ロリ少女官能小説集:JSお嬢様姉妹 三十日間の性奴隷化計画(3) 性奴隷耐久調教(4)

18禁サイトです。18歳未満の方は閲覧出来ません。まずは完全無料作品からどうぞ(10作以上有)。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※第2巻の続きです。
※「JSお嬢様姉妹 三十日間の性奴隷化計画」シリーズの第3巻です。全4巻予定です。

【基礎情報】
ジャンル:ロリ姉妹調教
全体的な作品傾向:快楽落とし 鬼畜 性奴隷
全体的な鬼畜度:高(誘拐して性的調教を繰り返していくお話です)
表記:横書き

【属性とプレイ】
ロリ 小学生 姉妹 お嬢様 貞操観念 撮影 クリトリス責め 放尿 羞恥 アナル開発 バイブ アナルセックス ぶっかけ 我慢 オナニー セックス 中出し 処女喪失 初体験 調教 鬼畜

JSお嬢様姉妹 三十日間の性奴隷化計画(3) 性奴隷耐久調教 甘い誘いをかけられて 自ら奴隷化を夢見てしまった姉 JSお嬢様姉妹 三十日間の性奴隷化計画シリーズ (YKロリータ文庫)
JSお嬢様姉妹 三十日間の性奴隷化計画(3) 性奴隷耐久調教 甘い誘いをかけられて 自ら奴隷化を夢見てしまった姉(JS8歳/11歳/調教)

神原は不意に凜花の股間に手を伸ばした。

「やめて、変態ッ!」

しかし止まらない指先。ロリ割れ目から飛び出したクリ皮をつまみ、中身ごと優しくつねって、そして厳しく弾くのであった。痛さと気持ちよさで凜花の身体がびくんとする。下半身が衝撃を受けて、コントロール出来なくなる。もう一度クリが弾かれる。女の子の弱点が弄ばれる。尿道を締めていたおまんこの肉は、敏感なお豆への攻撃であっけなく緩んでしまい、凜花のちっちゃな尿道口は、じょぼじょぼと便器の中に放尿してしまうのであった。突然飛び出したおしっこに、凜花は可愛らしい悲鳴を上げる。

「やっ、やあぁ……! やあぁぁ……!」
「あらあらこんなに溜めてたのね。ちゃんと出さないと健康に悪いのよ」
「やぁっ、とめられない、とまらないぃ……!!」

尿道口がこすれる。尿道がこすれていく。勢いがついた尿が、排泄をやめることを許してくれない。きちんと排泄出来たごほうびが、おしっこの通り道で生まれ、凜花の脳に快楽信号を送り続けて淫らにする。排泄の快楽で屈服しそうになる。我慢したぶん気持ち良くて、本当に屈服しかけた。それでも唇を結んで、排泄の快楽に溺れないようにする。おしっこは気持ちがいい。この気持ちよさに夢中になって、おしっこの穴で遊んでしまう特殊でエッチな女の子もいた。媚薬で性欲を増幅された上に、ギリギリまでおしっこを我慢していた凜花は、そちらの方向に目覚めてしまいかねないほどの感動に震えてしまうのであった。

だめなのに、だめなのに……!

身体がどんどん敏感になっていく。体中が過敏になる。調教を受けた凜花の身体は淫乱奴隷のそれであった。おまんこ・乳首・アナルのようなエッチな器官はもちろんのこと、唇や首筋、腋やお腹、ふとももや足の指先、おしっこの穴といった日常的な場所まで、性感帯として目覚めさせられ、愛撫の快感を受け入れられるようになってきているのである。凜花の身体は弱点だらけだ。尿を吐き出す尿道口まで、昔よりずっと気持ちよくて、イってしまいそうなほど敏感になって凜花の貞操を剥ぎ取ろうとする。

こんなところでイったら、また恥ずかしい言葉を浴びせられてしまう。唇を結び、可愛い割れ目からじょぼじょぼと尿を出し、神原がそれをカメラのレンズで視姦していくのであった。そんな屈辱の撮影が、膀胱が空になるとともに終了すると、神原は満足気に映像を確認し、赤面した凜花に言うのであった。

「前に撮影した時より、ずっと可愛く撮れたわよ。凜花ちゃんを買うお客さんもきっと凄く喜ぶわ」
「……うぅ、やめて、消してぇ」
「駄目」
「そん、な……、ぐす、ひっぐ……」
「あらあら泣いちゃう? ふふっ、じゃ、恥ずかしいついでに、大きい方もしてみよっか?」
「へ……、そっちも、とるの……?」
「ごく一部に需要があるから」

大の撮影は恥ずかしく、凜花の心を締め付けた。こんな汚い姿を見られて、死んでしまいたいとさえ思った。

……両方の排泄を終えるまで、それから20分の時間を要した。手錠をかけられた凜花は自分で下半身を拭くことが出来ず、かわりに神原に拭いてもらったので、撮影の恥ずかしさもひとしおである。この恥ずかしい光景はデジタルデータとなって、人類が滅亡するまで永遠に残り続けるのかもしれない。凜花のような美少女の排泄には、それだけの価値が周りから付けられていた。

「良く出来ました」
「……」

水が流れる音とともに、ふたりがお手洗いから出てきた。そこから監禁部屋に戻るまでのあいだ、凜花は頬に涙を流し、鼻をすんすん鳴らして悲しんでいたのである。毎日のように続く恥辱を思い返し、心をすり減らしてしまうのであった。凜花の顔には疲労が見える。一人きりで抵抗するがゆえの、重くて癒やされない疲労だ。警察が助けに来る気配はない。明白な希望は何もない。そんな状況下で、妹の七葉は貞操観念を既に壊され、激しすぎる調教は姉の身体をも蝕んでいるのだ。凜花はいたいけな小学生である。過酷な環境に耐えられない。あまりにも儚い。しかし神原は、2週間経っても折れなかった凜花を、精神力の強い本物のレディとしてむしろ評価しているのであった。

神原は首輪のリードを引きながら、過去の調教を思い出した。攫われた女の子の半分は、5日で運命を受け入れてしまう。さらに3割が10日以内に陥落し、15日に迫る頃になると殆どが心を奴隷にしていた。巧みな調教と、誘うような話術と、強力な薬品が絡みつき、経験したことがないような快楽となって理性を粉々に破壊し、……最終的に少女を堕とす。大人でさえ耐えるのが難しい三重苦の快楽地獄で、凜花は未だに外を夢見て、元の生活を切望しているのであった。並みの女の子であれば七葉のように、男性のおちんちんしか考えられなくなっている頃だ。

身体を好き勝手に陵辱されても、心は容易に隷従しない。かたくなな姉は守りの堅い名城だ。美しく立ちながらも、決して無法な侵入者を許さない。……しかし惜しむらくは、凜花が発展途上の子供だということである。どんな素晴らしい名城でも、建設途中であれば決して堅牢とは言えないのだ。エッチになる身体、戸惑う心、擦り切れるような心細さ、……揺らぎ崩れる兆候を、身体の端々から発していた。神原はそんな崩れかける美少女に、歪んだ喜びを感じるのである。

神原は凜花を調教部屋に入れ、手錠を外してやると、重い扉を閉めてカギをかけるのであった。扉についた小さな窓から、中の少女の顔を見る。凜花は力なくベッドに座り、うつろな瞳で床を見ていた。

「明日の調教は今日よりずっと激しくなるから、倒れないようにきちんと休んでおくのよ」
「……」
「七葉ちゃんみたいに受け入れれば、辛い思いをしなくて済むのにね。……また明日、おやすみなさい」

JSお嬢様姉妹 三十日間の性奴隷化計画(3) 性奴隷耐久調教 甘い誘いをかけられて 自ら奴隷化を夢見てしまった姉(JS8歳/11歳/調教)
JSお嬢様姉妹 三十日間の性奴隷化計画(1) 陵辱劇の幕開け 裸にされて晒されて 何も知らないおまんこに快楽を刷り込まれた姉妹(JS8歳/11歳/調教)
落花JSジュニアアイドル(1) 無毛少女禁断絶頂 剥き出しにされたからだ(JS10歳/ジュニアアイドル)

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。