ロリ少女官能小説集:ニコ生のくそがきんちょ(JS/女子小学生高学年11歳/乱交)(4)

18禁サイトです。18歳未満の方は閲覧出来ません。まずは完全無料作品からどうぞ(10作以上有)。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ネットでアイドルをやっている生意気な女子小学生が集団セックスされてしまうお話です。
→最初から読む←

小説のイメージ【女子小学生高学年 JS 黒髪 ツーサイドアップ 生意気 強気 オナニー 乱交 淫乱 二穴セックス ニコニコ生放送】

-----------------------

私って可愛い。オナニーをしてる私は、いつもより大人びていて、魅力的で……男ならこういうの、凄く好きなんだろうな。美羽は自分の姿に酔いしれていた。美羽はもともと目立ちたがりやな性格であった。だからこそニコニコ生放送のような場所で、素人アイドル稼業も出来るのだ。鏡を前にしてのオナニーは、そんな目立ちたがりやな少女の心をぐっと掴んでしまう。自分という観客に見られている。それだけでも恥ずかしくて気持ちがいいのに、誰かが来たら大変なことになってしまう。こんな可愛い女の子が玄関先で乱れているんだから、もしかしたら、もしかしたら発情した男にちんちんを入れられてしまうかも……、隠してるだけで、男はみんなロリコンだって言うし……。

割れ目をこする指の動きを徐々に早めながら、美羽は空想を広げていく。男性器、男の人のちんちん、美羽もそういう部分に興味がある年頃であり、ネット経由で見たことはあったのだが、現実では殆どお目にかかることができない。立ちションをしているおじさんとか、風呂あがりのお父さんとかのものなら記憶にあるが、そんなものには興奮できない。太く硬く、反り立つように勃起する立派なペニス……どんな感触がするんだろう。生では見たことさえ無かった。小学生なのだからそれが普通なのだが、見ることが出来ないゆえになおさら、求める心は日々膨らんでいったのでえある。

動画で見たペニスはわずかに黒ずんでいた。てかてかの光る赤亀頭、どくどくと脈打つ血管、エイリアンみたいで本当は気持ち悪いはずなのに、見ているとなぜか変な気分になってしまう。変な気分なんてものじゃない。股のあたりが濡れてくる。舐めている女の人も見た。美味しいのかな。美味しくはないかな。しょっぱいのかな。苦いのかな。でも、美味しくなくても、触ったり舐めたり、一回ぐらいしてみたい。男の人はあれを舐められるのが気持ちいいらしい。男の人はオナニーの時、勃起したペニスを握りしめて、ごしごしこすり上げるみたいだ。そして白い精液が先端から飛び出す。

美羽は中指を立て、とろとろにほぐれた膣口をそっと触る。そして指を、少しづつ挿入していく。処女膜に開いた穴を通りぬけ、ぐちゅぐちゅにとろけた膣内の億にたどり着く。小さくぷるぷるとした子宮、ひくひくと動いている膣壁、指をペニスに見立てて出し入れしながら、美羽は悩ましい喘ぎ声を漏らした。

「あっ、うぅぅ……ん、あ、あぁ、はぁ、はぁ」

くちゅくちゅと音がなる。指ペニスが膣の壁にこすれて気持ちがいい。2本入れたらどうなるだろう。もっと気持ちがいいんだろうけど、なんだか怖い。2本も入れたら処女膜が破れてしまうかもしれない。聞いた話ではとても痛いらしい。……痛いのはやっぱり嫌だ。だから指一本でいく。色んな部分をこすって気持ちよくなりながら、美羽は汗を流し、体をよじってしまう。美羽が体を動かす度に、結った二本の髪の毛が踊り、汗ばむ体にまとわりつくのである。

本物のちんちんが入れられたら、どうなってしまうんだろう。漫画に出ていたあの子みたいに、とっても気持ちよくなれるんだろうか。やっぱり痛いかな。痛いんだろうな。指2本でさえ怖いのに、あんなに太いもの……。大人になれば、下でちんちんを咥えて気持よくなれるのかな。指をペニスだと妄想してみる。覆いかぶさった男が、美羽の小さな体を抱きしめながらひたすらピストンしてくるという妄想。そのペニスはどんどん硬くなって、セックスはますます激しくなって、そして白いべたべたした液体が膣の中に広がっていく。それだけじゃない、沢山の……愛しい美羽を犯すためにやってきた沢山のちんちんが、美羽の中に入ろうとする。ほっぺたにこすりつけられたり、胸にすりつけられたり、前だけでなくて後ろまで使われたり、もちろん口でもご奉仕させられて……ちんちんに埋もれながら、男の人に見られながら美羽は絶頂する。

腰がビクリと跳ねた。尿道からしぱしぱと潮が吹き、手のひらを汚していた。押し寄せる波のような絶頂の快楽に身を浸しつつ、心ここにあらずといった表情で気持ちよさを味わっていく。鏡の中の自分は、椅子の上で全身の筋肉を弛緩させ、それでも指を止められない淫乱な少女。まだ、まだ気持ちいい。絶頂しているときに指を動かすと、もっと気持ちよくなれる。奥まで強くぐぽぐぽと指を動かし、美羽はさらにもう一段上の気持ちよさを味わう。きゅぅんと膣が収縮し、細い美羽の指を離すまいとぎゅうぎゅうに締め付けてくる。これがペニスなら、尿道に残った精液でさえ搾り取られてしまうだろう。

そして暫く、気持ちよさは続いた。マラソンの後のように息を切らしながら、うっとりとした顔で指を引き抜く。水音がする。膣液が割れ目の中からまだ漏れ続けている。手のひらだってべたべただ。床にも少し垂れてしまっている。拭かなきゃ。バレたら大変。美羽は気持ちよさの余韻に浸りながら、ティッシュペーパーを持ってきて後片付けを始めるのであった。

びしょびしょの股を紙でぬぐいながら、美羽はだんだんと我に返っていく。オナニーが終わって気分が落ち着いてくると……自分のしていたことが、頭に浮かべていた妄想が恥ずかしくなってしまう。漏らした台詞や、ちんちんに欲情していた内心。そんなものを拭い去るように首を左右に振った。

「ばかばかばか……、有り得ない、有り得ない!」

見られたら大変どころじゃない。見られなんてしてたら、恥ずかしすぎて心肺停止してしまう。冷静な状態の美羽なら、絶対にあんなことはしない。ちんちんだって何でもいいわけじゃない。いや、あんなものグロいしキモいだけだ。滅茶苦茶イケメンでお金持ちで高学歴だったらしてあげてもいいけど、そうじゃなかったら絶対に受け入れてなんてあげないのだ。万が一キモオタのちんちんを入れられでもしたら、美羽の人生はもう終わり。一生ゲロを吐き続ける自信がある。オナニーは気持ちいいけれど、やっているとなんだか自分がおかしくなっていく気がする。小さな体で椅子を運び、愛液まみれのティッシュペーパーをゴミ箱に捨てる。洗面所で手を洗う。両手に水をためていって、ばしゃばしゃと顔を洗う。

こんなことやめよう、うん。こんなオナニーばっかしてたら、ファンのロリコンどもみたいに馬鹿になっちゃうかもしれない。もうやめて……いや、ほどほどにしておこう。たまにならいいけど、普通の女の子ぐらいのペースなら……。そう思いつつ、毎日やってしまう。ニコニコ生放送で疲れると、家に誰も居ないこともあって、ついつい股間に手が伸びてしまう。そして思う存分オナニーして、後で恥ずかしくなって後悔する。美羽にはまだ、性について罪悪感や嫌悪感を持っている部分があった。それなのにやめられない。オナニー前の美羽と、オナニー後の美羽、ニコニコ生放送の有名生主である美羽も、所詮はそんな快楽の間で悩む一人の少女にすぎなかったのである。

ニコ生のくそがきんちょ(JS/女子小学生高学年11歳/乱交)(5)へ進む

JSレズ開花 家庭教師お姉さん性の百合授業(JS10歳/18歳/レズ)
子供企画2 JSサッカー少女レイプビデオ撮影(JS11歳)


関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。