ロリ少女官能小説集:JS姪欲処理 引き取ったロリ姪に挿入中出しする叔父(1)

18禁サイトです。18歳未満の方は閲覧出来ません。まずは完全無料作品からどうぞ(10作以上有)。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ツインテールの小学3年生「湖山菜々」には友達に言えない秘密があった。叔父さんとアパートで暮らし、その性欲を毎日のように処理してあげていること。幼い胸を触られていること。おちんちんを咥え舌で気持ちよくしてあげていること。毛も生えていない幼膣で叔父さんの肉棒を受け入れ、数えきれないほど中出しされてきたこと。初体験は2年生のとき叔父さんと済ませた。まだ7歳の頃であった。幼い心が複雑に揺れ動く。家に帰れば叔父さんとセックスすることになる。叔父さんのことは嫌いじゃないけど、でも……。セックスの不安、羞恥心、快楽、困惑、興奮、激しいセックスの中であらゆる感情が交じり合い、8歳の幼女はオーガズムへと至る。文字数約29000字。(鬼畜度:低 無知な幼女にいたずらをする描写があります)有料作品のサンプルです。

無料配布は半月ほど後に行う予定です。配布が始まったらブログでもお知らせしたいと思います。

JS姪欲処理 引き取ったロリ姪に挿入中出しする叔父 (限定無料配布シリーズ)
JS姪欲処理 引き取ったロリ姪に挿入中出しする叔父(JS8歳/近親)
---------------------

【1:少女は今日も子供まんこを捧げる】
大きな公園に、休日の暖かな日差しが降り注いでいた。緑色の草木が生い茂る。サッカーや野球が出来る広大なグラウンドに、ジャングルジムや滑り台といった遊具が併設されたこの場所では、休日も平日も、大小様々な子供たちが溢れるようにいて遊び回っていた。女の子が鉄棒でぐるぐると回り、スカートがめくれてパンツが丸出しになってしまう。そんな微笑ましい光景が散見される、子供達の楽園であった。温かい陽光は、のんびりするにも心地よい。そのため、公園にいるのは根っからのアウトドア派ばかりでもなかった。木製のアスレチック遊具の階段に腰掛け、携帯ゲーム機で遊んでいる子供たちは、まさにその典型と言えるだろう。

ゲームで遊んでいる子供たちは、小学校3年生程度の背丈である。おおよそ120センチから130センチ程度、大人から見れば小人のような小ささだ。そんな子供が六人ほど、男女で固まってそれぞれのゲーム機をいじっているのであった。ゲーム自体をプレイすることもあれば、他の人のプレイを覗いてみることもある。女の子のうちの一人は、ゲームに熱中するあまり、座りながら足を開いて、白い下着をあらわにさせてしまっていた。わずかに染みのついた女児のパンツ。男の子の一人はそれに気づいているようね、ゲーム機の操作も疎かに、スカートの中身をちらちらと盗み見ていた。

ともあれ、その男の子を除けば、アスレチックに腰掛ける子供たちは皆コンピューターゲームに熱中していた。携帯ゲーム機は、この年頃の子供にとって、室内外兼用のおもちゃであり、必携のコミュニケーションツールでもあった。その花形が対戦モードである。組み合わせを変えたり、トーナメントをしてみたり。時には製作者の想定から外れ、色々と工夫して遊んでいるようだ。子供たちの中の一人、ツインテールの女の子は、同級生の男子を対戦で打ちのめした後、ほっと息をついて、ポケットの中に入っていたスマートフォンを取り出すのであった。

「どうしたの菜々ちゃん?」」

少女の名前は湖山菜々。瞳の大きな、可愛らしい女の子である。菜々のスマホは、対戦中も何度かぶるぶると震えて、メールの着信を知らせていたのである。隣に座っているショートヘアの女の子が尋ねた。

「誰かからのメール? それとも、ラインか何かかな?」
「んと……、やっぱりメール。お父さんからみたい」

片手の親指でディスプレイをいじって、着信メールの画面を開く。「そろそろ帰って来てくれないかな」とだけ書かれた淡白な本文が、白い画面に表示されている。菜々はため息をついた。スマートフォンをスカートのポケットにしまうと、ゲーム機の電源を切って、リュックサックの中に仕舞った。

「ごめん。お父さんが呼んでるからもう帰らなきゃ」
「はぁ、勝ち逃げかよ」
「しょうがないでしょ。また相手してあげるから、不貞腐れないの」
「不貞腐れてなんてねーよ」

そう言いつつ顔をしかめている。対戦で打ちのめされた少年は、リベンジを狙っていたようで、席を外す菜々に不満たらたらだ。別の女の子が口を挟む。

「お父さんと一緒に出かけるの?」
「ちょっとね。何ていうか……、出かけるわけはないんだけど、あの人は私がいてあげないと駄目だから」
「なにそれ。菜々のお父さんって、子離れ出来ない系?」
「まあ、そんなところ」
「そういうの、ちょっとうざいよね」
「親の呼び出しなんて無視しちゃいなよ」
「ううん。もう行くよ。お父さんにあわせるのも慣れちゃったし、別にうざいとか思ってないし」

菜々は桃色のリュックサックを背負い、アスレチックの階段から立ち上がった。地面の上に立つと、少女の小柄さが良く分かる。身長120センチ少々、同級生と比べても背が低かった。友達に笑顔を振りまき、別れの言葉を発する。

「じゃあね、みんな」
「ばいばい」
「こんどは負けねーからな!」

菜々はゆっくりと歩きながらも一度振り返り、名残惜しげに友達に手を振る。五人の子供達は、気楽に手を振り返し、すぐにゲームへと戻っていってしまった。菜々を引き止める者はいない。これから少女が何をさせられてしまうかなんて、年端もいかない子供達には想像することも出来なかった。小さな靴でとぼとぼと歩き、公園を出る。スカートから伸びた白い足が、どことなく憂鬱そうだった。

湖山菜々は、2年生のころにこちらに引っ越してきた現役の小学生である。今は8歳、小学3年生をしている。桃色のヘアゴムで肩まで伸びるツインテールを結っており、振り返ったり頷いたりするたびに、しっぽのようにゆらめくのであった。クラスでは珍しい髪型なので、これが少女のチャームポイントとされていた。事実、つり目ぎみの目元や明るい表情に、とても調和して似合っている。青いシャツにチェックのスカート。服にはそれほどお金がかかっていないが、菜々は服装が足を引っ張らないほどの、頭ひとつ抜けた美少女なのであった。

細めの眉、ぱっちりとした二重の瞳、薄桃色の笑うような唇。ツインテールを結ぶ事で出来た後頭部の生え際の曲線は、細長い首もあいまって、幼いながらも色気があった。ほどよい脂肪で柔らかい。うるんだ瞳は黒真珠のよう。肌は滑らかで、シャツの袖から出る細い腕や、スカートの下に伸びる丸みを帯びた生足は、その手の性的嗜好を持った人々を引きつけてやまない無邪気な色香に満ちているのであった。

細い指がリュックサックのベルトにからむ。犬を散歩させる老人や、サッカーボールを蹴る子供、レストラン帰りの家族連れとすれ違いながら菜々は一人孤独に歩く。菜々だけが、日常の世界から滑落してしまっていた。普通の子供ではいられなくなってしまった。……今日はどんなことをするんだろう。あんまり変なことじゃなくて、普通にしてくれればいいんだけど……。裸になって、おちんちんを挿れられて……、やっぱり、恥ずかしいな……。色々な想像を巡らせていると、少女の短い歩幅がますます縮んで、やがて歩みは止まってしまうのであった。

JS姪欲処理 引き取ったロリ姪に挿入中出しする叔父(JS8歳/近親)
英国幼女の誘惑 淫乱金髪JSと両穴セックス留学生活(JS8歳/英国)
JS鬼父睡姦 6年間眠らされ犯され妊娠した愛娘(JS7-12歳/睡姦レイプ)
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。