ロリ少女官能小説集:子供企画4 JSネット声優脅迫レイプ撮影(2)

18禁サイトです。18歳未満の方は閲覧出来ません。まずは完全無料作品からどうぞ(10作以上有)。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小学五年生「松原穂乃香」は、ネット声優活動に癒やしを見出す孤独な少女であった。幼さの残るボブカットに、整った顔立ち、可愛らしい声。三拍子揃って、ロリコンの間で人気者になる。しかし、ファンの一人「コウタ」に携帯をハッキングされ、居場所を奪われて性奴隷にされてしまう。映像や個人情報を人質にエッチなことを強要される日々。性器の撮影、教室でのオナニー、公園の砂場での露出放尿。恥辱に頬を染め、怯えながらも、脅されるままに操られ続ける穂乃香。しまいには、セックスをしなければ撮影した映像を売り飛ばすと脅され、その要求に、少女は……。文字数約45000字。(鬼畜度:強 強い鬼畜表現があります)

子供企画4 JSネット声優脅迫レイプ撮影 子供企画シリーズ (YKロリータ文庫)
子供企画4 JSネット声優脅迫レイプ撮影(JS10歳/撮影)
--------------------

先ほどは読みきれなかったメールたちを、切り崩すことにした。学校にいる間、スマホはいつもブルブルと振動している。宣伝やメルマガを除いても、5~6通のファンレターが届いているのだろうと思った。事実、届いていた。仲の良いファンの人達が、孤独な穂乃香にかまってくれる。だから楽しいのだ。

「あっ、コウタさんからもメールが来てる」

穂乃香の口元はほころぶ。枕に頭を乗せて身体を丸める。コウタさんは、ネットで知り合った中でも、特に仲の良い男性だった。穂乃香がネット声優として人気になる前から、何かと気にかけて励ましてくれていた。コウタさんに励ましてもらっていなければ、人気が出るまで根気強く続けることも出来なかったかもしれない。20代半ばの男性で、会社員をしているらしい。かっこいい人だと良いなと思ってしまうのは、思春期少女のサガだろうか。

------------------
件名:また上手くなったね

ホノカちゃん元気かな。コウタです。何度もメール送ってごめんね(*^-^)
昨日のホノカちゃんのボイス、すっごくクリアで可愛くて、我慢できずに送っちゃいました^^;

俺は声優さんのことなんて分からないけど、たくさん練習したんだろうね
すごく上手くなってて、何度も聞いては悶えてました
ホノカちゃんならきっと、本職の声優さんになれると思いますo(*^▽^*)o~♪

あんまり長いとウザくなるからこのぐらいにしておくね
またこんどチャットしよう。俺も家族のことでは悩んできたし、同じ仲間として相談にのるからさd(>_・ )

そうそう、この間遊んだゲームがとっても楽しかったから、ホノカちゃんにプレゼントするよ
ゲーム好きだったよね? Android向けのやつだから、携帯で落として実行してねd(*⌒▽⌒*)b

添付ファイル - game.exe
-----------------

「ゲーム?」

メールには確かに、exe形式のファイルが添付されていた。きっと、ゲームのプログラムだ。どんなゲームかな? あんまり難しいやつとか、ホラーだったら嫌だな。でも、コウタさんなら私のこと分かってくれてるだろうし、私でも遊べる初心者向けなのを選んでくれてるはずだ。この間だって、落としたアクションゲームが難しくてクリア出来ないって、コウタさんに泣きついて、攻略を手伝ってもらったんだった。

コウタさんは、私の悩みを簡単に見抜いてしまう。恐ろしいぐらいに私の心を言い当ててしまう。家族と上手くいっていないことなんて、メールでもツイッターでも一言も言っていなかったのに、コウタさんは鋭くも言い当ててしまったのである。コウタさんは私のことを一番理解してくれている。そんなコウタさんがくれたのだから、私が楽しめるゲームなのだろう。穂乃香は特に疑うこともなくファイルをダウンロードする。タップする。実行する。

そのプログラムが、穂乃香の人生を書き換えてしまうのだとも知らずに。

プログラムは実行された。しかし、ゲームは始まらず、アプリが並ぶホーム画面に戻ってきてしまった。穂乃香は小首を傾げる。黒い髪の毛が困惑に揺れた瞬間、スマートフォンの中から声が聞こえてきたのであった。

「穂乃香ちゃん?」

男の人の声。重く低い声色。一度も聞いたことのない声であった。通話ボタンなんて押してないのに。穂乃香は目をぱちくりさせて、スマートフォンのホーム画面を見つめていた。

「え、何で……?」

あわてて画面をスワイプする。画面の中からはまた男の声がした。

「慌ててる穂乃香ちゃんも可愛いね」
「ひっ!?」

慣れ親しんだスマートフォンを思わず手放す。スマホから聞こえるのは、愉快げな笑い声だった。

「誰なの……!? 何、これ、コウタさんはゲームって……」
「俺がコウタだよ」
「……!」
「知らないプログラムなんて走らせるもんじゃないよ。これでもう、ホノカちゃんの携帯は俺のものだ。カメラだって俺のものだ。青ざめたホノカちゃんが良ーく見えるよ。ふふ、ふふふ……」

コウタの声には機械的なところがあった。身元を隠すために、ボイスチェンジャーのようなものを使用しているのだろう。なにこれ。いたずら? コウタさんが、私を驚かそうとして……? 言葉が何も出てこない。何を考えてるんだろう。いたずらにしても度が過ぎている。コウタさんがこんなことをするはずない。もしかして、あのメールはコウタさんのふりをした偽物? 慌ててスマートフォンを取り、メールを確認しようとする。しかし、画面をつついた瞬間に現れたのは、勃起した男性器の無修正画像であった。

「やッ……!?」

顔を赤くして目を背ける。

子供企画4 JSネット声優脅迫レイプ撮影(JS10歳/撮影)
子供企画 JS高学年強制AV出演(JS10歳)
子供企画2 JSサッカー少女レイプビデオ撮影(JS11歳)
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。