ロリ少女官能小説集:JS聖夜姦淫 純粋なロリ少女がロリコンサンタと中出し交尾(2)

18禁サイトです。18歳未満の方は閲覧出来ません。まずは完全無料作品からどうぞ(10作以上有)。
クリスマスの夜が更けていく。小学4年生の女児「篠山花梨」は、サンタさんを信じるような純情無垢な女の子であった。家族のみんなとパーティーをして、チキンやケーキに舌鼓を打つ。夜中にはサンタさんがやってきて、花梨に素敵なプレゼントをくれる。そんな幸せな聖夜に、1人のロリコン侵入者が現れるのであった。合鍵でマンションに侵入し、ベッドで眠る花梨に迫る。目を覚ました花梨は、中年男の赤い服を見て言った。「サンタ、さん……?」。花梨に与えられたのは、見知らぬ男からの生交尾のプレゼントであった。オナニーも知らない幼裂にサンタ男の舌が迫る。交尾の快楽を教え込み、無毛の膣に挿入する。何も知らない幼性器が精子付にされ、9歳の少女は快楽に溺れる。文字数約30000字。(鬼畜度:強 いたいけな少女を騙して中出しします)

JS聖夜姦淫 純粋なロリ少女がロリコンサンタと中出し交尾 限定無料配布シリーズ
JS聖夜姦淫 純粋なロリ少女がロリコンサンタと中出し交尾(JS9歳)
-----------------------

「わぁ!」

長いまつげの目をぱっと見開いて、花梨は嬉しそうに手を合わせた。

「すごい! 今日はたっくさんごはんがあるね!」

私服姿の父親は末娘の感嘆に喜ぶ。

「ははは、そうだろう。今年は去年よりずっと豪華だぞ。真ん中のケーキなんて、わざわざ予約して、電車一本で取りに行ったんだからな」
「そうなんだぁ。真っ白で、とっても美味しそう!」
「崩れないようにするために、タクシーまで呼んで帰ってきたんだ。いいだろう。ほら、材料は全部国産を使用しているんだ。ここにだって書いてある」

小洒落たケーキ箱を見せびらかし、小さな武勇伝を語る父に、花梨は笑顔で相槌を打つ。一つ上の姉は、そんな2人に呆れながら、静かに席についた。細身長身の長女も、長い髪をなびかせながらやってきて、テーブルの隅の指定席に座る。そして最後に、厚手の鍋つかみを装備した母親が、あつあつの手作りグラタンを持ってダイニングテーブルに参上するのであった。さらに増えた料理に、花梨の視線が移る。そんな妹を横目で見ながら、柔らかな腹を手で抑え、一番上の姉は述べた。

「文句言うわけじゃないけど、なんか……クリスマスだからって多すぎない?」

鍋つかみを手から取り外しつつ、母は笑って答える。ウェーブをかけた髪の毛は、娘たちに負けないほどにつやめき輝いている。

「そんなことないわよ。子供はみんな、たくさん食べないと。なんてったって食べ盛りなんだからね」
「私はもう食べ盛りじゃないって……」

そんな姉はもう大学生。自立はしていないものの、大人の身体の彼女にとって、美容と栄養は深刻な問題でしかないのであった。一方花梨は、イノシシの足跡のように、まっすぐグラタンをにらみ、食べる気まんまんである。好き勝手やっても可愛くいられる子供が、こういう時ばかりは羨ましくなる。年をとるたびに、美容はどんどん繊細になる。妬ましげな姉の視線に、無邪気な花梨はみじんも気づかず、湯気を立てるグラタンにただ目を奪われているのであった。食い気より色気の姉と、色気より食い気の花梨。見比べて、両親は破顔する。

「いただきます」

家族の声が揃う。普段から良い物を食べているこの家族であるが、クリスマスの料理は一段と豪華である。この一年の幸福を振り返りながら、絵に描いたような理想の家族が、今日もつつがなく回っていくのである。

花梨は幸せな子供だ。楽しくクリスマスパーティーが出来るような、平穏な家庭に生まれ育ったのである。だからこそ脳天気のまま、愛されていることが出来た。家族のムードメーカーとして、これまでもこれからも、健やかに育っていくはずだ。その心には、いまだ一点の曇りもなかった。

それだからこそ汚れやすい。白い布地に、墨の染みは目立つ。

賑やかな会話に、陽気な正月番組の音が重なり、いつものように自然体で、家族は幸福でいられた。花梨はスプーンでシチューをいただき、フライドチキンをぱくぱくと食べて、べたついた手をウェットティッシュで拭いて、それでもまた食べて。家族の中で一番小さいのに、一番良く食べて、その元気さで家族を和ませてしまう。学校の話や、流行の話、さまざまな話題を交わした後で、花梨は思い出したように言った。

「今年もサンタさん来るかな?」

一番上の姉はくすくすと笑い、二番目の姉もみょうににやついていた。花梨のほっぺたはぷくりと膨れる。

「何で笑うのー!?」

次女はあわてて首を振る。長女はさらに笑みをこぼし、口元を隠した。

「ごめんごめん、笑ってない笑ってない」
「……うそぉ。お姉ちゃん、すっごく笑ってる」
「いや、これはただの思い出し笑い……。笑ったりなんてしないわよ。サンタさんはいるんだもんね」
「……? うん」

きょとんとして頷く花梨。母親は水の入ったコップを口元で傾けながら、そのやりとりに加わる。


JS聖夜姦淫 純粋なロリ少女がロリコンサンタと中出し交尾(JS9歳)
英国幼女の誘惑 淫乱金髪JSと両穴セックス留学生活(JS8歳/英国)
女児銭湯 JS姉妹いたずらお風呂初セックス(JS9歳/7歳/和姦)
関連記事