ロリ少女官能小説集:【JS近親相姦中出しセックス】明菜はパパのお嫁さん(5)

18禁サイトです。18歳未満の方は閲覧出来ません。まずは完全無料作品からどうぞ(10作以上有)。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【あらすじ】
小学3年生の「棚田明菜」ちゃんは大好きなパパのお嫁さんです。いなくなったママの代わりに、大好きなパパとセックスをするのです。太く反り立った肉棒を舐めまわし、毛の生えた玉にキスします。明菜ちゃんはパパが大好きですから、嫌な顔をすることはありません。精子を飲む時も、おまんこを舐められる時も、明菜ちゃんは楽しそうに笑うのでした。……そんな明菜ちゃんにもしたことがないプレイがあります。太いおちんちんの挿入です。身体の小さな明菜ちゃんは、パパのおちんちんをおまんこで受け入れたことがありませんでした。8歳の明菜ちゃんがパパとの生交尾に挑戦します。果たして明菜ちゃんは本当のお嫁さんになることが出来るのでしょうか?(文字数約53000字)

明菜はパパのお嫁さん エッチなJS低学年少女がママの代わりに父娘相姦中出しセックス (YKロリータ文庫)
明菜はパパのお嫁さん エッチなJS低学年少女がママの代わりに父娘相姦中出しセックス(JS7-8歳/近親相姦)

葬儀の全てを済ませ、隆と明菜の2人だけで家に帰ってきた時、壊れることのなかった家庭が壊れてしまったこと、無くならないはずの絆が無くなってしまったことを、明菜は子供ながらに感じてしまうのであった。子供は感受性が強いというから、隆以上にその変化を真っ直ぐ見つめていたことだろう。そうしてパパが、パパさえもがおかしくなりつつあることを、子供ながらに察してしまったのであった。隆本人さえ気づいていない変化に、明菜は少女の真っ直ぐさで直観してしまったのである。

パパはいなくならない?

2人は無言でいつもの生活に戻る。いつもの生活なんて戻ってこなかった。いつものように食事をしても、いつもの味がしなかった。部屋の中が静かだった。そうして虚しくも悲しい気持ちの中、二人きりの夜を迎え、無言で布団に入ろうとするパパの胸に、明菜は抱きついて言ったのである。

「私がママを、ぎゅってしてればよかったのにね……」

その声は震えていた。父親は無言で娘を見ている。明菜は涙目でその顔を見上げていた。

「代わりに、わたしがママやるから……」

波打つロングヘアーの毛先が、ふるふると小刻みに震えていた。黒真珠のような瞳が、ぽろぽろと涙をこぼし、赤い頬を下っていった。母親が望まぬところで明菜は責任を感じていたのだ。手を固く繋いでいたとしても、子供には何も出来なかっただろうに。

「ぐす、わたしが、私がパパのおよめさんになってあげるから、だからぁ……、パパはどこにもいかないでね……? 私の事、きらいにならないでね……?」

そうして隆が見たものは、……愛していた妻に瓜二つの、愛らしい顔の少女だったのである。体ははるかに小さく、体の凹凸もほとんどなくて、言葉遣いにも声にもあどけなさが満ちているような未熟な2年生であったが、……誰よりも、この世の誰よりも、棚田佳苗という女性にそっくりだった。佳苗の代わりになる者は、明菜という少女を除いて誰もいなかったのである。さすがにこの時は何も起こらず、父親としてそっと抱き返しただけであったが、知覚し得ないイドの底で、欲望が咲いたのも事実である。

あるべきでない衝動が脳髄から芽吹いた。

その日は何も起こらなかった。その日から何かが狂い始めた。翌日のパパは昨日より元気になっていて、二人きりの生活から立ち直ろうしていたので、明菜は娘としてほっと胸をなでおろしたのである。しかし、本当は、もうおかしくなっていたのだ。パパはいなくなったママについて折り合いをつけたわけではなかったのだ。娘の明菜を、妻の代わりにしようとする何がしかの衝動が、胸の奥でぶくぶくと膨らんでいくのである。それに呼応して、明菜の運命も狂い始めていた。普通の女の子としての明菜の生活も、なし崩し的に奪われる。歯車が崩れて壊れていく。家庭の崩壊という極限のストレスが、平和な父娘を、オスとメスに仕立て上げてしまった。

佳苗が亡くなって一ヶ月のあいだは、隆も自分を抑えられていた。家事を少しづつ手伝うことによって、ママの代わりになろうとしている明菜を微笑ましく見守っていたが……、その姿に妻の面影を見てしまうことを、避ける事が出来なかった。一ヶ月もする頃には、もうパパの葛藤も終わって、明菜を見る目には愛情だけでなく、メスに対する性欲が宿っていたのである。マスターベーションをする気力が無かったために、精液がたまっていたことも衝動を後押しすることとなった。だがいきなり襲う勇気はない。夜になり、布団に入り、娘が寝静まってから……、妻との情交を再現したいという本能に動かされて、初めての行動を起こしてしまったのである。

そうして明菜の大好きなパパは、すうすうと眠る明菜の可愛らしい動物パジャマを脱がせ、白い下着をずり下し、おまんことおっぱいを丸出しにさせたのである。妻がそうであったように、明菜も本物のメスだった。各所に面影を宿した柔らかな裸体を眺めながら、妻の香りが残る娘の寝顔に、白濁した精液をかけてしまったのである。自慰をしなかったぶん、大量の精液がかかっていく。そこに生まれる莫大な罪悪感。しかし、それ以上の快楽と、妻と繋がれたという錯覚が、父親を癒やし、父親を慰め、……戻れない近親相姦の沼に娘ごと引きずり込まれてしまうのである。幸いなことに明菜は目覚めなかった。明菜はまだ父の変貌に気づいていなかった。

これが2人の新しい関係、父娘の新しい姿である。ずっと、ずっと、今にまで続く。



【3:父の変容】
眠っている間にいたずらされていたので、初めのうちは気づいていなかった明菜であるが、行為がエスカレートすると、朝起きる度に違和感を感じるようになった。最近なにかがおかしい。身体に変なことが起こり始めている。寝汗ではない何かが身体の表面に付いているような気がした。

拭きそびれた精液が髪の毛に絡んでいることもあったし、お腹やおまたから変なにおいがすることもあった。小さなおっぱいが、妙にべたべたとすることがある。そんな時はパパが拭いてくれた。休日であればお風呂に入れてくれた。しかし、パパの手つきは妙に妖しい。タオルではなく素手で洗おうとするし、ぷりぷりのおまんこを何故か入念に洗おうとするのであった。

マンションにある小さな浴室の中で、父娘は今日も裸になる。父娘でお風呂に入ることは今までにも何度かあったのであるが、これほど入念な洗い方をされるのは、ママがいなくなるまでありえなかったことである。風呂場椅子に座った裸の明菜、その小さな背中の後ろから、泡をまとった父の両手が遠慮もなく迫るのであった。そうして、身体を洗うという名目で、幼い肌の脂肪を楽しんでいくのである。

(※サンプルここまで)

明菜はパパのお嫁さん エッチなJS低学年少女がママの代わりに父娘相姦中出しセックス(JS7-8歳/近親相姦)
JS性罰小学校 赤沢茜さんへの容赦の無いレイプにご協力下さい(JS9-10歳/強姦)
落花JSジュニアアイドル(1) 無毛少女禁断絶頂 剥き出しにされたからだ(JS10歳/ジュニアアイドル)
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。