ロリ少女官能小説集:「JE睡眠姦おまんこほいく ロリロリな姪を睡眠薬で眠らせてセックス中出しいたずら保育」を発売しました。

18禁サイトです。18歳未満の方は閲覧出来ません。まずは完全無料作品からどうぞ(10作以上有)。
「JE睡眠姦おまんこほいく ロリロリな姪を睡眠薬で眠らせてセックス中出しいたずら保育」を発売しました。幼稚園児の女の子が、叔父にあたる大学生のお兄ちゃんに眠らされて、エッチないたずらやセックスをされてしまう話です。

小説で睡眠姦を描写するのはなかなか大変でしたが、なんとか書き上げることが出来ました。限定無料配布シリーズなので、1ヶ月後ぐらいを目処に無料配布を行う予定ではありますが、活動の継続のため、有料でも購入していただけると非常に助かります。

JE睡眠姦おまんこほいく ロリロリな姪を睡眠薬で眠らせてセックス中出しいたずら保育 限定無料配布シリーズ (YKロリータ文庫)
JE睡眠姦おまんこほいく ロリロリな姪を睡眠薬で眠らせてセックス中出しいたずら保育(JE5歳/睡眠姦)

【基礎情報】
ジャンル:睡眠姦 いたずら 叔父と姪(大学生と幼稚園児)
全体的な作品傾向:インモラル 女体への興味 背徳感
全体的な鬼畜度:中(眠っている子と勝手にセックスしてしまう話です)

【属性とプレイ】
幼稚園児 幼女 歳の差 睡眠薬 睡眠姦 姪 脱衣 体舐め キス クンニ 挿入 初体験 処女喪失 セックス 正常位 後背位 中出し

【作品概要】
眠らせて犯すだなんて最低だって分かってる。でも、どうしても、可憐ちゃんとしてみたかったんだ――。大学生「相川健太」には可愛らしい姪っ子がいる。5歳の「上寺可憐」は真っ黒なロングヘアーの幼稚園児であり、引っ込み思案な性格のぶん、はにかむと物凄く魅力的になのであった。幼児そのものだった体は、年長さんにさしかかって前よりもすらりとお姉さんになっている。女の子としての特徴を増し、ふりふりのお洋服を着こなして、芳醇なロリータフェロモンを無意識のうちに発していたのであった。そんな美幼女の姪を、お兄ちゃんと慕ってくれる大切な姪を、健太は眠らせて裸にしてしまったのだ。体中を舐めまわし、写真を撮って、割れ目にペニスをこすりつけて……、俺って最低だ。そんな罪悪感とは裏腹にペニスはガチガチに勃起している。未就学児の眠り姫はこうして処女を喪失した。(文字数約41000字)

【目次】
1.愛らしい、あまりにも愛らしい幼女
2.ねむりひめ
3.裸にして味わって
4.舐め舐めおまんこほいく
5.ちっちゃなわれめと処女挿入
6.精子でいっぱい子供まんこ
7.おめざめの昼下がり


【登場人物】
●上寺可憐:かみでらかれん(5)
ロングヘアーが美しい、可憐な5歳の美幼女園児。恥ずかしがり屋で口数は少ないが、はにかむ顔も魅力的である。母親の弟に当たる健太をお兄ちゃんと慕っており、ほんのりとした恋愛感情も抱いてきた。そのため、ふたりきりになれる休日を、とても楽しみにしていたのだが……。

●相川健太:あいかわけんた(19)
性欲盛んな大学一年生。セックスの経験は無い。姉の娘にあたる可憐にお兄ちゃんとして慕われており、その可愛らしい姿に心身ともに惹かれつつある。


【文章サンプル】
そうして丹念に刺激した後、クリトリスの下から柔らかな粘膜を舐め下っていき、尿道口をぐりぐりとして周辺を舐めまわして、最後に膣口までやってきたのである。赤ちゃん作りの穴をぺろぺろと舐め、処女膜の感触を味わい、丁寧に刺激した後に期待を胸に吸ってみる。そうすると、妙にぬるぬるとした汁が、膣から口の中に流れ込んできたのであった。

健太は少し驚いて、大陰唇を押しのけていた右手を離し、その人差し指で膣穴をくすぐってみる。可憐の下半身がぴくんと跳ねた。その反応に興奮しつつ、健太は指先に付いたきらきらする粘液を観察し、親指と人差し指を擦り合わせその粘性を確認するのである。ぬるぬるした。ねばねばした。2本の指を離していくと、水晶のような色をした糸がいやらしく引いて、限界になってぷつんと切れる。

「愛液ってやつだよな。子供でも出るのか……」

生唾を飲む音がうるさい。張り詰めた神経が分かる。睡眠姦という極限の興奮の中で、可憐のおまんこが発情していることをようやくはっきりと認めるのであった。……感じてるのか? 眠ったままでも感じるのか? 健太は興奮して、可憐の大切な場所をべろべろと容赦なく舐め回した。激しくするだけでおまんこ全体がぴくぴくとし、ふとももまで小さく痙攣する。ちっちゃすぎる女性器による快感を、幼い身体全てで表してしまうのであった。

クリトリスにキスをし、小陰唇を舐め、もう一度クリトリスを刺激し、尿道の周りを味わって、……そこまでやってもう一度膣口を触る。溢れ出るエロ蜜の量はさらに多くなって、指先に汁がべっとりと付着した。膣口からあふれた女の子のジュースが、そうしてお尻へと垂れてしまうのである。健太は再び指で愛液をすくい、可憐の幼女クリトリスにその汁を塗りつけてみた。

「んぅ……、はぁ、はぁ……」

粘液まみれの指でクリトリスを触ると、寝ているはずの可憐が苦しそうに呼吸を始めた。動物の血が煮えたぎる。悶える可憐の声色は、発情したメスのそれであった。こんなに小さな身体だけれど、やっぱりおまんこで感じてるんだ。健太は興奮とともにさらにクリトリスをいじる。そうすると可憐は身体をよじり、どうしようもなく沸き上がってくる感覚に、反射的な反応を始めたのであった。布団の上で誘うようにくねくねと踊り、呼吸はさらに苦しげになって、額は快感で汗びっしょり、頬はほんのりと赤く染まっていく。この著しい反応が、健太の認識を塗り替えていった。

そうだ。俺はダッチワイフを相手にしているんじゃないんだ。可憐ちゃんという生身の幼女に、女の子を相手にこんなことをしているんだ。ひくつきがひどくなった性器を見ながら、欲情のあまり好奇心にかられる。このまま舐め続けたら、可憐ちゃんはイってしまうのだろうか?

舌を這わせ、再びクンニリングスを始める。今度は可憐をイかせるために、その可愛らしい姿を目に焼き付けるために、愛液でぬめった舌で、熱心にロリまんこを愛撫していくのであった。幼稚園児はオーガズムに達することができるのだろうか? 小さな女の子でもイけるのだろうか? 性欲にまみれた好奇心とともに、敏感になったクリトリスを集中攻撃していく。

舌先を尖らせて、皮に包まれた陰核をぐりぐりと押しつぶしていく。皮に守られた側面を優しく舐めて、唇全体で挟んで吸い上げ、先端をちろちろと刺激し、時には小陰唇や大陰唇も舐めた。性快楽に波をつける。ちょっとだけ気持ちいい場所と、とても気持ちいい場所を交互に愛撫して悶えさせる。可憐の呼吸はさらに乱れていった。健太もクンニは初めてであったが、しばらく熱心に続けていると、どういう風に舐めるのが一番効果的なのかがだんだんと分かってくるのである。可憐に奉仕するのがどんどん上手くなって、小さな身体の許容量を超えた快楽が、ちっちゃな下半身全体に満ちていくのであった。

「はぁ、はーっ、はぁっ、はぁっ……、あ、あぁ、あぅ……!」

さっきまで魔法少女もののアニメを見て、プチシューの甘みに喜んでいた幼女が、クンニリングスの刺激で身体をくねらせているのである。膣口からあふれる蜜はさらに量を増し、たらたらぽたぽたとお尻を濡らして、布団にまでシミを付けてしまうのであった。健太はそれを舌ですくって、勃起した包茎クリトリスに塗る。コリコリになってきた女の子の宝物を、集中的に舐めまわし凶悪に吸い上げる。発情しきったクリトリスに痛みを感じる要素はなかった。夢の世界にたゆたいながらもただ気持ちが良くて、淫らな呼吸でお兄ちゃんを誘惑する。さかったメスはセックスに熱中し、体全体の筋肉がぐっとこわばらせて……。

そこで頂点がやってきた。快楽の水準が急上昇した。全身をびくびくとさせ、汗ばんだふとももをがくがくとさせ、ちっちゃな手のひらをぎゅっと握りしめて、一瞬だけ呼吸を途絶えさせたのである。そうして数秒のあいだ痙攣が続き、強く身体を跳ねさせた後、激しい呼吸を再開して、体全体の力を抜いていき、快楽の汗でびっしょりになった全身をぶるりと震わせて、甘い吐息を漏らすのである。

「はぁっ、はぁっ、はぁ、はぁ、ふぅ、ん、あぁ……」
「イったんだよな、これ……」

JE睡眠姦おまんこほいく ロリロリな姪を睡眠薬で眠らせてセックス中出しいたずら保育(JE5歳/睡眠姦)
子供企画5 JE美少女性奴隷輪姦レイプ撮影(JE5歳/輪姦)
JS鬼父睡姦 6年間眠らされ犯され妊娠した愛娘(JS7-12歳/睡姦レイプ)
関連記事