ロリ少女官能小説集:落花JSジュニアアイドル(2) 中出し乱交撮影旅行 売り渡されたはじめて(2)

18禁サイトです。18歳未満の方は閲覧出来ません。まずは完全無料作品からどうぞ(10作以上有)。
この書籍は落花JSジュニアアイドルシリーズの第2巻です。冒頭部分をサンプルとして掲載しますが、前巻の展開のネタバレになる可能性もあるのでご注意下さい。(ネタバレが致命的な話ではありませんが……)

落花JSジュニアアイドル(2) 中出し乱交撮影旅行 売り渡されたはじめて 落花JSジュニアアイドルシリーズ (YKロリータ文庫)
落花JSジュニアアイドル(2) 中出し乱交撮影旅行 売り渡されたはじめて(JS10歳/ジュニアアイドル)
(2巻)撮影が過激になるとともに、知名度が上がっていく。そうして子供の耳にも届き、クラスの中でも噂になってしまうのであった。友達とも上手く話せなくなり、夢と恥辱の葛藤にさらに苦しめられる。しかし、そんな美穂にも、大きなチャンスが巡ってくるのであった。業界の偉い人たちが、未来ある美穂のため撮影旅行に同行することになったのである。喜ぶ母親、美穂も嬉しい。彼らに認められれば夢が叶うかもしれないのだ。しかし彼らは、代償として、美穂にそれなりの「接待」を求めていたのである。痴漢のようなボディタッチ。スカートをめくられキスもされる。求められているものを悟った美穂は、夜の宴会場で浴衣を脱ぎ、無毛の性器を晒して男たちの欲望を受け入れるのであった。華々しい夢のために、少女は自ら処女を捧げる。第2巻文字数約65000字。(鬼畜度:中 陵辱描写があります)
----------------

撮影現場を統括する、プロダクション・アムール部門長の松田可奈子は、スタッフの様子を確認した後、手を叩いて注目を集め、はっきりとした口調で言うのであった。

「みんな、そろそろ良いわね。撮影始めるわよ」

そうしていつも通り、美穂のジュニアアイドルビデオの撮影が始まったのであった。

先日撮影された美穂のくすぐりものビデオは、その前の水着ものを超えるヒット作となり、美穂の売上記録をさらに更新したのであった。美穂自体の可愛らしさに、カメラアングルのいやらしさが加味され、純粋に質が高かったことが売上に繋がったようである。前作からのリピーターたちも、販売数の増加に貢献していた。

くすぐりの後に撮影された電マ強制絶頂の様子は、表の製品版ではカットされている。社長の友人であり、美穂の大ファンである神田一郎に売り渡され、それと引き換えに、会社は多額の出資を受けたのであった。多数の赤字部門からくる債務の存在に苦しんでいた会社は、その出資により息を吹き返し、健全な活動を取り戻しつつある。資金繰りの悪化から、銀行からの融資も厳しくなっていたので、神田の出資は渡りに船であった。

そして神田は、出資の見返りとして会社の株式を取得し、経営に口を出せる立場も手に入れたのである。もっとも、この会社の経営に参加したいというよりは、プロダクション・アムールをより自分の願望に近い組織にしたいという色彩が強かった。今のところ、無茶な要望は来ていないが、上から課せられた売上目標もあって、美穂のビデオはどうしても過激にならざるを得ないようである。ビデオの過激さは、利益のためにも必要なことであった。

体力を取り戻したものの、会社はいまだに赤字を脱していない。少しでも多くの利益が、健全な経営に求められているのであった。そのために、美穂のビデオがどんどん不健全になっているのは、なんとも皮肉な話である。

「いくよー、くすぐっちゃうよー」
「ほらぁ、こしょこしょこしょ」
「く、くふ、くふふ……!」

女性スタッフたちは、いやらしい意図はありませんと声高に主張するかのように、楽しげに微笑みながら、美穂の体に触っていくのであった。細身の身体に手が群がっていく。胸のあたりをくすぐり、お腹まわりをくすぐり、ふとももや足を触って、足の裏までも淡く刺激してしまう。片足を上げさせ、土踏まずを柔らかに撫でた。不満気だった作り笑顔が、くすぐったさのあまり本当の笑顔になり、気持ちとは裏腹に、先日のように大笑いしてしまうのであった。

道具を使ったくすぐりではなく、手を使ったくすぐりになった。腋の下、足裏といったフェティッシュな部分も、愛撫でもするかのように、丁寧にくすぐられていく。そういう趣味がある人なら、きっと興奮して食い入るように見るのだろう。平均的な人が興奮しない部分にも、興奮してしまう人はいるのであった。胸やおしりも時折触られる。表に流すビデオなので、そこまで露骨なことは出来ないが、先日の撮影よりも一段過激になっているのは、誰の目にも明らからであった。

美穂が笑っているために、表面上はなごやかに撮影が終わった。本当は悩んでいるのに、その悩みが外に出てこなかった。楽しげに笑う美穂を見ながら、身体のエッチさも味わえる……。上等なビデオに仕上げられる素材だ。そうして撮影は大過なく終わり、「おかしなこと」をされることもなく、縛られた両手も解放されるのであった。

「お疲れ様。美穂ちゃん、今日も可愛かったよ」
「……ありがと」

美穂はそうつぶやくが、恥ずかしさのあまり顔を伏せてしまう。今回のビデオも、合法ながら、恥ずかしいものに違いないのだ。そういう物が広がってしまうことへの不安感……。それに加え、みんなの前でイってしまったショックが、まだ抜けきっていないという事情もあった。

美穂の態度は事件の直後よりもだいぶ柔らかくなっているが、元の関係に戻るためには、もう少しだけ時間が必要らしい。あの部分のビデオは、本当に消してくれたんだろうか。編集後のビデオを見て、製品版のブルーレイには絶頂シーンが入っていないことを確認していた。でも、どこかにデータが残っていて、何かの拍子で流出してしまったら? パソコンにウイルスが入って、動画のデータがバラまかれてしまったら? ……そういう心配が、美穂の心からどうしても抜けないのである。

落花JSジュニアアイドル(2) 中出し乱交撮影旅行 売り渡されたはじめて(JS10歳/ジュニアアイドル)
落花JSジュニアアイドル(1) 無毛少女禁断絶頂 剥き出しにされたからだ(JS10歳/ジュニアアイドル)
子供企画4 JSネット声優脅迫レイプ撮影(JS10歳/撮影)
関連記事