ロリ少女官能小説集:落花JSジュニアアイドル(1) 無毛少女禁断絶頂 剥き出しにされたからだ(2)

18禁サイトです。18歳未満の方は閲覧出来ません。まずは完全無料作品からどうぞ(10作以上有)。
落花JSジュニアアイドルシリーズの第1巻です。全3巻で完結する予定です。

【あらすじ】
(1巻)生まれた時からずっと芸能界を目指してきた。「倉森美穂」は小学5年生の美少女ジュニアアイドルである。母親の夢を受け継ぎ、8歳の時ジュニアアイドル事務所に採用された。そして始まる過激な撮影。露骨なアングル、際どい衣装、尻のふくらみが強調される。何も知らずに撮影を楽しんでいた美穂も、初潮が来る頃にはビデオの意味に気づき、夢と羞恥の板挟みに思い悩み始めるのであった。利益追求のため過激化する撮影。違法スレスレの企画が知らない間に通されていく。くすぐりと称して這いまわる指先が、少女の秘めたる性を強引に引きずり出していった。股間にマッサージ器を当てられた美穂は、おまんこを襲う激しい刺激にいよいよ耐えられなくなり……。第1巻文字数約55000字。(鬼畜度:中 盗撮したり、無理矢理絶頂させたりするシーンがあります)

落花JSジュニアアイドル(1) 無毛少女禁断絶頂 剥き出しにされたからだ 落花JSジュニアアイドルシリーズ (YKロリータ文庫)
落花JSジュニアアイドル(1) 無毛少女禁断絶頂 剥き出しにされたからだ(JS10歳/ジュニアアイドル)
--------------------

美穂はそうして、がっかりしたかのように、視線を下に落とすのであった。美穂が着せられている白のビキニは、胸も包んであるし、股間もちゃんと隠している。後ろがTバックのようになっているわけでもない。しかしそれでも、学校で着ている水着に比べればはるかに露出度が高かったし、そういう物を着るのは、年頃の女子として抵抗があるのであった。小学5年生はすでに知っているのだ。少女の水着を見て、興奮してしまう男の人もいるのだということを。初潮を過ぎた5年生というのは、もはやそういう年齢なのである。

亜由美はズボンを履いた腰に手を当て、苦笑しながらため息をついた。この子は8歳でデビューをし、今ではもう10歳になる。ずいぶん恥じらいを持ち、異性の視線を気にするようになったものだ。本当に可愛い。亜由美の心に、ゾクゾクと、いけないものがこみ上げてくる。

「しょうがない。そう言うと思って、部長さんと相談してたんだ」

そう言って、手元の藍色のバッグを漁る。そこから出てきたのは、桃色の生地に花が咲く、子供らしく可愛いワンピース型のアウターであった。これ単体でも可愛らしいが、水着の上に身に付ければ、肌の露出を抑えてくれるという効果もある。水に濡れても問題のない品だ。美穂はそれを受け取り、きょとんとして見上げた。

「着ててもいいの?」
「もちろん。うちは子役さん第一だから」
「……ありがとう」

美穂はそう言って純粋な笑顔を浮かべ、白いビキニの上に桃色のワンピースを身につけるのであった。美穂たちがいる反対側では、カメラや小道具が並び、撮影の準備がちゃくちゃくと進んでいるのであった。そこから、小柄な女性が走ってきて、二人に大声で告げる。

「撮影はじめまーす!」
「ほら美穂ちゃん、撮影だって。……ワンピース、大丈夫?」
「うん、大丈夫。これなら恥ずかしくないし……」
「良かった。じゃあ行こうか」

そうして手をつないで、スタッフたちの集まる場所へと、早足気味に歩いて行くのであった。撮影機材の側では、50手前の茶髪天然パーマの女性が、赤縁眼鏡の奥に柔和な笑みを浮かべ、二人に向かって手を振っている。プロダクション・アムールの部門長、松田可奈子である。子役の撮影を一手に統括するやり手の女性であり、部下たちには、略して部長と呼ばれているのであった。撮影の指揮は彼女の仕事である。美穂は部長に挨拶をし、部長は母親のように温かく美穂をはげますのであった。

「あなた、今日は特に可愛いわね。水着もとっても似合ってるわ。お母さんのためにも、笑顔で頑張ってね」

美穂は部長に対し、良く分からないけれど偉い人なんだという印象を持っていた。わずかに緊張しつつも、なんとか微笑んで答える。アイドルは笑顔が命なのだ。

「は、はい、頑張りますっ!」

それからの撮影はスムーズに進んだ。ワンピース型のアウターを身につけたことにより、羞恥心による抵抗感がなくなり、表情はいくぶん自然になった。カメラからの指示も素直に聞いてくれている。亜由美やその他のスタッフに、うまい具合に乗せられて、美穂はだんだんと撮影に夢中になっていった。カメラの視線を浴びるのは楽しい。表情はさらに柔らかくなり、自然のままの美穂になる。その笑顔は、小学校の休み時間でふと漏らす、作りものではない笑顔と全く変わらなかった。

白い太陽が、そんな少女を讃えている。太陽もロリコンなのだろうか。最後の方は、撮影役の女性も、ローアングルでかなり攻めていたのだが、夢中になった美穂は、その角度に抵抗感を感じることがなかった。最後にプールサイドに寝そべり、可愛らしい顔からワンピースに守られたお尻、細くも肉づいたふくらはぎを写した後、引きの視点に至って、美穂は手を振って視聴者に別れを告げるのであった。

「はいオッケー。みんな、お疲れ様」

部長が椅子から立ち上がり、そうして撮影は終わる。美穂は撮影のほどよい緊張から開放され、さらに自然な笑みをスタッフたちに振りまくのであった。そんな美穂の周りに、亜由美を含めた若い女性スタッフが4人ほどやってきて、美穂の苦労を労ってやる。

「ご苦労さま。今日の美穂ちゃん、すっごく良かったよ! とっても綺麗で、感激しちゃった」
「えへへ、そう? 大げさじゃない?」

小柄な女性スタッフは首を振って否定した。

「ううん、ぜんっぜん。美穂ちゃん美人だもの。テレビに出てる子にも、全然負けてないと思うけどなぁ」
「今回のビデオで、美穂ちゃんのファンがぐんと増えると思うよ。もっともっと、今よりもーっとね」
「増えるかな? ファンの人たちに飽きられたりとか、しないのかな?」
「そんなこと心配しなくていいよー! 夢までもうすぐ、次も頑張ろうね!」

夢。夢はアイドル。生まれた時から、芸能界での活躍を夢見てきたのだ。ファンが増えると思うと、どうしても嬉しくなる。褒められすぎて照れくさくなり、頬を赤らめもじもじとする。ちやほやされて悪い気はしなかった。

落花JSジュニアアイドル(1) 無毛少女禁断絶頂 剥き出しにされたからだ(JS10歳/ジュニアアイドル)
子供企画4 JSネット声優脅迫レイプ撮影(JS10歳/撮影)
子供企画2 JSサッカー少女レイプビデオ撮影(JS11歳)
関連記事