ロリ少女官能小説集:ニコ生のくそがきんちょ(JS/女子小学生高学年11歳/乱交)(1)

18禁サイトです。18歳未満の方は閲覧出来ません。まずは完全無料作品からどうぞ(10作以上有)。
ネットでアイドルをやっている生意気な女子小学生がセックスさせられてしまうお話です。補足しておくと、ニコニコ生放送というのは、個人も利用できるリアルタイムの動画配信サービスのことです。

小説のイメージ【女子小学生高学年 JS 黒髪 ツーサイドアップ 生意気 強気 オナニー 乱交 淫乱 二穴セックス ニコニコ生放送】

-----------------------

ただいまー。……今日も誰も居ないんだ。まぁ、いいけど。いつものことだし。

白野美羽の部屋は、木製のフローリングがつるつるに輝く洋風の六畳間だった。春の暖かな日差しが窓から差し込み、蛍光灯が付いていない昼の室内を明るく染め上げていた。真っ赤なランドセルをベッドの上に投げ捨て、自分専用のノートパソコンを開く。温かさが増した5月の陽気で、パーカー付きの白い長袖に汗がじんわりと染み込んでいた。扇風機、扇風機……。お父さんもお母さんも本当にうるさいから、この季節にはまだクーラーがつけられない。つけたら電気代でバレる。金だけが取り柄のくせに、異様にケチな親ども。お小遣いだって1000円しかくれない。ケチばばあに糞じじい、今に見てろよ。すぐにでもお前らより稼いで、クーラー使い放題にしてやる。最先端のブランドファッションや、金銀宝石を身につけてやる。お小遣いなんか目じゃないぐらいに一杯稼いで、ロリコンのオタク共をカモにして一生分稼いでやる。白野美羽は小学六年生、真っ赤なランドセルを背負って算数や国語を勉強するあの小学生だ。そして小学生でありながら、すでにそれなりの所得がある。美羽はニコ生の人気生主、今をときめくネットのアイドル「☆みう☆」という裏の顔を持っていたのだ。

「くすくす、ロリコンども、美羽の放送を楽しみにしてるんだろうなー。イベントでは結構貢がせたし、ちょっとだけ期待に応えてあげるか」

身長は136cm、体重は30kgほど。小学六年生にしては少々小柄だ。成長が遅いタイプなのかもしれない。実際、他の子には来つつある初潮も、美羽にはまだ来ていないのであった。髪は黒のセミロング、結び目が両耳の上に2つあり、快活なツーサイドアップを形作っている。首を傾げたり、体を動かしたりするたびに、艶めく髪の束が可愛らしく揺れた。綺麗にまとまった小顔の美少女。イギリス系の血が四分の一入った日英クォーター。大きい瞳と上がり方向の眉のおかげで、一目見ただけで強気な性格だと分かる。その強気に、ちやほやされて思い上がった鼻の高さや、我儘な性分も混ざって……白野美羽という小学生は、それはそれは可愛らしい糞がきんちょに仕上がっているのであった。

そして美羽は、子どもの水準とはいえ、頭もそれなりに回った。鏡の中に写る自分が、学校の中はおろか、日本や世界を相手取って戦えるぐらいの美少女であることをすでに知っていた。クラスの男子を魅了するだけでは勿体ないほどに、とにかく可愛い自分を知っていた。その市場価値も知っていた。可愛い女の子であるということは、お金につながることも分かっていた。そしてこの世にはロリコンが沢山いる。小学生とイチャイチャしたいと思っているような性欲丸出しの豚どもが自分のお財布になってくれることも、最初から見抜いていたのだ。

両親共にまだ帰ってこない。母は弁護士、父は裁判官、バリバリに忙しく、家に居ないのはいつものことだ。美羽は完全に放置されていた。両親は厳格で、ニコニコ生放送なんて許されるはずがなかったのだが、ここまで放置されていれば、何をしていたとしても咎めようがないのが現実だった。

美羽は手慣れた様子でパソコンを操作し、ニコニコ生放送のページに接続する。そして近所の電器店で買った1980円のヘッドセットを小さな頭に装着する。パソコンにつけられた小型カメラを見つめ、ぶりっぶりの営業スマイルをしながら、ネット放送を始めるのである。スクリーンの向こう側には沢山の男たちがいる。美羽をいやらしい目で見ているロリコンどもが……。それはとても、好都合な事だ。理性を失った男どもは、美羽にいくらでも貢いでくれる。人気生主☆みう☆、デビューは小学四年生、それからずっと一貫して、有名街道を爆走しているのである。

「みんなぁー♪ この間は、☆みう☆達の合同オフ会に来てくれてありがとー。楽しかった! みんな大好きだよー!!」

パチパチウインク。そんなこてこての媚びゼリフににっこり媚び笑顔が乗っても、ツーサイドアップの世界的美少女であれば許されてしまう。しかも激レア小学生なのだ。回線の向こうから生の小学生が話しかけてくれている。開場して数分、みるみるうちに来場者が増えていった。

「プレゼントありがとー! とっても大事にしてるよー!」

そして50cmほどの大きなテディベアを抱いて、カメラの奥にじっと視線を送ってみせる。瞳をうるませて、恋人を見るような眼の力で回線の向こうのロリコンたちを女郎蜘蛛のように引きずり込んでいく。その姿はまさに小学生、傷ひとつ無い可憐な少女そのものだった。美羽はニコニコ生放送でも有数の人気生主である。その上、他の生主とは、ファンの濃さと忠誠心が違った。

上述の「合同オフ会」は、ニコニコ生放送の人気女性生主が集まる合同イベントである。一般のファンが参加するには8000円の参加費を払わなければならない。ネットでは高いと叩かれ、2ちゃんねるで揶揄され、そんなスレをコピペブログがまとめ、ツイッターで拡散され、誰が行くんだ失敗確定と笑っていたが……。それにもかかわらず、美羽目当てのファンだけで100枚以上のチケットが捌けた。合同オフ会には握手会イベントがあり、各生主の握手券はチケットの半券と引き換えのため、誰のためにチケットを買ったのかが分かる仕組みになっているのだ。そして握手会の参加人数で売上への貢献度が計算され、支払われる報酬の額が決まる。美羽は人気ナンバーツー、20万円ほどのリアルマネーを得た。その金はもう無い。ほくほく顔で都心のファッション街に出向き、全部使ってしまったからだ。自分の可愛さがあれば、どうせいくらでも貢がせることが出来る……そう実感していたので、後悔のコの字も一切なし。節約なんてバカらしくて出来ない。楽して稼いで豪遊して、とても愉快な気分だった。

美羽って凄い。美羽って人気者だ。ニコニコ生放送さえあれば、遠からず一生遊べるだけのお金が手に入るという自信さえ、美羽にはあった。美羽はその人気の高さとあまりの我儘さのため、あるいは顔と幼さだけで売れていることへのやっかみ等もあって、一部の掲示板では糞ガキまたはゴキブリと呼ばれて叩かれまくっているが、それ以上にファンの結束が固く、美羽の牙城は崩れない。むしろロリコンを中心にファンを集め、倍々ゲームでお金の成る木のプランテーションを建設しているところだ。

可愛く生まれたら、人生ってチョロいわー。可愛くてごめんね。美羽はペソコンの画面に向かって話しながら、笑いを堪えるのに必死だった。

ニコ生のくそがきんちょ(JS/女子小学生高学年11歳/乱交)(2)へ進む

JSレズ開花 家庭教師お姉さん性の百合授業(JS10歳/18歳/レズ)
子供企画2 JSサッカー少女レイプビデオ撮影(JS11歳)


関連記事