっていたのかもしれない。

「ああ、これ、駄目だ……。まだ時間あるし、1回しちゃおうかな……」

……そうして綾奈は、何度目かも忘れた出来心で、お湯が飛び出るノズルの先を割れ目の間近に持っていく。出てくるお湯の勢いを上げ、性器の刺激を始めてしまった。恋と性はつながっている。小学6年生の綾奈は、繋げずにいられるほど何も知らない子供ではない。男の子ことばかり考えていたせいで、子宮が、本能が、うずうずと刺激を求めている。

だから仕方ない。こうしないといけない。垢を泡で落とすように、自慰で欲望を流しておこう。変なテンションになって、直人くんに嫌われてしまわないように、変な気持ちは処理しなければならないのだ。綾奈はそうして、シャワーと指で大切な場所を刺激しながら、最近知ったいけない遊びにのめり込んでいくのであった。自分で自分に快感を許すと、途端に身体が敏感になる。洗っている時は何とも思わなかった場所なのに、変な気分になるだけで大陰唇がぼうっとする。

「あ、あぁ……」

今日は声が出ても良い。だから切なく鳴いてしまう。パパもママも出張で、あと3日は帰らないから、メス丸出しの喘ぎ声を聞かれる心配をしなくて良いのだ。

今この家には、私一人だけしかいない。快感が背筋を駆け上がる。

社会のための仮面がはがれて、本物の綾奈が表に出てくる。細長い人差し指で、円を描くように大陰唇をマッサージする。割れ目にそって指を這わせ、リズミカルな刺激を与えながら、じんじんするような快感を生み出していくのであった。皮に包まれたクリトリスは時々触ってみるだけだ。あまりに刺激が強いので、最初のうちから責めるのは怖かった。

「はぁ、はぁ、あっ、はぁぁ……」

いじらしく喘ぎ、切なげな呼吸をする。シャワーが性器を全体的に刺激して、指先が弱いところを重点的に愛玩した。そうして割れ目を触っていると、ぬるぬるした蜜が奥からねっとり溢れてくる。膣汁が華奢な指先に絡み、シャワーのお湯で洗い流され、また出てきた愛液が指先に再び絡みついた。シャワーをびちゃびちゃ当てているのに、エッチな汁が出てると分かる。膣の奥はそれだけ濃厚に濡れているのであった。

「ふぅ、ふぅ、んっ……!」

中指と人差し指で左右の大陰唇を触り、にちゃりと広げて粘膜を淫らに露出させていく。クリトリスの皮も小陰唇も、膣前庭も膣口も、桃色がかってとてもピュアで快感に慣れていなかった。幼い年頃と、性経験の少なさを、その色が物語っているのである。そんな場所にシャワーのお湯が勢い良く浴びせられていた。慣れていない場所だから、とても新鮮で気持ちが良い。

「あぁぁ、はぁ、はぁっ、んっ、はっ、はぁ……」

綾奈は呼吸を次第に荒げ、両目をうっとりとつむりながら、指でシャワーの角度を変えて色んな場所に快感を与える。小陰唇の付け根が、膣口に周りが、ぷっくりとした包茎クリトリスが、流れるお湯の複雑な刺激でひりつくぐらい気持ち良い。お尻がぴくっとした。気持ちが良かった。道具を使っているせいで、してもらっている感じが強くなる。直人くんと一緒にお風呂に入って、シャワーでこういうことをしてくれたら、どんなに気持ち良く胸をときめかせられるのだろう。指先の感触や興奮した表情、おちんちんの様子を想像すると、子供なりに発情してオナニーが途中でやめられなくなる。

「あぁぁ、あぁ、はぁ、はぁ……」

今日のオナニーはきっとイクまでやめられない。綾奈は切なげに目を細め、自分の声に恥ずかしさを感じながら、大人の快感を得ている自分にナルシスティックな喜びも覚えていた。

手を繋いだことがきっかけで、それからも良い雰囲気が続いて、抱き合ったり、キスしてみたり、お互いの身体を触りあったり、身体を舐めてみたり……。こんな妄想いけない。絶対にしちゃいけない。綾奈はそんなことを思うが、エッチに興奮しているために、淫らな空想をどうしてもやめることが出来ない。しちゃいけないと思うほど、したくなってたまらなくなる。直人くんにもちんちんがある。舐めるのは気が進まないけど、触ったり観察したり、そういうことはしてみたい。裸を見せてあげたり、指で触ったりしてあげたら、勃起とかいうのしちゃうのかな? 直人くんみたいな人でも、エッチな気分になるのかな?

好奇心に負けて覗いてしまったアダルトサイトを思い出す。綺麗なお姉さんがおちんちんを舐めて、精液を出させる動画があった。激しくセックスをしている動画や、見せつけながらオナニーをしている画像、色々な物がネットの上には転がっている。勃起したおちんちんを、綾奈はそうして初めて知った。おまんこにペニスが入っていく動画を見て、本当に入るんだって、興奮しながら感心していた。生々しい愛と快楽のやりとりを見て、少しだけショックを受けたのに、結局は何度も何度も見て、オナニーの時に思い出す。女優さんと男優さんを、自分にそっと重ねてみて、セックスの快感を想像してみるときもあった。

もう少し小さい頃は、エッチなことはいけないことで、悪い子のすることだと純粋にも思っていたのである。しかし誰もがそうであるように、高学年になって初潮や精通が来ると、異性や恋愛、性行為への関心が、急に強まってくるのである。エッチな妄想をしながら性器を触ることも、珍しいことではなくなっていた。それなのに性への恐怖は、子供の胸に残るのである。

膣への挿入はしたことがない。タンポンだって挿れられない。クリトリスの刺激も怖くて、強すぎないように優しく触る。性毛も全く生えていないし、性器自体の作りにも幼い箇所がやはりあった。しかしそれでも綾奈はメスだ。オスを求めるメスとして、小さいながらも成立していた。

「はぁっ、はぁっ、はぁっ……」

JSレイプ 終わらない花火大会(1) おまんこもアナルも唇も家に上がった強姦魔たちに陵辱された悲劇の少女(JS11歳/強姦)
JSお嬢様姉妹 三十日間の性奴隷化計画(1) 陵辱劇の幕開け 裸にされて晒されて 何も知らないおまんこに快楽を刷り込まれた姉妹(JS8歳/11歳/調教)
JS性罰小学校 赤沢茜さんへの容赦の無いレイプにご協力下さい(JS9-10歳/強姦)
関連記事