ロリ少女官能小説集:「JE禁忌のいたずら誘拐 ツインテールの美幼女がちっちゃな身体で生セックス&生中出し」を発売しました。

18禁サイトです。18歳未満の方は閲覧出来ません。まずは完全無料作品からどうぞ(10作以上有)。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「JE禁忌のいたずら誘拐 ツインテールの美幼女がちっちゃな身体で生セックス&生中出し」を発売しました。公園で遊んでいる5歳ぐらいの女の子が、ロリコンのお兄さんに連れて行かれてセックスされてしまう話です。

何も知らない女の子を自宅に連れ込んでいたずらしてしまうという内容ですが、女の子が積極的なので鬼畜な雰囲気はあまりありません。マニアックな年齢ですが、興味がある方はお買い求めください。

JE禁忌のいたずら誘拐 ツインテールの美幼女がちっちゃな身体で生セックス&生中出し (YKロリータ文庫)
JE禁忌のいたずら誘拐 ツインテールの美幼女がちっちゃな身体で生セックス&生中出し(JE5歳/いたずら)

【基礎情報】
ジャンル:幼女いたずら
全体的な作品傾向:誘惑 背徳 初めて 無知シチュ
全体的な鬼畜度:低(鬼畜な雰囲気はありませんが、何も知らない女の子と性行為をしてしまいます)

【属性とプレイ】
ロリ 幼女 幼稚園児 いたずら 脱衣 フェラチオ 手コキ クンニリングス 指責め 処女喪失 セックス 初体験 中出し 潮吹き

【作品概要】
5歳のツインテール美幼女「下村琴音」が、曇り空の公園で遊んでいると、長身の怪しい青年がにこやかに近づいてきた。彼はずっと琴音を見ていた。琴音としてみたいと延々と夢想していた。そしてとうとう、妄想を実行するため、琴音に接触したのである。会話とお菓子で巧みに誘われ、青年のアパートに連れ込まれた琴音は、セックスの意味も知らないのに初めての交尾を経験する。裸にされ、おちんちんを舐めさせられ、指責めとクンニで大人の快感をを味わう。性器の奥に溢れる快楽。狂い咲きするメスの性欲。発情してしまったツインテールの幼女は、両目を期待に輝かせ、やわらかなふとももを広げながら遊びの続きを求めるのであった。使い方も知らないロリ穴に、大人の男根がねじ込まれる。小さすぎる女児の穴は、柔軟に広がりながら亀頭を包み込んでいき……。(文字数約57000字)

【目次】
1.ひとりぼっちの女の子
2.幼女は狙われていた
3.はだかんぼ遊び
4.初めてのおちんちん
5.おくちいっぱいのフェラチオ
6.小さな割れ目にクンニリングス
7.肉棒がねじ込まれる
8.中出し絶頂
9.気持ちよさが過ぎ去って


【登場人物】
●下村琴音:しもむらことね(5)
5歳児の女の子。栗毛のツインテールが可愛らしい美幼女である。幼稚園に通わされることもなく、お母さんが働いているあいだ放置され、ふらふらと近所を出歩いたり、一人で公園で遊んでいたりしている。寂しがり屋で人懐っこい性格。それがわざわいして、名前も知らない男を信頼し、幼い身体で初めてを経験することになるのであった。

●安西駿:あんざいしゅん(19)
短髪で痩せ型の大学生。幼くも美しい琴音に惹かれ、初めての犯罪に手を染めてしまう。


【文章サンプル】
おまんこの中に挿し込まれたペニスが、未熟な膣壁をこすりながら緩慢なピストンを始める。愛液をペニスに馴染ませ、肉棒の美味しさをおまんこに教えこむように、じっくりと引いて、ねっとりと押し込んでいく。まだ5歳ということもあり、おまんこの穴は非常に小さい。乱暴にピストンをすると男根が穴から抜けそうになってしまう。しかし締め付けの強烈さは、成人女性のおまんこよりも巧みに快楽を引き出してきた。誘惑された駿は、琴音の小人のような体に、激しいピストンをしてしまいそうになるのである。

くちゅくちゅぱんぱんと下半身が鳴っている。駿は琴音の背中に手を回し、汗ばんだ身体をぎゅっと抱きしめながら、幼稚園児年齢の女の子にぶち込んでいる事実に、興奮と欲情を覚えるのであった。

「はぁ、はぁ、おにいちゃん、おにいちゃん……!」

初めてのエッチにぼうっと顔を上気させながら、琴音は切ない表情で、駿の顔を見つめている。シーツをぐっと掴んでいたいじらしい両腕は、セックス相手のお兄ちゃんに向かって、その胸板をひしと抱きしめるのであった。安心の対象がシーツからお兄ちゃんになったようである。何も知らない琴音は、お兄ちゃんに身体を委ねることによって、おまんこの気持ちよさを最大限に引き出そうとしているのであった。

駿はぎゅっと抱きついてくる小さな身体にかすかな罪悪感を覚えながらも、それ以上の興奮と欲情で琴音をひたすら犯したくなる。膣壁をにちにちとこすりながら、ペニスを再び押し込んでいった。ちっちゃな穴ではあるが肉ひだが強烈で、幼女の穴の小ささが、愛情たっぷりの締め付けを生み出している。

琴音のおまんこは小さい。子宮口を押しつぶすまで挿入してしまったとしても、おちんちんの半分しか飲み込んで貰えない。しかし、ペニスの先端は、一番敏感な半分である。幼女のひだひだが亀頭をちゅうちゅうと集中的に吸ってくるので、敏感な場所ばかり刺激され、かえって気持ちよく感じられるのであった。

駿は琴音の後頭部を撫でて、汗ばんだ毛髪を感じながら、琴音をしっかりと抱きしめていく。琴音の甘い吐息が、先程から胸板をくすぐっていた。幼女がエッチな気持ちになって、吐き出している息であった。その温かさは琴音自身の温かさ、おまんこの刺激により発情して高まった体温が、エッチで熱い吐息となって駿の身体をくすぐるのである。駿は琴音を抱きながら、少しづつピストンの速度を上げて、犯罪的なセックスからさらなる快楽を掘り出していた。

「あッ、はぁっ、はぁっ……!」

ピストンを早めた途端、琴音の声が大きくなる。駿はピストンの速度を緩めることも出来ないまま、ひたすら腰を打ち付けつつ、労りの言葉を投げかける。

「ハァ、ハァ、痛くない……? もう少し早くなっても平気かな……?」
「はーっ、はーっ、うんっ、へいきだよっ! ことね、がんばるから……! もっときもちくなりたいからっ……!」

そうして琴音はにっこりと微笑んで、胸板にぴったりと抱きついたまま、お兄ちゃんの顔にくりくりとした瞳を向けるのであった。子役になってもおかしくないほどの可愛らしい女の子だ。こんな可愛い女の子が一人でいたから、俺の欲望も掻き立てられてしまった。琴音のせいにしてはいけないと思いつつも、駿はそこに真実味を見出してしまう。一人で遊んでいる女の子が、もっと普通の、幼女平均の可愛らしさの子だったなら、誘拐してまでいたずらしたいだなんて思わなかったのかもしれない。

琴音はそんな駿の内心も知らず、気持ちよさそうにしているお兄ちゃんに満足気な様子である。ぴりぴりと溢れてくる快感で、琴音の身体がぴくぴくとしている。前後運動が早さを増して、激しい摩擦で気持ちよくなっていくおまんこ。ペニスが奥をコンコンとノックするたびに、メス穴全体が快楽に溺れて、おちんちんを締め付けてしまうのであった。

下腹部がぽかぽかする。子供の子宮口が受精のために降りている。卵子もまだ用意できない幼すぎる身体なのに、メスの子宮をきゅんきゅんさせて、身体をぴくぴく痙攣させているのだ。おまんこがひとりでに締まっていく。意識しておまんこに力を入れなくても、気持ちよさを求める身体が勝手におちんちんをしゃぶるのである。

ぞりぞりとこすれあう、ふたりの欲情した性器。呼吸と喘ぎ声を織り交ぜながら、快楽の頂点に向けて、一段一段、共に上がる。

「はぁ、はぁ、はーっ、はぁぁ……!」
「ハァ、ハァ、くっ、はぁ……!」

JE禁忌のいたずら誘拐 ツインテールの美幼女がちっちゃな身体で生セックス&生中出し(JE5歳/いたずら)
JE睡眠姦おまんこほいく ロリロリな姪を睡眠薬で眠らせてセックス中出しいたずら保育(JE5歳/睡眠姦)
子供企画5 JE美少女性奴隷輪姦レイプ撮影(JE5歳/輪姦)
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。