ロリ少女官能小説集;2016/ 02の記事一覧

ここでは、ロリ少女官能小説集での 2016年 02月 に掲載した記事を表示しています。
【作品概要】
リストラされた2人の男が貧窮の末に手にしたのは、幼○を陵辱撮影する完全違法バイトだった。報酬に目が眩み、ワゴン車を走らせ、放課後の通学路で小さな獲物を探し出す。彼らの視界に入ったのは、一人きりで帰宅する大人しそうな幼○だった。――小学3年生「堀内真凛」は、強引に車に連れ込まれる。知らない車の後部座席で、艶めかしく閉じた子供まんこを指やローターで責められる。恥辱と恐怖でぐずりながら身をよじるが、欲望にまみれた肉棒は止まらない。2本のペニスを代わる代わるねじ込まれ、オナニーも知らない幼○は痙攣しながら絶頂した。これが赤ちゃんの作り方。お母さんになる唯一の方法。生々しい事実を体験し、小さな口で喘ぎながら戸惑いの涙を流していた。林の奥のレンタカーで、子供まんこが滅茶苦茶に犯される。堀内真凛の初めては、ふたりがかりのレ○プだった。(文字数約63000字)

(※販売中の作品に伏せ字等はありません。伏せ字はFC2ブログの単語規制によるものです)

JS誘拐陵辱撮影 学校帰りの女の子を車内で滅茶苦茶に輪姦した 男達が手にしたバイトは美少女をレ○プする違法ビデオの撮影だった (YKロ○ータ文庫)
JS誘拐陵辱撮影 学校帰りの女の子を車内で滅茶苦茶に輪姦した 男達が手にしたバイトは美少女をレ○プする違法ビデオの撮影だった(JS8歳/誘拐強○)

「結構良い形してるんだな。具合はわりと良さそうだ」

太った男は親指で交尾の穴を広げながら、小○生の膣穴の濡れたひだを鑑賞し、共犯者である痩せた男に言った。

「そうだ、そろそろカメラ」
「あっ」
「ぼうっと見てる場合じゃねえ。撮らなきゃ金にならないからな」

夢中だった痩せた男は、それでようやく思い出し、助手席にあるリュックサックから小さなデジカメを引っ張り出す。

「いけないいけない、忘れるところだった」
「しっかりしてくれよ。札束がかかってるんだから」
「智宏君だって、半分忘れてたじゃないか。……ええと、電源はどこだったかな」
「すげえやつ撮ってやろうぜ。上手くやればボーナスだ」

痩せた男はデジカメをいじり、そして構えておまんこを撮る。ズームを使って、遠くから接写する。真凛の頬は赤くなった。撮られてる。やだ。誰かに裸を見られたら、知ってる男の子が裸の写真を見ちゃったら……。撮影されていると知ると、幼○はふたたび身体をくねらせて抵抗した。動画や写真は恥ずかしさの桁が違った。ふたりに見られるのも耐え難いのに、もっと沢山の人に見られるのは嫌だった。しかし真凛のか弱い身体は、太った男に押さえ込まれる。

「おい、動くな」
「うぅ、ぐすっ、うーっ……!」
「暴れるなよ、撮れないだろ。大人しくしてろってさっきから言ってるだろ」
「んっ……! ふぅ、ふぅ……!」

おまんこを隠す右手の手首を掴まれて、閉じようとするふとももが強い力で握られる。柔らかな足に大人の指が食い込んで、真凛の肌につねられるような痛みが生まれた。整った鼻から、苦しそうな声が漏れた。真凛は懇願するような目で男達を見比べた。

「ううぅ……、んう、ふうぅ……!」

しかし真凛の真剣な気持ちは絶対に届かないのである。

「面倒なことはするなよ。これ以上暴れたら、一生おうちに帰れなくなるぞ。いいか、一生だぞ。一生は嫌だろ?」
「……っ! ふぅ、ふぅ……!」
「首輪を付けて飼ってやろうか。俺達のペットになって、一生裸で俺たちとヤり続けるんだ。お○っこもう○こも俺たちも前でするんだ。お母さんにもお父さんにも一生会えない。そうなったほうが良いのか?」

真凛は目を白黒させて震えだす。一生帰れないという言葉で、嫌な想像が風船のように膨らんだ。

「おとなしくしてろ。分かったか?」

太った男が軽めのつもりで脅しをかけると、真凛は本気で怯えてしまって、震えながらこくりと頷く。誘拐犯の軽い脅しも、子供の繊細な心にはずんと重く響くらしい。頬をぽろぽろ涙が流れる。自分はどうなってしまうんだろうと、幼○は青ざめ怯えていた。かすかに震える真凛を見て、痩せた男は申し訳無さそうに割り込んだ。

「ごめんね、僕達もこんなことはしたくないんだけど」
「金の為だからな。悪く思うなよ」
「ううぅ……」

お金のため? 誰かに売るの? 沢山の男の人に裸を見られちゃったりするの?

「終わるまで言うことを聞くんだぞ。そうすりゃちゃんと帰すから」

真凛の全身から力が抜ける。先程まで平和な日常で暮らしていた真凛は、可哀想なぐらい固まって抵抗できなくなってしまった。瞳を濁らせ、肩を震わせ、そのままでは大泣きしてしまいそうな雰囲気だったので、痩せた男はカメラを構えながら、怯える幼○に更なるフォローを入れる。

「大丈夫だよ。赤ちゃんを作る練習をして、写真や動画を撮らせてもらったら終わりだからね」
「ふぅ、ふぅ、ふうぅ……」
「帰ったらシャワーでも浴びて、全部忘れれば良いから。頑張ったらお小遣いもあげるよ。3000円ぐらい」
「ううぅぅ……」

お金なんていらなかった。おうちに帰して欲しかった。

「大人しくしてくれたら、暗くなる前に帰れるから。裸になって寝てるだけで良いから。それだけは約束するから、車の中にいるあいだは、お兄ちゃんたちに言うことを聞いてね。大きな声は出さないで、出来るだけ静かにね」

真凛は頷いた。頷くしか無かった。エッチなことをされてしまうのだとしても、これ以上逆らうような勇気は無かった。おっとりとして内気な性格の、真凛という女の子に、大人の身体を跳ね飛ばして、逃げるような蛮勇は無かった。痩せた男は頷くと、ワゴン車の窓から外に広がる林を見る。東西南北を確認する。太った男は、相方の様子を見て言った。

「どうかしたか?」
「いや……、何でもない。ただ、誰かに、見られてたらと思って……」
「もう何度も確認しただろ。目撃者なんていないんだよ」
「けど、なんか不安でさ……、警察とか呼ばれてたら……」

太った男は強い口調で反応した。

「何だよ……。おい、もっとどっしりと構えろよ。今更後戻りは出来ないんだ、それぐらい分かるだろ」
「ああ、うん、分かってるつもりだよ……」
「それなら、いちいちきょろきょろするな。俺まで気になってくるだろうが」

痩せた男はおずおずと頷き、真凛に対する撮影に戻る。太った男は興奮の目で真凛を見ていたが、その表情の奥底には、かすかな不安が敷かれていた。大人の視点から見れば、このふたりは平凡な20代の男に過ぎないのだろう。初めての重犯罪で神経質になるような、平均的な体力・精神力の男達でしかないのだろう。しかし身長にして120センチ少々しかない、小学3年生の小人のような幼○からすれば、このように平凡な男たちも、巨人のように大きくて逆らえない存在になってしまう。比率にして12対17程度、150センチ少々の成人女性に対する、2メートル超えの大男に等しい。

「ううぅ……」

真凛は儚げに両目を閉じた。今の真凛に出来ることは、怖い目にあわないよう、雛鳥のように震えていることだけだ。これから行われる陵辱を、遮るような力は無い。2倍の年齢になっても許されないような性行為を、小さな身体で耐えしのぐしかないのである。

レンタルされたワゴン車は、枯れ葉が落ちる林の中に停まっていた。陵辱が行われる秋の林は、一軒家とマンションが並ぶベッドタウンの中にあった。真凛が住んで学校に通う街は、人口密集地の外縁部にある茨城県の県南にある。歩ききれないほど広い日本列島の一部である。日本列島は地球の極一部である。

大勢の人間が生きながらえる世界で、堀内真凛のレ○プを知るのは3人だけだ。陵辱される真凛という女の子と、林の中に連れ込んだ誘拐犯達だけである。大声で叫んでも誰も来ない。すすり泣いても助けてくれない。真凛はそんな林の中で、一生に一度の初体験をするのだ。痩せた男は太った男に何かを渡す。ピンク色のその豆は、濡れる幼○の注意を引く。

「覚悟しろよ。帰りたくなくなるぐらい、気持ち良くなるからな」
「ふぅ、ふぅ、ううぅ……」
「暴れたりしないでね。本当に怖くないから、楽しい気分になるだけだから、力を抜いてリラックスするんだよ……」

真凛は鼻をすんと鳴らした。何を言っているのか分からなかった。ピンクローターの使い道も、その名前さえも知らなかった。本当におうちに帰れるのかも分からなかった。どうしてこうなっちゃったんだろう。これから何をされるんだろう。涙は既に止まっていたが、早まる鼓動は変わらなかった。ストラップが付いた可愛らしいランドセルが、陽光を浴びて悲しげに光沢していた。

JS誘拐陵辱撮影 学校帰りの女の子を車内で滅茶苦茶に輪姦した 男達が手にしたバイトは美少女をレ○プする違法ビデオの撮影だった(JS8歳/誘拐強○)
【作品概要】
リストラされた2人の男が貧窮の末に手にしたのは、幼○を陵辱撮影する完全違法バイトだった。報酬に目が眩み、ワゴン車を走らせ、放課後の通学路で小さな獲物を探し出す。彼らの視界に入ったのは、一人きりで帰宅する大人しそうな幼○だった。――小学3年生「堀内真凛」は、強引に車に連れ込まれる。知らない車の後部座席で、艶めかしく閉じた子供まんこを指やローターで責められる。恥辱と恐怖でぐずりながら身をよじるが、欲望にまみれた肉棒は止まらない。2本のペニスを代わる代わるねじ込まれ、オナニーも知らない幼○は痙攣しながら絶頂した。これが赤ちゃんの作り方。お母さんになる唯一の方法。生々しい事実を体験し、小さな口で喘ぎながら戸惑いの涙を流していた。林の奥のレンタカーで、子供まんこが滅茶苦茶に犯される。堀内真凛の初めては、ふたりがかりのレ○プだった。(文字数約63000字)

(※販売中の作品に伏せ字等はありません。伏せ字はFC2ブログの単語規制によるものです)

JS誘拐陵辱撮影 学校帰りの女の子を車内で滅茶苦茶に輪姦した 男達が手にしたバイトは美少女をレ○プする違法ビデオの撮影だった (YKロ○ータ文庫)
JS誘拐陵辱撮影 学校帰りの女の子を車内で滅茶苦茶に輪姦した 男達が手にしたバイトは美少女をレ○プする違法ビデオの撮影だった(JS8歳/誘拐強○)

お兄ちゃんたちはそんなことを言うばかりで、真凛への陵辱をやめてくれることは無かった。ズボンの股間部を膨らませ、幼い女体をいじりまわし、大切な割れ目を刺激して興奮の沼に浸っていた。幼○はろくに抵抗することも出来ず、まな板の上の鯉のように、びくっびくっと悲しく跳ねた。

どうしてこうなっちゃったんだろう。どうして裸にならなきゃいけないんだろう。このビリビリは何? このビクビクは何? 知らない人に見られたくない。お○っこをする場所が触られてる。おまんことか、セックスとか、良く分からない言葉ばかり。怖いよ、誰か、助けて……。瞳を潤ませながらそんなことを思うが、少女の陵辱に気づくものはいなかった。遠くで車が走っている。近くにあるのは木々のざわめき。大声を出しても誰も来ない。ろくに手入れもされていない雑木林の奥底で、真凛は陵辱され尽くされる運命だった。赤ちゃんの作り方も知らないような女の子が、大人の勃起したおちんちんに赤ちゃん作りを強要されてしまうのである。

赤ちゃんはどこから来るんだろう。赤ちゃんはどうしてお母さんのお腹から生まれるんだろう。どうして何もないところに赤ちゃんがぽんと出来るんだろう。真凛は何度もそんな疑問を抱いてきた。手がかりを得るために、自分が赤ちゃんだった頃を思い出そうとしてみるが、脳みそがきちんと出来ていない頃の思い出は、幼稚園に上がる頃には消えてしまう運命である。豊かな想像力を働かせても、どんなに夢想してみても、自分という存在がお腹の中に生まれた奇跡的な瞬間のことは何も思い出せない。男の指がふたたびおまんこに迫りくると、これ以上変な気持ちになりたくなくて、真凛は幼い女性器を隠そうとした。

「駄目だね真凛ちゃん、おまんこ隠しちゃ。怖いことはしないから、お兄ちゃんたちに触らせてごらん」

弟が仕込まれた後、日に日にお腹を膨らませるお母さんを見ていた。大きくなったお腹に、頬と耳をそっと当て、しきりに胎動する赤ちゃんの気配を肌の奥に感じていた。弟がお母さんから出てきて待合室まで響いてくる産声を聞いた。友達が飼っている子猫や子犬がお母さんのおっぱいを吸っている光景を見た。テレビの動物番組でも、チーターのお母さんが赤ちゃんを産んでいる場面を見た。沢山の卵が魚のお腹から溢れるのを見た。

赤ちゃんが産まれるという現象を前にして、心に浮かぶ純粋な好奇心は、堀内真凛という幼○において、強いものであり続けた。それは真凛が女の子だったから。いずれは自分もお母さんになるのだと、幼い心の奥深くで漠然と感じていたからだ。太った男がふとももを掴み、真凛の足をカエルのように広げさせる。

「ほーら、開くぞ」
「んんんっ……!!」

赤ちゃんを作るための大切な穴に危険が迫る。幼肉花の甘い中身がいたずらされてしまおうとしている。

「言っておくが、足閉じたらおしおきだからな」
「んうぅ、ふぅ、ふぅ、ふーっ……」

パパやママに質問した。学校の先生や、他の大人にも聞いてみた。赤ちゃんはどうやって作るの。その返答は様々である。「コウノトリさんが連れてくる」といった、メルヘンチックな回答でごまかすような人もいれば、「パパとママが頑張って作る」といった、ぼかしたような表現でお茶を濁す人もいた。精子と卵子が結びつくという説明もあったし、カップルが愛しあうと女の人のお腹が膨らんでくると言われたこともあった。しかしそれ以上に、具体的で現実的な情報が、何より納得のいく説明が、真凛にもたらされることはなかった。

「真凛ちゃんの中身……」
「んぅっ、うぅ、んーっ……!」

真凛は精一杯首を振る。光沢ある髪の毛が、ぱらぱらと舞って汗を飛ばす。何も知らない女の子の足が、はしたなく開いていくにつれ、閉じていたおまんこの割れ目もぱっくりと開いて中身を見せた。とろとろに濡れた桃色が、大陰唇のあいだにわずかながら見えていた。太った男はぬるついた割れ目を指で触り、柔らかな幼肉を左右にどけて、幼○の大切な肉花を開く。ぴちゃっという音が漏れ、エッチな芳香が漂った。

「おお、綺麗な桃色だ。処女膜もある。俺達が一番槍ってわけだ」
「いいなぁ、ああ、なんかもう……、見てるだけで出ちゃいそうだよ……」

交尾を教えてもらえないのは、真凛が小さな子供だからだ。カチューシャをしたショートヘアの女の子に、純粋な瞳で見上げられ、現実を教えられるほど度胸ある大人は少なかった。全裸の身体を絡み合わせ、濡れたまんこに発情した肉棒をぶち込み、快感で喘ぎ息を荒げ、オーガズムという最高の快楽を目指す。最後には精液がちんちんから飛び出て、子宮の奥で卵子という細胞と結合し、子宮粘膜に定着して分裂しながら命になる。生々しいセックス、8歳の女の子には早過ぎる知識だった。そしてそんな早過ぎる知識が、誘拐犯たちの実践で、幼い脳に刻み込まれようとしているのであった。

「真凛ちゃんの赤ちゃんの穴、とっても綺麗だ……」

痩せた男は恍惚とし、太った男は膣口を触る。

「真凛ちゃん分かるか。この穴に男がお○っこすると、お腹に子供が出来るんだぞ。裸になって抱き合って、男がちんちんを穴に入れて、女がちんちんを締め付けて、白いお○っこを出させるんだ」
「ふぅ、ふぅ、んっ、ううぅ……」
「凄えエロい気分で、ハアハア言いながらやるんだよ。真凛ちゃんもそうやって出来たんだ。知らなかっただろ?」
「んッ……!? ふーっ、ふーっ……!」

やだ。そんなのやだ。そんなの違う。そんなの信じられない。赤ちゃんを作る大切な行為が、こんなにエッチなことであるはずがない。真凛の目から、またぽろぽろと涙が出てきた。一番恥ずかしい桃色の場所を知らない人にいじられる悲しさと、エッチなことをしなければお母さんになれないと教えられた悲しみだ。信じたくなかったが、男達の目は本気だった。

「そしてこれから真凛ちゃんも、パパやママがやったのと同じことを体験するわけだ……」

真凛はオムツ替えの時のように、細い足を折り曲げて、はしたなく左右に開きながら、大切な場所を丸出しにしていた。指によって広げられた大陰唇の中には、ぷっくりと膨れたクリトリスや、濡れて膨張した小陰唇、桃色に輝く膣粘膜がある。ごく小さなお○っこの穴は見られると知ってきゅっと閉じ、おちんちんを受け入れるための膣穴は中指程度の大きさに広がっていた。その奥には愛液で濡れてしまった処女膜がある。菌や汚れやおちんちんを拒否して、バージンの証が子供の子宮を守っている。そんな秘められた場所全てが、男達に見られているのだ。

JS誘拐陵辱撮影 学校帰りの女の子を車内で滅茶苦茶に輪姦した 男達が手にしたバイトは美少女をレ○プする違法ビデオの撮影だった(JS8歳/誘拐強○)
【作品概要】
リストラされた2人の男が貧窮の末に手にしたのは、幼○を陵辱撮影する完全違法バイトだった。報酬に目が眩み、ワゴン車を走らせ、放課後の通学路で小さな獲物を探し出す。彼らの視界に入ったのは、一人きりで帰宅する大人しそうな幼○だった。――小学3年生「堀内真凛」は、強引に車に連れ込まれる。知らない車の後部座席で、艶めかしく閉じた子供まんこを指やローターで責められる。恥辱と恐怖でぐずりながら身をよじるが、欲望にまみれた肉棒は止まらない。2本のペニスを代わる代わるねじ込まれ、オナニーも知らない幼○は痙攣しながら絶頂した。これが赤ちゃんの作り方。お母さんになる唯一の方法。生々しい事実を体験し、小さな口で喘ぎながら戸惑いの涙を流していた。林の奥のレンタカーで、子供まんこが滅茶苦茶に犯される。堀内真凛の初めては、ふたりがかりのレ○プだった。(文字数約63000字)

(※販売中の作品に伏せ字等はありません。伏せ字はFC2ブログの単語規制によるものです)

JS誘拐陵辱撮影 学校帰りの女の子を車内で滅茶苦茶に輪姦した 男達が手にしたバイトは美少女をレ○プする違法ビデオの撮影だった (YKロ○ータ文庫)
JS誘拐陵辱撮影 学校帰りの女の子を車内で滅茶苦茶に輪姦した 男達が手にしたバイトは美少女をレ○プする違法ビデオの撮影だった(JS8歳/誘拐強○)

「ふぅ、ふぅ、ふぅ……」

本当なら今頃、友達の家で遊んでいるはずだった。みんなで一緒にゲームをしたり、あてもなくお喋りしたり、駆けまわってじゃれあったりしているはずの子供だった。そんな普通の女の子が、普通だった男たちに陵辱されているのである。

「子供もわりと楽しめそうだしな……」
「ああ、何かもう、本当に興奮してきたぁ……」
「んっ、ううぅ……!」
「真凛ちゃん。後でココにねじ込んでやるからな。その時はしっかり締めて、俺達を喜ばせるんだぞ」

そんな言葉を投げかけられて、意味も分からず真凛は頷く。淫らな刺激を従順に受け入れる。少しだけはみ出たクリトリスの皮を撫でられると、真凛と呼ばれた幼○の身体はびくっびくっと痙攣した。身体が敏感になってきた。幼○の鼻から声が漏れる。二重の瞳をぱちくりとする。柔らかな頬が赤くなる。鼻がすんすん鳴っている。肩がひくひく震えている。またクリトリスを皮の上から刺激され、漏れてしまう声が恥ずかしくてたまらない。

「んっ、ふぅぅ……」
「良いんだろ、これが」
「うぅ、んーっ、ふぅ、ふぅ……」
「まんこがじんじんしてくるだろ。悪くない感じになってきたろ」
「うぅ、う……、んうッ……!」

そして突然腰が跳ね、身体がおかしくなったと思い、真凛の顔が怯えに染まった。力なく首を横に振り、カチューシャを付けたショートヘアが乱れるが、全身を巡る快感はお見通し、お○っこをする場所を刺激するのをやめてくれることは無かった。二重の瞳をうるうるとさせ、整った顔はますます赤くなっていくが、女の子の一番大切な場所は、誘拐魔たちの淫らな玩具であり続けた。

「感じてるんだ」
「そういうことだな。新平が言った通り、小さくても女ってことだな」
「……んうぅ、……ふうぅ。……んっ!」
「おっ」

太った男は口だけで笑った。

「出てきたな」
「出てきたって」
「良く見ろよ……、ほらここだ」

大陰唇がにちっと音を立て、表面がぴくぴく痙攣する。痩せた方の男は、両目をこすって目を凝らし、いたずらされる幼○まんこを一直線に凝視した。ぷっくりと膨れた幼肉の裂け目から、透明な液体がねっとりと溢れ出た。

「真凛ちゃんがマン汁を垂らしたんだよ」
「本当だ。ああ、凄いな、これ……。小○生でも濡れるんだ……」

真凛は目を瞑っていた。交わされている言葉は分からなかったが、恥ずかしいことを言われていることは分かっていた。

「んうぅ、ふぅ、ふぅ……、んっ、んっ、ううぅぅ……!」

太った男は指先で包茎クリトリスをこねまわし、その指で割れ目から溢れた透明な液体をすくった。水のように透き通り、糊のように粘ついている。指でこねれば糸を引き、嗅いでみれば艶めかしい。子供の割れ目はいじられてしっとりと濡れていた。8歳の割れ目が刺激で愛液を漏らしていた。変な水が出てきてる。身体がおかしくなっている。真凛は顔を真っ赤にして、意味も知らないいたずらに健気にも耐え続けるのであった。

真凛のおまんこは熟れた桃のようになっている。いじる度に果汁が溢れ、甘い香りを発している。変な熱が体中を巡っていく。電気が身体を駆け抜けていく。突然溢れた快感で、真凛は弓なりに背中を反り、全身でびくっと跳ねながら、ワゴン車の外を風が駆け抜ける音を聞いた。警察の人とかが、飛んできてくれたら良いのにと思った。気持ち良ければ幸せと思えるほど、小○生の女の子は単純じゃなかった。誰か助けて。誰か……。おとうさん、おかあさん。かなちゃん。ゆうかちゃん……。そんな心の動きにも構わず、太った男はクリトリスの皮を摘む。真凛の幼○まんこの割れ目は、既にびしょびしょになっていた。

雲が流れ、太陽が現れ、車窓から昼の陽光が差し込み、柔らかい脂肪をほんのりと付けた子供の身体が艶めかしく照らされる。子供の身体が剥き出しになる。ぽっこりとしたところのあるお腹や、腕や足の全体的なぷにぷに感には、初潮を迎えた中高生とはまるで違う純粋な子供の魅力があった。幼くも火照った身体には、汗の粒が点々と浮かび、色々な所が赤らんで、壊れそうなぐらい細かった。太った男はおまんこから指を離し、手のひら全体でふとももを撫でる。幼○の身体は足までも敏感になっていて、ぞくぞく上がる快感の電流で赤らみながら気持ち良く震えていた。

「ふぅっ、ふぅっ、ふぅ、ふぅ……」

太った男の手のひらは、そしておっぱいやお腹を触り、小さすぎるメスの子供は、敏感になった幼い肌に戸惑っていた。身体をくねらせる。首を振る。赤くなった耳の裏から、汗の粒をとろとろ流す。さっき肌を触られた時より、何故だかずっと気持ち良かった。それがとても怖かった。それなのにおまたがじんじんとした。肩と腰がびくっとする。顔が熱くなっていく。怖くてたまらないはずなのに、身体中が燃え上がってぽかぽかしてくる。熱い。熱い。おまたが燃えちゃう。

お母さんのお腹に宿ってから、一度も体験したことがない、純粋な性快楽が真凛の心と身体を狂わせていた。捉えきれない喜びに、幼いメスが怯えていた。それで真凛は、自分の身体が分からなくなって、誘拐とか、裸とか、興奮しきった男の人とか、異様な事態が重なりあって……、とうとう我慢しきれなくなり、真凛は目から涙を流す。

「うっ、ううぅぅ……」
「あっ」
「ぐすっ、んん、ううぅ……」

透き通った水滴が、赤らんだ頬を舐めるように下って落ちた。太った男は呆れたように溜息をつく。

「良さそうにしてたくせに、なんで泣くんだか」
「いや、そんなこと言っても、真凛ちゃんは子供だから……」

涙がつつと頬を下り、髪や首や後部座席の布が濡れる。陽光を纏って輝く涙で、痩せた男は慌てたように言い出した。

「だっ、大丈夫だよ真凛ちゃん。怖いことは何もないからね。これは、その、赤ちゃんを作る練習だから……」
「赤ちゃん作りの練習ねえ」

慌てて出てきたその言葉が面白かったのか、太った男はおまんこをいじりながら、口を歪めてにやついている。

「ははは、そうだな。その通りだよ。……分かるか、真凛ちゃん」
「ふぅーっ、ふーっ……!」
「親切な俺達がセックスの練習をさせてやってるんだ。ここで乗り切っておけば、将来彼氏とヤるときに楽だぞ」
「そっ、そうだよ、みんなやってることだから、泣かないでいいんだよ……」
「んっ、うぅっ、ふうぅ……!」

セックスって何? 赤ちゃんを作る練習って? 彼氏とやるって何をやるの? 真凛の脳が混乱でショートする。真凛は訳が分からなくなり、いやいやと首を振るが、小さな子供に勃起した男たちは止まらない。さらに涙をぽろぽろこぼし、おまんこの快感で体中がびくっとする。全身から汗が流れ、体中の血液が沸騰したかのようになる。

「まあ何だ。大人しくお兄ちゃんたちに触られてろってことだよ」
「ふぅ、ふぅ、ふうぅ……!」

痩せた男も勃起しながら加勢する。

「おかしなことがなければ、晩御飯までにはおうちに帰れるからね……。良い子だから、我慢してくれるかな?」
「大人しくしていれば、怖い目にあうことも、痛い目にあうこともないんだ」

真凛は小さく震えながら細い指先で涙を拭いた。


JS誘拐陵辱撮影 学校帰りの女の子を車内で滅茶苦茶に輪姦した 男達が手にしたバイトは美少女をレ○プする違法ビデオの撮影だった(JS8歳/誘拐強○)
【作品概要】
リストラされた2人の男が貧窮の末に手にしたのは、幼○を陵辱撮影する完全違法バイトだった。報酬に目が眩み、ワゴン車を走らせ、放課後の通学路で小さな獲物を探し出す。彼らの視界に入ったのは、一人きりで帰宅する大人しそうな幼○だった。――小学3年生「堀内真凛」は、強引に車に連れ込まれる。知らない車の後部座席で、艶めかしく閉じた子供まんこを指やローターで責められる。恥辱と恐怖でぐずりながら身をよじるが、欲望にまみれた肉棒は止まらない。2本のペニスを代わる代わるねじ込まれ、オナニーも知らない幼○は痙攣しながら絶頂した。これが赤ちゃんの作り方。お母さんになる唯一の方法。生々しい事実を体験し、小さな口で喘ぎながら戸惑いの涙を流していた。林の奥のレンタカーで、子供まんこが滅茶苦茶に犯される。堀内真凛の初めては、ふたりがかりのレ○プだった。(文字数約63000字)

(※販売中の作品に伏せ字等はありません。伏せ字はFC2ブログの単語規制によるものです)

JS誘拐陵辱撮影 学校帰りの女の子を車内で滅茶苦茶に輪姦した 男達が手にしたバイトは美少女をレ○プする違法ビデオの撮影だった (YKロ○ータ文庫)
JS誘拐陵辱撮影 学校帰りの女の子を車内で滅茶苦茶に輪姦した 男達が手にしたバイトは美少女をレ○プする違法ビデオの撮影だった(JS8歳/誘拐強○)

幼○は身をよじって視線や指から逃れようとするが、太った男は淫らなマッサージをやめてくれない。痩せた男も視姦を止めない。「もうやめて」のメッセージが聞き入れられることは無い。太った男の指先は、そして下腹部を滑り降りる。おまんこがあった。真凛は両目を見開いた。しかし嫌だと思った時にはもう遅く、子供まんこの愛らしい割れ目が、淫らな指に犯されていく。マシュマロのような大陰唇。トロのような膣粘膜。赤ちゃんを作るための美味しいロ○肉を触られて、何も知らない幼○の身体が快感電気に陵辱された。腰がびくっとする。鼻息が荒くなっていく。両目を細めていやいやと首を振る。

「どうした、これが良いのか?」
「んッ……、うぅ、ううぅ……!」
「この穴で小便してるんだろ。いつもと何か違ってきたか?」

幼○は何も答えない。ガムテープのせいでそもそも返答することが出来ない。しかし幼○の鼻息はどんどん荒くなっていて、その危うい息遣いが、幼い身体に満ちていく蜂蜜のように甘い異常を、何よりも雄弁に物語るのであった。大切な場所をいじられておかしな気分になった幼○は、太った男の毛が生えた太い腕を、力なく掴んで抵抗と拒否のポーズを取った。しかし彼は止まらない。人形のような細い腕では大人をどうにかすることは出来ない。予想外の感覚がおまたの方から次々と溢れ出て、体中の筋肉が蕩けたように弛緩した。

「ふぅっ、ふーっ、んっ、ううぅぅ……!」
「どうなんだ、おい?」
「ん、んっ、んぐ、うぅぅ……!!」

両目をぱちくりとさせている。背中は汗でびっしょりである。しかし太った誘拐犯は、初々しい反応を見て手を緩めることもなく、太い指先で大陰唇を撫でながら桃色のくぼみを丁寧になぞるのであった。おまんこを触られて戸惑う様子は、子供なのに色っぽく、男達の目つきはますますオスの方向に偏っていく。幼○の瞳には発情の色があった。小○生のメスの部分が、大人によって剥き出しにされていた。太った男はギンギンに勃起しながら、幼○の女性器を刺激し続ける。

「んっ、んんっ……」
「にしても、わりと色っぽい声出すな」
「子供でも、やっぱり女の子だから……」

ぷにぷにの肉を容赦なく弄ぶ。指先が幼○を姦淫する。触ってはいけない幼○の、触ってはいけない秘所が、男性の指に触られて、感電したようにひくひくと痙攣している。

「……まあ、これなら、一応女として認めてやっても良いかもな」
「それじゃあ智宏君も、本格的に目覚めたってこと?」

太った男は数秒だけ考えた。

「……いや、俺はロ○コンじゃねえし。風俗やめて長いから、余計にむらむらしてるんだろうな」
「そうかな……。なんか、僕の方は……、その、凄い勃ってきちゃったよ……」

性欲が剥き出しになるような、異様な空気が車の中に満ちていた。幼○の身体がびくびく震え、密閉された車内に、女の子の香りがほんのりと広がっていた。幼○の汗と性器の匂いが、空気に溶けて薄まって、オスを狂わすフェロモンになって空気中に浸透していた。吐息の熱さが、痙攣の儚さが、肌色の肉の圧倒的リアリティが、誘拐犯たちの意識をセックス色に塗りつぶす。

「……ここまでやったら戻れないね」
「何言ってんだよ。とっくにだろ」

痩せた男は後頭部を掻く。痩せた男は昨日まで単なる一般市民だった。太った男も重犯罪に手を染めるようなことはしなかった。幼○レ○プという犯罪に手を染めたことは一度も無いし、これからだって染めることなく一生を終えるはずだった。しかしもう戻れない。この子を家に返しても、今日という日を忘れても、今行っている犯罪を無かったことにすることは出来ない。警察に捕まって新聞に載るか、爺になって死ぬまで逃げ延びるか……。痩せた男は軽く後悔しながらも、激しくペニスを勃起させ、8歳の子供に心の底から欲情していた。自分が本当に後悔しているのか分からなくなりそうだった。

「こいつを誘拐した時点で、戻れなくなってるんだよ。……俺も新平も、腹をくくるしかないんだよ」

痩せた男は頷く。幼○は息を荒げている。

「んんっ、ふぅ、ふぅ、ふぅ……!」
「この際、最後まで、楽しむしか無いんだよ……、俺とお前と、真凛ちゃんでな?」
「んっ、ううぅ……!」

名前を呼ばれた裸の幼○は、驚いたようにぱっちりと目を開いた。無垢で、澄んでいて、真水のように透き通った瞳だった。真凛。堀内真凛。穢れを知らない海のような名前だった。小学3年生の8歳。オナニーをしたこともなければ、セックスという行為も知らない。そんな普通の女の子である。弟とゲームで遊んだり、可愛らしいぬいぐるみストラップを集めたり、漫画を貸し借りして読んだり、学校で算数や国語のお勉強をしたり、日曜日には家族で動物園に出かけたり、放課後は友達と鬼ごっこをして遊んだり、ハンバーグが大好きだったり、甘いクッキーも好きだったり……、幸せな人生を歩んできた、至って普通の女の子である。

JS誘拐陵辱撮影 学校帰りの女の子を車内で滅茶苦茶に輪姦した 男達が手にしたバイトは美少女をレ○プする違法ビデオの撮影だった(JS8歳/誘拐強○)
【作品概要】
リストラされた2人の男が貧窮の末に手にしたのは、幼○を陵辱撮影する完全違法バイトだった。報酬に目が眩み、ワゴン車を走らせ、放課後の通学路で小さな獲物を探し出す。彼らの視界に入ったのは、一人きりで帰宅する大人しそうな幼○だった。――小学3年生「堀内真凛」は、強引に車に連れ込まれる。知らない車の後部座席で、艶めかしく閉じた子供まんこを指やローターで責められる。恥辱と恐怖でぐずりながら身をよじるが、欲望にまみれた肉棒は止まらない。2本のペニスを代わる代わるねじ込まれ、オナニーも知らない幼○は痙攣しながら絶頂した。これが赤ちゃんの作り方。お母さんになる唯一の方法。生々しい事実を体験し、小さな口で喘ぎながら戸惑いの涙を流していた。林の奥のレンタカーで、子供まんこが滅茶苦茶に犯される。堀内真凛の初めては、ふたりがかりのレ○プだった。(文字数約63000字)

(※販売中の作品に伏せ字等はありません。伏せ字はFC2ブログの単語規制によるものです)

JS誘拐陵辱撮影 学校帰りの女の子を車内で滅茶苦茶に輪姦した 男達が手にしたバイトは美少女をレ○プする違法ビデオの撮影だった (YKロ○ータ文庫)
JS誘拐陵辱撮影 学校帰りの女の子を車内で滅茶苦茶に輪姦した 男達が手にしたバイトは美少女をレ○プする違法ビデオの撮影だった(JS8歳/誘拐強○)

「ううぅ、うーっ……!」
「どうしたんだこいつ」
「うぅ、ううぅ……」

ガムテープのせいで喋ることが出来ないらしい。痩せた男は幼○の心を推測する。

「きっと恥ずかしがってるんだよ」
「小○生の子供がねえ」
「やっぱりさ、女の子って、早熟って言われてるし……。興奮されてるって、分かってるんだよ」

幼○は頬を染めながら頷いた。恥ずかしい。もうやめたい。もうむり。もうやだ。もうおうちに帰してほしい。女児の心の奥の本音が、その頷きから溢れていた。しかし仕草に反応したのは、幼○の側に座っている太った男の方だった。

「そんなもんか。けど、何ていうかな……」

太い腕をがっしりと組む。

「何ていうか、そうだな、なんか生意気な感じだな」
「えっ」

痩せた男がきょとんとして漏らすと、太った男の口角が上がった。幼○は両目に不安をたっぷり湛えている。

「なんだよ、生意気って……?」

太った男は楽しさが先行する声で返答した。

「だって生意気だろ。胸もろくに無いくせに、一丁前に赤くなりやがって」
「うぅぅ……」

幼○は目をつむって俯く。

「こいつ何歳だっけ」
「8歳か9歳だと思うよ」
「ふぅん、まあそんぐらいか?」
「小学3年生って言ってたじゃないか」
「なら大分生意気だな。胸もない子供の癖に、自分の体が女だと思ってるわけだ」

しかし太った男の目つきは子供に向けるそれではない。オスがメスを見る時の欲望に満ちた眼光を、にやついた目の奥からぎらぎらと発しているのであった。彼自身はいわゆるロ○コンではないつもりだったが、幼○の柔肌や曲線美から、メスとしての魅力を敏感に感じ取っている。あるいはそれも仕方がないことなのかもしれない。

子供の身体と大人の身体は異なりながらも共通の要素を持っている。どんなに小さな身体にも交尾相手を誘うような甘美な魅力が宿ってしまう。美幼○と呼べる存在ならば、なおさら魅力を隠し切れない。それぞれ好みはあるにせよ、20歳・18歳・高校生・中○生・小○生といった、人為的な境界によって欲望が完全に途切れてしまうことは無い。少なくとも智宏は、メスとしての魅力を目ざとく見つけ、男根を猛々しく隆起させる熱い興奮に変換していた。甘酸っぱいロ○ータフェロモンも手伝って、既にペニスは固く鋭く勃起している。太った男は手を肌に滑らせる。幼○の身体が怯えて強張る。

「んんっ……!」
「逃げるなよ」

小さな身体をほぐそうとするかのように、脂肪が付いた大きな手が、幼○のぺったんこなおっぱいや、ふっくらとしたお腹を撫でた。エッチな場所が触られる。触られた場所がエッチになる。大切な場所を隠そうとする両腕は、誘拐犯の淫らな手により、強引に引き剥がされてしまった。おまんこがまた顕になる。華奢な肩がびくっとする。幼○は抗議の声を漏らし、そこだけは見ないでと太った男に懇願した。

「うぅ、ううぅ、んうっ……!」
「なんだ、聞こえねえなぁ」
「うう、んッ、んーっ……!」

おへその上を手が滑り、指先が勃起した乳首をコリコリ刺激する。貧相な脂肪を揉みしだかれる。乳首が更に尖っていく。エッチなことをされていると分かっているのか、幼○はさらに赤くなって、やってくる刺激のたびに肌をぴくぴくさせるのであった。

「ははは。どうだ。興奮したか?」
「んっ、うぅ、んんッ……!」
「すっげえ反応してるぞ。子供のくせに、感度だけは良いんだな」

どう反応して良いのか分からず、幼○は呻き声を漏らしながら、やがて固まって抵抗出来なくなってしまう。赤らみ戸惑うロ○ータ幼○を玩具のように撫で遊び、太った男はその反応を無意識のうちに楽しんでいた。

「汗が出てきた」
「ふぅ、ふぅ……」
「本当だ……、気持ち良いのかな……」
「さっきの薬が効いてるのかもな」

太った男の手のひらに幼○の汗が絡んでいく。イカ腹がびくっとする。乳首がピンと勃っている。その一方で痩せた男は後部座席に留まっていたが、視線は幼○のいたいけな身体に釘付けになり、勃起した桃色乳首や、ぴっちりと閉じた大陰唇に、吸い付いて舐めるような熱い視姦をするのである。その視線が羞恥心を煽り、幼○の紅潮はさらに強まっていった。

JS誘拐陵辱撮影 学校帰りの女の子を車内で滅茶苦茶に輪姦した 男達が手にしたバイトは美少女をレ○プする違法ビデオの撮影だった(JS8歳/誘拐強○)
【作品概要】
リストラされた2人の男が貧窮の末に手にしたのは、幼○を陵辱撮影する完全違法バイトだった。報酬に目が眩み、ワゴン車を走らせ、放課後の通学路で小さな獲物を探し出す。彼らの視界に入ったのは、一人きりで帰宅する大人しそうな幼○だった。――小学3年生「堀内真凛」は、強引に車に連れ込まれる。知らない車の後部座席で、艶めかしく閉じた子供まんこを指やローターで責められる。恥辱と恐怖でぐずりながら身をよじるが、欲望にまみれた肉棒は止まらない。2本のペニスを代わる代わるねじ込まれ、オナニーも知らない幼○は痙攣しながら絶頂した。これが赤ちゃんの作り方。お母さんになる唯一の方法。生々しい事実を体験し、小さな口で喘ぎながら戸惑いの涙を流していた。林の奥のレンタカーで、子供まんこが滅茶苦茶に犯される。堀内真凛の初めては、ふたりがかりのレ○プだった。(文字数約63000字)

(※販売中の作品に伏せ字等はありません。伏せ字はFC2ブログの単語規制によるものです)

JS誘拐陵辱撮影 学校帰りの女の子を車内で滅茶苦茶に輪姦した 男達が手にしたバイトは美少女をレ○プする違法ビデオの撮影だった (YKロ○ータ文庫)
JS誘拐陵辱撮影 学校帰りの女の子を車内で滅茶苦茶に輪姦した 男達が手にしたバイトは美少女をレ○プする違法ビデオの撮影だった(JS8歳/誘拐強○)

【第1章:雑木林で裸にされて】
地球の海を切り裂いている陸地部分、ユーラシア大陸の東端、日本列島の茨城県、南部に位置するベッドタウン、住宅地から外れた大規模な雑木林、その最奥に当たる場所。舗装された道が無い。民家も無ければ小屋も無い。紅葉を迎えた雑多な木々が、秩序もなく立ち並んでいる。ここら一帯を財産とする地主さえ、用事が無ければ立ち入らないような場所だ。そんな林の開けた所に白いワゴン車が停まっている。フロントガラスの向こうから、くぐもった幼○の声が聞こえた。

この瞬間、世界のどこかで、必ず事件が起こっている。

「んー……、うぅ……、んうぅ……」
「それにしても……」

助手席の痩せた男が漏らす。

「僕達、本当に女の子を誘拐したんだね……」
「そうだな」
「それでこれから、その、セックスを……」

痩せた男は生唾を飲む。

「こんな小さな子と、セックスを……、しちゃっても、良いんだよね?」
「悪くてもするんだよ。そのために攫ってきたんだからな」

会話相手の太った男は幼○の側、後部座席に座っていた。その声を聞きながら、痩せた男はぼんやりと、麻薬中毒的な目で裸の幼○を見つめていた。花柄のカチューシャを付けたショートヘアの美幼○が、一糸まとわぬ全裸にされて、背もたれが倒れてベッドになった後部座席に寝かされている。可愛いおくちはガムテープで塞がれ、両手は力なく投げ出され、おっぱいとおまんこには隠すための布がなく、お風呂に入る時のように丸出しになってしまっていた。

小児科の診察でも、学校の身体測定でもない。幼○の身体がエロティックな空気に晒されている。現代日本において数少ない禁忌の範疇に分類される、一桁幼○の美しい裸体が、艶めかしい文脈で晒されている。洋服と下着は畳まれて運転席に積み重なり、ランドセルはその横にもたれるように置いてあった。幼○の日常と現実の乖離を生々しく物語っていた。

一人の幼○が誘拐され、男達に陵辱されようとしている。それがここにある現実の全てだ。縦に割れて桃色が香る、ロ○ータ幼○の生殖器……。子供のおまんこ、女児の性器、赤ちゃんを作る準備も出来ていないような、お菓子のようにふっくらとした可愛らしい排尿の場所……。痩せた男は味わうようにじっくりと鑑賞した。

「……夢じゃあないんだよね」
「ああ」
「けど、なんか、夢みたいだ……」

太った男が笑みを浮かべる。

「さっきから何言ってんだ。お前一体どうしたんだよ」
「その、あの日から毎日、こんな夢を見てたから……」

痩せた男は言葉に詰まる。

「夢なのかどうか、分からなくなりそうで……」
「しっかりしろよ、もう本番だぞ」
「……分かってるよ。なんか、興奮しすぎて現実感がないみたいだ」
「ううぅ……」

ショートヘアのカチューシャ幼○はぐずるような声を漏らし、鼻をすんすんと泣くように吸い、自分をここまで連れてきたふたりの男を交互に見た。誘拐犯達の顔には、犯罪への不安と、女体への興奮が、重なりながら混ざり合って滲んでいた。ズボンのペニスは勃起して、皮膚は軽く汗ばんでいる。男達の変化の全ては、幼○にとって未知であった。これから何が始まるの? これから私はどうなるの? 幼○は今日に至るまで、大人がこんなに怖いものだと感じるような機会がなかった。

「……綺麗だなぁ。シミひとつない。……顔も、可愛いし」
「……っ!」

身の危険を感じたのか、幼○は軽く身体をよじり、視線を車窓の方にずらして、男たちから視線を逸らした。恥じらいの仕草が官能を増幅させる。男達は幼○を舐めるように見つめながら、お人形さんのような身体をじっくりと堪能し、にたにたしたり、鼻息を荒くしたりしながら、小さな身体を好き勝手に品評していた。

「やっぱり生の幼○は凄いな……」
「熟れた女に比べたら貧相な身体だけどな」

太った男はそう言って水を差すが、痩せた男の興奮は止まらない。

「智宏君はそう思うかもしれないけどさ。……僕側の人間からすれば、何て言うかな、こういうのが良いんだって」
「何でもいいけどよ。……まあ、こういうのも、悪いかって言えば、悪くはないのかもな」

太った男は幼○の隣に座ったまま、華奢な足をねっとりと撫でた。小さな身体が恐怖からかびくっとした。

「スベスベだ。肌質は良いんだよな」

太った男の好奇の視線と、痩せた男の興奮の視線が、子供の身体を犯すように舐めまわす。自分の身体にいやらしい視線が這っていることに気づくと、幼○は柔らかいふとももをぎゅっと閉じ、おっぱいとおまんこを手で隠した。頬を染めて目をそらす。そして首をふるふると横に振る。ほっぺたに汗を流す。ガムテープの奥から、可愛らしい声が聞こえてくる。

JS誘拐陵辱撮影 学校帰りの女の子を車内で滅茶苦茶に輪姦した 男達が手にしたバイトは美少女をレ○プする違法ビデオの撮影だった(JS8歳/誘拐強○)
「JS誘拐陵辱撮影 学校帰りの女の子を車内で滅茶苦茶に輪姦した 男達が手にしたバイトは美少女をレ○プする違法ビデオの撮影だった」を発売しました。小さな女の子が誘拐され、雑木林に連れ込まれて滅茶苦茶に陵辱されてしまうお話です。相変わらずの鬼畜さです。

前作の出版から時間が開いてしまいましたが、そのぶん様々な面で試行錯誤が積み重ねられ、執筆の方向性も掴めてきたように思います。調子も戻ってきたので、そろそろ復活して、元のペースで執筆出来るようになるかもしれません。雑念を捨てて、不動心で書き進みたいところです。ともあれ、表面上動きがないように見えても、執筆と準備と学習は継続的に行っているので、このブログも定期的に覗いて頂ければ幸いです。

(※販売中の作品に伏せ字等はありません。伏せ字はFC2ブログの単語規制によるものです)

JS誘拐陵辱撮影 学校帰りの女の子を車内で滅茶苦茶に輪姦した 男達が手にしたバイトは美少女をレ○プする違法ビデオの撮影だった (YKロ○ータ文庫)
JS誘拐陵辱撮影 学校帰りの女の子を車内で滅茶苦茶に輪姦した 男達が手にしたバイトは美少女をレ○プする違法ビデオの撮影だった(JS8歳/誘拐強○)

【基礎情報】
ジャンル:誘拐&陵辱撮影
全体的な作品傾向:学校帰り 誘拐 二人組 闇バイト 何も知らない女の子 赤ちゃんの作り方
全体的な鬼畜度:高(女の子が連れ去られて車内で代わる代わる犯されてしまう話です)
表記:横書き

【属性とプレイ】
小○生 誘拐 車内 撮影 レ○プ 3P ガムテープ ショートヘア&カチューシャ 媚薬 恥辱 全裸 指責め クリ責め キス ディープキス ローター 処女喪失 初絶頂 初めてのおちんちん ぶっかけ 挿入 セックス 正常位 中出し

【作品概要】
リストラされた2人の男が貧窮の末に手にしたのは、幼○を陵辱撮影する完全違法バイトだった。報酬に目が眩み、ワゴン車を走らせ、放課後の通学路で小さな獲物を探し出す。彼らの視界に入ったのは、一人きりで帰宅する大人しそうな幼○だった。――小学3年生「堀内真凛」は、強引に車に連れ込まれる。知らない車の後部座席で、艶めかしく閉じた子供まんこを指やローターで責められる。恥辱と恐怖でぐずりながら身をよじるが、欲望にまみれた肉棒は止まらない。2本のペニスを代わる代わるねじ込まれ、オナニーも知らない幼○は痙攣しながら絶頂した。これが赤ちゃんの作り方。お母さんになる唯一の方法。生々しい事実を体験し、小さな口で喘ぎながら戸惑いの涙を流していた。林の奥のレンタカーで、子供まんこが滅茶苦茶に犯される。堀内真凛の初めては、ふたりがかりのレ○プだった。(文字数約63000字)

【目次】
・第1章 雑木林で裸にされて(約14000字)
内容:知らない車、知らない男性、そして知らない行為が始まる。真凛は車内で全裸にされて子供まんこを刺激された。
要素:雑木林 全裸 車内 撮影 恥辱 指責め クリ責め 性器観察 脅迫 初めての快感

・第2章 ふたりきりの犯罪計画(約19000字)
内容:50万円の闇バイトが失職した男達の目の前に転がってきた。戸惑いながらも腹をくくり、初めての幼○誘拐に臨む。
要素:闇の仕事 犯罪計画 幼○の日常 物色 誘拐 媚薬 ガムテープ

・第3章 小○生幼○の「はじめて」が始まる(約23000字)
内容:???
要素:車内 キス ディープキス ローター 玩具挿入 指挿入 処女喪失 初絶頂 射精 ぶっかけ 挿入 セックス 中出し

・第4章 焼き付いた初体験 もう二度と忘れられない(約7000字)
内容:???
要素:車内 輪姦 セックス 撮影 放心状態 事後 帰宅


【登場人物】
●堀内真凛:ほりうちまりん(8)
小学3年生の8歳、耳が隠れるショートヘアの女の子。流れるように綺麗な髪を花柄のカチューシャで飾っている。おっとりとした大人しい性格で、どちらかといえば内気なタイプ。一桁という年齢であるため、勿論初潮は迎えておらず、セックスのやり方どころか、赤ちゃんがどうやって出来てしまうのかも知らない。赤ちゃんの作り方について周りの大人に質問しても、はぐらかされてしまうような小さく幼い女の子である。共働きの両親は優しく、幼稚園に通う弟とも仲良しで、友達にも恵まれ、何不自由なく育っていたのだが……。

●赤城智宏:あかぎともひろ(28)
元会社員で小太りな男性。少し長い毛髪には癖があってくねっている。どちらかといえば社交的で活動的な性格だが、猪突猛進で思慮が浅く、勢いに任せて行動してしまうこともある。大学卒業後、中堅企業で働いていたが、業績悪化によるリストラで新平とともに失職した。ネットで知り合った人物から、小○生を強○して撮影する違法バイトの提案を受ける。子供より大人が好みだが、裸になった真凛の予想以上の官能に、オスとしてのめり込んでいく。

●丹沢新平:たんざわしんぺい(27)
元会社員で痩せ型な男性。遊び心の薄いさっぱりとして短い髪型である。良く言えば真面目、悪く言えば気弱。同じ大学を卒業し、同じ会社の営業として働いてきた縁で、赤城智宏とは友人関係を結んでいる。様々な企業に働き口を求めながら、少ない貯金を切り崩し智宏と暮らしていたところ、小○生を陵辱する違法バイトに誘われて、最終的には彼と共犯関係になる。智宏よりもロ○コンの気は強く、乱れていく真凛の身体を見て、彼も獣に変わっていった。


【文章サンプル】
「あっ、あっ、あぁ、ああぁ、はぁ、はぁ、はぁ……!」

そして身体が熱くなる。痛みが引いていく代わりに、強い快感がおまんこ一杯に溢れてきた。ひりひりする、じんじんする、でも、もう、それだけじゃない。状況が目まぐるしく変化する。おまんこがどんどん熱くなる。また熱い。気持ち良い。じんじんとした痛みが、むずむずとした快楽に変わっていく。穴の中が気持ち良さで一杯になっていく。おでこに浮かんだ脂汗は、快楽と興奮の汗となった。

「はぁ、はぁ、はぁぁ、はぁぁ、ふぅ、ふぅ、んううぅ……!」

ひだひだが付いたとろとろな膣壁が、新鮮な刺激により愛液を分泌している。先程から丹念に愛撫していたこともあり、強まった快楽によって苦痛は雲散霧消した。外陰部への刺激とは異なる、内側からほとばしるような挿入の快楽で、未熟すぎるおまんこは処女喪失の苦痛を次第に忘れていくのであった。

「あっ、あっ、これ、これぇ……!」
「良くなってきただろ?」
「ああぁぁ……!」

ローターが子宮口をぶるぶる刺激する頃には、明確で強い膣快楽が苦しいほどに強烈になった。体中が楽になった。楽になったと思ったら、また気持ち良さで辛くなった。恐怖が後退する代わりに、恥ずかしさが最前線に飛び出す。頭の中がぐるぐるする。指と玩具で翻弄されて溶けてしまいそうになる。おでこから汗が流れ落ちる。さっきより気持ち良い。

「はぁ、はぁぁ、はぁぁ、あぁぁぁ……!」

怖いの後に気持ち良くなって、気持ち良いの後に痛いが来て、痛いのが消えたらまた気持ち良くなって、どんどん気持ち良くなって、知らない女子の快楽が電流になって痙攣して、びくびくして、びくびくして、びくびくして……。

「あぁぁぁ、あぁっ、はぁ、はぁ……!」

胸を締め付けるような悲痛な声が消えた後、真凛の口を占領したのは、先程よりも甘く蕩けるような呼吸だった。吐息とともに喘いでいる。喘ぐとともに蕩けるような呼吸をする。喉が性器になってしまったかのように、愛おしげな音を漏らしつつ、桜色の唇で絶え間なく淫らな吐息を吐き出している。真凛の両目はいつの間にか、先程よりも強い発情の興奮を宿していた。全身が敏感になって痺れて、指とローターを咥え込んだおまんこが、粘ついた涎をとろとろと垂らし始めた。赤ちゃんを作るための場所が、敏感になって暴走していた。握られていた手がほどけて、指先までもぴくぴくしていた。

「はーっ、はーっ、ああぁ……!」

自然と溢れる喘ぎ声。言い逃れできない快楽の声。膣穴をほじられて溢れ出すメスの声。出てくる、出てくる、無限に出てくる、桃色粘膜の熱い快楽。湯気を立てながら拡散していく快感で、オスに鑑賞されてることさえ、意識から飛んでしまいそうになる。真凛の血筋は中イキの血筋だった。外陰部を刺激されるよりも、内側を刺激される方が気持ち良くなってしまう。赤ちゃんを作るための行為が、豆いじりよりも気持ち良くなるような遺伝子配列になっている。そのことはふたりの男にもはっきりと伝わっていた。ローターでいたずらされている時よりも、真凛の顔は赤く本気になっていた。

JS誘拐陵辱撮影 学校帰りの女の子を車内で滅茶苦茶に輪姦した 男達が手にしたバイトは美少女をレ○プする違法ビデオの撮影だった(JS8歳/誘拐強○)