ロリ少女官能小説集:【JS近親相姦中出しセックス】明菜はパパのお嫁さん(2)

18禁サイトです。18歳未満の方は閲覧出来ません。まずは完全無料作品からどうぞ(10作以上有)。
【あらすじ】
小学3年生の「棚田明菜」ちゃんは大好きなパパのお嫁さんです。いなくなったママの代わりに、大好きなパパとセックスをするのです。太く反り立った肉棒を舐めまわし、毛の生えた玉にキスします。明菜ちゃんはパパが大好きですから、嫌な顔をすることはありません。精子を飲む時も、おまんこを舐められる時も、明菜ちゃんは楽しそうに笑うのでした。……そんな明菜ちゃんにもしたことがないプレイがあります。太いおちんちんの挿入です。身体の小さな明菜ちゃんは、パパのおちんちんをおまんこで受け入れたことがありませんでした。8歳の明菜ちゃんがパパとの生交尾に挑戦します。果たして明菜ちゃんは本当のお嫁さんになることが出来るのでしょうか?(文字数約53000字)

明菜はパパのお嫁さん エッチなJS低学年少女がママの代わりに父娘相姦中出しセックス (YKロリータ文庫)
明菜はパパのお嫁さん エッチなJS低学年少女がママの代わりに父娘相姦中出しセックス(JS7-8歳/近親相姦)

明菜と父親は今日も愛し合っている。誰にも見つからないマンションの一室で、父娘の禁断交尾をしている。一糸まとわぬ明菜は、おおよそ130センチのちんまい身体でうつぶせになり、あぐらをかいた父親の足に上半身を乗せ、パパの亀頭にちゅうちゅうと吸いついている。ちゅぱちゅぱというフェラの音で部屋が満たされ、父と子の興奮の呼吸が部屋の淫靡に彩るのであった。

「いいよ、上手いよ……。手と口の両方を使ってね」
「ん、分かった、パパ……。白いおしっこが出るまで、沢山沢山してあげるね……」

畳張りの六畳間には2つの布団が敷かれていて、その上にいるのがくだんの父娘である。裸になって、からみ合って、愛しあう……、すなわちセックスをする。しかし、そのうちの片割れは、そのような絡み合いをするにはあまりにも幼い小学3年生の女の子だったのである。ウェーブのかかったふわふわロングヘアー。幼い細身の体。胸は膨らんでいないが、お腹にはまだぽっこりとしたところがある。乳首は桃色で、おまんこはまだ純粋な割れ目であった。この8歳児の小さな性器は、おちんちんへの興奮で濡れてしまっている。

薄暗い照明、満月だけに支えられた月明かりが差し込むこの部屋は、何年も前から交尾の舞台として使用されてきた。かつては父母が、夫婦のスキンシップの一環として身体を重ねていたのだが、今では父娘だけがこの場所を使用し、インモラルな近親相姦を繰り返しているのである。部屋と部屋を隔てる白い壁は現代的な防音対策が施されており、この禁断の情交が外に知れ渡ることはない。父親の棚田隆も、娘にあたる棚田明菜だって、絶対に誰にも言わないだろう。誰かに言ったら家族でいられなくなってしまうからだ。誰にも立ち入れない関係。誰にも知られない禁忌。

ウェーブのかかったふわふわロングヘアーが、明菜の白い裸体に乱れつつ絡んでいる。反った背中のラインや、ふんわりとしたお尻の丘には、じんわりと温かな汗がにじんでしまっていた。明菜はもう、おちんちんをこする意味を知ってしまっている。セックスの気持ちよさを教えこまれてしまっている。おちんちんで興奮している。子供なのに発情している。そういう身体と心であった。

「ぷはぁ、はぁ、はぁ、……ああむ、ちゅ、ん」

一度口を離し、もう一度貪欲に吸い付く。舌が亀頭にまとわりつく。そして、まだ幼さの強い柔らかな両手は、子供にとって太すぎるペニスの茎を握りしめ、さすさすと上下に動かしながら、口とは別種の快楽を与えているのであった。

まだまだ小さな明菜は口と両手でご奉仕しなければならない。肉棒の先端にある亀頭をしゃぶりながら、茎や玉を丁寧にさすっていく。時には鈴口に吸い付き、時には亀頭のくびれた部分に熱い子供舌を這わせていった。潤んだ瞳を瞬く。小さな親指でペニスの裏筋をさすり、息を荒くして鼻先をひくつかせていく。そうして明菜は、パパのおちんちんが十分膨らんだと見ると、にっこり笑って口を離しつつ、左手による手コキを早めるのであった。

「はぁ、はぁ、パパのっ、膨らんでるね……、気持ちいい?」

ロングヘアーの娘に問われ、父親の隆は笑顔で答える。

「とっても気持ちいいよ」
「……私、ママの代りになれてる? 私とエッチするの楽しい?」

パパはその言葉を受けて、黒髪に彩られた明菜の和風おつむを、よしよしと手のひらで撫でてくれるのであった。ただ一人の親、そのたなごころは、甘えたい盛りの明菜にとって、とても温かく安らげるものなのである。

「すごく楽しいよ。明菜は立派なお嫁さんだ。すごくフェラが上手くて、身体もエッチで、可愛くて、こんなにママにそっくりで……、ほら、もう少しこっちにおいで、パパも触ってあげるから」
「……うん」

何度もセックスを繰り返している明菜は、そう言われるだけで心得てしまう。おちんちんへのタッチを続けつつ、身体をさらにパパに寄せ、おちんちんに頬を当て、体を丸めて下半身をも近づけてしまう。父娘で密着した。おちんちんを舐めながら、同時におまんこを触ってもらえるような体位に移行したのである。父親の隆は娘の肌を愛撫した。その指先が、赤らんだ頬、赤らんだ耳、細い首から肩、脇腹のあたりからお腹のくびれ、ふっくらとしたお尻周りにまで這っていき、お尻をもちもちと揉んで感覚を盛り上げつつ、明菜のクレパスに指を添えるのであった。指先に粘っこい液体が付いた。生理も来ていないそこはエッチに適さないほどの小ささであったが、生まれつき快感を得られるようになっているのが、人間という生き物のおまんこなのである。

「濡れてるね。ここも硬くなってる」
「……ッ!」

パパにクリトリスを触られて、身体がびくんとなってしまう。

「ふぅ、ふぅ、ふーっ……!」
「明菜は元気だね。少し触られただけで、こんなに痙攣して……」

つるつるの子供まんこを指でこすこす触られる。ふわふわに膨らんだ双丘のくぼみをゆっくり撫でられてしまう。割れ目のラインはいやらしく湿っていて、軽く撫でるだけでとろとろと蜜を溢れさすのであるから、小さなロングヘアーの娘が子供なりに感じてしまっていることは、父親にすぐに伝わってしまうのであった。にちにちという音。マシュマロのようなおまんこの感触。父親に興奮が伝染して、さすっていたおちんちんが更に大きくなっていく。キスをする亀頭が熱くなっている。そんなおちんちんの発情が明菜に再び伝わっていく。鏡合わせで増殖する発情。明菜は興奮でますます頬を紅潮させながら、額に汗のつぶを作って、色っぽい喘ぎを漏らしつつ、幼い快感を表してパパを誘うのであった。

明菜はパパのお嫁さん エッチなJS低学年少女がママの代わりに父娘相姦中出しセックス(JS7-8歳/近親相姦)
JS性罰小学校 赤沢茜さんへの容赦の無いレイプにご協力下さい(JS9-10歳/強姦)
落花JSジュニアアイドル(1) 無毛少女禁断絶頂 剥き出しにされたからだ(JS10歳/ジュニアアイドル)
関連記事