ロリ少女官能小説集:英国幼女の誘惑 淫乱金髪JSと両穴セックス留学生活を発売しました

18禁サイトです。18歳未満の方は閲覧出来ません。まずは完全無料作品からどうぞ(10作以上有)。
英国幼女の誘惑 淫乱金髪JSと両穴セックス留学生活を発売しました。ホームステイ先の白人JSに誘惑され、エッチなことをしてしまう小説です。

初めての洋ロリもの。好評なら、他の国の子を題材に、また書いてみるつもりです。調べ物は増えますが……。

英国幼女の誘惑 淫乱金髪JSと両穴セックス留学生活
英国幼女の誘惑 淫乱金髪JSと両穴セックス留学生活(JS8歳/英国)

※この小説には以下の要素が含まれます。
小学生 外国 白人ロリ 金髪 誘惑 淫乱 オナニー シックスナイン フェラチオ クンニ セックス アナルセックス 3P 両穴セックス 失禁 中出し

【あらすじ】
古風な学術都市、冷涼な英国の夏。ホームステイ先の金髪幼女「エミリー」は、セックス大好き淫乱JSだった。日本のペニスに興味津々。懐いて遊んで交尾を求める。おまんこを晒して誘惑するのだ。ロリコン留学生隆介は、弱ったあげく幼い身体に手を出してしまう。シックスナインで絡み合う。クリ皮を吸い、大陰唇をしゃぶった。小さなお口がペニスを包み、幼い舌が亀頭を味わっていく。開発されたおまんこに、太い男根がぶちこまれる。成人顔負けの中出しセックスに身を委ねるのであった。肉欲の日々。お尻のアナルも堀りつくされる。両穴中出しを繰り返すうちに、二人の間に性欲以上の感情が芽生えるのであった。文字数約47000字。(鬼畜度:無 鬼畜な表現はありません)


【目次】
1.英国の金髪幼女
2.すべすべロリータの誘惑
3.発情少女にせがまれて
4.愛欲のシックスナイン
5.幼膣種付け
6.真っ白なお尻と子供アナル
7.エミリーの秘密
8.最高のご褒美
9.お別れの日


【登場人物】(★はエロシーンに登場する人物)
★斉藤隆介:さいとうりゅうすけ(20)
留学のため英国にやってきた青年。ホワイト家にホームステイすることになるが、一人娘のエロ幼女エミリーに誘惑され、大人と子供の肉体関係を結んでしまう。

★エミリー・ホワイト(8)
ウェーブのかかった金髪ロングの白人幼女。公立小学校に通う現役JSでありながら、大人顔負けの性欲を身体に秘める。ホームステイに来た隆介を誘惑し、禁断のセックスへと誘った。性経験は豊富なようだが……。

★ダグラス・ホワイト(40)
スキンヘッドの大男、エミリーの父親。家事と仕事の両方をこなしながら男手一つでエミリーを育ててきた。知り合いの息子である隆介をホワイト家にホームステイさせる。


【文章サンプル】
ふとももはぱっくりと開かれている。女の子の部分も、隠すつもりはない。もとより、そういう羞恥心よりも、性欲の方が勝ってしまうような幼女なのである。大股を開いて、ペニスが挿入される瞬間を心待ちにしていた。隆介のペニスは、射精を終えて間もないにもかかわらず、すでに固く勃起し、臨戦態勢を取っているのであった。亀頭が大陰唇に擦りつけられ、双方に小さな快感が生まれる。隆介はエミリーの濡れた金髪を触りながら、ためらいがちに尋ねるのであった。

「本当に入るんだよね」

エミリーは得意気に言う。

「うん。私ね、大人のおちんちんでエッチしたこと、たくさんたっくさんあるの。3歳の時に初体験して、5歳の時におちんちんを挿れてもらったんだよ。凄いでしょ?」

隆介はエミリーのぺったんこな胸を触る。こうしてスキンシップしてやることが、エミリーにとって、何よりのご褒美になるのであった。エッチなことに対して、エミリーは罪悪感を抱かなかった。むしろ、大人と対等にセックスをしている自分を、他の子よりも大人なんだと、誇りにさえ思っているのであった。ヴィクトリア朝的な禁欲は、妖精のような英国幼女からすっぽりと抜け落ちていた。

「凄いよ、今でもこんなに小さいのに……」

エミリーは照れくさそうに微笑んで、濡れたロングヘアーをいじっていた。遠慮はいらない。先ほどのシックスナインで、エミリーのおまんこは十分に濡れていた。表面部分の汁はシャワーで流されてしまったが、内側にはマグマのように熱い愛液がしたたっている。ひくひくと敏感に反応している。一度挿入すれば、ペニス全体がエミリーの発情した肉に囲まれてしまう。きつく締め付けられた指の感触。あの締め付けをペニスが味わうのだ。どの瞬間に射精してもおかしくない。隆介は唾液を飲み込んだ。

亀頭を割れ目の下側に当て、強く押し込んでいく。穴は小さく抵抗があったが、膣を探り当てると、膣肉の方から喜んで吸い付いてきた。ペニス全体が膣内に飲み込まれてしまう。

「うっ、く……」
「んぅ……、はぁ、はぁっ、隆介の、おちんちん……!」
「凄く気持ちいい……。子どもなのにずるずる入ってくよ……」

あっという間に亀頭が飲み込まれる。エミリーの膣は成人女性を超える柔軟さで、暖かくおちんちんを迎えてくれるのであった。

「まだ生理は来てないんだよね?」
「来てないよ……。赤ちゃん、出来ないから……。せーえき、中に出して」

せり上がってくるペニスを楽しみながら、そっと妖艶に微笑む。

「精液が漏れちゃうぐらい激しくして。私もエッチするの久しぶりなんだ。だからね、おまんこが熱くなってね、今、すっごくドキドキしてるの」

正常位で見つめ合う。空色の瞳と黒い瞳、視線が溶けてからみ合った。ペニスは深く進む。膣壁がぐにぐに動きながらペニスを中に導いてくれる。どこまでも挿入できてしまいそうな気がした。だが8歳の子供である。子宮口まで堀り進んでも、挿入できるのはペニスの60%といったところだ。だが、根本まで入らないからといって、快感が減じるわけでもない。とろとろに濡れた肉が、ちゅうちゅうとペニスに吸い付き、熱っぽく甘えてくる。粘ついた壁がペニスをこすっている。日本の制度に換算するなら、エミリーはまだ3年生だ。そんな小さな女の子が、成人男性のペニスを受け入れる。そのこと自体がすでに奇跡だった。

英国の女の子が、日本の女の子よりも発育がいいのだといっても、挿入できる子は例外的であった。大半の8歳児は、セックスと言われても、イメージさえ沸かないかもしれない。エミリーは広いグレートブリテン島の中でも、飛び抜けてエッチな女の子なのであった。

「はぁ、はぁ、はぁぁ……。隆介の、入ってるよ……」
「こんなに深く繋がって……。苦しくない?」
「ううん。とっても気持ちいいよ」

本当は犯罪なのに、こんなリスク取れないはずだったのに。隆介の頭は、目の前の幼女を犯すことでいっぱいで、他のことなんて考える気にもなれなかった。繁殖できないほど幼い女の子に、繁殖欲求を感じている。小さくて可愛らしいおまんこ。肉厚の大陰唇からクリ皮の頭が出ているだけの、子供らしい割れ目だった。そこにペニスが突き刺さると、女性器として活発に動き始める。初潮も迎えていないのに、エミリーはメスになっていた。どんなに小さくてもおまんこはおまんこなのだ。締め付けることも、気持ちよくなることも出来る。よく慣らせば、広げて挿れることだって不可能ではなかった。

「はぁ、はぁ……」

エミリーは口を半開きにしながら、切なく悶えて、息を切らすのであった。まだろくに動いてもいない。お股にペニスが入っている感触が、それだけで心地いいのであった。

英国幼女の誘惑 淫乱金髪JSと両穴セックス留学生活(JS8歳/英国)
清楚系変態お姉ちゃん オナニー晒しのJK姉は弟くんに恋をする(JK17歳/おねショタ)
関連記事