ロリ少女官能小説集:飲精妖精(JS/小学生相当相当/妖精・小人)(1)

18禁サイトです。18歳未満の方は閲覧出来ません。まずは完全無料作品からどうぞ(10作以上有)。
突然やってきた妖精さんとセックスをして子作りしてしまう話です。ちょっと前に書いたやつ。ファンタジー要素多め。有料小説のサンプル等を掲載する合間に、ちょくちょく載せていきたいと思います。

小説のイメージ【JS 小学生相当 妖精 小人 体格差 ファンタジー要素有 セックス 飲精 妊娠 出産】

-----------------------

ワインボトルよりも小柄な、青色の妖精が早朝のひんやりした空気をかき分け、住宅街の上を飛行していた。妖精の少女は、平坦ながら美しい裸体を晒しているが、それにもかかわらず、恥じることはなかった。ある種の妖精は衣服を身に纏わずに生活をするのだ。性器を隠して恥じるような文化も存在しないわけである。

目下に見えるは人間たちの住む小屋。均一な角ばった家々が、これまた代わり映えのしない色合いで延々と続いている。車も人通りも少ない。人の好奇心から逃れるため、隠れて生きる妖精たちにとって、早朝は行動するにうってつけの時間帯なのであった。

大きな期待の中にわずかな不安が入り混じる。だが口元は、得られるはずのあの魅力的な棒を想像してか、柔らかい笑みを崩すことができない。今日は、妖精が生まれて死ぬまでの約10年間でもっとも大事な行事、巣立ちを行う日なのである。

「この辺だったよね……間違っちゃったらタイヘンだ」

妖精はあまり外に出ない。人間の街の地理はよく分からない。けれどもこの妖精、今日のために何度もルートを確認し、ドンピシャであの家にたどり着けるよう準備してきたのだ。地味な瓦屋根を備えた建物の一階……いよいよだ。妖精は透明な羽の微妙な働きによって、一つの家の上でホバリングする。

「よし、よし……うん、よし」

隣の家の色合いを指さし確認。うん、あの家で間違いない。妖精の心が不安に揺れ始める。緊張の汗でおでこがびっしょりと濡れていた。手の甲でそれを拭い、深呼吸をする。そしてゆっくりと、周りを伺いながら少しづつ高度を落としていった。

妖精は実在する。人と人の間にひっそりと隠れて、独自の文化を築いているのである。彼女のように、好んで人間に接触するような種族は、例外中の例外であった。

子供企画2 JSサッカー少女レイプビデオ撮影(JS11歳)
自画撮りJCと売春JS 背徳のネット露出(JS11歳/JC12歳)
関連記事