ロリ少女官能小説集:【近親和姦・兄妹】JS元気妹淫乱交尾(2)

18禁サイトです。18歳未満の方は閲覧出来ません。まずは完全無料作品からどうぞ(10作以上有)。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
何事も多面性がある。小学五年生「野崎結衣」もそうだ。半ズボン姿でふとももの覗かせ、公園を元気に走り回り、男子生徒と取っ組み合いの喧嘩をするボーイッシュな女の子に見える。しかしそれだって、ほんの一面にすぎないのだ。……結衣は最近セックスを覚えた。お兄ちゃんに教えてもらった。その気持ち良さを想像すると子供まんこがびしょびしょに濡れてしまう。お兄ちゃんといるときの結衣は、鮮烈なほどに女の子であり、オスとの交尾に夢を抱く小さな一つのメスなのであった。それなのに、自分から求めるのは羞恥心が許さないのである。お兄ちゃんの仕方ないちんちんを1000円で満足させてあげる。やれやれという風に兄の気を引いてみる。お兄ちゃんが抱いてくれるなら1000円なんていらないのに。濃厚近親相姦小説。

JS元気妹淫乱交尾 ショートヘアのエロ美少女が近親相姦中出しセックス! エッチなお兄ちゃんとお風呂場で…… 限定無料配布シリーズ (YKロリータ文庫)
JS元気妹淫乱交尾 ショートヘアのエロ美少女が近親相姦中出しセックス! エッチなお兄ちゃんとお風呂場で……(JS10/ラブラブ近親和姦)

「まだ勝負はついてないだろ!」
「そうだけどさ、外せない用事が出来ちゃって」
「だからってやめはないだろ! もう少しで勝て……」

勝てそうだったのにと言おうとして、それがいかにナンセンスか気づいた。女子より男子の方が運動能力が高いというのは、思春期を前にしたこの時期であっても同じことである。それなのにどうして女子チームがリードしていたかといえば、結衣の運動能力が高く、毎度毎度最後に一人になって、男子にもなかなか捕まえられなかったからである。ジャングルジムから綺麗に跳躍し、顔色一つ変えずに着地する芸当は、5年生の男女の誰にも真似ができない。まんまと逃げられた。このまま続けても、前の戦いのように逃げ切られてしまうだろう。そんな状況であるから、結衣の言葉には女子たちもブーイングを始めたのであった。

「せっかく勝てそうなのにー」
「もうちょっとやろうよ。男子をやっつけよう?」
「んー、でも、ちょっとね……。すぐに家に帰らなくちゃいけないんだ」
「……そんなぁ。もったいないなぁ」
「ねえ、用事って何なの?」

その質問に対してしばらく間があく。男子も女子もこの場のヒロインたる結衣の言動に注目している。しかし結衣は困ったように笑って、公園の入口に駆け出しながら言ったのであった。

「ごめん、ノーコメント!」
「えーっ!」

子供たちは騒ぎ出す。勝ち戦であったものだから、不平の声は女子から多く聞かれることとなった。しかし結衣は曲がらない。不平の声を笑ってごまかしながら、ほどよく引き締まった右手をぶんぶんと左右に振って、半ば強制的に別れを告げ、公園の入口へと走り続ける。

「やっぱ、押し付けるのは良くないよ。男女協力してやろうよ。掃除当番なんてなんだっていいじゃない。だからごめん! 今日の勝負は引き分けってことで……、男子もいいよね!」

負けん気の強い少年は、まだまだ戦えらあとでも言いたげな顔で結衣を見つめていたが、このまま戦っても掃除当番を押し付けられるだけであろうことは、今の跳躍でよりはっきりとしてしまっていたのであった。……三十六計逃げるに如かずと、中国の武将も論じていたではないか。

そんなことを考えていたかどうかはともかくとして、全速力で立ち去る結衣を止められる人間がいないというのは、どうしようもない現実である。女の子でありながら足が一番速いのだ。誰も追いつけないなら、無理に引き止めることも出来ない。そうして9人でぽかんと見送っている内に、結衣は公園の外へと消えていってしまったのであった。

結衣は笑みがこぼれそうな顔で住宅街を疾走しつつ、頬を乙女らしく染めて、一人内心で思うのである。

言えない。

絶対に言えない。

お兄ちゃんとエッチするから鬼ごっこをしてる場合じゃないだなんて、天地がひっくり返っても言うことが出来ない。駿河問いにかけられてもきっと口は割らないだろう。そんなことを言えば大事なお兄ちゃんがロリコンで逮捕されるであろうことを、5年生の少女はすでに理解していた。秘め事である理由も、秘め事でなければならない理由も、結衣は熟知していたのである。一口に小学生と言っても、低学年と高学年では体も心も異なっていた。

「はぁ、はぁ……!」

息を切らせても走るのをやめない。息が切れたぐらいでは走ることをやめられない。お兄ちゃんが待っているのだ。お兄ちゃんが家にいるのだ。今日は土曜日、休日であるが、結衣の父親と母親は夫婦水入らずでデートに出かけてしまった。つまりこのまま家に帰れば、お兄ちゃんと結衣の二人きりになれるのである。結衣の兄には竜也という名前があった。「野崎竜也」だ。「たつや」ではなく「りゅうや」である。結衣の兄らしく体格の良いスポーツマンであり、ペニスもかなり大きくて、そして、そして、結衣の初めての人なのである。誘われるがままに交尾をして、そのままエッチの虜になった。

結衣は小学5年生にしてセックスを知ってしまった。今どきの5年生であれば、性教育をまたずとも自主的に赤ちゃんの作り方を知るほど勉強熱心であろうし、インターネットという広大な教科書も使えるので、わからないはずはないのである。しかし、セックスの始めから終わりまでを初潮も経ずに修了してしまうような少女は、通う小学校の中でも、結衣ただ一人だけのはずである。あの場で鬼ごっこをしていた結衣を除く9人も、きっと皆、密かに性を探求しようとしているのだろうが、実践となれば結衣をおいて他にはいないに違いない。

そうして結衣は、そのことに罪悪感を覚えるどころか、新しい快楽にはまりこんでしまって、機会があればお兄ちゃんとの近親相姦セックスをしているのである。見かけによらず性欲が強い少女であった。許されるのであれば、スケジュール帳を全てお兄ちゃんで埋めたいぐらいに交尾をすることが大好きなのだ。

JS元気妹淫乱交尾 ショートヘアのエロ美少女が近親相姦中出しセックス! エッチなお兄ちゃんとお風呂場で……(JS10/ラブラブ近親和姦)
ロリータ妊娠風俗 ねずみ少女の大家族子供娼館(5歳/9歳/売春)
山奥の売春孤児院 JS少女とおじさんの受精セックス結婚式(JS11歳/妊娠)
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。