ロリ少女官能小説集:【JS近親相姦中出しセックス】明菜はパパのお嫁さん(3)

18禁サイトです。18歳未満の方は閲覧出来ません。まずは完全無料作品からどうぞ(10作以上有)。
【あらすじ】
小学3年生の「棚田明菜」ちゃんは大好きなパパのお嫁さんです。いなくなったママの代わりに、大好きなパパとセックスをするのです。太く反り立った肉棒を舐めまわし、毛の生えた玉にキスします。明菜ちゃんはパパが大好きですから、嫌な顔をすることはありません。精子を飲む時も、おまんこを舐められる時も、明菜ちゃんは楽しそうに笑うのでした。……そんな明菜ちゃんにもしたことがないプレイがあります。太いおちんちんの挿入です。身体の小さな明菜ちゃんは、パパのおちんちんをおまんこで受け入れたことがありませんでした。8歳の明菜ちゃんがパパとの生交尾に挑戦します。果たして明菜ちゃんは本当のお嫁さんになることが出来るのでしょうか?(文字数約53000字)

明菜はパパのお嫁さん エッチなJS低学年少女がママの代わりに父娘相姦中出しセックス (YKロリータ文庫)
明菜はパパのお嫁さん エッチなJS低学年少女がママの代わりに父娘相姦中出しセックス(JS7-8歳/近親相姦)

「んぅぅ……! はぁ、はぁ、あむ……!」
「エッチな汁がどんどん出てくるよ。すごく感じてるんだね」

明菜はおちんちんを咥えながら、小さくこくりと頷いてみせる。嘘じゃなかった。顔も真っ赤になっているのだ。そんな顔を誰かに重ねつつ、父親の興奮はさらに強まるのである。

「いい顔だよ。ママそっくりだ。ひょっとしたらママより美人かもしれない……」
「ん……、はぁ、はぁ、あぁぁ……」
「声もすごく出てきた。可愛いね……」

明菜の肩がぴくんとした。くちゅくちゅと音が鳴る度に、小さい身体がぴくぴくとする。おちんちんを舐めながらおまんこを触られるという、明菜にとって最も恥ずかしい瞬間に到達したのであるが、それ以上に身体が気持ちよくなってしまい、快感のあまりぼうっとしてしまった。うっとりと目を細めて、恍惚に瞳をうるませて、メスの顔で父親に視線をやっている。その父親は布団の上に置かれていたスマートフォンを手に取り、裏側にあるカメラレンズを明菜に向けてくるのである。

「そろそろ動画も撮るよ」

そう言われた明菜はおちんちんから口を離す。

「はぁ、はぁ、……誰にも、見せちゃ駄目だよ。パパだけのだよ……?」
「もちろん。可愛い明菜に恥ずかしい思いはさせないよ」
「約束ね……」

明菜はそう言ってフェラチオに戻る。日に日に成長する明菜の姿を映像という形で残しておく。残して置かなければすぐに消えていってしまう。子供は育ってすぐに大人になってしまう。毎日のように撮影をしなければ、そのロリータの魅力は、大人の魅力と引き換えに虚空に消えていってしまうのであった。四季折々の魅力を残して置かなければならない。セックス中の撮影は父娘近親相姦の定番イベントであり、恥ずかしい動画を撮られてしまうことは明菜の日常でもあるのであった。

明菜はおちんちんを咥え直し、先程よりも深くおちんちんを飲み込んでいく。亀頭をすっかり口で包み、じゅうじゅうと先端部を吸い上げつつ、カチカチに固まった茎の部分をゆっくりとこすり撫で上げるのであった。口も舌も手も、射精に向かわせるべく動きを早めている。そうして明菜はレンズに視線をやって、一流の風俗嬢のようにパパに媚びてみせるのであった。

……パパを喜ばせたいからそうするのだ。明菜はパパを失いたくないのだ。本当に大好きなパパなのである。だから何でもしてしまう。

「ハァ、ハァ、いいよ、可愛いよ……。口に出すまで撮るからね」

明菜はアイコンタクトで了解した旨を示す。明菜はじゅぽじゅぽと音を立てておちんちんをしゃぶりながら、まだ幼いふとももをもちもちとこすり合わせるのであった。アナルの前からクリトリスの皮までを丁寧に往復していたパパの指は、娘のおまんこが十分に濡れたことが確認されると、その湿った先端部をぬるぬるの膣口にあてがうのであった。

「んっ、うぅぅ、ふぅ、ふぅ……!」

明菜は大げさに身体を痙攣させるが、父は構わず中指を挿入していく。指一本でもキツキツの子供まんこが、実の父親の指を強烈に締め、その肌に吸いついてしまう。初めは小さなおまんこも、指の2本は入るようになった。中指だけならそれなりに余裕がある。ほどよい刺激を受けて桃色の膣壁がぬめつきながら、ひくひくと指にからみつくのである。

「おまんこの中まで元気だねー」
「はぁ、はぁぁ……、ん、あむ、れろれろ……」

明菜は茎を舐めながら喘ぐような吐息をうっとりと漏らした。亀頭の先を舐めながら鼻先をひくひくとさせ、再び口にペニスを招き入れ、おまんこへの刺激に負けないぐらいじゅぽじゅぽと豪快にしゃぶるのである。そうしてたっぷり膨れたおちんちんの先端を、舌先でぺろぺろと攻撃するのであった。緩急をつけて責める。おまんこも限界だが、おちんちんもギリギリだった。

おまんこがくちくちと音をたてるたびに、熱い快感の電気がじんわりと下半身に広がっていく。8歳の子供には早過ぎる子供厳禁のおまんこ快楽が、細身の身体をぐるぐる回って身体をとろけさせてしまう。そうして痙攣しているうちに、明菜の頭に絶頂の予感が浮かんできた。

もうすぐイく……! 明菜はパパのおちんちんをしゃぶりながらそのようなことを思って、フェラと手コキの速度を上げていくのであった。カメラを構えるパパを見上げる。気持ち良さげなパパを見て明菜は安心してしまう。パパは元気でいて欲しい。ママの代わりになってあげたい。ママのことを忘れられるぐらい気持ちよくしてあげたい。そんな健気な娘を見下ろす父親……、彼の目に映る娘の顔も、同じように快楽で恍惚として、あふれんばかりのおまんこの熱に翻弄されているように見えるのであった。ぽっこりイカ腹が快感で震える。真っ赤な頬に汗が流れる。

指を乱暴に出し入れされると、それだけ快楽が増してしまう。女の子として、メスとして、性快楽に乱れてしまう。2人の気持ちよさの度合いは、絡まり合いながら一直線に登っていき、そうして辿り着いた頂点で、父娘は同時にオーガズムに辿り着く……。いや、正確に言えば、先に達したのは父親の方であった。明菜のおまんこが絶頂するより早く、父親のペニスがビクビクと痙攣したのである。

明菜の小さな口にどぷどぷと精子が吐き出され、子供のお口が大人のミルクでいっぱいにされてしまう。精液は美味しくない。甘いもの好きの子供舌にとっては特にそうなのであろう。しかし明菜はパパとのエッチに慣れてしまっていて、子供舌の味覚さえ狂わされてしまっているのであった。ごくごくと喉を鳴らしながら、生臭い白濁液を飲み込んでいく。パパが元気になってくれるなら、明菜は何でも出来るのだ。そして、男の人のミルクを夢中で飲み込みながら、おまんこをぐちぐちと刺激され、……明菜はその小さな身体を痙攣させながら、気持ちよさの極限に連れて行かれてしまうのであった。明菜もイった。精子の香りを浴びながらオーガズムを迎えたのだ。

「ん゛っ、うぅ、ふうぅぅ……!!」

苦しげな、気持ち良さげな、なんとも言えないうめき声が、おちんちんで埋められたお口から溢れ出てきてしまう。全身が熱くなってびくびくと痙攣する。汗に濡れたロングヘアー、ロングヘアーが絡む子供の柔肌、そこがびくんびくんと痙攣するのだから、それが何ともいやらしく可愛らしい。明菜の全身に快楽が回っていく。8歳なのに気持ちよくなる。おまんこをほじられる気持ちよさと、おちんちんを口いっぱいにふくむ心地よさで、小さな頭にぱちぱちとフラッシュが瞬く。そうして明菜は全身をぐったりと父親に預け、早すぎる性快楽に溺れてしまうのであった。

これがお嫁さんのお仕事。お嫁さんのおつとめ。明菜という3年生の日常……

しかし明菜は、ほんの一年ほど前まで、普通の暮らしをする普通の女の子だったのである。ちんちんやおまたのことは知っているが、フェラチオやクンニ、オナニーもセックスも知らない……、幸せな家庭に生まれた極普通の女の子だった。パパだってこんなことしなかった。セックスなんてされなかった。それがどうして、こうなってしまったのだろう?

全身を気持ち良さげに痙攣させ、ぺったんこな胸を上下させて激しく呼吸をする。おちんちんを口からこぼして、白濁液で濡れた口を半開きにしながら、涎と精液の香りに鼻の感覚を溺れさせてしまう。明菜はそうして指先にまで満ちるおまんこ由来の温かさを感じながら、カメラに向かって子供らしく笑いかけるのであった。おまんこを濡らし、全身をひくひくとさせ、レンズに向かってピースサインを送る。しかしその瞳は、わずかに涙で濡れていたのであった。

涙と笑顔。どちらが少女の本心であるかは、棚田明菜本人を除いて、誰一人知らない――。そしてカメラは撮影を終える。明菜のおつとめが終わった。

明菜はパパのお嫁さん エッチなJS低学年少女がママの代わりに父娘相姦中出しセックス(JS7-8歳/近親相姦)
JS性罰小学校 赤沢茜さんへの容赦の無いレイプにご協力下さい(JS9-10歳/強姦)
落花JSジュニアアイドル(1) 無毛少女禁断絶頂 剥き出しにされたからだ(JS10歳/ジュニアアイドル)
関連記事