ロリ少女官能小説集:妹援交(JK-JC/女子高生-中学生16歳)(1)

18禁サイトです。18歳未満の方は閲覧出来ません。まずは完全無料作品からどうぞ(10作以上有)。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
女子高生のエロ妹とやりまくる話です。中学生要素もあり。短い中で何度交尾してるんだよってツッコミを入れたくなるぐらい徹頭徹尾エロシーンまみれです。

小説のイメージ【女子高生 JK 女子中学生 JC 和姦 セックス アナルセックス 近親相姦 援助交際 むちむち 金髪 ツインテール】

-----------------------
僕は妹と援助交際をしている。けど、援助交際って言っても、何万円もあげて中高生と楽しんでるサラリーマンのイメージとは少しだけ違う。もっと日常的なんだ。学校の宿題を見てあげるかわりに、胸を触らせて貰うとか。お菓子をおごってやるかわりに、尻を触らせて貰うとか。服を買ってやるかわりに、股間を見せてくれるとか……。妹のお願いには、いつも性的なお礼がついてくる。援助交際が始まったのは、妹が中学生のころだ。そして、高校一年生になった今年の冬、今のこの瞬間も続いている。妹はあっけらかんと笑って言っていた。「これってエンコーみたいだよね」と。家庭内援助交際。それが僕たちの関係だった。

妹の亜美は、なかなか可愛い方だと思う。髪を金色に染めて、目元をぱっちりと際立たせるような派手な化粧をしているから、他人から見れば少し遊んでいる風に見えるかもしれない。僕はそういうタイプの女の子とあまり接してこなかった。亜美とも、妹で無ければこんなことは出来なかったかもしれない。髪型はツインテール。胸はCカップでそこそこだが、お尻が大きくふともももむっちりとしていて、兄の目から見てもなかなかそそる体をしていた。パンツが見えそう(というか、姿勢によっては見えてしまう)小さなミニスカートは男の欲情を誘うし、黒色の扇情的な下着は見ているだけで勃起が止まらなくなる。

そんな派手な格好で男たちを誘惑しておきながら、亜美にはまだ彼氏がいなかった。理由は知らないが、理想が高くてえり好みをしているとか、多分そんなところだろう。亜美は可愛いし積極的なタイプだから、恋愛相手を作ろうと思えばすぐに作れるわけだ。彼氏がいない理由と言えば、理想の高さぐらい思いつかなかいわけだ。奥手だとか、性に潔癖だとか、そういう定番フレーズは亜美とは無関係だ。だって、兄である僕なんかと、しょっちゅうセックスしてるんだから……。

「お兄、お兄」

その亜美が、突然部屋のドアを開けて僕の部屋に入ってくる。

「なんだよ、ノックぐらいしろって」
「いいじゃん、うっさいなー」

そしてバッグからノートや教科書を取り出して、僕に見せてくる。

「宿題やって。大学生のお兄なら楽勝でしょ。今日の宿題、ちょっとむり目なんだよね」
「むり目って、お前いっつもそれ言ってるじゃんか」
「だってさー」

亜美は本棚やらベッドやらで手狭になった部屋の中を、慣れた様子で歩きながらこちらに近づいてくる。くすくすと笑いながら、僕の首に抱きついてきた。ブラジャーと服越しに胸の柔らかさが感じられる。二つの脂肪の塊が、背中の上に押しつけられていた。さらにむちむちとした色白の足を僕の足にからめてくる。そして口紅をひいた赤い口元が、僕の耳元で甘えるようにささやくのである。

「私、お兄よりバカだもん。ね……、可愛い妹がサボりの罰で怒られても良いの?」
「良くないけどさ……僕にやらせてたら、もっとバカになるだろ」
「ひどい」
「冗談だって」
「いいじゃん。お兄だってしたいんでしょ? 宿題やってくれたらさ、いいんだよ、しても」

亜美はなんの恥じらいもなく、僕のデニムズボンの股間をなで回し、ファスナーを下ろして、パンツごしにぐにぐにと揉んでくる。急所を掴まれた格好だ。亜美が僕と関係を持って、もう3年になる。弱点はだいたい把握されてしまっている。亜美はネイルアートの施された指で、陰茎の裏筋を圧迫するように摩り続ける。僕の仮性包茎のペニスは、悔しいほどに、亜美の手の中で簡単に大きくなっていく。ツボを知り尽くしたマッサージ師のように、亜美は僕のペニスの弱点を集中攻撃していた。

「今日はおまんこでする?」
「おい、勝手に話を進めるな……」
「でもお兄、ここまで来ちゃったら止められないでしょ。分かってるんだよ」
「いや、止められる……」
「ふーん。どーだか」

亜美は僕のパンツとズボンを同時に下ろし、半勃起状態のペニスをぎゅっと掴む。両手で作られたハンドオナホールが、僕のペニスをしごく。すぐに鋼鉄のような堅さになるが、ギンギンになったところで亜美は手コキを止めてしまう。

「ここまできておいて、1人さみしくオナニーするの?」
「それでいいさ。大体な、宿題を全部兄貴に押しつけるなんて、学校に行ってる意味が……痛っ!?」

亜美は僕の玉を握りしめる。

「痛い痛い痛い!」
「お兄、分かってる? 私は今、お兄の大事な所を握ってるんだよ? 逆らったら……」
「逆らったらどうするって……い、痛い! それは痛い! やめろ、やめろ!」
「宿題やって」
「痛い痛い、放せ、はなさないと……って、いって、わ、分かった、分かったから、もういいだろ?」

それを聞いた亜美は、にっこりとした笑顔になって、また優しく陰茎をさすってくれる。半ムケ状態の仮性亀頭にキスまでして、愛おしく頬ずりまでする。指の腹で優しく、玉を良い子良い子と撫でる。

「分かればいいのっ。ねー、痛かったねおちんちん君。お兄が意地悪するからこんなことになるんだよ」
「意地悪したつもりはないが……。でも、全部やるっていうのは無しだ」
「えっ、何でよ」
「お前のためにならないって言ってるだろ。手伝ってやるから、一緒にやろう。それならいいだろ」
「む……」

亜美は少し不満げな顔をして、僕をじっと睨んだ。

「じゃあおまんこは無しだよ。全部やってくれないんだったらエッチはダメ」
「わ、分かった……」
「無理しなくて良いのに。あのね、宿題してあげるだけでエッチさせてくれる妹なんて他に居ないよ? 天使だよ? 出血大サービスなんだよ?」
「無理なんてしてないって……、第一、兄妹だろ? セックスするなんてやっぱり良くない」
「えっ、なに今更。私達、もう何度もヤってるじゃん」
「今まではそうだったけどさ。お前だって、いつまでもこんなことする気じゃないんだろ。そうだな、彼氏とか出来たら……」
「……説教くさ。なんでそんなこと言うの、……ムード出ないじゃん」

亜美は勃起したペニスを解放すると、僕に背を向けて直立する。そして長い屈伸を一度して、また僕に振り返った。真っ黒いうるうるとした瞳が可愛らしい。無表情のようで、少しだけ頬を染めている。

「さてと、……何して欲しい。セックス以外」
「見抜きならいいか?」
「いいよ」

ミニスカートをふちをつまみ、ひらひらと動かす。そして、僕の劣情をじらすように、少しづつ上げて戻して、上げて戻して、……あんなことを言っておきながら、僕の視線は亜美の尻に釘付けになっていた。白いふとももが、白い尻が、僕の目の前を泳いでいる。右に左に、亜美の尻が揺れる。僕のペニスが堅くなって、亜美は小悪魔的な笑みを浮かべながらスカートを上げて、パンツの食い込んだ大きな尻を見せつけてくれた。

妹援交(JK-JC/女子高生-中学生16歳)(2)へ進む

子供企画2 JSサッカー少女レイプビデオ撮影(JS11歳)
自画撮りJCと売春JS 背徳のネット露出(JS11歳/JC12歳)


関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。