ロリ少女官能小説集:スポーツ少女(14歳/痴漢レイプ)

18禁サイトです。18歳未満の方は閲覧出来ません。まずは完全無料作品からどうぞ(10作以上有)。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
痴漢小説です。うぶな中学生の女の子(巨乳)が、痴漢のおっさんに気持ちよくさせられていきます。が、それだけでは終わらず、もっと大変な目に。気の毒で可哀想だけれど、それだけに勃起するような女子中学生官能小説。ちょっと鬼畜めです。

小説のイメージ【中学生 JC 痴漢 おっさん 巨乳 スポーツ少女 元気 鬼畜 脅迫 レイプ】

-------------------------

赤星陽菜は柔道部に所属するスポーツ少女だった。一年のころから学校の代表として活躍し、それでも慢心せず毎日練習をしていた。夢は世界的な柔道選手になって、金メダルを手に入れることだった。ショートカットの栗毛、明るい性格、引き締まって健康的な体をもつ美少女。柔道着の胸元から覗く、中学生にしては豊かすぎる乳房は、同級生の中学生たちの性欲を刺激してやまなかった。そんな人気者だった。同姓からも異性からも好かれていた。

だった。だった。だった。全て過去形だ。陽菜が電車で痴漢に遭ったあの日から……、彼女の全ては変わってしまった。

運動着の詰まった鞄を脇に抱えながら、その日の陽菜は地下鉄の階段を駆け下りていた。紺のブレザーに身を包んでおり、足を投げ出し走る度に、スカートが花びらのようにひらひらと舞っていた。電車の発車ジングルは既に鳴り始めていたが、脚力にも自信がある。閉まるドアに滑り込むことも不可能で無いと分かっていた。足を動かし、地面を蹴り、そしてホームにまで降りる。小麦色に引き締まった足を2歩3歩と突きだして、閉まりかけのドアに飛び込む。ドアを押してこじ開け、無理矢理体を詰め込んでみせる。持っていた鞄だけは挟まれてしまったから、それも強引に引き込む。満員電車という人の塊に、その小さな体をうずめる。

「はぁ、はぁ、良かった、ギリギリセーフ……」

すし詰め状態の電車の乗客達は、風のように飛び込んできた少女に仰天し注目したが、ドアが完全に閉じて列車が動き出すと、都会人そのものの無関心さを発揮し、その視線は外れていった。陽菜は汗ばんだ額をぬぐいつつ、鞄を持ち直してつり革に捕まる。急行はおよそ10分おき、逃したら次まで待たねばならない。機敏で活発な少女は、同時にせっかちで待つことができない性分も、生まれながらに持ち合わせていた。

この時点では何の異変も無かった。この時点では、まだ。夜の8時、家につくころには9時になってるだろうか。お腹すいた。今日のご飯はなんだろう。カレーライスかハヤシライスがいいな……。シャワーは浴びたけど、ゆっくりお風呂に入り直したい。あと寝たい。練習のしすぎて疲れちゃった。次の大会、ちゃんと勝てるかな。きちんと実績を作っていかないとプロにはなれないっていうし……、スポーツ推薦だって……、ちょっと不安かな。でも……。そんなとりとめの無い思考を振り替えしながら、ただ暫く、列車の揺れに会わせて体を左右に揺らしていた。

都会の電車の例に漏れず、基本車内は満員である。少なくとも夜のこの時間帯は、どの区間もだいたいは混雑している。陽菜が乗り込んだ駅から2つほど進んだ所にある駅は、この都市でも特に乗降客が多い場所であり、すし詰め状態の車内はますます危険な混雑に見舞われていく。陽菜はつり革を上手く掴めないままに、人の波に流されていった。

そして、流れてしまった先に痴漢が居たのだ。

見た目は五十代前半、白髪染めをバッチリきめたスーツ姿のビジネスマン……に擬態している男。四角い眼鏡のレンズの奥から、ショートカットの少女の姿を、値踏みするように観察する。ほんのりと汗の臭いがする。少女らしいしっとりとした脂肪の中に、引き締まった筋肉がある。小麦色の健康的な肌。しなやかな、体操選手のような曲線だ。痴漢は表情も変えず、少しづつターゲットに近づいていく。そう陽菜はターゲットになった。視界に入ってしまったが最後、この男は我慢がきかなくなる。だんだんと体が近づき、手が伸びて行く。陽菜は漸く、掴まることが出来るつり革を見つけ、ほっと一息ついたところだった。

痴漢の思惑も知らず、窓の外にみえる地下トンネルの壁をぼうっと見ながら、ただ電車の到着を待ち続けている。痴漢は体を動かし、すり足で陽菜の後ろ側にまで歩み寄る。陽菜は、自分のスカートから露出する小麦色の足がどんなに扇情的か、全く自覚していなかった。そして、とうとう2人は密着した。中学生の少女のブレザー、その感触、痴漢の股間は徐々に隆起し始める。しかし、陽菜には分からない。満員電車で体が触れあうのは良くあることだから、気にもとめなかったのだ。

「まだかなぁ……、足がもうガクガクだよ……」

そんな暢気な独り言を呟くぐらい、彼女の気はゆるみきっていた。授業を終えた後、何時間もに及ぶ練習をしていた少女であるから、疲労のあまり注意力が鈍っていたのかもしれない。しかし、痴漢に容赦は無い。痴漢の手が迫る。スカートの上から、2度3度、確かめるように尻を撫でる。柔らかいハリのある尻だった。そして痴漢はスカートの中に徐々に手を忍び込ませ、そして一気にマシュマロのように柔らかな尻たぶをわしづかみにした。

「へっ……」

陽菜の体がビクリと震える。痴漢の手は下着をなで回し、そしてあまりにも無遠慮に下着の中に潜り込んでいった。一瞬のことである。引き締まった健康的な肢体をしている陽菜であったが、尻の脂肪は意外にも厚く、女性的な丸みが十分に備わっていた。そして陽菜の頭の中は、一瞬のうちに真っ白になり、全身の筋肉がこわばって、石のように固まってしまった。

痴漢は尻を味わうように撫で、つまみ、そして裂け目に潜ってアナルの表面を撫でた。陽菜のショートカットの合間から玉の冷や汗が滴り落ちていく。

「ぅ、ぅあ……」

陽菜は痴漢の手から逃れようと体をよじっている。しかし、抵抗にはならない。大した抵抗もないと見るや、痴漢はさらに体を寄せ、ブレザー越しにそのくびれた腰を撫で、そして両手に収まりきらないほどに突き出た丸い乳房を、確かめるようになで回すのであった。痴漢は口を耳元にやり、息を吹きかけながら、身震いしてしまうほどの静かな声で陽菜に言葉を告げる。

「大人しくしてれば、すぐに終わるからねぇ……」
「やめ……!!」

そして痴漢の指は、尻の谷間を下っていき、まだ毛も生えそろっていない膣へと伸びていったのであった。

スポーツ少女痴漢レイプ(JC/女子中学生14歳)(2)へ進む

自画撮りJCと売春JS 背徳のネット露出(JS11歳/JC12歳)
楽園崩壊 女子高生を16年間騙し島民総出で強姦した理由(JK16歳)


処女のスポーツ少女が痴漢された末に、大変なことになってしまうエロ小説です。ちょい鬼畜です。
→最初から読む←

小説のイメージ【中学生 JC 痴漢 おっさん 巨乳 スポーツ少女 元気 鬼畜 脅迫 レイプ】

-------------------------

中学生とはいえ、学校を代表して大会に出るようなスポーツ少女の陽菜だったが……、痴漢にあったと理解した瞬間、勇気よりも恐怖がまさってろくに抵抗も出来なくなってしまった。満員電車で投げ飛ばすのは無理にしても、反撃すればそれなりの威嚇になるはずだし、大声を出せばあるいは、誰かが助けてくれたのかもしれない。しかし、思春期の少女の心はそんなに単純なものではなかった。

心が弱かった。心が怯えてしまっていた。なにより、思春期の少女として一番デリケートな性という部分に、直接飛び込まれてしまったのだ。怖い。痴漢も怖いが、周りの人間に知られるのも、同じぐらいに恐ろしく、そして恥ずかしかった。その上、痴漢の指の動きは、素早くもなめらかで、陽菜の何も知らない下半身に堪えがたい快感を与えている。痴漢の手は、まるで長年連れ添った恋人のように、陽菜の皮膚の感覚を理解していた。痴漢をひねり上げれば、そのようなことをされていたのだと言っているも同じである。そして、痴漢を糾弾するためには、自分がされたことを警察に告げなければならない。膣を触られ、尻を揉まれ……そのような自分を他人にさらけ出すには、陽菜はまだ純情すぎたのである。

「くぅ……」
「そう、良い子だ……」

小声でささやくも、その声は2人以外に届いていない。ごうごうとうるさいトンネル内の反響音が、気付いて貰えるかもしれないという僅かなチャンスさえ摘み取ってしまったのだ。

痴漢の右手は、いまだに虫のようにパンツの中を這い回っている。尻たぶをさわり、なで回し、そして人差し指が膣のすじの上をくすぐるように前後するのである。陽菜は歯を食いしばる。そして目を瞑る。黙っていれば、黙っていれば終わる。……すぐに終わる。陽菜は赤面しながら、次の駅の表示ランプを見た。地下鉄のトンネルを3駅ぶん通る。その先の駅で漸く、電車のドアが開くのだと確認できた。5分、いや10分はかかるだろうか。仮に急行で無ければ、次の駅で降りられるのだが……陽菜は歯を食いしばる。しかし……、やはり抵抗は出来なかった。

膣の穴のふちを、痴漢の指がぐるぐると周りながらなで回していた。蜜が出ていた。痴漢の指と陽菜の陰毛の間で、粘液の糸を作る。腰を執拗に撫でられ、首筋をちろりちろりと舐められる。周りの人間は気付いていなかった。いや、面倒なことに巻き込まれたくないという心理か、あるいはまさか目の前で痴漢があるとはという認知のバイアスだろうか。白いパンツに粘液が付き、性のにおいがするシミへと変わっていく。

柔らかな胸を軽く揉みしだかれる。陽菜は軽く悲鳴を上げ、痴漢の手から目をそらした。

「大きいねぇ……」

そうして潤んでいた大きな栗色の瞳から、ぽろりと、一粒の涙が零れていった。

陽菜は元気で、活発な少女だった。その一方で、運動に打ち込むことが多く、男の子と仲良くなろうとか、そういう機会を持つことが出来なかった。クラスの男子からすれば、胸の大きな陽菜はあこがれの存在。あわよくば付き合ってみたいとさえ、考えてしまうような対象である。しかし、授業の他は柔道の特訓に明け暮れている少女には、そのことが分からなかった。陽菜は自分の魅力をきちんと認識出来ていなかった。そのためには……、恐らく、もう少し時間が必要だったのだろう。

ゆえに、陽菜は汚れを知らない純情なスポーツ少女になった。異性との恋愛経験は無い。マスターベーションなら、何回かしたことはあったが、なんだか汚らしいことをしているようで、あまりのめり込むことが出来なかった。そのうち、性に苦手意識を持つようになり、それはやがて、性への嫌悪感に変わった。現代においてはあまりに潔癖すぎる、健全な運動少女である陽菜。それだけに、痴漢をされた時の衝撃はすさまじい。

自分が痴漢をされるなんて思いもしなかった。嫌だ。怖い。どうしよう。逃げたい。逃げ出したい。けど……。けどもし、下手に抵抗して、痴漢をされているということが明らかになってしまったら……。痴漢をされている自分。下半身が気持ちよくて、体が喜んでしまっている自分を公表するも同然のように思えたのだ。もし痴漢を捕まえて、警察に行ったら、何をされたのか証言しなくてはいけなくなる。私がされたことを、告白しなきゃ行けない。そんなの、そんなの絶対やだ……。結局の所、陽菜の性格が災いした。もう少しがさつだったら、あるいは、痴漢の所行を公にできるだけの度胸があったなら、痴漢をされるがままということにはならなかっただろう。

なんで私が? やめてよ、なんで私なの、私なんてなんの魅力もないのに。…・…私が、弱いから? 本当は弱い子だから……、ああ、もっと他の子を狙ってくれれば……! もう、やだよ、もう……。許してよ……。

そんなことを思いながら、陽菜はぽろぽろと涙を流し続ける。声もなく……。ただ下半身だけが熱を帯びて行く。その塩辛い涙を痴漢が舐めた。陽菜の頬には、加齢臭のする唾液がべっとりとこびりついてしまうのであった。

陽菜の膣は、パンツの中でいつ終わるとも分からない愛撫を受け続けていた。下着の中で、くちゅりくちゅりという粘液の音が、延々と響き続けていた。その水の音も車内の轟音でかき消され、やはり誰にも気付かれることは無かった。

スポーツ少女痴漢レイプ(JC/女子中学生14歳)(3)へ進む

自画撮りJCと売春JS 背徳のネット露出(JS11歳/JC12歳)
楽園崩壊 女子高生を16年間騙し島民総出で強姦した理由(JK16歳)


処女のスポーツ少女が痴漢された末に、大変なことになってしまうエロ小説です。ちょい鬼畜です。
→最初から読む←

小説のイメージ【中学生 JC 痴漢 おっさん 巨乳 スポーツ少女 元気 鬼畜 脅迫 レイプ】

-------------------------
陽菜の抵抗が無いこともあって、痴漢の愛撫はますます激しくなっていった。膣穴を中心に蠢いていた指は、小陰唇をいじりまわすようになり、そして皮に包まれたクリトリスへと侵略の魔の手は伸びていった。膣液でぬめった指がクリトリスを皮越しにいたぶると、ぞくぞくとした快感が背骨を駆け上り、思わず喘ぎ声を出してしまいそうになった。思いっきり口をふさぎ、何とかそれを飲み込む。

しかし、痴漢はそんな陽菜のけなげな努力を踏みにじるように、何度も何度も、何度でもクリトリスを触る。撫でる。つまんで引っ張る。指からもたらされる快楽は耐えがたいほど強くなり、陽菜は尿道からしぱしぱと軽く潮を吹いた。それがパンツにかかり、ぐっしょりと染みこんでいった。つり革を握る手はもう汗まみれだった。陽菜は祈るような気持ちで駅到着のアナウンスを待つが、嫌な時間ほど遅く流れるもの、アナウンスはいっこうにない。このままではおかしくされてしまう。陽菜は運動着の入ったバッグの取っ手をぎゅっと握りしめ、なんとか痴漢の攻撃を耐え抜こうとした。

クリトリスへの攻撃はあまりに執拗だった。痴漢には手に取るように分かるのだ。陽菜はクリトリスが可哀想なぐらい弱い中学生だった。マスターベーションを殆どしない陽菜には分からないで当然の事実であったが、撫でられて、つままれて、弾かれるときの反応具合は、古今東西、この痴漢が痴漢した少女の中でも、もっとも著しいものだった。陽菜はクリイキ型の中学生だったのだ。

痴漢は陽菜のパンツを下ろす。軽く悲鳴を上げた。まさか、うそ、そこまでするの……? そして、痴漢の生ペニスが真っ白いハリのある尻にこすりつけられるのである。

「もう少しだからねぇ」

何がもう少しなのか、考えるだけでぞっとした。カウパーでベタベタになった亀頭の感触は、あまりにもおぞましいものだった。しかし、痴漢から与えられ続けている膣の喜びが重なり合うと、不気味さと心地よさがオーバーラップして、不思議な恍惚感が生まれてくる。陽菜のような少女にとって、それは絶対に許せない事だった。そんな風に感じている自分が許せなかった。

歯を食いしばって耐える。耐えながら、陽菜は中学に上がりたての頃の、最初のオナニーを思い起こしていた。ネットで偶然見てしまった、男の人と女の人が交わっている映像だ。男は女にペニスを出し入れし、女は大げさにも喘いでいた。それを見た陽菜は、何も理解していなかった。ただ、本能からパンツの中に手を伸ばしていた。そしてずっと……、指も興奮も収まらず、動画に釘付けになっていた。初めての絶頂を経験し……、そして、冷たい罪悪感と、どうしようもない不安感を味わったのであった。

汚いことをしてしまった。その時の陽菜はそう思った。そして14歳の今に至るまで、自慰に及んでしまうことは殆ど無かった。だが、痴漢の指に翻弄されていくうちに、その時の快楽に引き戻されてしまう。

また、あれが来てしまう。陽菜は必死に歯を食いしばり、最後の砦を守ろうとしていた。

一方で痴漢は、ペニスを乱暴にこすりつけている。陽菜の尻は、やわらかなクッションのようで、表面にこすりつけるだけでも極上のオナニー道具となった。痴漢は陽菜の首筋にキスをする。陽菜は恐怖から軽い悲鳴を声を上げた。

そこで唐突にアナウンスが聞こえる。

「次は○○駅、○○駅、その次の△△駅、××駅には止まりません。普通列車へお乗り換え下さい。Next station is ……」

そうして陽菜は救われた気持ちになって窓を見る。トンネルの中だ。駅は見えない。ただ、この現実から逃れられる喜びだけが、陽菜の心を生き返らせたのである。

だが一方で、痴漢のペニスも最大限に勃起し、血管を浮き出させていた。いつ暴発してもおかしくない。なにしろ、陽菜の尻は極上だ他。膣も幼くそそられるが、それに匹敵するぐらい素晴らしい尻肉をたっぷりと身につけている。陽菜は祈っていた。早く駅について……。そうすれば、この悪夢は終わる。

電車がトンネルを抜けた。夜の町には住宅が並び立っていて、静かな月明かりが、暗闇を見守るように煌々と照っていた。あと数十秒で駅につく。あと少しだ。あと少しだけ我慢すれば、誰にもばれないんだ。私さえ痴漢のことを忘れてしまえば、この日のことはなかったことに出来るんだ。そんな……、甘い考え。中学生という子供の甘い考えに浸ることが、まだ許されていた。まだ、この時は。

電車が止まる。電車の速さが落ちていく。乗客達に慣性が働いて、人々が波のように揺れ動いていく。陽菜はつり革に掴まる。そして、痴漢はそれでも陽菜の尻に執着することを止めなかった。そして、電車が止まって、まさにドアが開こうという瞬間、痴漢は思い切りその尻に射精した。

びゅくびゅくびゅく。黄ばんだ中年の濃い精液が、陽菜の尻を汚していく。

ようやくドアが開いた。陽菜は反射的にパンツを上げ、人をかき分けて電車から外に出た。都会にしてはあまり乗降客の無い静かな駅である。尻についた精液のことは、もうどうしうもなかった。尻を丸出しにして拭くわけにもいかなかった。涙を流しながら運動部の俊足で駅をかけ、階段を上った。きょろきょろと見渡す。すると、駅の構内の隅に、人気の無いトイレがあるのが分かった。陽菜はそこに駆け込んで、個室の中に入り、そこでたまらなくなって、涙がぼろぼろと出てきてしまった。

「どうして、どうしてよぉ……、なんでこんなこと……」

パンツを脱ぎ捨て、トイレットペーパーを何枚も重ねる潔癖さで、尻にこびりついた精液を拭う。陽菜が精液を直接見たのも、直接触れたのも、直接かけられたのも、これが初めてであった。何度も何度も執拗に拭く。けれども、精液の粘着力のために、全く綺麗になった気がしない。一通り拭き終えても、まだ尻の表面はべたべたとしているのだ。汚れたトイレットペーパーを便器にぶち込み、乱暴に流す。

泣いた。ブレザーの袖で涙を拭い、悔しさのあまり呻いた。そしてさらに忌々しいことに、陽菜の体のほてりもまた、まだ消えてはいないのであった。掘り起こされた女子中学生の性欲が、子宮の奥でぐつぐつと煮えたぎっていたのであった。

スポーツ少女痴漢レイプ(JC/女子中学生14歳)(4)へ進む

自画撮りJCと売春JS 背徳のネット露出(JS11歳/JC12歳)
楽園崩壊 女子高生を16年間騙し島民総出で強姦した理由(JK16歳)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。