ロリ少女官能小説集:【百合・おねロリ】JS百合華おとし(2) (5)

18禁サイトです。18歳未満の方は閲覧出来ません。まずは完全無料作品からどうぞ(10作以上有)。
※この作品はこの巻(第2巻)で完結します。

【基礎情報】
ジャンル:百合・レズ・おねロリ(少女同士、少女とお姉さん、お姉さん同士) ※巻によっては一部の組み合わせのみ収録しています。
全体的な作品傾向:誘惑 インモラル 知らない世界 少女優位
全体的な鬼畜度:中程度(ハードプレイや無理矢理性行為に及ぶシーンもありますが、和姦も少なからずあり、悲壮感は強くありません)
本文文字数(2巻):約55000字 

【属性とプレイ】
ロリ 小学生 友人同士 陥落 レイプ バイブ責め 快楽落ち ディープキス 愛撫 オナニー クンニリングス シックスナイン 授業中のバイブ責め

JS百合華おとし(2) 塗り替えられた愛欲 彼女は少女の性奴隷となった JS百合華おとしシリーズ (YKロリータ文庫)
JS百合華おとし(2) 塗り替えられた愛欲 彼女は少女の性奴隷となった(JS12ほか多数/レズ)
JS百合華おとし(1) 強制ロリレズ快楽 陵辱された新人教師(JS12ほか多数/レズ)

優香は雫の同性愛を手酷く拒否してしまった。それが雫に火をつけることとなった。優香こそが今の南条雫を目覚めさせた張本人であり、そんな少女だからこそ、雫の最初の性奴隷として選ばれることにもなったのである。優香の心が塗り替えられる。こんなに気持ちがいいなら、女の子でも良いと感じるようになる。いや、むしろ、女の子の方が……、どんな女の子よりもすぐそこで笑う雫の方が……。

何で私はあんなに嫌だと思ったんだろう……? ラブレターを貰った時は本当に困って、どうしてしまおうか悩んでいたはずなのに、その時の自分の気持ちがもう理解出来なくなっている。おかしいよ。私も、雫も、おかしく……。でも、おかしくなるだけで、こんなに満ち足りた気分になれるのなら……。おかしくなっても、駄目じゃない……。乱れ狂う思考の渦にあって、結論を出すことが出来ない。

「はーっ、はーっ、はぁ、はぁっ、はぁぁ、ん……!」
「……カワイイ」

優香の頬がぽっと赤くなる。雫に撫でられながら優香は戸惑っている。気持ちよさと世間的な価値観との間で困惑を深めて、これから自分がどうすれば良いのか、全くもって分からなくなってしまった。3度イかされたとはいえ、すぐに雫の奴隷にはなれない。一旦は友達に戻ることにした。その日はそれで解放され、レズレイプはひとまず幕を閉じる。

しかし、撮影した写真で脅され、繰り返しセックスを求められ、期待と不安の中で応じながら百合快楽を与えられているうちに、雫なしではいられなくなって、レズ奴隷になるしかなくなってしまったのである。自分で触ってもイけるけれど、雫としたらおかしくなるぐらい気持ちよくなれる。気持ちよくなれるなら雫の恋人にだってなれる。奴隷にだって……。こうして優香は自発的に自由を放棄し、雫の性欲のはけ口となることを選んだ。今ではもう、好きなときに遊ばれる、雫のペットも同然である。

表向きは同じクラスで学ぶクラスメイトであり、以前と同じ親友であったが、裏では女の子同士で交尾をし、快楽を与え合っているのである。今の優香は奴隷だ。雫の命令さえあれば、おまんこはもちろんのこと、アナルだって足の裏だって舐めることが出来る。命令さえあれば、授業中にオナニーをすることも出来る。そうすることが気持ち良いのだと調教されてしまっていたのだ。

優香の両親は二人とも弁護士であり、祖父母も社会的地位のある人間である。そんな華麗なる一族の末席に加えられたばかりの大切な令嬢が、同級生の性奴隷になっているなんて誰が信じるだろうか。しかしこれが、雫という少女の創りだした「新しい現実」なのである。好きな女の子がいたら、可愛い女性がいたら、何が何でも自分のものにしてみたい。相手が女の子を受け入れられないのであれば、レズレイプを含めたあらゆる手段を用いて、女の子しか愛せないようにして自らの所有物にしてしまう。……そんな悪魔のようなお嬢様も、元をたどれば、失恋に悲しむ一人の少女なのであった。

その後に雫は、屋敷に勤めていた使用人たちを解雇し、自宅を性の楽園にした。娘の変貌を知った両親は、初めこそ狼狽して雫を更生させようとしたが、娘の決意があまりにも固く、雫の言葉の上手さもあって、父母もそのうち完全に諦めてしまう。諦めざるを得なかった。雫はあらゆる言葉と材料を駆使して、両親の黙認を取り付けたのである。

女同士でレズセックスをするだけなら子供が出来てしまうことはない。女同士で好きあっているなら悪い虫が付くこともない。男の気配がないことは清楚なイメージ作りに役立ち、よりよい縁談を成立させることにもつながる。大人になった後に良い男性と結婚して、子供だけでも作れば血脈は絶えない。私を認めてくれないなら、男なんかとは絶対に結婚しない。……雫はそんな言葉で両親を納得させ、自分だけの世界をようやく手に入れたのである。

それから2年足らずで性奴隷のコレクションは増えていった。大人の女性から同級生まで、様々な女性が雫というロリータにかしずいているのである。そのコレクションの一つに、麻衣は加えられようとしていた。大きな大きなFカップのおっぱいは、どの性奴隷も持っていない。この広い日本において、これほどの胸を持つ成人女性はたったの4%しかいないのである。彼氏持ちであるという点も雫の心に火を付けた。何も知らない女性を女の子の色香で染め上げていく。そのような征服行為だけが、雫の心を癒してくれるのである。

JS百合華おとし(2) 塗り替えられた愛欲 彼女は少女の性奴隷となった(JS12ほか多数/レズ)
JS百合華おとし(1) 強制ロリレズ快楽 陵辱された新人教師(JS12ほか多数/レズ)
JSレズ開花 家庭教師お姉さん性の百合授業(JS10歳/18歳/レズ)
関連記事