ロリ少女官能小説集:子供企画5 JE美少女性奴隷輪姦レイプ撮影(3)

18禁サイトです。18歳未満の方は閲覧出来ません。まずは完全無料作品からどうぞ(10作以上有)。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いつもは冷たいお母さんが、今日は何故か優しかった。晴れ渡った休日。5歳の幼稚園児「麦田由佳」は、お母さんと二人きりでお外に出かけ、……幼女アダルトビデオ専門会社の「子供企画」に預けられたのであった。エッチなことは何も知らない。オナニーもセックスも分からない。そんな幼女が手を引かれ、AVに出演させられるのである。エッチなビデオで性教育。ささやかに反応した園児のおまんこに、激しく振動するローターを当てる。未知の感覚に怯え始める由佳であったが、陵辱はもう止められない。そうして広げられた小さすぎるおまんこに、男優たちの肉棒が突き立てられ続けた。10回以上の射精、激しい輪姦交尾、由佳はとうとう追い詰められ、激しさのあまり壊れ始めていく。文字数約52000字。(鬼畜度:高 強姦描写があります)

子供企画5 JE美少女性奴隷輪姦レイプ撮影を発売しました。母親に売られた幼女が、ローターでイかされたり、男の人に輪姦されたりしちゃう話です。他の子供企画シリーズ同様、かなり鬼畜寄りな作品となっていますので、和姦専の方はご注意下さい。

久しぶりの園児もの。どうかな……。

子供企画5 JE美少女性奴隷輪姦レイプ撮影 子供企画シリーズ (YKロリータ文庫)
子供企画5 JE美少女性奴隷輪姦レイプ撮影(JE5歳/輪姦)
-------------------------

「あら、どうしたの? つまんなくなっちゃった?」
「……あんまり、おもしろくないの」

幼児のそんな移り気さに、栗山はもどかしさを感じるのであった。やはり、このぐらいの子は一筋縄じゃいかない。オーガズムひとつとっても、それなりの苦労が伴うのだ。栗山は由佳の隣りに座ったまま、カメラを構えている監督にちらちらとアイコンタクトを送る。監督は静かにうなずいて、状況の進展を指示するのであった。栗山は出来る限り明るい声で由佳に話しかけ、テレビの中の出来事に関心を向けさせようとする。

「ほら、由佳ちゃん、ちゃんと見て。おまたの中ってあんなになってるんだね」
「おまた?」
「お姉ちゃんのお股が写ってるでしょ。お花みたいで綺麗だね」

その一言で途端に関心が戻ってきた。お花というメルヘンチックな響きが幼女の心に響いたのかもしれない。

「ゆかのおまたも、あんなふうにピンクいろなの?」
「きっとそうだよ。女の子の中身は、綺麗なピンク色なの。特に、由佳ちゃんみたいな、小さい子供の中はね……。後で確認してみようね。お写真も撮ってあげるから」
「うん……」

栗山はその話を枕に、由佳との会話を進めていく。

「おまたって不思議だね。……ほら、ようく見て。あのお姉ちゃん、おまたの穴がびしょびしょだよ」
「……びしょびしょ? どこ?」
「ほら、上の穴のところ、見てごらん?」

由佳は栗山に促されて、おまんこのアップになった画面をじっと見るのであった。太い指が皮越しにクリトリスをこすり、穴の周辺をくすぐるように刺激している。そのたびにメス穴がひくひくと痙攣し、おはじき程度の小さな膣穴がとろとろと幼蜜をこぼすのであった。

「ほんとだ、びしょびしょになってる!」
「大洪水だねー」

新しい発見をした由佳は、目をぴかぴかに輝かせて、栗山に発見を報告する。

「おもらししてるの? おねーちゃんなのに……。ゆかはね、もうおもらししないんだよ」
「そうなんだ……、でも、あれはね、おもらしじゃないんだよ」

栗山はにっこりと笑って説明する。

「女の子のおまたはね、気持ちよくなるとぬるぬるのお水が出てくるの。だから、あのお姉ちゃんは気持ちよくなって、お水を出してるだけなんだよ。触られて嬉しいなぁって、おまたさんが言ってるんだよ」
「おまたさんが……?」
「そう。おしっこみたいにぴゅうぴゅう出てないし、色だって透明でぬるぬるしてるでしょ? 男の人も触ったり舐めたりしてあげると気持ちよくなるけど、お水は出ないで、どんどんおっきくなるの。風船みたいにね」

由佳は目をぱちくりとさせる。おまたからお水が出るなんて、由佳は一度も聞いたことがなかった。思わず自分の股間を見る。ゆるゆるのビキニはずれて、割れ目の肉がわずかに露出してしまっていた。

「ゆかのおまたも、おみずでる?」
「どうかな、ちょっとずらしてみよっか」

そう言って栗山は、了承も取らずにマイクロビキニに触る。股間部分の布に指を入れて、そっと横にずらす。真っ白でぷにぷにで、肉感抜群な幼女まんこが、ぷっくりと膨れて外気に露出するのであった。監督はカメラを構えたまま由佳の側に近づき、剥き出しのおまんこにレンズを向ける。栗山は人差し指をそっと這わせた。ぴりっとした電気が、由佳の性器から生まれる。

「……?」

由佳は顔を赤らめ、頭にハテナを浮かべた。幼すぎる由佳には、今の電気が快感の萌芽だと理解することが出来なかった。栗山はその長い指で大陰唇を肉を触り、そっと開いて中の具を露出させていく。肉厚な子供まんこは中を晒すのも大変だ。しかし、ようやく外に出てきたクリ皮には園児の愛液が付着し、ぬらぬらとかすかに輝いているのであった。

「あ、もう出てる……」

この早さは、栗山にとっても意外だったらしく、小さくつぶやいて驚きを表す。ビデオの中の映像に少しだけ感じてしまったのかもしれない。由佳本人さえ、気づくことが出来ないうちに……。

「ほら、由佳ちゃんからも気持ちいいお水が出てるよ」
「……ゆか、きもちくなってないよ?」
「本当かなぁ。だってほら、このぬるぬる」

栗山はその汁を掬い、カメラのレンズに見せつけた後、由佳の目の前でねばねばと弄んでみせた。エッチなにおいのする、薄めた水糊のような何か。由佳は、自分のおまたから出たおしっこではない「おみず」を、不思議そうな顔をして眺めるのであった。

「由佳ちゃんも気づかないうちに、ちょっとだけ気持ちよくなったんだよ」

おおよそ100センチのちんまい背丈。お人形さんのように軽くて可愛らしい女の子。陵辱による初体験が、輪姦によるレイプが、ビデオとなって売られていく。筋書きは既に出来上がっていた。由佳も知らない間に、全ての事柄は計画されていた。まだ5歳である由佳は、そんな自分の運命さえ、かけらも理解できないまま、可愛らしいあんよをぶらぶらと揺らし、奇妙な感情に戸惑いを示すのであった。

子供企画5 JE美少女性奴隷輪姦レイプ撮影(JE5歳/輪姦)
あさひ三姉妹1 変態叔父さんのがちぺど幼女淫乱保育(JE1-5歳)
幼風俗 売春幼女ハーレム禁断のメス穴セックス(JE3-5歳/売春)
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。