ロリ少女官能小説集:おまたみがき(JS6歳/オナニー?)(1)

18禁サイトです。18歳未満の方は閲覧出来ません。まずは完全無料作品からどうぞ(10作以上有)。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小学生の女の子がやわらかブラシでおまたの掃除をして感じちゃうお話です。以前Kindleで出した、JSひまりちゃんエッチな初体験実習 近未来性教育のボツになった部分。ボツ部分の再利用なので、本編の設定と異なる部分があります。

JSひまりちゃんエッチな初体験実習 近未来性教育(JS6歳)

小説のイメージ【JS 女子小学生低学年 幼女 ロリ ブラシ オナニー クリトリス】

-----------------------

小さなマンションの一室。タンスや机、化粧台などが狭苦しく並んでいる部屋の床に、3つの布団が仲良く敷かれていた。父母と娘、小学校に上がったばかりの6歳である陽毬は、ネコさん模様の可愛らしい桃色パジャマに身を包み、背中のくびれあたりまで伸びる真っ黒な髪の毛を揺らしながら、あやふやな布団の床を裸足で歩いていた。一番奥の布団では、陽毬の父が布団にくるまって週刊誌を読んでいる。電灯の明かりが部屋の隅々にまで行き渡っている。すりガラスの窓からは街灯の明かりがぼんやりと差し込んでいた。

「パパ、なにしてるの?」
「んー? ご本を読んでるんだよ」
「わたしもよみたい」
「陽毬にはちょっと早いな」
「えー」

陽毬は小さな体でしゃがみ込む。そして週刊誌の中にある文字列に目を通した。大人の掌に収まるような小さな手で、週刊誌のページを触り、指で文章をなぞってみる。読める限りのひらがなを声に出して読んでみる。しかし、本の中には漢字ばかりがあって、陽毬には良く分からなかった。困った顔をしてちっちゃな指を握りしめ、陽毬は布団に転がった。

「むずかしいほんだねー」
「パパは大人だから、こういう物も読まないといけないんだ」
「へぇ、パパすごい」
「陽毬、騙されないで。そんなものばっかり読んでたら、脳がスポンジになっちゃうんだから」

女性の声がして、陽毬は部屋の入口を見た。寝間着に着替えた陽毬の母だった。ロングヘアーに櫛を通している。陽毬は口をぽかんと開けて、父の方を見た。

「そういう言い方ってないだろー。週刊誌でも、世間話のネタぐらいにはなるんだよ」
「そうね。ま、どうでもいいけど。……そうだ、陽毬。"おまた磨き"はちゃんとやったわよね?」
「んー、えっとぉ」

陽毬は母の顔から視線をそらす。熟練した母親は、それだけのことで子供の隠し事を見抜くことが出来る。それでも、なお優しく、自発的に発言させるようにする。

「どうなの?」
「……まだやってない」
「駄目よ、ちゃんとやらなきゃ。やらなきゃいけないって、お知らせにも書いてあったじゃない」
「だってぇ……あれ、おなかのしたがビクぅってするんだもん」
「怖いのは分かるけど、少しづつ慣れていかなきゃ。大事な所は綺麗にしておかなきゃいけないし、初体験実習の本番までには、アソコの刺激に慣れておかないといけないんでしょ」
「うん……そうだけど。わたし、おまたみがきすきじゃないもん」
「初めはみんなそうなのよ。少しづつ慣れて好きになっていくんだから。大丈夫よ、陽毬」

母は陽毬に手を差し伸べる。陽毬はおずおずとその手を掴み、観念して起き上がった。

「しなきゃダメ?」
「だーめ」

そして母は、陽毬を安心させるようにその髪の毛を撫でたのであった。

性についてのネガティブな偏見が全て取り払われたこの時代、児童の性的満足度の向上は、教育上の重要な課題となっている。小さい頃から性的なものに慣れ親しむ。それが、将来の性生活の充実、果ては少子化対策にもつながる……そんな文科省の思惑はともかく、陽毬の母は、陽毬がエッチなことを楽しめる、ちゃんとした子供に育ってくれることを望んでいた。

気持ちいいのは良いことだ。美味しいモノを食べることも、お風呂にはいることも、エッチなことをすることも、みんな気持ちよさにつながる。人生の満足度につながる。性器は不思議だ。触るだけで満足することが出来るので、その他の娯楽と違ってお金がかからない。その気持ちよさを楽しめるよう、両親は最大限努力する。そんな教育方針は、この時代にあっては非常に一般的なのであった。

「ほら、パパも手伝って」
「お、俺も?」
「何よ」
「女の子だから、ちょっとなぁ。遠慮しちゃうんだよなぁ」
「パパがそんなこと言ってたら、陽毬がちゃんとした大人になれないでしょうが」

父はしぶしぶ週刊誌を閉じ、布団から出てくる。

「パパとママがついててあげるから、ね。怖がらないで。良い子だから」
「……うん、分かった」
「それじゃあおいで。洗面所でしてみよっか」

陽毬は無言で、こくりと頷いた。

洗面所にやってくると、陽毬の母はピンク色のパジャマズボンを下ろさせた。ディフォルメされたくまさんがプリントされた、可愛らしいパンツが現れる。それも手早く脱がすと、折りたたんで床の上に置いた。つるつるの割れ目が見える。すじの周りまで真っ白で、男はおろか、性の感覚さえろくに理解していない無垢なおまんこである。女児特有のすべすべ肌は膣にいたっても健在で、触るとぷにぷに、押し込むとどこまでも沈み込んでいく。その間、陽毬の父は湯沸かしの電源を入れ、蛇口を捻ってお湯に変わるのを待っていた。陽毬はそわそわとして、手の指をこねながら期待と不安を入り交じらせていた。そんな陽毬の性器に、母は鼻を近づけた。

「おしっこの臭いがする……やっぱ磨かなきゃ駄目だわ。ねえパパ、お湯は?」
「温かくなったよ」
「それじゃあまずは軽く洗おうか。足開いて」
「……こわくない?」
「大丈夫よ。ちょっとずつ洗っていくからね」

陽毬は素直に足を広げた。ぷにぷにの膣が少しだけ開くが、それでも具は現れない。小学1年生の膣はそれだけ肉厚なのだ。母はそのしっとりとしたふとももを抱え、陽毬は洗面台の上に座らせた。性器に水がかかれば、汚水は排水口に流れていく。そんな位置である。陽毬のぴっちりと閉じたすじ。母はそこを傷つけないように、そっと指で触り開いていった。にちゃりと粘っこい音がする。

「ん……」

JSひまりちゃんエッチな初体験実習 近未来性教育(JS6歳)
JSレズ開花 家庭教師お姉さん性の百合授業(JS10歳/18歳/レズ)


関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。