ロリ少女官能小説集:JSお嬢様誘拐姦 犯され汚され肉人形にされた少女(2)

18禁サイトです。18歳未満の方は閲覧出来ません。まずは完全無料作品からどうぞ(10作以上有)。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小学3年生の「九条由梨奈」は、スタンガンを当てられ、強姦魔の車に引きずり込まれた。小さな手足を縛られ、口をテープで塞がれる。包丁の切っ先で脅され、抵抗の気力さえ削ぎ取られた由梨奈は、緊張と恐怖の限界に達し、哀れにも失禁してしまうのであった。……林の奥の一軒家で、容赦無い陵辱が始まる。なめらかな肌に平坦な胸、柔らかく膨らんだ尻、ふともも、猫のように愛くるしい黒真珠の瞳。魅入られた男は由梨奈の服を剥ぎ取り、知識としても知らないセックスを幼い身体を強要するのであった。強制手コキにイマラチオ。無毛の割れ目が割り広げられ、黒い男根が精子を吐き出す。初めて味わう中出し、粘膜を擦られ汚されていく感覚に、一筋の涙が紅色の頬を伝うのであった。文字数約31000字。(鬼畜度:高 強姦・誘拐描写があります)

JSお嬢様誘拐姦 犯され汚され肉人形にされた少女 限定無料配布シリーズ (YKロリータ文庫)
JSお嬢様誘拐姦 犯され汚され肉人形にされた少女(JS8歳/強姦)

------------------------

【2:それが悲劇の始まりだった】
冬の乾燥した寒風が、天に網張る無数の電線を揺さぶり、止まっていたカラスを慌ただしく追い散らしていた。その風が、コンクリートの家々の間を水のように通り抜け、古びた窓をがたがたと揺らし、竹箒のようになった木々を騒々しくかき鳴らすのである。並木の枝がざわめいていた。乾いた枯れ葉の群れが灰色の舗装道路を舞い、ざらざらと地面をひっかきながら塀の側に折り重なっていく。風がやみ、そして、唐突にしんとしたかと思えば、再び寒風が吹き荒れ、冬の凍気を街全体に行き渡らせていくのであった。

風の強い冬の日だったと、由梨奈も良く覚えている。肌寒さのために、好んで外に出る人間も少なかった。大通りから外れた道は、明るいうちから人影もまばらになり、声も足音もわずかになって、人の気配が消えていく。そこに現れる枯れ葉たちの雑音、耳の横を通り抜ける突風の音に、こまごまとした音がかき消されて、藻屑のように散ってしまう。

ボロボロのセーターを着たみすぼらしい中年男性が、お嬢様然とした由梨奈に話しかけていても、……その奇妙な組み合わせが織りなす会話の声さえも、冬の風は、一波の津波のように押し流して、全てを無いもののように隠してしまうのである。そのような状況が影響したのだろう。これから起ころうとしている出来事に気づく者はなかった。

風が止んだ後、中年男の品のない声が、由梨奈の耳にふたたび届くのであった。黒い瞳がじっと男を見つめている。その視線の真っ直ぐさは、どんな人間の話も真面目に聞く、由梨奈の心根の表れであった。

「そういうわけで、おじさん、道に迷っちゃったんだ」
「そうなんですか……。それは、困りましたね……」

丁寧語を操る幼女声。中年男と会話をする被害者……、九条由梨奈は、黒のロングヘアーをした小学3年生であった。赤いカチューシャが印象的な育ちの良いお嬢様である。赤いカチューシャ、紺色のベスト、膝下まで伸びる黒いスカートなど、保守的な色合いの洋服に身を包んでいる。色調が奏でる清楚という属性が、由梨奈の可愛らしさを乗算しているのであった。手袋に包まれた手で自らの頬を触り、霧のような息を漏らしながら心配そうな表情を浮かべている。根が優しいので、初対面の男を過度に警戒することなく、その話に耳を傾けてしまうのであった。

「このあたり、道がごちゃごちゃしてますからね……。パパやママのお客さんにも、迷う人は多くて、お手伝いさんが迎えに行くこともあるぐらいです……」

毎週やってくる訪問客や、対応するお手伝いさんたちを思い浮かべながら、心底同情し、由梨奈は返答する。区画の計画もおろそかに発展した町並みは、蜘蛛の巣のように道がからまり、立体交差もあって複雑なところがあった。可愛らしい声に興奮したのか、中年男はにたりと笑った。

「そうそう、そうなんだよねぇ。だからね、頼むよ、お嬢ちゃん。おじさん、迷子になりそうで、本当に困ってるんだ」

吐き出される息。表情の下品さに内心困惑するが、躾の行き届いた由梨奈はその気持ちを表に出すことはなかった。柔らかい笑顔を作り、目を泳がせて返事をする。その声色には、わずかに雨雲がかかりつつあった。

「……はい。困ってるのは、わかりますけど」

語尾に行くに従い、声のトーンが落ちていく。

「だろう? だから、お願いだよ。少しだけおじさんと来てくれるだけでいいんだ」
「はぁ……」

由梨奈は同情の色を絶やさず、しかしとうとう、視線を合わせられなくなった。顔が見れず腹を見る。必死さがにじみ出た男の様子にわずかに気圧されている。中年男はぺこぺこと不自然なほどに頭を下げた。子供相手にである。そんな風にされたら、無下に断るのも申し訳ない気がして、拒否感を覚えながらも、つい協力を匂わせるようなことを言ってしまうのであった。

「私なんかで、力になれるでしょうか……」
「なれる、なれるとも。この辺りに住んでるんだよね?」

由梨奈は後に引けなくなって、こくりと頷いてしまった。中年男は笑顔を保ち、さらに言葉を続ける。鼻息を荒くし、顔を近づけながら、由梨奈の手をそっと握るのであった。

「それなら、きっと大丈夫。人助けをすると思って、……ね?」
「それはいいんですけど……。うーん……、でも、パパやママが、知らない人についていったら駄目だって……」
「大丈夫だよ。ほんの数分だから」

JSお嬢様誘拐姦 犯され汚され肉人形にされた少女(JS8歳/強姦)
子供企画4 JSネット声優脅迫レイプ撮影(JS10歳/撮影)
JS鬼父睡姦 6年間眠らされ犯され妊娠した愛娘(JS7-12歳/睡姦レイプ)
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。