ロリ少女官能小説集:娘の友達(JS/小学校高学年10歳/睡姦・レイプ)(4)

18禁サイトです。18歳未満の方は閲覧出来ません。まずは完全無料作品からどうぞ(10作以上有)。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
娘の友達を睡眠薬で眠らせ、ロリコン性欲を発散してしまう話です。
→最初から読む←

小説のイメージ【女子小学生高学年 JS 黒髪 ショートヘア ボーイッシュ 元気 妄想 睡姦 クンニ セックス 中出し】

-----------------------

「ふわぁ~」

食事が終わって10分もした頃だろうか。リビングルームの中にいる佳奈が、大きなあくびをした。妻の慶子は台所で食洗機を使用しており、佳奈と葵ちゃんはリビングのソファーでバラエティ番組を見ていた。

「ねむ……」
「おや、眠いならそろそろ部屋に戻ったほうがいいよ」
「佳奈眠いんだ……。私もなんか、すっごく眠くて……ふわ」
「多分、遊びに来てはしゃぎすぎたんだろう。ほら、こんなところで寝たら風引いちゃうよ」
「はーい」

葵ちゃんは起き上がった。佳奈はというと、もう半分夢の中といった風で、足取りがふらふらと危うい。薬を盛りすぎたのだろうか。

「おっと、大丈夫かな」
「うん……」
「ほら、連れて行ってあげよう」

私は佳奈をお姫様だっこの形で抱きかかえた。そして葵ちゃんと並んで歩き、二階にある佳奈の寝室へと向かった。

「葵ちゃんは、佳奈の部屋で寝るのかな
「うん」
「そっか。それじゃあ、二人で仲良くおやすみ」

僕は佳奈の部屋の扉を開け、電気をつけた。ピンク色のベッドに、巨大なテディベア。棚には少女漫画と教科書がぎゅうぎゅうに並び、勉強机は整理整頓されている。理想的な小学生女児の部屋だった。私は胸の中で眠ってしまった佳奈をベッドに横たえた。葵ちゃんもベッドに飛び乗り、佳奈の横に寝転ぶ。枕を二人で使うのは少々狭苦しかったが、こんな経験もお泊まりの醍醐味だろう。

「へへ、ふわふわだ」
「葵ちゃんはベッドを使うの初めてかな」
「うん。うちじゃいっつもせんべい布団だもん」」

私は二人にシーツをかけてやった。葵ちゃんもうとうととして、半分眠りかけている。

「いいなぁ、佳奈の家って。うらやましい」
「そう?」
「うちってさ、すっごく貧乏で……お小遣いだって全然貰えないんだよ。それなのに、佳奈は……月に一万円ももらってるんだよね」
「小学生にしては少し高いかもね」
「羨ましいよ……」

その気持ちは良くわかった。私の実家も裕福とはいえず、学費も奨学金頼りだった。

「でも、あんまりお家の悪口を言うのは良くないと思うな。葵ちゃんのご両親も、子どもたちのために頑張ってるんだよ」
「頑張ってないよ。特に親父なんて、お酒のんでばっかりだし、ぶってくるし」

私は葵ちゃんの頭をそっと撫でてあげた。その頬がほんのりと赤くなる。

「……またいつでも遊びにおいで」
「うん。絶対来る」

葵ちゃんは私の顔をじっと見ていた。目がきらきらとしていた。どうやら私は、葵ちゃんの中で素敵なおじさんになれたらしい。光栄なことだ。今すぐにでも抱きしめたい。だが、私が持っている欲望を全てさらけ出したとしたら……それでも、やはり軽蔑するだろうか。怖がるだろうか。あるいは、意外にすんなり、私の欲望を受け入れてくれるのだろうか。試してみたい気もする。しかし私は、今まで築き上げてきた全てを失ってまで、葵ちゃんを抱く気にはなれなかった。

全ては眠りについてから。それが一番良いのだ。

「それじゃあ、おやすみ」
「うん、おやすみ」

私は部屋の明かりを消し、一旦廊下に出る。ちょうど、慶子が階段を登ってきたところだった。慶子も睡眠薬が良く回るほうだった。やはり親子なのだろう。佳奈のようにふらふらと危なっかしく歩きながら、ようやく二階にまで辿り着いた。

「二人は……」
「もう眠ったよ」
「そう」

慶子は床に目をそらす。そしてぽつりと呟いた。

「あの、あなた……」
「ん?」
「……」

慶子は閉じていく瞼と闘いながら何とか立っているという状態だった。じっと私を見上げていたが、何を言わず、壁に手をつきながらまた歩き始めた。

「具合でも悪いの」
「少しだけ」
「部屋まで付き添おうか」

慶子は首を横に振った。

「大丈夫よ……、もう眠いから、おやすみ」
「……ああ、おやすみ」

慶子はそのまま廊下の奥にある寝室に向かった。そして扉を閉じ、辺りは静かになった。……邪魔者は居なくなった。

あと少しだけ、皆の眠りが深くなるのを待って、それから事に及ぶことにしよう。今年になってやってくる娘の友達たちは、だんだんと体が育っていた。思春期の一歩手前だ。そろそろ、ペニスを挿入することも出来るかもしれない。葵ちゃんは体が柔軟そうだから、きっと……。一人妄想をふくらませる。あのズボンを早くはぎとってみたい。あのチャックの奥には、柔らかな膣があるに違いないのだ。

そして私は、部屋の中でムラムラとしながら時を過ごし、30分ほど待機し、ようやく妄想を実行することにした。

幼風俗 売春幼女ハーレム禁断のメス穴セックス(JE3-5歳/売春)
JS鬼父睡姦 6年間眠らされ犯され妊娠した愛娘(JS7-12歳/睡姦レイプ)
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。