ロリ少女官能小説集:【近親和姦・兄妹】JS元気妹淫乱交尾(1)

18禁サイトです。18歳未満の方は閲覧出来ません。まずは完全無料作品からどうぞ(10作以上有)。
何事も多面性がある。小学五年生「野崎結衣」もそうだ。半ズボン姿でふとももの覗かせ、公園を元気に走り回り、男子生徒と取っ組み合いの喧嘩をするボーイッシュな女の子に見える。しかしそれだって、ほんの一面にすぎないのだ。……結衣は最近セックスを覚えた。お兄ちゃんに教えてもらった。その気持ち良さを想像すると子供まんこがびしょびしょに濡れてしまう。お兄ちゃんといるときの結衣は、鮮烈なほどに女の子であり、オスとの交尾に夢を抱く小さな一つのメスなのであった。それなのに、自分から求めるのは羞恥心が許さないのである。お兄ちゃんの仕方ないちんちんを1000円で満足させてあげる。やれやれという風に兄の気を引いてみる。お兄ちゃんが抱いてくれるなら1000円なんていらないのに。濃厚近親相姦小説。

JS元気妹淫乱交尾 ショートヘアのエロ美少女が近親相姦中出しセックス! エッチなお兄ちゃんとお風呂場で…… 限定無料配布シリーズ (YKロリータ文庫)
JS元気妹淫乱交尾 ショートヘアのエロ美少女が近親相姦中出しセックス! エッチなお兄ちゃんとお風呂場で……(JS10/ラブラブ近親和姦)

【1:ショートヘアの少女は兄妹セックスにドはまりしていた】
土曜日の午後4時、夏の日差しも正午の激しさを失い、太陽が傾くとともに地表が熱を失い始める時間だ。そんな夕暮れも間近の時刻、すらりと引き締まったスレンダーなショートヘアの美少女が、小麦色に焼けた足でジャングルジムの最上部に器用に立って、ポケットからスマートフォンを取り出したのであった。風が来る。少女の汗が香りながら散り、気化熱を奪って立ち去っていった。汗に濡れた黄色いシャツと、ふとももの半ばで切ったようなベージュ色のズボンが、さらさらと危うく揺らめいている。ジャングルジムを登る男子生徒たちも、乱れるシャツの裾や、半ズボンの口から見える少女の素肌に目を奪われずにはいられなかった。小麦色の肌の向こうに、白みがかった焼けていない部分が覗く。雪のように白い。小学五年生の剥け始めた色香である。

しかし少年たちは、そんな気持ちをおくびにも出さない。素肌に抱いた感動は心のなかにしまっておく。そうして、野性味むき出しの乱暴な口調で、頂点の美少女に言い放つのであった。

「馬鹿な奴だな。こんな所に逃げやがって、これで同点だぞ!」
「動くなよオトコオンナ!」

ジャングルジムの四方から登る坊主や短髪の少年たちは、5人そろって少女を見上げ、微細な動作に気を払いながら、一段一段の上に登るのであった。逃げられないように、逃げられないように、少しづつ追い詰めていく。側にある大木の影で休む、ロングヘアーや三つ編みなどの個性豊かな女児たちは、ジャングルジムのてっぺんを心配そうに見上げながら、唯一の希望に声援を送るのであった。

「結衣ちゃーん、逃げてー!」
「ここで負けたら同点になっちゃうよー!」
「スマホなんて見てる場合じゃないって! 男子たちが来てるんだよ!」

しかし肝心のショートヘア美少女「野崎結衣」は、スマホに視線をやったまま、画面をひたすら操作している。

「……ぁ」

顔がほんのりと赤く染まり、何かを懸命に目で追っているのであった。他の子供たちとはまるで別世界にいるように飄々としている。緊迫感に満ちた友達のことなど意識のどこにも入らない。男子なんて眼中にも入らない。ただただ画面を見つめて、大きな瞳をきらきらとさせているのである。

風がもう一陣吹いた。スマートフォンの刺激によりにじんだ結衣の興奮の汗は、先ほどと同じように突風にさらわれる。フェロモン漂う少女の汗は、そうして桃色の官能を纏いながら、虚空に消えていくのであった。別の子供たちがジャングルジムの側を走りぬけ、ある者はブランコをこぎ、ある者は砂場で遊び、夏の突風が吹きつけられるたびに公園を囲う木々がざわめいていく。そして差し込む厳しい日差し。10人の少年少女とそびえ立つジャングルジム、それを取り巻く諸々の状況が、この公園の全てであった。

……結局、この子供たちが何をしているのかといえば、単純明快、鬼ごっこをしているのである。しかしこれは、ただの鬼ごっこではない。男女5人づつのチームに分かれて、10分おきに攻守交代をする。逃げる側が逃げ切れば1点、追う側が全員を捕まえても1点、そうして3点を集めきったらそのチームの勝ちとなるのであった。では、そんな遊びに、何故こうも真剣になっているのか。賞品があるからである。負けた側のチームは、勝った側のチームのぶん、月曜日の学校の掃除を負担させられることとなっていた。下らないといえばそれまでだが、掃除を押し付けられるのは屈辱的である。自らの尊厳のために子供たちは戦っていたのだ。

女子チームが2点、男子チームが1点。結衣が逃げ切れば女子の勝利、結衣が捕まれば男子は同点に迫る。そして男子は、唯一の生き残りである結衣をすでに囲んでしまっているのであった。四面楚歌ほどの緊迫した情勢……、だが、ジャングルジムの頂点にいる結衣は、そんなことはどうでもいいといった雰囲気である。そうしてようやくスマホを半ズボンのポケットに押し込み、四方向から登ってくる男子を見回して、地上の現在の世界にようやく戻ってくるのであった。男子のうちで一番せっかちなものは、結衣の肌まで1メートルの距離に迫っている。もう数呼吸で捕まってしまう状況だと結衣はようやく知ったのであった。

「もう逃げらんねえぞ!」

その言葉が終わり、瞬き一つの後に行われた結衣の判断は、他の女の子とは比べ物にならないほど早い。素早い。男の子たちも反応さえ出来ない。算数のテストは22点だったのに、こういう野生的な瞬間においては、電子計算機に負けないぐらい素早く答えを導き出せるのであった。突破口は四面の一辺にある。太った少年が、ジャングルジムを登るのに手間取っているのを目測すると、すぐさま状況を総合し、逃れるための最適判断を下した。そちらの方向へと足を踏み外すこともなく器用に駆け、ジャングルジムの上で助走をつけて、思い切り幅跳びをして空中に飛び出たのであった。そこからなら逃げきれると踏んだのである。事実、全く邪魔が入らず、苦労もなく、結衣はジャングルジムという檻から解放されたのであった。

「わっ!」
「すごいすごい!」

大木のそばの女子が歓声を上げ、男子生徒は舌打ちをする。追い詰めた獲物に逃げられてしまった気持ちになった。少女の小さな体が放物線を描くように飛んでいる。鮮やかな青空と、影に満ちたボーイッシュ少女の姿。美しい肉体美があった。ショートヘアがなびいて耳が出て、玉の汗が空中で振り落とされる。結衣はそうして空中で着陸の姿勢を整え、茶色の土の地面を思い切り踏むのであった。足の裏がしびれる。てっぺんからの重力加速度と、少女の育ちつつある体の重さが、細く引き締まった足にそれなりの負担をかけた。しかし、立てなくなることもなければ、怪我をする様子もなく、普通に歩いて二歩三歩、そうしてなぜか降参するように両手を上げてジャングルジムに振り返るのであった。

「やめにしよう! やめやめ! 私すぐに帰らなきゃだから!」
「はぁっ!?」

ジャングルジムの頂上付近で、少女の跳躍に見惚れていた坊主頭の少年が、素頓狂な声を上げて抗議の言葉を述べ始める。

JS元気妹淫乱交尾 ショートヘアのエロ美少女が近親相姦中出しセックス! エッチなお兄ちゃんとお風呂場で……(JS10/ラブラブ近親和姦)
ロリータ妊娠風俗 ねずみ少女の大家族子供娼館(5歳/9歳/売春)
山奥の売春孤児院 JS少女とおじさんの受精セックス結婚式(JS11歳/妊娠)
関連記事