ロリ少女官能小説集:妹園児とアナルセックス(JE/幼稚園児5歳)(1)

18禁サイトです。18歳未満の方は閲覧出来ません。まずは完全無料作品からどうぞ(10作以上有)。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポニーテールの幼稚園児ちゃん(ねんちょうさん)にいたずらし、アナルセックスをしてしまう話です。年長さんにもなると、女の子らしくなって、なかなか可愛いですよね。かつては、幼稚園児専門の漫画雑誌があったぐらいだし(休刊しましたが……)、需要はあると思うんですけど、どうでしょう。幼稚園児が相手でも、手加減なしのハードエロ。一応和姦かな? 

小説のイメージ【幼稚園児 JE 幼女 ペド いたずら クンニ アナル 手コキ 初体験 近親相姦 3P】

-------------------------
俊介の妹は若菜という名前だった。可愛らしい名前。まだ幼稚園児だ。幼稚園の年長さんだ。言葉もはっきりとして、女の子らしくなって、お姉さんぶってみせて、それでもまだまだ幼稚園児で……。おもらしをしてしまうこともある。そんな子供だった。だから、中学生になって精通を経験した彼にとっても、妹は性の対象にならないはずであった。第一肉親である。無意識のうちに、性の対象として考えないようにしていたのかもしれない。

何もかもあいつが悪い。俊介の友人は重度のロリコンだった。重度というのはつまり、相当低い年齢でもいけるということだ。彼が家に遊びに来たとき、ふと、ある言葉を発して、彼の価値観が変わり始めてしまったのである。

「若菜ちゃん、美人だよなぁ」
「はぁ、美人?」

俊介はフローリングの床に座りながら、素っ頓狂な声をあげた。若菜は確かに可愛い。少し見ないぐらいに可愛い。ポニーテールをしていて、ちょこちょこと家の中を走る活発な幼稚園児だ。ぷるりとした形の良い唇、猫のようなイメージの瞳は、それだけで可愛い要素が詰まっていた。黒く綺麗な色合い。濃いまつげ。そしてよく笑顔になる。よく可愛い可愛いと言われる。家の中ではもちろん、家の外でも……。大きくなったら美人になるとも言われた。しかし、美人? 今の若菜が?

「美人ってなんだよ美人って。美人って言うのは、あれだ……、ほらあの女優みたいな」

俊介はテレビを指さす。そこには今をときめく人気女優が、トーク番組で雑談していた。整った顔立ちで、気品のある表情をしている。

「いや、若菜ちゃんのほうが美人だ」
「……可愛いなら分かるけどさ」
「じゃあ可愛い上に美人だ。ああ、可愛い、可愛い……」
「お前、ああいうのが良いのか? 前々からロリコンなのは知ってたけどさ」
「良い。結婚したいぐらい」
「冗談はやめてくれよ、お前が義理の兄弟なんてさ……」
「……」
「本気か?」

友人はこくりと頷いた。友人の名前は敬一という。俊介は、敬一が年下好きなことを知っていた。同級生よりも、むしろ隣の小学校の女児に惹かれていることも。それで時折、気の迷いか小学校に出向いて、付き合って欲しいと恋愛を申し込んでいるような筋金入りだ。もちろん全敗している。それでも、告白の対象は小学校高学年までだったから、周りも大して問題にはしていなかった。まだそれほど、年も変わるわけでは無い。ただ、特に仲の良い俊介は、敬一のストライクゾーンがもっと下にあると知っていた。敬一は周りの目を気にして、妥協策として高学年を狙っていたのだ。本当のストライクゾーンは小学校低学年。しかし、それがまさか幼稚園まで下ってくるとは、俊介も予測していなかった。

「俊介こそ本気か。あのぷりぷりの肌をみて何も思わないのか?」
「いや、思うも何も幼稚園児だし……」
「あの子のお尻とか大事な所を、毎日見てるんだろ……」
「いや、見てるけど……」

敬一の目は本気だった。本気でうらやましがっていた。だから俊介も考え込んでしまう。確かに可愛い。けれど、若菜は性の対象になるんだろうか……。

「なにしてるの、ふたりとも」

そしてそこに、当の若菜が割り込んできた。100cmほどという犯罪的な小ささ、ほとんどこびとのようなその体。しかし確かに若菜にも膣はある。そして、柔らかな尻も。あの真っ白い尻も。この園児にペニスを突きつけたら、どんな反応をするだろう。驚くだろうか、それとも……。若菜の言葉には、代わって敬一が返事していた。

「若菜ちゃんが可愛いって話をしてたんだよ」
「えっ、そうなの?」
「僕、若菜ちゃんみたいな子が大好きなんだ」
「けーいちくんが……?」

若菜にとっても少し予想外だったようで、女の子らしく、軽く顔を赤らめる。そしてうつむく。

「ありがと……」

その仕草は、たしかに可愛い以上の何かを持っていた。

それからというもの、俊介は若菜のことが気になって仕方なくなってしまった。さらさらのポニーテール。猫のような愛くるしさ。そして、小さいながらも、女としての特徴を有する体。ぷにぷにの割れ目。俊介は、自分までロリコンになってしまったように思えた。すでに思考回路は敬一に乗っ取られてしまったのかもしれない。あいつが変なこと言うから……。そして若菜は、走ったり、飛び跳ねたり。パンツが見えたりするのにもかまわず大股開きをするし、恥ずかしげも無く服を脱ぐ。気になって仕方が無かった。

そしてある日、若菜を風呂に入れることになった。共働きの両親が、二人とも遅くまで留守にする日だったから、若菜の世話は俊介がしなければならなかった。若菜は無邪気にはしゃぎながら、風呂場前でシャツやスカートを脱ぐ。パンツも脱ぐ。

「おにーちゃん、はやくー!」

若菜がとてとてと俊介の方に歩いてくる。小さな体、胸もなにもない。しかし性器だけは、明らかに俊介のものと違った。一直線に流れる何の飾り気も無いすじ。しかしそれがかえって、柔らかさをエロティックに醸し出しているような気がした。気がしただけだ。そう自分に言い聞かせて若菜を風呂に行かせようとする。

「先に入ってな。俺もすぐ行くから」
「はやくねー!」

そして走り去っていく。そのポニーテールの下の小さな背中、そして左右に揺れるまん丸い尻。尻は、大人も子供も変わらない。ただ、大きさが違うだけだ。若菜の尻は蒙古斑つきの真っ白で、女の子らしい丸みをすでに備えて、兄の視線を誘惑しているのであった。

妹園児とアナルセックス(JE/幼稚園児5歳)(2)へ進む

子供企画 JS高学年強制AV出演(JS10歳)
JSひまりちゃんエッチな初体験実習 近未来性教育(JS6歳)


関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。