ロリ少女官能小説集:【百合・おねロリ】JS百合華おとし(2) (4)

18禁サイトです。18歳未満の方は閲覧出来ません。まずは完全無料作品からどうぞ(10作以上有)。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※この作品はこの巻(第2巻)で完結します。

【基礎情報】
ジャンル:百合・レズ・おねロリ(少女同士、少女とお姉さん、お姉さん同士) ※巻によっては一部の組み合わせのみ収録しています。
全体的な作品傾向:誘惑 インモラル 知らない世界 少女優位
全体的な鬼畜度:中程度(ハードプレイや無理矢理性行為に及ぶシーンもありますが、和姦も少なからずあり、悲壮感は強くありません)
本文文字数(2巻):約55000字 

【属性とプレイ】
ロリ 小学生 友人同士 陥落 レイプ バイブ責め 快楽落ち ディープキス 愛撫 オナニー クンニリングス シックスナイン 授業中のバイブ責め

JS百合華おとし(2) 塗り替えられた愛欲 彼女は少女の性奴隷となった JS百合華おとしシリーズ (YKロリータ文庫)
JS百合華おとし(2) 塗り替えられた愛欲 彼女は少女の性奴隷となった(JS12ほか多数/レズ)
JS百合華おとし(1) 強制ロリレズ快楽 陵辱された新人教師(JS12ほか多数/レズ)

「はぁ、はぁ、おっ、怒ってるの……?」
「何が?」
「はーっ、ん、わっ、私が、気持ち悪いなんて言って振ったから、怒っちゃったのっ……? そうだよね……? ねぇ、もう、やめよっ……! 私が悪かったから、謝るからぁ……!」

いつもより弱気な雰囲気に満ちた優香の言葉が、雫には愛おしくてたまらないのである。

「私は怒ったりなんてしてないよ」
「はぁ、はーっ、ぐす、じゃあどうして、どうしてこんな酷いことするの……?」
「優香とエッチなことがしたかったから……、女の子同士で気持ちよくなりたかったから……。ていうか、酷いことだなんてあんまりな言い方だよね。……優香も気持ちよくなってるくせに」
「ひぎッ!」

バイブを奥まで差し込み、快感のあまり降りてきた子宮口を愛をこめて刺激していく。すでにほぐれきったバイブ入り子供まんこをいじめながら、スマートフォンで撮影を続けていった。愛液まみれの壺をぐじゅぐじゅとかき回すいやらしい音と、子供の縦割れおまんこがエロティックに広げられている様子は、ある種の人間にとってまさに極上の光景といえた。もちろん、雫にとってもそれは同じで、バイブ越しに優香を感じる至福の一時に、パンツがぐしょぐしょになるほどの興奮を覚えてしまっているのである。

これが一旦、不特定多数の手に渡れば、一生をかけたとしても、世界から消すことはできなくなるのだろう。それだけ優香は魅力的だった。雫はおまんこを写すレンズを少しずらし、優香の怯える表情も撮影の対象とする。……ただ怯えているのではない。初めての性器快楽による心地よさと、恥ずかしさによる困惑と、撮影されていることへの恐怖がブレンドされた極上品質の被写体である。そんな顔を見ながら雫は残酷にも宣告した。

「それじゃあ、もう一回イってみよっか」
「はーっ、はーっ、もう無理だよぉ」
「全然無理じゃないよ。優香の身体、まだこんなに熱いんだから……。優香はね、私のことが好きになるまでエッチな事をするの。好きになったあともエッチなことをするの。女の子しか愛せない私だけの奴隷にしてあげる」
「ひぃ、ひぃ、どれ、い……!?」

その言葉の意味を問いただす前に、雫による熱烈な責めが始まった。バイブの振動が最大になり、ピストンの速度が徐々に速められ、ぐりぐりとうねるバイブがおまんこの壁を強烈にこする。お互いが高め合う快感の相乗効果によって、優香のおまんこは持ち主の意思とはかかわりなく激しい気持ちよさにとろけていくのであった。おまんこの穴が熱くなる。三度目にして最大の快楽が優香を襲おうとしている。グリーンマイルの道程を一歩一歩強制的に歩かされているような気分だ。その果てには、あってはならない未来があるというのに、優香は進むのをやめることが出来ない。

あってはならない? 本当に? こんなにも気持ちよくなっているのに? 狂ってしまいそうなぐらい幸せなのに? おまんこのビクビクだって本当は楽しいのに? 本当はもっとされたいと思っているのに? おまめもグリグリしてほしいのに? 全身が媚びるようにぴくぴくしているのに? ……火照る身体がそう迫って、優香に降伏を進めている。おしっこをする場所がじんとして、何もかもがわからなくなってくる。気持ち悪いことを、されてるはずなのに――。

「ハァ、ハァ、はぁっ、はぁっ、はぁ……!」

全身はとうにビクビクして、パールが挿入された肛門はひくひくと蠢き、歯を食いしばって、喘いでしまうことをやめようとする。しかし、身体の全ての反応は雫にすでに乗っ取られてしまったらしい。エッチな反応をやめることが出来ない。おまんこでイキたくなくて、自分の生殖器に力を入れてふんばろうとするが、それはすなわち締めるということなのである。バイブが粘膜に強烈にあたって、狂いそうになるほどの気持ちよさが粘膜から下半身に広がっていった。せり上がってくる温かい何かを全身で受け止める。燃えるような快楽がうねりながら神経を駆け上っていき、赤ちゃんのように高く、発情期のように淫らに喘ぎながら、優香は再びオーガズムを最高の気持ちよさで味わってしまうのであった。

「ああぁ、はぁ、ハァ、あぁ、はぁ、はぁっ、はぁっ、あぁ、はっ、あ、あ゛あぁぁぁ……!!」

がくんと弓なりに跳ねる。雫は愉快に笑う。少女の視界が涙に滲んでバチバチと白く輝いていき、同じ数だけシャッターも切られていく。その激しすぎる性快楽とともに、優香の将来は決定してしまった。

嘘だよね、こんなに気持ちがいいだなんて……。拒否感ばかりのレズレイプは、雫の卓越した計算によって、優香の中でも快楽として現れてしまったのである。初めてなのがいけなかった。初めてでこんな激しい快楽を与えられたら、雫のことが頭から離れなくなって性奴隷になっても無理はないのである。

JS百合華おとし(2) 塗り替えられた愛欲 彼女は少女の性奴隷となった(JS12ほか多数/レズ)
JS百合華おとし(1) 強制ロリレズ快楽 陵辱された新人教師(JS12ほか多数/レズ)
JSレズ開花 家庭教師お姉さん性の百合授業(JS10歳/18歳/レズ)
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。