ロリ少女官能小説集:JSお嬢様誘拐姦 犯され汚され肉人形にされた少女(1)

18禁サイトです。18歳未満の方は閲覧出来ません。まずは完全無料作品からどうぞ(10作以上有)。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小学3年生の「九条由梨奈」は、スタンガンを当てられ、強姦魔の車に引きずり込まれた。小さな手足を縛られ、口をテープで塞がれる。包丁の切っ先で脅され、抵抗の気力さえ削ぎ取られた由梨奈は、緊張と恐怖の限界に達し、哀れにも失禁してしまうのであった。……林の奥の一軒家で、容赦無い陵辱が始まる。なめらかな肌に平坦な胸、柔らかく膨らんだ尻、ふともも、猫のように愛くるしい黒真珠の瞳。魅入られた男は由梨奈の服を剥ぎ取り、知識としても知らないセックスを幼い身体を強要するのであった。強制手コキにイマラチオ。無毛の割れ目が割り広げられ、黒い男根が精子を吐き出す。初めて味わう中出し、粘膜を擦られ汚されていく感覚に、一筋の涙が紅色の頬を伝うのであった。文字数約31000字。(鬼畜度:高 強姦・誘拐描写があります)

JSお嬢様誘拐姦 犯され汚され肉人形にされた少女 限定無料配布シリーズ (YKロリータ文庫)
JSお嬢様誘拐姦 犯され汚され肉人形にされた少女(JS8歳/強姦)

------------------------


【1:8歳の性奴隷】
冷え渡る地下室、血のように赤く重い首輪、汚された身体、頬を伝う涙。黒く輝いていた瞳が、今では絶望に淀んでいる。温かな毛布だけが監禁された九条由梨奈を癒してくれた。鼻をすんと鳴らし、冷たい畳に身体を丸める。男は既に地上へと上がっていた。今日のお勤めを無事終えることが出来たのだ。

「ひぐ、ぐす、うぅぅ……、はぁ、はぁ……」

握られた腕が生々しく痛んでいる。乱暴に犯されたおまんこがじんじんと痺れ、先ほどの行為を忘れさせてくれない。

暖かなごはんも、幸せな家族も、不幸なんて知らずにいられた傷ひとつ無い人生も、全てあの強姦魔に奪われ、握りつぶされてしまった。あの日をもって、由梨奈の平穏な人生は終わってしまったのである。お嬢様としての生活から引き剥がされ、誰もが羨む幸福を失う。

九条由梨奈が美少女でなければ、あるいは、こんな目にあうこともなかったのかもしれない。人形のように隙のない黒髪のお嬢様である。雑踏の中で目を引いてしまうような美貌と、相反しながら同居する静かで大人びた雰囲気。8歳という年齢に見合わない落ち着いた魅力が、月光のように狂気をかきたて、あの男の情欲に火を付けたのであった。

黒い瞳がぱっちりと開き、細くゆるやかな眉がその瞳を彩っている。鼻はすっと通り、頬は柔らかく膨らみ、その下の唇は春の桜を模したような香る桃色に彩られていた。どちらかと言えば彫りが深く、くっきりとした顔立ちである。それでいて、東洋女児の柔らかな印象があるのだ。ふんわりとした顔の輪郭が、女児の美しさを象徴している。漆黒の長髪もあいまって、幼い大和撫子という印象を周囲に与えている。ようやく120センチに届いた小柄な身体は、生を受けて8年。見目麗しい、8歳の美幼女だ。

そんな幼女が、誘拐され、監禁されてしまった。身体のいたるところを犯され、性欲を吐き出す肉穴にされてしまった。子供の未発達な身体が、手足が、腹部が、ぽっちりとした乳首が、性器が、肛門が、夜闇のように純なロングヘアーが……大人の手と男根によって容赦なく蹂躙された。

12月10日の午後3時。それが悲劇の始まりだ。泣こうとも叫ぼうとも、それより前に遡れない。8歳の幼女に襲いかかった一連の出来事は、残酷な現実として、幼いの心に鞭を打つのであった。

あの男に目をつけられなかったなら、温かい屋敷の奥でパパやママと一緒にお正月を過ごせたのに。苦しいことも、痛いことも、何もなかったはずなのに。現実の由梨奈に与えられているのは、窓もない闇の地下室と、赤いペット用の首輪である。セックスの相手をさせられ、熱とひりつきを帯びたおまんことアナルである。口の中には、男の味が残っていた。耳も胸もなめられ、ねっとりとした唾液の感触が今も神経に張り付いている。男に誘拐されるまで、知識としても知らなかった行為……、セックスの感触が、洗い落とせないほどに身体に染み付いているのであった。

あの日のことを、後悔しない時はなかった。私がもう少し気をつけていたら。ほんの少しだけ注意して逃げ出す心があったなら。大きな声を出して助けを呼んでいたなら。……その空想全てが、今となっては無意味である。過ぎた現実は消すことが出来ない。刷り込まれた記憶はもう消すことが出来ない。まだ8歳の九条由梨奈は、その身体を、処女を、名前も知らない中年男に既に捧げてしまったのであった。

初体験の感覚が、今も夢に蘇ってくる。性器を押し広げられた感触を、今も膣が覚えている。性器に残るひりつきとともに、身体に残る火照りとともに、由梨奈の心は、あの昼下がりへと引き戻されていくのであった。

嫌だよ……。おうちに返してよ……。パパ、ママ、誰か。お願い、誰でもいいから。誰でもいいから、私をここから出して……。私、悪いことなんて、何もしてないよ……。ずっと良い子にしてたよ……。もう許してよ……。もう、酷いことしないでよ……。幼い割れ目からあふれたのは、男の黄ばんだ精液であった。頬に伝うのは、水晶のように透き通った一粒の涙であった。濡れた瞼に浮かぶのは、太陽が眩しい真冬の午後。記憶の向こうから現れたのは、焼きついた街の風景である。

由梨奈が住んでいたのは、地価の高い上等な住宅街だ。マンションや屋敷が立ち並ぶ穏やかな町並みが、今ではもう懐かしく、心の底から愛おしく思えた。愛おしいのは、戻れない日々の象徴だからだ。

……もうやり直せないあの日が、再び心に蘇ってくる。そのたびに小さな体が震え、自責の涙を流してしまうのであった。

JSお嬢様誘拐姦 犯され汚され肉人形にされた少女(JS8歳/強姦)
子供企画4 JSネット声優脅迫レイプ撮影(JS10歳/撮影)
JS鬼父睡姦 6年間眠らされ犯され妊娠した愛娘(JS7-12歳/睡姦レイプ)
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。