ロリ少女官能小説集:【JS近親相姦中出しセックス】明菜はパパのお嫁さん(4)

18禁サイトです。18歳未満の方は閲覧出来ません。まずは完全無料作品からどうぞ(10作以上有)。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【あらすじ】
小学3年生の「棚田明菜」ちゃんは大好きなパパのお嫁さんです。いなくなったママの代わりに、大好きなパパとセックスをするのです。太く反り立った肉棒を舐めまわし、毛の生えた玉にキスします。明菜ちゃんはパパが大好きですから、嫌な顔をすることはありません。精子を飲む時も、おまんこを舐められる時も、明菜ちゃんは楽しそうに笑うのでした。……そんな明菜ちゃんにもしたことがないプレイがあります。太いおちんちんの挿入です。身体の小さな明菜ちゃんは、パパのおちんちんをおまんこで受け入れたことがありませんでした。8歳の明菜ちゃんがパパとの生交尾に挑戦します。果たして明菜ちゃんは本当のお嫁さんになることが出来るのでしょうか?(文字数約53000字)

明菜はパパのお嫁さん エッチなJS低学年少女がママの代わりに父娘相姦中出しセックス (YKロリータ文庫)
明菜はパパのお嫁さん エッチなJS低学年少女がママの代わりに父娘相姦中出しセックス(JS7-8歳/近親相姦)

【2:起点】
1年前、明菜が2年生だった夏、彼女にはまだママがいた。その頃の明菜は掛け値なく幸せであったし、何の苦悩もなく普通の女の子でいられたのであった。

父親は棚田隆、背の高い痩せ型の男性であるが、明菜から見れば頼もしいパパである。母親は棚田佳苗、明菜をそのまま大きくしたようなウェーブのかかったロングヘアーのスレンダーな女性であり、勝ち気なしっかり者で、明菜にとっては包容力のある頼もしいママなのであった。ここに明菜を加えた棚田家3人家族は、近所でも知られた大の仲良し。家族それぞれの誕生日パーティーは毎年欠かさず開いていた。年に2度は家族旅行に出かけていたし、クリスマスもお正月も家族で楽しく過ごしていたのである。磁石のようにぴったり付いた、仲良し円満な家族だった。

この家族が円満でいられたのは、夫婦仲の良さが基盤になっていたからだろう。20代の前半で結婚し、10年近く連れ添ってきた父母であったが、深刻な倦怠期もなく、浮気のような事件もなく、結ばれたばかりのような関係を明菜が生まれてからも続けていたのであった。そんな2人で作った子であるから、愛さないはずかなかったのである。子はかすがいというが、2人にはかすがいはいらなかった。そうして愛はなみなみと明菜に注がれるようになり、ママそっくりの可愛らしい幼女は、赤ちゃんから小学生に至るまで、何事も無く幸せに育つことが出来たのである。出産、七五三、幼稚園への入園から、小学校への入学……、棚田家3人家族は全員一緒で明菜のイベントを祝ってきた。そうして2年生の夏休みも、家族全員で花火大会に出かけたのであった。

……たった一年前があまりにも遠い。一年前を境に、明菜とパパの関係が何もかも変わってしまったのである。小川に浸したように澄んだ青空の下、明菜を間にはさみ、3人は手をつないで自宅マンションから出発し、徒歩15分の駅を目指して仲良く歩いて行くのであった。その時はまだ、誰も何も知らなかった。

最寄りの駅は人が多い。花火大会となるといつもこうだ。老若男女、あらゆる人々が押し合いへし合い、ホームにまで向かおうとしてもみくちゃになっているのである。駅の改札からホームまで人で一杯になっている。すし詰め状態は表現として生易しい。寿司は動かないからである。人混みは常に動いていた。

その無秩序な人間の波を、駅員たちがなんとか制御しようとしているのだ。だが、会社の事情で駅員が減らされていたことと、前年よりはるかに人出が多かったことが重なって、抑えられるのは半分であり、それ以上はなかなか思うようにいかないのである。駅の中はそんな危険な状態にある。気をつけて進まなければならない。3人家族は手をつないで、人混みの中をゆっくりと進んでいく。そうして徐々に階段を下り、ホームも間近という辺りにまで十数分をかけて辿り着くが、そこにも沢山の人がいて、すぐには解放されない様子である。この分では電車の中も、この駅と同じかそれ以上のぎゅうぎゅう詰めになってしまっているのだろう。突発的な人出にインフラが悲鳴を上げている。

もみくちゃにされるのに子供も大人もなかった。小さな明菜はため息をつく。ちっちゃな足でとんとんと足踏みをして、まだかまだかときょろきょろする。柔らかなロングヘアーが揺れた。小学二年生の明菜は、大人ほど我慢強くなかったし、ごちゃごちゃと混みあった環境への負担は、身体の小ささゆえに大人よりも大きいのであった。母親の佳苗を見上げながら明菜は不満気な声で言う。

「ママぁ、どうしてここ、こんなに混んでるの?」
「花火大会だからよ。それにしても……、まったく、どうして今年は、こんなに人が集まるんだか……」
「仕方ないよ。去年より規模も大きくなって、豪華になるって言うんだから」

人々の声で辺りはざわついている。いらついた客が鬱憤を駅員にぶつけたりして、そのいさかいが他の客や駅員を、ますます苛立ちに追いやるのである。そんな中でも、たびたびホームに救いの電車がやってくるのだが、もちろん全員が乗れるわけではない。電車が停まる度に、車両がいっぱいになるほど一斉に乗り込んでいくのである。蜘蛛の糸にむらがる地獄の悪人に近い。しかし、他の駅で既にぱんぱんになっている電車に、乗り込める余地はそれほどなかった。それでもなんとか運ばれるべく、身体を詰め込んでいくのである。そこまでガツガツとしていない人間までも、物理的に精神的に、その潮流に流されてしまう。

人波の勢いは強力で、一度流れ始めたら、どんなにガタイが良くてもその流れに従わざるをえない。そうして限界までつめ込まれた客を、駅員がさらに押し込んでいく。割にあわない重労働に駅員にも苛立ちが募っていたようで、棚田一家がホームに近づく頃には、波の制御よりも客の処理に意識が向かっていたのであった。そうでもしなければ、とても運びきれないような量なのである。客と駅員の両方が危険な状況に慣らされていく。踏みとどまる余裕が次第に削られていった。

そうして3つほど電車を見送って、棚田一家もようやく階段からホームにまで降りてくる。辺りにひしめく人々は、皆ぴりぴりとして余裕がなかった。人混みによる疲労と、なかなか進めない苛立ちが、人混み全体の判断力を確実に減衰させていった。それは明菜も同じようで、右手と左手にいる父母を交互に見上げながら、目をぱちくりさせて言うのである。

「まだ? ねえまだ?」
「もう少しよー。我慢してね」
「まだがまん?」
「明菜は良い子だから静かに我慢できるわよね」
「……はぁい」

明菜はむくれる。むくれてみせることで、父母に甘えようとする。小さなお手手でパパとママの手を握りしめた。汗ばんだロングヘアーがうっとうしくて、ふりふりと首を振ってしまう。父親の隆は言った。

「つまらなそうな声を出さないでくれよ。もうすぐ、電車が来るから……」
「つぎかなぁ」
「次だと思うけど、混んでたらそのまた次だよ。無理に乗ったら危ないからね」

予想は後者が正解となった。次の電車にはすでに人がすし詰めになっており、それまでと同様に、あまり沢山の人間が乗り込むことは難しかったのである。棚田一家はドアの間近までやってきたが、人があまりに多くて乗り込むことが出来ない。隆と佳苗だけであれば、無理にでも乗り込んで待つ煩わしさから解放されようとしたのかもしれないが、今は間に明菜がいて、子供を再優先に守らなければならなかったのである。わずか7歳の明菜に無理をさせるわけにはいかなかった。親としての本能であろう。

かくして棚田一家は、混雑するホームの縁で次の電車を待つことになってしまったのである。先ほどの電車に乗っておけば、何もかもが平穏に進んだであろうに。しかしそれは、後から振り返るからこそ言えることであって、当時の3人には思いもよらない事であったし、計算することも予想することも叶わない事故なのであった。

数分後、次の電車が来た。アナウンスのすぐ後、駅のホームの右のかなた、トンネルをようやく抜けてやってきた急行電車の走行音が、ホームに満ちる人々の耳に捉えられるのである。その音が創りだしたのは、安堵よりも焦りであった。誰かが勘違いをしたか、焦ってしまったのか、電車が到着する前に、人の流れが突然動き出したのである。それを押しとどめる力は誰にも無かった。人件費削減から駅員も人手不足で、この流れを制御することも、予防することも難しかった。ホームの縁にいた棚田一家はぐっと前に押し出され、体重の軽い佳苗と明菜は共にバランスを崩したのである。

「あっ……」

佳苗の波打つ黒髪がさらさらと流れ乱れていった。ゆっくりとゆっくりと、ゆるがぬ物理方程式の結果として、身体が線路の方へと傾いていった。佳苗は表情をひきつらせる。明菜は状況を飲み込めずぽかんとしたままママに重なって落ちていく。ゆっくりと、ゆっくりと、ホームと佳苗の角度が広がり、取り返しの付かない位置にまで身体が傾いてしまって……、しかし、佳苗は恐怖に慄きながらも、とっさの判断で繋いだ片手を離し、小さな娘を両手でホーム側に突き飛ばしたのであった。

それ以上のことを書く必要はないだろう。

隆は何の現実感もないまま通夜と葬式を済ませた。隆と明菜、2人が受取人とされていた生命保険も、無心で受け取りの手続きをした。明菜はびいびいと泣いていたが、隆は泣いていなかった。だがそれは、妻のことがどうでも良かったための反応ではなかったのである。あまりにも現実味がなかったために、感傷の心が働かなかったのである。号泣している明菜よりも、かえって深刻な症状を示していたのかもしれない。

明菜のパパがおかしくなっていったのは、ママの死に方に原因があった。あれがあまりに元とかけ離れた姿をしていたから、佳苗がいなくなったことを、心の底から信じることが出来なかったのである。心の整理がつけられなかったのである。


明菜はパパのお嫁さん エッチなJS低学年少女がママの代わりに父娘相姦中出しセックス(JS7-8歳/近親相姦)
JS性罰小学校 赤沢茜さんへの容赦の無いレイプにご協力下さい(JS9-10歳/強姦)
落花JSジュニアアイドル(1) 無毛少女禁断絶頂 剥き出しにされたからだ(JS10歳/ジュニアアイドル)
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。