ロリ少女官能小説集:JS鬼父睡姦 6年間眠らされ犯され妊娠した愛娘を発売しました

18禁サイトです。18歳未満の方は閲覧出来ません。まずは完全無料作品からどうぞ(10作以上有)。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
JS鬼父睡姦 6年間眠らされ犯され妊娠した愛娘を発売しました。娘のことが好きすぎる父親が、妻の死をきっかけに娘にいたずらし始めるというお話です。眠らせて犯す系。レイプもありの鬼畜作品。実行するのはダメゼッタイ。

5万字で6年間を書くのがなかなか大変でしたが、長期間に及ぶいたずらを書いてみたかったので……。育っていく少女の姿をお楽しみ下さい。

JS鬼父睡姦 6年間眠らされ犯され妊娠した愛娘
JS鬼父睡姦 6年間眠らされ犯され妊娠した愛娘(JS7-12歳/睡姦レイプ)

※この小説には以下の内容が含まれます。
小学生(1~6年) 成長 昏睡 睡姦 強姦 全身舐め クンニリングス ディープキス 指挿入 オナニー アナルセックス セックス 中出し 妊娠 愛欲 鬼畜 近親相姦

【あらすじ】
楽しいはずのお誕生日。7歳黒ロング幼女「河村すみれ」は、天国のママを想い涙を流した。パパの慰めでようやく落ち着く。手作りのケーキを食べ、心の傷を癒やす。優しいパパに微笑んでみせる。ケーキの中に睡眠薬が入っているとも知らずに……。母の死を境に鬼父の性欲が剥き出しになった。昏睡させられたすみれは、お洋服を脱がされ、パパの舌に陵辱される。少女は眠らされ、「6年間」知らないままに強姦され続けることとなった。クンニリングス、指挿入、盗撮、アナルセックス。眠りの中の身体が幼くも絶頂する。やがて初潮がやってくる。陵辱の果てに、強制中出し種付けが行われ……。守ってくれるママは、もういない。文字数約53000字。(この小説には鬼畜な表現が含まれます)

【目次】
1.1年生 舐め回された少女
2.2年生 男根で弄ばれた少女
3.3年生 指を挿入された少女
4.4年生 オナニーを見られた少女
5.5年生 アナルセックスをされた少女
6.6年生 膣内射精された少女
7.中学1年生 全てを知った少女

【登場人物】(★はエロシーンに登場するキャラクター)
★河村すみれ(7~12)
ロングヘアーの小学生。1年生のときに母親を失い、父親との2人暮らしになる。父親に眠らされ犯されてしまうが、それに気づくことは出来ない。

★鬼父(30~36)
すみれの父親。小学生の娘に激しい劣情を抱き、母親の死をきっかけに娘の睡姦を始めた。愛情と欲情が入り混じり、暴走し、行動は徐々にエスカレートしていく。

【文章サンプル】
「ん、ふ……」

すみれの喘ぎ声。父親はかまわず、人差し指を突き出し、クリトリスの皮に触った。何度も触ったせいか、クリトリスを包む鞘は、明らかに大きく発達していたのであった。割れ目の状態でもちらりと見えるほど、皮の量が増えている。そのクリ皮を何度も上下にこする。驚かさない程度にそっとつまんで、中の豆を刺激するように、奥までしっかりと摘み上げていく。おまんこを優しく愛撫してやると、すみれの息が変化し始めるのである。静かだった寝息が明らかに乱れ、荒くなっていくのだ。はぁはぁと息をする。頬がぽってりと赤くなって、肩をよじり始めるのである。

眠っていても下半身の感覚はあるようだ。気持ちよさも感じるし、刺激が積み重なれば、イってしまうこともある。クリトリスを一通りなでた後、桃色の膣口を触る。交尾に使うための肉管は、ペニスを挿れるにはあまりに小さかった。とろみのある愛液が処女膜の穴を通って、しみ出て、アナルの側にまで垂れていた。指先についた快感の証を見ながら、父親はつぶやく。

「すみれも気持ちいいんだよな……?」

すみれの顔は火照り、生暖かい汗が身体を濡らしていた。その反応こそ、父親の質問に対する応えなのであった。

クリトリスへの刺激をやめると、すみれの息もだんだんと元に戻っていった。目をつむって、夢の世界に浸っている。どんな夢を見ているのだろうか、エッチな夢だろうか。子供だから、そこまで具体的な夢は、見ることが出来ないかもしれない。父親は娘の膣から手を離した。閉じた大陰唇にフレンチキスを重ねた。においながら濡れる幼裂を、濃厚に舐めあげて、名残惜しげに顔を離すのであった。娘の反応を目撃した父親は、抑えが効かないほどに興奮している。ズルムケのペニスの先からは、透明なカウパーを流しているのであった。

「じゃ、今日も、すみれの身体を使わせてもらうよ……」

ほんの少しだけ申し訳なさを感じつつ、勃起したペニスを娘のぽっこりお腹にこすりつけ始めた。娘はまだ小さい。慎重な性格の父親は、指やペニスを挿入することはなかった。すみれの下半身が傷つけば、疑われるのは父親しかいないのである。娘は自分のものなのだ。この美幼女を愛でることが出来るなら、それで満足なんだ。そう考えて、父親は自分を納得させてきたのだ。

娘との交わりは、いくつかのパターンに限定されてしまった。全身を触り、膣を舐めたりして、幼女の色香を味わう。興奮しながら、自分でペニスをしごく。あるいは、すみれの柔らかな身体にペニスを擦りつけ、小さな身体に欲望を吐き出してしまう。2年生のころまでは、そういう比較的ソフトなプレイを中心にして、性欲を処理したのであった。

亀頭がお腹の肉にうずまり、へそをぐりぐりと犯し、胸に移行する。ぺったんこの胸にペニスをこすりつける。成人女性のように、柔らかな脂肪に包んでもらうことはできないが、小さく勃起した乳首と擦り合わせると、すみれの口からも声が漏れ、背徳的な快感に浸れてしまうのであった。胸に飽きれば、今度は口だ。先ほどオムライスを食べた唇は、半開きになって涎を垂らしている。そこにペニスをこすりつけるのだ。小さな顔とペニス。あってはならない取り合わせ。口に挿れることは出来ないが、唇が裏筋に触れると、フェラをしてもらっているかのようで気持ちがいい。ぞくぞくとする。

女児の身体を一通り堪能した後、最後に向かうのが膣であった。オムライスのようにふんわりとした大陰唇に、勃起した男根をこすりつける。柔らかい。今日は、先ほど愛撫してあげたかいもあって、すじの周りがじんわりと濡れているのであった。割れ目にぐりぐりおしつけると、割れ目の中でくちくちと粘っこい音がして、セックスの気分が高まっていく。

本当に挿入し、果ててしまうわけではない。柔らかな外陰部にペニスをこすりつけ、達しようというのである。

「はぁ、はぁ、すみれ……」

JS鬼父睡姦 6年間眠らされ犯され妊娠した愛娘(JS7-12歳/睡姦レイプ)
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。