ロリ少女官能小説集:JSレズ開花 家庭教師お姉さん性の百合授業を発売しました。

18禁サイトです。18歳未満の方は閲覧出来ません。まずは完全無料作品からどうぞ(10作以上有)。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
JSレズ開花 家庭教師お姉さん性の百合授業を発売しました。小学4年生の女の子が、下宿に来て家庭教師をする大学生のお姉さんにエッチなことをされて、女の子同士の性を成熟させる話です。いわゆる「おねロリ」。

初めての百合物ですが、Kindleではどうなんでしょうね。

JSレズ開花 家庭教師お姉さん性の百合授業
JSレズ開花 家庭教師お姉さん性の百合授業(10歳/18歳/レズ)

※この小説には以下の要素が含まれます。
小学生(高学年) 女子大生 レズ 百合 ディープキス お風呂で洗いっこ 性器観察 手マン 巨乳責め クンニリングス セックス 恋愛

【あらすじ】
小学生と女子大生、百合官能小説。小学4年生「雨崎彩乃」は、家庭教師「牧野美緒」のキスで女の世界へと誘われる。同性への欲求をひた隠しにしてきた彩乃。その心が美緒の下宿をきっかけに変わった。家庭教師お姉さんとの生活に、性欲を刺激されてしまう彩乃。一緒にお風呂。美緒は彩乃を誘惑するように、惜しげも無く裸体と巨乳を晒す。美緒の身体は魅惑的で、彩乃の幼い性欲は、焦げるほどに燃え上がってしまった。幼膣を指で慰める日々。先生はきっと男の人が好きなんだ。我慢しなきゃ……。しかし、秘密のキスとともに美緒もレズビアンだと判明する。触れ合い、舐め合い、身体を重ねる。クンニリングスやシックスナイン。絶頂も知らない子供の膣が、お姉さんに教育されてしまう。彩乃はレズビアンとして、幼いながらに開花するのであった。文字数約48000字。

【目次】
1.初めてのディープキス
2.女の子のことが好きだった
3.少女の妄想
4.百合少女は今日も悩む
5.愛の確認
6.先生のおまんこ
7.愛欲の性活
8.抱き合って、絡んで、舐めて
9.突然の別れ
10.18歳の夏

【登場人物】(★はエロシーンに登場する人物)
★雨崎彩乃:あまざきあやの(10)
女の子が好きな小学4年生。132センチ。黒髪のポニーテール。女の子しか好きになれない自分に思い悩んでいる少女。

★牧野美緒:まきのみお(18)
女の子が好きな大学1年生。161センチ。セミロングの黒髪。雨崎家の遠い親戚で、大学に通うために下宿し、彩乃の家庭教師を務めることになった。

●彩乃の母親(34)
彩乃の母親。几帳面な性格で家庭を取り仕切っている。美緒のことは、小さい頃から知っている。

●春香:はるか(9)
彩乃の同級生で、一番の友達。ショートカットの元気娘。男の子との恋に憧れている。

【文章サンプル】
「女の人のここはね、エッチな言い方だと、まんことか、おまんこって言うの」
「おまんこ……これが、おまんこ」
「そう。これが先生のおまんこ。彩乃ちゃんに見られてたら、なんだか気持ちよくなってきちゃった」

美緒はくすくすと笑う。

「どうかな、先生のおまんこは」
「私のと違って、毛も生えてて……」
「彩乃ちゃんはまだツルツルだもんね」
「は、はい……」
「触ってごらん。もっと違うところがあるよ」

彩乃はおそるおそる性器に生えた毛に手を伸ばした。柔らかい。芝生のようにふさふさとしている。愛液が指に絡みついて、顔が赤くなってしまう。最初は陰毛だけを触っていたのだが、少しづつ中へ、肉へと指先が移っていった。大陰唇のしっかりとした肉感。割れ目を触ろうと指を動かす。すると、何か皺のついたものに触れ、思わず手を引っ込めてしまうのであった。

「ちゃんと触らないとお勉強にならないでしょ」
「はい……」

彩乃は割れ目からはみ出たものに触る。それは発達した小陰唇であった。皮のかたまりのようなそれを、好奇心のままに、何度も触ってみる。揉んで、つまんで、引っ張ってみる。引っ張ると、濡れた膣肉がくちゃりと鳴って、美緒の口から声が漏れるのであった。

「ん……そこはね。小陰唇って言うの。丁寧に触ってもらうと気持ちいいんだ」
「私、このびらびらしたの無いかも……、大人になったら出来るんですか?」
「ううん。隠れてるだけだよ。子供のうちは小さくて、割れ目の中に隠れちゃうの。大人でも、出ていない人はいるけどね」

彩乃は指で小陰唇を揉み続ける。大陰唇とはまた違う感触があって、いつまでも揉みたくなってしまういやらしさがあった。美緒は彩乃に触られるたびに、甘い吐息を漏らして、子供に愛撫される快感に震えていた。彩乃は気持ちよくなる美緒を観察しながら、心臓をばくばくと踊らせ、息を荒げるのであった。

「おまんこの肉、開いてみて……違う所は、まだまだあるのよ」
「は、はいっ……」

彩乃の声は、興奮のあまりうわずってしまった。美緒はむっちりとした足を開き、勉強机の上で開脚してやる。陰毛がからみ合っていた部分が薄れ、森はわずかに切り開かれる。大陰唇が割れ、茂みの奥に小陰唇が見え隠れしているのが、彩乃の目からも分かった。彩乃はそこに顔を近づける。香水のそれとは違う、とろけるようなエッチな香りが、彩乃の鼻孔にもはっきりと漂ってくるのであった。

「先生のにおいがする……」

うっとりして顔を近づける。細い子供の指が陰毛をのけて、外陰部をまじまじと見た。女の子のおまんこは、大部分が奥の方にあるので、見ようと思わなければ、なかなか確認する機会もない。間近で見る大人のおまんこは、わずかに茶色がかっていて、ぷよぷよで、でこぼこで、フェロモンたっぷりの匂いがして、エッチな毛が生えていて、彩乃が触るたびにひくひくと動いているのであった。見ているだけで、変な気持ちになってしまう。彩乃自身のおまんこももうどろどろだった。美緒の興奮したメス穴を見て、彩乃もメスとして発情してしまったのである。

指が大陰唇をつまみ、そっと開こうとする。しかし、手つきがあまりにも優しくて、上手く開くことができない。つまんだり、ひっぱったり。おまんこを開くことさえ初めてで、なかなか勝手が分からない。割れ目に指を入れて、押し開くようにして、ようやく中身を露出させることが出来た。肌の白さとは対照的に、膣の内部は赤かった。刺し身のまぐろのようだと思った。小陰唇が膨らみ、クリトリスの皮から豆が顔を出し、下の方にある穴からは、透明なジュースがとめどなくこぼれ落ちるのであった。

JSレズ開花 家庭教師お姉さん性の百合授業(10歳/18歳/レズ)


関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。