ロリ少女官能小説集:悪魔の落とし子 JSレズ娘に陵辱された性奴隷お母さん(4)

18禁サイトです。18歳未満の方は閲覧出来ません。まずは完全無料作品からどうぞ(10作以上有)。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
公衆便所でレイプされ「雨宮晴美」は娘を孕んだ。今では産んだ娘「雨宮琴音」に性奴隷のように扱われている。私の育て方が間違ってたの……? 琴音は10歳にして、手が付けられないほどの性欲を身に宿していた。母親に欲情し胸を触る。毛の生えたおまんこにも興味を持つようになった。そして4年生の時、晴美は縛られ性奴隷にされてしまったのである。関係が露見すれば破滅するのは晴美だ。心ない脅迫により、母娘の力関係が逆転した。琴音は晴美を公衆便所に連れ込みナイフを突きつける。天使の相貌、悪魔の子。強姦魔であった父と同じように、晴美をレイプするつもりなのだ。晴美は今日も娘の肉便器になる。娘への愛情はそれでも止むことがなかった。文字数約50000字。(鬼畜度:高 強姦描写が含まれます)有料小説のサンプルです。

悪魔の落とし子 JSレズ娘に陵辱された性奴隷お母さん
悪魔の落とし子 JSレズ娘に陵辱された性奴隷お母さん(JS10歳/母娘)

それからのことは断片的にしか覚えていない。だが、一つ一つの出来事は、においまで感じ取れるほど鮮明に、晴美の記憶の中に残されているのであった。夢の中でこの時の体験が再生され、恐怖のあまり飛び起きてしまうこともある。傷は徐々に癒えているが、10年後の晴美も、鮮明な悪夢に悩まされているのだ。純情な晴美にとっては、それだけ強烈な体験だったのである。

刃物を突きつけられながら公衆便所に連れ込まれる。アンモニア臭のする汚れた便所の個室が、強姦犯罪の現場となった。

「ひ、や、殺さないで……」
「黙れ。壁に手をつけ。尻をこっちに向けろ。死にたくなかったら早くするんだ」
「ぐす……、はぃ……」

相手の目的が強姦だと気づいたのは、公衆便所に向かえと言われた時であった。だが、逆らえば殺されると思ったので、抵抗することが出来なかったのである。強姦されることよりも、殺されることの方が怖かった。言いなりになっていれば、殺されないはずだ。個室の中で、言われた通り壁に手をつき、尻を強姦魔に向けた。強姦魔は紺色のスカートをめくり上げ、真っ白なパンツを強引にずりおろす。柔らかな尻は、産まれたばかりの子鹿のように震え、それがかえって、強姦魔の情欲を煽った。

「お前、処女か?」
「しょじょって、何ですか……?」
「セックスしたことあるかって聞いてんだよ」

低く唸るような声に、晴美の足が震える。必死に意識を保ちながら、ぶんぶんと首を振った。美しいロングヘアーが舞姫のように踊る。汗の汁が広がり、桃尻の表面がなまめかしく濡れている。

「本当だな」
「うっ、嘘なんて……、言えるわけ、ないじゃないですか……」

晴美は震える声でそう言い、顔を真っ赤にする。男はその言葉を聞き、乾いていた膣を指で触って、中身の感触を確かめるのであった。処女膜を発見し、男は野卑な笑みを漏らした。尻をぺちぺちと触り、ふとももをはたく。男は刃物を持ったまましゃがみ、間近で晴美のおまんこを鑑賞するのであった。

黒い陰毛の生えた性器をじろじろと観察され、舌と指で乱雑に愛撫される。たとえレイプであっても、刺激があれば反応してしまった。未経験の桃色おまんこに、唾液の潤滑が加わる。晴美の股間は、持ち主の意思とは無関係に臨戦態勢となり、ペニスを求めて艶かしくひくつき始めるのであった。勃起して、槍のようにそそり立った太いものが、未経験の性器に残酷にも潜りこんでいく。晴美は身体をびくつかせた。殴りつけるような乱暴なピストンが始まり、晴美は涙を流しながら歯を食いしばる。美しい髪がわしゃわしゃと撫でられ、ボタンを外されて生乳を弄ばれる。勃起する乳首が、晴美の恥辱を更に煽るのであった。

「脱がせば脱がすほどエロくなるな。でかい乳しやがって……。おい、お前、俺とのセックスは気持ちいいか?」
「ひぃ、ひぃ、はぁ、はーっ、はぃぃ……、きもち、いい、です……、はぁ、はぁ、う、くぅ……」
「ハハハ、そんならもう和姦ってことだな。おら、まんこ締めろスケベ女。良かったな、こんな所で初体験できて」
「は、はぃ……、う、うぅ、ぐす……」

激しい性欲を反映してか、強姦魔の肉棒は18センチにも及んでいた。焼け焦げた肉のように黒く生臭い、野獣のような獰猛なペニス。晴美の未経験の膣は、裂けてしまいかねないほどに広がり、子宮が奥を突くたびに、快感とともに苦痛が生まれるのであった。破瓜の血がぽたぽたと漏れ、公衆便所の床を汚す。男のごつごつとした手が腰を撫でるが、ピストンは決して止むことがない。これが、セックスなの……? 友達がみんなしたいと思ってるセックスなの……? 痛いよ……、怖いよ……。膣から生まれる快感では、貞操を奪われた悲しみと、巨根をねじこまれる苦痛を埋め合わせることが出来ない。流血を伴う苦痛が、快感をかき消してしまっていた。

「まったく最高だな。顔がべっぴんな上に、身体がとてつもなくエロくて、その上まんこはタコみたいに吸い付くんだからな」
「う、ぐ、あぁぁ……、はぁ、はぁ、あんまり、乱暴にしないでください……ッ!」
「うるせえな。おら、そろそろ出るぞ。玉が空っぽになるまで種付けしてやるからな」
「ふぇ、でっ、出るって……」

男はにたりと笑う。

「精子だよ」
「え、嘘……。や、やめ、やめて、それだけは……! 抜いて、抜いてくださ……!?」
「もう出てるぞ。おら、分かんねえのか?」
「へ……、あッ、う、嘘っ、こんな、あぁ、嫌あぁぁ……ッ!! できちゃう、できちゃうよぉ……ッ!!」

そうして晴美は、嘆きの声を悲鳴のように上げるのであった。おまんこの中でペニスが脈打ち、生暖かい精子が出ている。初めてだからすぐには分からなかった。教えられて、これが中出しなのだと気づく。泣き叫んでしまいそうになる。だが、首元に包丁を突きつけられてしまうと、真っ青になって涙を流し、子犬のように震えることしか出来なくなってしまうのであった。

悪魔の落とし子 JSレズ娘に陵辱された性奴隷お母さん(JS10歳/母娘)
ロリコン少女の過ち あの夏レズJCは親戚の幼女を襲った(JS8歳/JC14歳/レズ)
JSレズ開花 家庭教師お姉さん性の百合授業(JS10歳/18歳/レズ)
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。