ロリ少女官能小説集:山奥の売春孤児院 JS少女とおじさんの受精セックス結婚式を発売しました

18禁サイトです。18歳未満の方は閲覧出来ません。まずは完全無料作品からどうぞ(10作以上有)。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
山奥の売春孤児院 JS少女とおじさんの受精セックス結婚式を発売しました。子供達に性的サービスをさせる孤児院から孤児の女の子を引き取り、中出しして孕ませてしまう話です。セックスそのものは和姦です。

無料配布は1~2週間後を予定しています。場合によっては来月にずれこむ可能性もあります。無料で手に入れたい方は、今しばらくお待ちください。

山奥の売春孤児院 JS少女とおじさんの受精セックス結婚式 (限定無料配布シリーズ)
山奥の売春孤児院 JS少女とおじさんの受精セックス結婚式(JS11歳/妊娠)

-------------------------

※この小説には以下の要素が含まれます。
小学生 孤児院 乱交 公開セックス フェラチオ アナルいじり 露出 クンニ 挿入 中出し 妊娠 結婚

【あらすじ】
のやま孤児院は、慈善団体を装った子供売春施設である。子供たちは、慈善家のおじさん達に、エッチなお礼をしなくてはならない。幼女のうちからアナルで交わる。おまんこを除く全ての穴が、獣欲を流し込むはけ口となる。初潮がくれば「結婚」だ。パトロンに買い取られ、娘として、妻として、性奴隷として、あるいは家畜として一生を捧げる。「川本彰」は、孤児院に暮らす「咲希」という小学生に、愛情と欲望を抱き続けてきた。お団子頭の黒髪美少女、それでいて、気取らない柔らかな雰囲気があった。幼女のころから接してきたあの子と、とうとう結婚するのだ。唯一処女の膣穴に鉄の肉棒を突き入れる。年端もいかない女児を孕ませる。まさに禁忌であった。文字数約31000字。(鬼畜度:中 主人公とヒロインは和姦の関係ですが、舞台設定に強い鬼畜要素が含まれます)

【目次】
1.退廃の楽園
2.ウェディングドレスの少女
3.咲希の口はとても温かかった
4.そして性器が晒される
5.受胎女児子宮
6.禁断の幼妻


【登場人物】(★はエロシーンに登場する人物)
★咲希:さき(11)
小学五年生の女の子。孤児。後頭部で髪を結ぶタイプのお団子頭をしている。一年生の頃から、彰を含む孤児院のパトロンパパ達に、エッチな子どもサービスを提供してきた。前の穴は処女。パトロンの一人である彰の「お嫁さん」になる。

★川本彰:かわもとあきら(34)
のやま孤児院のパトロンの一人。多額の寄付を行ってきた。20年ほどの昔から、少女と結ばれるという禁忌を夢見続けている。のやま孤児院から咲希を引き取る権利を獲得し、30半ばにして小学生との結婚を実現した。


【文章サンプル】
ドレスのロングスカートを掴み、少しづつたくしあげていく。抵抗は無かった。ここは乱交会場なのだ。尻が出ても竿が出ても、咎めるものは誰もいない。ヒールの付いた白いウェディングシューズが現れる。白いふくらはぎはすべすべで、汚い毛は一本も生えていない。膝と膝裏、ふとももがあらわになって、最後に露出したのは丸い桃尻であった。子供の身体のうち、もっともふっくらとした部分である。

白がかった肌は雪のようでありながら、うっすらと乗る桃色は、美味しそうな肉のそれである。小学五年生は子供ではあるが、初潮も迎え、胸も膨らみ始めたとあれば、全てが全て平坦ということにもならない。咲希のお尻は、一年前に比べるとだいぶ大きくなり、触り心地を楽しめるほどに成長しているのであった。丸出しになった臀部を直接撫でてみると、うっすらと滲んだ興奮の汗で、いやらしく濡れているのであった。

足の付根から腰まで、尻の肉を往復しながら、丁寧に撫で回す。尻たぶを餅のようにこね、子供の下半身に快感を与える。本来、そこまで感じやすい部位ではなかったのだが、二週間のオナニー禁止はかなり効いているらしく、尻を撫でられているだけで、気持ちよさそうに鼻息を漏らすのである。好きな人に触られているという興奮もあった。くぐもった声が漏れ、フェラチオの速度も時折緩んでしまう。腰がぴくぴくと反応した。

「フェラがお留守になってるぞ」
「ん、ううぅ……」

指摘され、瞳をとろけさせながらも、再びおちんちんをしゃぶり始める咲希。だが、久々のペッティングがどうにもたまらないらしく、首を動かしてペニスに快感を与えつつも、自らは快感から逃れるように、尻を揺らすのであった。もっとも、彰に逃す気はない。尻たぶを開き、菊門をまさぐる。アナルのすぼまりを人差し指で撫でた。

「お尻の中は綺麗にしてるな」

咲希はうなずく。これから来る快感を妄想してしまっているのか、少女の鼻息は、すでに荒くなっていた。

「ローションは手元にないが、一本ぐらいはいけるだろう。痛かったら言うんだぞ」

アナルがぴくぴくと動いた。してほしいと懇願するかのように、皺を開いて肉穴がゆるむ。彰はそれを了承と取り、指をアナルの中へと挿入していくのであった。幾度となく使われた少女の肛門は、指程度のものなら、ローションの助けが無くとも挿入することができる。第一関節、第二関節、根本まで挿入し、小学生のアナルをぐりぐりとかき回すのであった。わずかに回転をつけながら、ねじ込み、引いて、またねじ込む。すると、ゆるゆるだったアナルが突然締まり、彰の指に食い付いてくるのであった。気持ちが良いのだ。少女の菊門は、欲望にあまりに素直だった。指と肛門の摩擦が激しくなり、おまんこまでもが、どろどろと濡れてきてしまう。

結婚しない限りおまんこの穴は使えない。咲希にとってのセックスとは、お尻の穴におちんちんを挿れてもらうことに他ならなかった。咲希は孤児院の中でも可愛い方に属する女の子である。当然人気は高く、多くのパトロンに言い寄られてきた。子供のアナルで、何百何千と交尾を行ってきた。慣れ親しんだ、お尻まんこの快感。指一つに、下半身をひくつかせて喜ぶのである。

彰はアナルをほじり、いじくり、掘ってはこすり、肛門の壁をいじめ続けた。咲希の鼻息は荒くなり、額に滲んだ汗が、水滴となって伝い彰の足に落ちた。興奮が高まるとともに、フェラチオにも熱が入り、ペニスの欲情にまかせてアナルを責める。そういう風にして快楽が循環していたが、やがてペニスから口を離し、言うのであった。

「そろそろ……」

咲希は手袋をした手を伸ばし、アナルをいじる彰の手を押さえた。

「どうした?」
「私、まだイきたくないから……。今は抜いてほしいんだ」
「珍しいな。イきたくないなんて」
「本当のエッチでイきたいから……」

彰はそう言われて、素直に指を抜くことにした。ゆっくりと指を引っ張るが、アナルが食いついてきて、生半可な力では抜けない。抜いて欲しいと言ったそばからこれなので、咲希は恥ずかしくなって、顔を赤らめてしまった。ちゅぽんと水っぽい音を立てて、指は菊門から抜けた。指先は綺麗なままだ。アナルの洗浄は丁寧に行われているのだろう。アナルセックスが原則となるパーティーであるから、後ろのお手入れは厳重なのだ。

彰は肛門への刺激で汗ばんだ桃尻を撫でた。フェラチオとお尻いじりの相乗効果で、先程よりも多くの愛液が分泌されている。前貼りがぐちゃぐちゃに湿っていたのだ。何度も交わってきた彰なら分かる。咲希はイきかけていたのだ。イってしまう瀬戸際で、ようやく快楽を手放したのである。この後のセックスでさらに気持ちよくなるために……。

そういう彰も我慢の限界に達し、ギリギリの所で射精を引き延ばしていた。咲希はお尻を丸出しにしたまま、じゅぽじゅぽとフェラチオを行い、喉までペニスを受け入れて、口いっぱいに奉仕をするのである。真っ赤に汗ばんだ咲希の顔。ペニスの発する性の香りにくらくらとしていた。舐めて気持ちよくなるのは彰のペニスなのに、舐めている咲希のほうがイってしまいかねないほど、興奮しているのである。

「そろそろイくぞ……。全部飲んでくれよ」
「ん……」

咲希は頷く。精子を吸い上げるかのような強烈なバキュームで、ペニスが快楽に堕とされる。陰嚢をぐっと上がって、精子がこみ上げてくる。咲希も痙攣するペニスに何かを感じてのか、喉の奥まで挿れさせて、そのまま舌を使う。ペニスの裏のくびれた部分を集中的に責められると、とうとう我慢が効かなくなり、生臭い子種を発射してしまった。ぴゅうぴゅうという液体の音とともに、快楽の証が喉にかけられる。

「ん、むぅぅ、ふぅ……っ! んく、んく……」

咲希はうっとりと目を閉じ、嫌な顔一つせずに、ごくごくと精子を飲み込むのであった。お腹がたぷたぷになるまで精子を飲まされたこともある。このぐらいの飲精は朝飯前だ。ペニスがびくつくたびに、鈴口から白濁液が漏れる。一通り精子を飲み干した咲希は、喉奥まで挿入されたペニスを口に含んだまま、舌で丁寧に汚れを舐め落とすのであった。鈴口ににじんだ精子を舌で舐め取り、全てを胃の中に収める。射精が終わっても咥え続け、おちんちんをケアするのだ。

射精が収まった後に来たのは、ほんのりと優しい、包まれるような快感であった。尿道に残った精液をあらかた吸い出し終えると、咲希はペニスを口から抜いた。唾液まみれの陰茎に頬ずりをし、先っぽにまたキスをして、淫靡なひとときに感謝を示すのである。

山奥の売春孤児院 JS少女とおじさんの受精セックス結婚式(JS11歳/妊娠)
JS鬼父睡姦 6年間眠らされ犯され妊娠した愛娘(JS7-12歳/睡姦レイプ)
子供企画 JS高学年強制AV出演(JS10歳)
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。