ロリ少女官能小説集:【JS陵辱レイプ】散花JSチャイルドモデル(2) 少女中出し種付け(3)

18禁サイトです。18歳未満の方は閲覧出来ません。まずは完全無料作品からどうぞ(10作以上有)。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
少女への盗撮が過激になる。エッチな撮影もどんどん増える――。6年生モデル「七海里咲」は初潮を迎えてオトナになり、いやらしい撮影の恥ずかしさも次第に強まっていくのであった。貧しい家庭を守るため、お母さんに認めてもらうため、懸命に仕事をこなす小学生……、そんな少女が特別撮影会に招かれたのである。不審を抱きながらも参加する里咲であったが、待ち構えていたのは容赦無いレイプ、子供まんこへの乱交中出しであった。長髪を振り乱しながら泣きじゃくる美少女に、ペニスをねじ込んでは射精し、ぶち込んでは中出しする。セックスの意味も知らなかった少女が、初潮を迎えたばかりの身体で赤ちゃん作りをさせられてしまう。……強制繁殖の果てに与えられた、里咲の最後のお仕事とは?(文字数約63000字)

散花JSチャイルドモデル(2) 少女中出し種付け セックスも知らない女の子が集団レイプに堕とされる 散花JSチャイルドモデルシリーズ (YKロリータ文庫)
散花JSチャイルドモデル(2) 少女中出し種付け セックスも知らない女の子が集団レイプに堕とされる(JS11歳/陵辱)

里咲はそれの名前を知らない。性教育が不十分で、ネット環境も持っていない里咲には、このゴシゴシにオナニーという名前があって、みんながそれをやっているのだと分からないのである。里咲にとっての「コレ」は、知ってはいけない秘密の遊びであった。こんなことをするなんて女子失格だと思えるぐらい、恥ずかしいことだと考えて、自己嫌悪してしまって……、それなのに何故かやりたくなって、手を出しているのである。見せるのも恥ずかしい場所だ。夢中で触るだなんて、恥ずかしいことに違いない。友達の誰もが、ここをいじる遊びを話題にしないのである。

きっと私しか知らない。とてもいけなくて、やめなきゃいけないことだ。でもやりたい。やめられない止まらない。そんな自分が恥ずかしくて、誰にも知られたくなくて……。

「はーっ、はーっ、はぁーっ……」

くちゅくちゅという音が里咲の頭を洗脳する。もっと気持ちよくなれと命令してくるのだ。ぬるぬるになった人差し指の先はおまんこの割れ目に潜り、桃色の恥ずかしい粘膜をこすこすといじっていく。おしっこが出る所から下の穴の部分までを、丁寧に激しく何度も何度も触るのである。ねばねばの蜜が溢れ出てきた。ぽたぽたと垂れ、便器の水が音をたてる。恥ずかしい蜜が垂れているのだと知って、里咲の指はどんどん早くなってしまう。細長い指が、熱い蜜で濡れていく。

膣に指を挿れたことはない。指が入るのだと知らないのである。だから里咲のオナニーは、もっぱら外陰部で完結していた。黒髪が汗で濡れる。ほっぺたがどんどん赤くなる。息がますます発情期になって、鼻がひくひくして、下の花もひくひくして、口が半開きになってエッチな具合に開いていった。声が大きくなるほど口が開いていくのだ。桃色の美味しそうな唇はうっとりと唾液で濡れて、そのよだれが口の外に漏れて、顎にまで伝っていった。唾液を垂らして喜んでいる姿が、幼い顔を幼く見せる。そうして里咲はふとももをピクピクとさせ、煮えたぎる快感を体の表面に表していくのであった。

「はぁっ、はぁっ、はぁ、はぁ……!」

ぬるぬるの指がクリトリスに向かう。最後の瞬間が近づいていた。最後の瞬間を最高に気持ちいいものにするためには、女の子がエッチになるボタンをぐりぐり押し込まないといけないのである。

「はぁ、はぁ、あっ、あぁ、はぁぁ、はぁーっ……!」

声がどんどんいやらしくなる。赤ちゃんみたいな泣き声を出して、おまんこの穴が甘えるようにひくひくとする。怖いけれどやめられない。楽しい。気持ちいい。恥ずかしい。きらい。きっとこんなの私しかしていない。どうしよう。私の体がおかしくなっちゃった。神田さんに変なことをされて、私の身体まで変になっちゃった。

里咲のクリトリスは完全な包茎である。剥くことは出来ないし、剥けるとも思っていない。もしかすると、中に「実」があることさえ気づいていないのかもしれない。ただ皮の上からごしごしとこすって、ふとももから足の指先、肩や二の腕、胸やお腹、全部の場所から汗を流して皮膚の全部をひくひくさせているのである。半開きの口でいやらしく喘ぎながら、恥ずかしいと思って声を押さえ、口を閉じようとして、それでもまた唇が開いて、変な声が出てしまい、両目は感動にうるついて、鼻の穴はひくひくして、頬から耳がトマトのような色になって、髪の毛も顔も汗だくになる。メスになる感じがする。気持ちよくなる。全身を巡るビリビリした電気が、言い様がないほど気持ちがいい。

「はぁ、はぁ、はぁ、はぁ……!」

そのような切なく途切れるような喘ぎ声を、発作的な息継ぎのように繰り返しながら、汗でびっちょりになったブラウスの背中で便器の後ろにもたれかかり、両目をつむって、鮮明になる全身の感覚を感じ取って、じゅくじゅくになったおまんこ全体にぎゅっと締め付けるような力を与えて、びくびくするたびにエッチな気持ちが倍増して、2の16乗になって、……あらゆる気持ちよさが混ざり合い、うねり狂った快楽で、里咲はとうとう絶頂してしまったのであった。

びくん、びくん、びくん……!

「あ゛ああぁ……!」

腰ががくんとした。全身をびくびくとさせて、愛液をぽたぽたと滴らせて、オナニーという言葉も知らないままにオナニーを終えて、秘密の快楽に浸りきり……、そして両目をぱちぱちして、うっとりと高まり引いていくオーガズムの快楽を味わうのである。

「あ、あっ、はぁ、はぁぁ、はーっ……!」

ざわめきながら引いていくおまんこの気持ちよさ。秘密の、誰にも知られてはいけないはずの光景。誰にも見られてはいないと、本人だけが思っていた秘め事。しかし、プロダクション・アムールは、思春期少女の繊細な心をもてあそぶ鬼畜な子役事務所なのである。

「見られていた」のだ。


散花JSチャイルドモデル(2) 少女中出し種付け セックスも知らない女の子が集団レイプに堕とされる(JS11歳/陵辱)
散花JSチャイルドモデル(1) 盗撮痴漢はいよる視線 薄幸の黒髪美少女は陵辱の階段を登り始めた(JS10歳/陵辱)
落花JSジュニアアイドル(1) 無毛少女禁断絶頂 剥き出しにされたからだ(JS10歳/ジュニアアイドル)
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。